記事
[ 総記事数:858件 ] [ RSS2.0 ]
2012年8月28日(火曜日)
   
 

B星赤 B星赤……….(かなりおすすめ)


八重洲にあるホテル龍名館東京のレストラン「花ごよみ」のランチバイキングです。連日の暑さに負けまいと意識的にカレーライスやかつ丼などを食べるようにしていますが、時にはあっさりした和食も恋しくなります。そんなときにおススメなのがこのお店。和食というより「日本料理」とあえて呼びたくなるような上品な味付けのお料理をたくさんいただけます。
王冠蛇姫様のお言葉 「カレーとかつ丼は一年中食べてんでしょ」

 

料金 1,500円(平日) 2,500円(土日祝・ホリデーブランチ)  ※訪問時は平日。


アクセス 最寄駅は東京、日本橋など。大手町や三越前からも近いです。外堀通りと永代通りの交差点の角地にホテルはあります。

ロケーション お店はホテルの15階にあります。入って正面がカウンター席、左側がテーブル席、その奥に個室の座敷もあるようです。左奥にオープンキッチンのカウンターがあり、お料理が並びます。

 

龍名館は他の都心部大型ホテルほどの知名度はないかもしれませんが、

創業が約1世紀前という老舗ホテルです(当時は旅館からスタート)。

現在の建物は3年ほど前に建て替えられたばかりです。


8月からランチタイムは1,200円から1,500円に値上げされ、

そのぶんとしてフリードリンクが付くようになり、

さらにテーブルサーブだったご飯と味噌汁も取り放題となったようです。

 

窓からは八重洲口が見えます。高層ではありませんが見晴らしはよいです。 

 

窓側のカウンター席。 

 

あっさりした和食だったんで、暑さに負けまいといっぱい食べた 


料理 

 

洋食党の私たちからすると見た目は地味に感じますが、お味はどれも一級品。

丁寧に作られているのがわかります。

信田巻き、厚焼き卵、蒸し野菜、茄子の煮浸し、葱団子、ごぼう煮、こんにゃく煮、高野豆腐など。

信田巻きは「しのだまき」と読みます(なんかひとの名前みたいだな…)

 

ホッケの焼き浸し、鯖味噌煮、鰯の煮付け、マカロニサラダ、オニオンスライス、野菜サラダなど。

お魚が三種と充実。焼き浸しって初めてでしたが、おいしいですね。 

 

肉豆腐、甘海老フライ、鶏のくわ焼き(?)など。

お肉もあってひと安心、あっさり味ながらいいお味。フライは頭からいけます。

 

先着12名でいただける胡麻豆腐。

12名って微妙な数ですが。

(13名の団体が一番乗りしたらどうなるんだ…) 

 

野菜しゃぶしゃぶ(セルフ式)。ポン酢でいただきます。 

 

香の物各種、梅干し、とろろ。

梅干しも大ぶりでおいしいです、塩分7%くらいです(笑)。

 

ごはんとお味噌汁(具入り椀にセルフ注入式)。

やっぱりこのラインナップだと、個人的には旅館の朝ごはんの感覚なんですよね。




お料理は他にソーセージ、コロッケ、煮玉子などがありました(未食)。




デザート 

 

平日はデザートなし。別料金でいただけます(写真参照)。

土日祝のブランチビュッフェにはデザートも付くようです。


ドリンク 

 

コーヒー、紅茶、烏龍茶、ほうじ茶などをフリーで。


訪問時期 2012年度・夏

地図
B食店情報
・店名 : 花ごよみ(はなごよみ)
・ジャンル : 和食-日本料理
・住所 : 東京都中央区八重洲1-3-22
・TEL : 03-3271-1135
・URL : http://hanagoyomi-ryu.jp/tokyo/index.html
・営業時間 : 7:00〜22:00(土日祝21:00)
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 東京
・キーワード : ランチバイキング、日本料理
B食店ページへ