記事
[ 総記事数:858件 ] [ RSS2.0 ]
2012年6月14日(木曜日)
   
 

B星赤 B星赤 B星赤……….(ぜったいおすすめ)


浅草ビューホテルのレストラン「武藏」のランチバイキングです。東京スカイツリー開業と同時にオープンしたこのお店。当然のことながらスカイツリーを眺められるロケーションが一番のウリなのですが、バイキングファンの私たちにとっては他を圧倒するすさまじいばかりの品数のほうが印象的でした。ツリーの見える席にしていただいたのですが、食べるのに忙しくてほとんど見てませんです、はい。
王冠蛇姫様のお言葉 「時間無制限にして!」

 

料金 2,940円(平日)、3,465円(土日祝) ※別途サービス料。 ※90分制。 ※平日に訪問。


アクセス 最寄駅は浅草。といっても、つくばEXの浅草駅ですね。ビューホテルは駅と直結しているのでとても便利です、途中に自転車置き場を通ったりはしますが。

ロケーション お店はホテルの26階です。お店の中央がビュッフェスペースで、あとでご紹介する調理用釜を中心としたアイランド型の実演カウンターがあり、そのまわりをぐるりとビュッフェボードが取り囲みます。全体の四分の三くらいはオープンキッチンでしょうか。とにかくそこへ一歩足を踏み入れた途端、「これはたいへんな戦いになるな・・・」と闘志が湧き上がることでしょう。あまりの品数に戦慄すら覚えます。 ということでとんでもなく長いレポになってしまいました。

 

いざ!

(この方角からだとこいつら浅草寺で満腹祈願してきたなと思われた方、正解です) 

 

武藏は武蔵じゃなくて武藏です。634メートルにかけて「むさし」です。

開店日といい店名といい、ここまで「便乗」だと潔さすら感じます。 

 

たいへんお世話になった1階のカピタンはクローズ状態でした。

武藏というビュッフェ専門レストランに生まれ変わった、という扱いのようです。

ということで、さっそくスカイツリーの見える大パノラマへご案内します! 

 

これは違った 

 

ジャジャーン!

とかいって、写真だとなんだか臨場感に欠けるな・・・ 

 

窓枠と席を入れてみました。

浅草寺越しにスカイツリーがよく見えます。 

 

ちなみに窓際のカップルシート(写真)は1,000円の席料が別途かかります。 

今回はそこまで窓際にはこだわらなかったので、

座席状況がある程度確定するという前日に予約を入れて、

比較的空いている午後の部にしたのでスカイツリー側に案内してもらえました。

厳密には、座席指定ができるのはカップルシートのみとのことなので、

早めの予約をする場合はツリーの見えない席になる可能性もあります。ギャンブルですね。

 

窓際に立つとこんな感じの眺めです(無理矢理パノラマ写真)。

 

私たちの席からの眺め。

カップルシートでなくても充分の眺望です。 

映画館の指定席のすぐ後ろの普通席をキープしたときの気分にも似ています。

(これを席料にかけて寂寥感といいます)

 

反対側にはシティービュー席という都心方面が眺められる席もあります。

でもあんまりありがたみはないですね。

さらにスカイツリービュー席とシティービュー席の間(ホテルの横側に相当)にも席がありますが、

こちらは窓に面していないので景観はほとんど期待できません。 

  

お店のパンフレット

バーを除き、朝昼晩とビュッフェを提供しています。

  

お店のパンフレット 

まあ盛りだくさんの内容のようですので、さっそくご紹介しましょう(やっとかい)


料理 

 

まずはおなじみの野菜サラダから。

アイテムは少なめですがドレッシングは6種類と豊富です。

サラダに限らず野菜は契約農園から直送されたものだそうです。 

 

前菜は六分割皿に合わせてか、6種類。

クラゲ冷製、ピータン豆腐、バンバンジーサラダ、スモークサーモン、タコマリネ、エビのカクテル。

中華と洋風が半々ですね。 

 

スープは写真のチキンスープと中華風コーンスープの二種。

チキンスープは容器に鶏一羽が丸ごとドーンと入ってます。具はありませんがおいしいです。 

 

パンはデニッシュ系が充実しています。

クロワッサン、アップルパイ、チョコデニッシュ、コーヒーデニッシュなど。

クロワッサンはサクサクで秀逸。食べ過ぎ注意の危険な品。

食事パンも二種類ほどありました。ジャムとバターも用意されています。

 

野菜しゃぶしゃぶはセルフ式。 

アイテムはホウレン草、水菜、小松菜といった定番から、珍しい葉物も用意されています。

14〜15種類ほどはあったでしょうか、名前は覚えきれませんでした。

ポン酢、ワインビネガー、オイスターソースなどでいただきます。

 

 野菜天ぷらは実演で揚げたてをいただけます(ある程度は作り置きになりますが)。

いただいたのはアスパラ、みょうが、れんこん、しいたけ。

他にもナス、カボチャ、サツマイモなどなど。天つゆの他にお塩も三種ほど。

 

白身魚と里芋煮(本日のお魚料理とのこと)。

 

さて、この店のおすすめ、グリル料理のご紹介を。

富士山の溶岩石を使った「武蔵釜」でお肉や野菜などをふっくら焼き上げます。 

 

見よ、これが武蔵釜だっ! 遠赤外線効果でふっくらホクホクだっ! 

