記事
[ 総記事数:858件 ] [ RSS2.0 ]
2011年12月9日(金曜日)
   
 

B星赤 B星赤……….(かなりおすすめ)


千代田区紀尾井町にあるホテルニューオオタニの「ガーデンラウンジ」のランチバイキングです。言わずと知れた日本を代表する老舗ホテルのラウンジでは、400年の歴史を誇る広大な日本庭園を眼下に望むという絶好のロケーションでランチバイキングを実施しています。内容はサンドウィッチ&デザートですが、あなどることなかれ、軽食の域を超えたパフォーマンスをみせてくれます。
王冠蛇姫様の御言葉 「表サンド」

 

料金 3,300円 ※HPに割引クーポン(期間限定)あり。


アクセス 最寄駅は赤坂見附、永田町。他の地下鉄の駅からも行けますのでHPでご確認を。

ロケーション お店はホテルのロビィ階(6階に相当)、「ザ・メイン」棟と「ガーデンタワー」棟の間にあります。ふたつの棟をつなぐ渡り廊下の途中にあるといったイメージでしょうか。日本庭園を見下ろせる絶好の場所に位置しており、席数200の広々とした開放的なラウンジです。ビュッフェボードは店内中央にあり、サンドウィッチ&料理用、サラダ用、デザート用の三つに分かれています。その奥にはバーカウンターがあり、ドリンクとサンドウィッチ以外のパンが用意されます。

 

お店の前の案内ボード 

 

お店の前の案内ボード 

 

 窓が大きくとられていて、眺望は抜群です。

 

私たちの席からの眺め。

色づき始めた木々の美しさよ・・・でも腹減った。


ちなみにこのビュッフェは予約ができません。

並んだ順番に席に案内されます。

ということで、限定13席の窓際席に着くため、がんばって並びました。

前日に電話で問い合わせてみると、開始30分前の11時ごろから席への案内を始めるらしく、

平日ならそれより少し前に来れば大丈夫とのことでした。

当日は朝4時に起きて6時くらいから並ぼうと思ったのですが、

いくらなんでもそりゃ早いんでねいかいということで、10時45分くらいに行ってみると、

すでに数組10人ほどの先客がいました(みんな女性)。

待っている途中で名前と人数を聞きに来てくれるので、そこで窓際確定、ひと安心です。

11時ちょうどに席への案内が始まりましたが、喫茶利用の方がいる場合は

 窓際席といえどもそちらが優先されるようです。

ビュッフェ開始までの30分間はコーヒーまたは紅茶が飲み始められるので(テーブルサーブ)、

景色を堪能しつつ、のんびりと新聞を読みながら待ちました。

 

覗きこむとこんな感じで広大な日本庭園が眼下に広がります。

この景観も値段の内と考えれば、やはり窓際です。がんばって並びましょう。


料理 

 

左:フレッシュサラダはオーソドックスな品揃え。ドレッシングは5種類ほど。

右:日替わりスープはミネストローネ。

 

種類豊富なサンドウィッチの数々!

バリエーションも豊かで、飽きずに楽しめます。

でも必ずパンを食べるということになりますので、それほどたくさんは食べられません。

(例外のひともいます) 

 

左:ブルーチーズのカスクルート(ナッツ入り)、サーモン&クリームチーズのベーグル。

今回は切り替わったばかりの冬メニューということでしたが、チーズを使ったものが多かったです。

カスクルートは激うまで、リピートしました。チーズとナッツは鉄板です。

右:オレンジ風味のパンペルデュ(フレンチトースト)。これもおいしいです。ワッフルも出てました。

 

左:ピクルスとオリーブ。これはあるとありがたいです。

右:ラップサンドは食べやすい大きさにカットされています。

スモークサーモン&ディル、BLT。

 

左:カツサンドは食べ応えあり。おいしいですが、ひとつにしておきましょう。

右:洋梨&生ハムサンド、ローストビーフサンド。

ロングサンドに使用するパンは玄米、オニオン、ぶどうなど、具によって変えられています。 

 

まだまだ食うど〜 


一番手前のグリッシーニは塩、オニオン、ゴマ(未食)の3種。

ディップソースとしてホットチーズ(写真)、梅、オレンジがありました。

 

トルティーヤもあります。

写真のターキークランベリーの他に、北京ダック風というのもありました。 

 

 左:サラミとチェダーチーズのパニーニ、チキンサンド。

右:カマンベールチーズサンド、パンプキンベーグル。

(種類が多過ぎて、覚えていたつもりが書いてて具がわかんなくなってきた・・・)

 

左:クロワッサン(これはわかるな)。 右:パンプキンラップサンド。


未食はハム&キャロットサラダサンド、チョコマシュマロ(デザートサンドですね)、

カッテージチーズ&ドライフルーツサンド、茄子とチキンのベーグル、バケット、ブドウパン、など。

こだわりバターや有機ジャムなども豊富に用意されているので、

ホテルベーカリーもいただきたいところですが、さすがに無理。

なぜかといえば・・・

 

HOT DISHも用意されてるから!


 

シェフおまかせパスタはシーフードトマト味、カリフラワーの豆乳入りグラタン、

鶏肉と野菜の陳皮ソース炒め、季節の温野菜、干し蝦とナッツのピラフ。

パスタとピラフがおいしくてリピートしたくなって困りました。

なぜかといえば・・・


これからデザートを食べるから! 

 

さて、食後のお楽しみの時間ですが、

(このあとの展開からすると食後という表現にはかなり無理があるな・・・) 

サンドウィッチ&デザートビュッフェと銘打っているわりには、少々控えめな印象です。

デザートをメインに来てしまうと、肩透かしに感じられる方もいらっしゃるかもしれません。 

 

でも私たちは大丈夫、おいしいクレームブリュレがいただけたから。 

 

左:クラシックショコラ、シャルロットケーキ。右:マロンムースケーキ、タルトポワール。

外は落葉の季節ですが、ケーキ類はもう一花咲かせてほしいといったところ。

 

とかいってまだまだ食うど〜


赤いベリーのジュレ(みかんジュレもあり)、洋梨のムース、フランボワナポレオン。

フランボワナポレオンは、イチゴの代わりにラズベリーを使ったナポレオンパイを想像していましたが、

どうも洋酒のナポレオンを使ったラズベリー風味のパウンドケーキのことのようでした。

勝手に解釈していた私が悪いのですが、その落差にちょっとがっかり。 

 

スィーツ系ホテルベーカリーで挽回だ!


チョコデニッシュ(パインもあります)、レーズンマフィン(他にも2種類あります)。 

 

左:EDO SWEETSと称した和菓子系スィーツもあります。苺寒天クリスマス仕立て、みつ豆。

右:アイスクリーム(バニラ、イチゴ)はドリンクカウンター横でサーブしてもらいます。


ドリンク 

 

そば茶、オレンジジュース、野菜ジュース、コーヒー、紅茶をフリーで。

(コーヒーと紅茶はテーブルサーブです)


訪問時期 2011年度・秋

地図 


食後は庭園散策♪ 

 

日本庭園に降り立ち、ガーデンラウンジを望む(2階に見える部分です)。

その後ろには、閉館してしまった赤坂プリンス新館の最後の雄姿(来年解体)が・・・ 

 

寒い季節になりましたが、お花はけっこう咲いてます。 

 

錦鯉を見ながら太鼓橋を渡って、下へおりていきましょう。

 

滝に到着。心が洗われる風景です、バイキングで食べまくって煩悩を満たした直後になんですが。 

 

よく見るとメイン、タワーとも外装が補修されてきれいになってました。

 

庭園の奥の方には、創業者の大谷米太郎氏の銅像があります。


皆様もホテルへ行かれたら庭園散歩をぜひどうぞ。 

B食店情報
・店名 : ガーデンラウンジ(がーでんらうんじ)
・ジャンル : カフェ・喫茶
・住所 : 東京都千代田区紀尾井町4-1
・TEL : 03-5226-0246
・URL : http://www.newotani.co.jp/tokyo/index.html
・営業時間 : 7:00〜22:00
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 赤坂見附、永田町
・キーワード : ランチバイキング、サンドウィッチ、デザート、日本庭園
B食店ページへ