(いつもはボード周りの写真は遠慮しますが、今回は空いている時にお願いして撮らせてもらいました)

 

左:富士あさひ鶏。 右:豊熟もち豚ロース、あさひ鶏のレバー。

 

牛ロース。やはりこれが一番人気で、すぐなくなってすぐ補充の繰り返し。 

 

左:野菜グリルいろいろ。 右:本日の鮮魚、イカ。

お肉、お野菜、お魚、みんなおいしいです。これを中心に食事を組み立てるべきです。

ソース、調味料、薬味などもそれぞれに対応したものが多数用意されていることですし。

 

ふんわりお好み焼き。これも釜焼きのようです。

ほんとにふんわりした焼き上がりです。

 

ピッツァも釜焼きです。焼き立てを狙いましょう。

(写真を撮り忘れましたが釜焼きガーリックトーストもあります)

釜焼き以外の洋食系は、ムール貝のセビーチェ、ベーコンキッシュ、

トマトのオーブン焼き、ラザニア、キノコグラタン、キノコリゾットなど。

ラザニアはオーソドックスなタイプですが、とてもおいしいです。これも「危険」です。

 

二品を拡大版で。

左:セビーチェは魚介を様々な調味料で和えた南米料理のことです。後方に見えるのはニンニク塊!

右:キッシュもふんわか&サクサクでいい感じ。

 

和洋行ったり来たりですみませんが、 京おばんざいがなんと17種類もあります!

とりあえず蛇姫様が6種類ほどチャレンジしました。

 

中華だって負けていません!(勝負してないけど)

エビチリ、長芋甘酢炒め、春巻き、チャーシュー(これは窯焼きコーナーの品)など。

左上のモツの香草ブレゼは洋食です(盛りきれずこちらのお皿へ)。 

 

炒飯。やさしめのお味です。 

 

麺は実演です。

左:フォー。トッピングはセルフ式。パクチーがあるのはうれしい限り。

右:パスタはパルミジャーノ和えです。トマト、ミート、カボチャクリームの三種のソースから。

パスタは混雑緩和のためある程度は作り置きになりますが、アルデンテは保たれています。

ソースはお好みのものをセルフでかけます。トマトとミートをいただきましたが、どちらも◎。

 

これだけお料理がいろいろあると、カレーは具がない方が「味で勝負」といった感じで好印象。

今回はこれで締めてません。

最後にいただいたものをメッセージ付きでご紹介します。 

 

しつこいようですが武蔵釜グリル料理を中心に食べましょう。



上記で紹介していない未食の品は下記のとおりです。

温泉卵、つみれ鍋、石狩鍋、太巻き二種、焼売、鶏唐揚げ、中華風もやしと玉子炒め、

醤油ラーメン、ソーセージ、ハンバーグ、炊き込みご飯。

いや無理ですって。


デザート 

 

デザートは料理に比べると地味で弱い感じです。 

いや、そう感じてしまうほど料理がものすごいということなのかもしれません。

プチシュー、ロールケーキ、チーズケーキ、ガトーショコラ、アップルパイなど。

 

クリームたっぷりのロールケーキ。 

 

各種フルーツ、メープルケーキ、入れ替わりで出てきたショートケーキ。 

 

プリンは大型皿で供されます。

おいしいんですけど、ベリーソースなどは不要かと。

ケーキのデコレーションに注力したほうがいいでしょう。 

 

バジルシード入りココナツミルク。マンゴーを入れてみました。


未食デザートは、ぜんざい、フランボワーズムース(業務用かと)、コーヒーゼリー、マンゴゼリーなど。

それと常務用カップアイスが二種。これはなぜかデザートコーナーではなく、

奥の方の野菜しゃぶしゃぶとパンの間にありました。配置換えでもしたのでしょうか。


ドリンク 

 

 

コーヒー、紅茶、烏龍茶、ほうじ茶、コーラ、ジュース、その他ソフトドリンクをフリーで。

コーヒーマシンとソフトドリンクマシンがあります。

写真はありませんが、ミネラルウォーターが十数種類ほどボトルのまま置いてありました。

国産、外国産、いろいろ揃っていて、こちらもフリーでいただけます。

おもしろい試みだと思います。


訪問時期 2012年度・春

地図

 

食後イメージ・・・ではありません。

B食店情報
・店名 : 武藏(むさし)
・ジャンル : その他
・住所 : 東京都台東区西浅草3-17-1 浅草ビューホテル 26F
・TEL : 03-3842-3751
・URL : http://www.viewhotels.co.jp/asakusa/
・営業時間 : 7:00〜21:30
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 浅草
・キーワード : ランチバイキング、ディナーバイキング、東京スカイツリー、武蔵釜
B食店ページへ