記事
[ 総記事数:858件 ] [ RSS2.0 ]
2011年7月10日(日曜日)
   
 

B星赤 B星赤……….(かなりおすすめ)


西新宿にあるパークハイアット東京のレストラン「ニューヨークグリル」のランチバイキングです。まだ行ってなかった、ちょっとお高めホテルのお店といえばここ。選択式メイン料理に前菜&デザートビュッフェが付くというスタイルで、お目当てはもちろん好物の仔羊。誕生日祝いも兼ねて、プチ贅沢をしてまいりました。
王冠蛇姫様の御言葉 「じゃあ、いつ食べるのか? 今でしょう」

 

料金 5,200円+サービス料  ※土日祝はシャンパン付きで6,600円。


アクセス 最寄駅は都庁前。歩いて10分ほどかかります。新宿駅からは甲州街道を西へ進むだけなのですが、歩くと15分以上かかりますので、シャトルバスを利用するとよいでしょう。パークハイアット東京は西新宿の高層ビル群の一角にある新宿パークタワーの39階から52階にあります。
ロケーション お店はホテルの最上階、52階にあります。オープンキッチン、広々ダイニング、前菜&デザートのビュッフェボード、そして高層階からの眺めという構成。今回は写真をたくさん撮ってきましたので、下記をご参照ください。

 

ホテルエントランスはビルの2階で、目立ちません。大人のための隠れ家というコンセプトです。 

 

建物はトリプルタワーのようでシングルタワーのビルです(上部だけ高さが違う)。

  

最上階のニューヨークグリルへたどり着くためには、

このビルの複雑な構造を理解しなくてはなりません。

かといってホテル内にあるイラスト見てもよくわかんないし。

でも大丈夫、ホテルスタッフの方は鋭いですので、

私達がキョロキョロしながら歩いているとすかさず

「ニューヨークグリルをご利用ですか?」

と声をかけてくださいました。

私達ってそんな風に見えるんでしょうか。見えるんでしょうね。

  

左:パークタワー1階平面図。  右:同拡大図。

1階のパークタワー入口から入ってしまうと一番やっかいです。

ホテルのデリカテッセンが隅っこにあるのですが、

その店内の階段をあがるとホテル用エレベーターホールに合流できます。

そう、まさに私達がたどったルート。

 

デリカテッセン内の不気味なオブジェ。 

 

こんなのもあります。食欲なくなっちゃうような。 

 

エレベーターで41階へあがるとフロントがあります。

そのフロアを平行移動して別のエレベーターに乗り換えて、52階へ向かいます。

途中、写真のような書斎風の空間を通り抜けたりします(じらすんだからこのホテルは)。 

 

やっとのことで最上階に到着。

エレベーターのドアが開いたら4人ものスタッフの方が待ち構えていて、極上の笑顔でお出迎えです。

おそらく先程の階下のスタッフから、

「いまそっちに飢えた野獣が二匹向かった」

と無線連絡が入ったものと思われます(失礼)。

ちなみに写真はエレベーターを降りて正面の窓から見える大屋根で、

このビルの先進性や未来形をシンボル化したものだそうです。

さて、女性スタッフの案内で席へと向かったのでありますが、

途中に全面ガラス張りのオープンキッチンの横を通ったりなんかして、気分は盛り上がります。

このオープンキッチンがすごいです。なにもここまでオープンじゃなくってもっていうくらい。

シェフの方々までも眺めを堪能できる一等地にあります。

 

独特の色使いをした壁画が印象的なダイニングフロア。

天井が高く採光も充分で、実際よりゆったりとした空間に感じられます。

東京随一というカリフォルニアワインセラーもあり、100種類1600本を揃えているそうです。

  

私たちの席からの眺め。

あいにくのお天気でしたが、それでも絶景の一言。窓際予約は必須です。

次は夜に来てみたいですね。 

 

フロアの左右両端は一段低くなっていてプライベート感のあるブースになっています。

 

ビュッフェボードがあるエリアは夜になるとバンド演奏も行われるようです。

 

長〜いビュッフェボードにお料理とデザートが並びます。

ただしこのボード、メインダイニングからはほとんど見えない位置にありますので、

補充や入れ替えなどの様子がわかりません。

実際のところ、デザートを取りに行ったら違う前菜が出ていたり(いまさら食べられないし)、

帰りに通ったら違うデザートが出ていたり(好物のブリュレだし)と、

悔しい思い(笑)をしました。 

  

ちなみにホテルHPのイラスト(左)と同じアングルの場所(右)を発見。だからなんなの。


料理 

 

まずはお野菜中心の前菜から。 

 

フェタチーズとビーンズのサラダ、 アスパラのミモザサラダ、、グリッシーニ、いろいろ野菜のピクルス。

 

カプレーゼはモッツァレラがおいしいです。

お値段からすれば当然かもしれませんが、こんなにいいチーズは初めてでした。 

 

サラダ。シーザードレッシングにしましたが、蛇姫様がかけた蜂蜜風味ドレッシングもよかったです。 

 

パンはテーブルサーブしてくれます。バター付き。

オリーブ入りのおいしいパンでした。

 

続いてはお肉&お魚系の前菜を。

これが私達にとっては問題の皿でして・・・ 

 

左:シーフードマリネ、サーモンマリネ、ニシンマリネ。  右:冷製ポーク、冷製チキン。

ここで供されるのは「ジャンルを超えた独創的な料理」とのことです。

あくまで好みの問題という前提での話ですが、

シーフードやポークはオリエンタル調の味付けで、洋食を食べたという満足感は得られません。

チキンに至っては、乗っているのは「しば漬け」。

ニューヨーク料理を語れるほど食通ではありませんが、

「たまの贅沢に高級ホテルで洋食を」という単純な図を思い描いていると、

痛い目に遭うことになるかもしれません。

ちなみに、前菜はポークがビーフに入れ替わり、ポテトマリネが追加されました(未食)。

 

さて、お目当てのメインディッシュの登場。

私が選んだのは、

「オーストラリア産骨付き仔羊背肉のロースト、クリーミーラタトゥイユとクリスピーオニオンポレンタ」 

 

味もボリュームも大満足の一品。オクシデンタルな仕上がりです。

やはりビュッフェではないメインディッシュはおいしさも格別ですね。

今度はニューヨーク万歳って感じです、よくわかりませんけど。 

 

ちょっとひねった付け合わせがニューヨーク的なところでしょうか。

左:ラタトゥイユは文字通りクリーミーな仕上がり。

右:ポレンタは厚揚げのことですね(ウソ)。とうもろこしの粉で作られた練り物で、イタリア料理です。

 

蛇姫様が選んだのはお魚。

「築地市場より本日の鮮魚のグリル 地中海風野菜とゴートチーズのタルト添え」 

 

この日は北海道産のヒラメでした。こちらもかなりのポーション、そしてしっかりめの味付け。 

 

ゴートチーズはノルウェーのチーズですね。それを使ったタルトが添えられています。




その他のメインディッシュは・・・

オーストラリア産牛リブアイのグリル、ハーブ豚ロースのグリル、

香草でマリネした若鶏のグリル、コンキリエ・ムール貝と帆立貝の白ワインソースなど。

牛グリルは近江牛に変更すると9000円増しです。元の値段の倍近くの追加料金ってなんなんでしょ。


余談ですが、ここのスタッフの方はさすがによく教育されています。

「お味はいかがでしょうか?」とコミュニケーションをとってくるし、

こちらから料理の質問をしても即座に答えてくれます。

お出迎えとお見送り時の笑顔がちょっと強すぎる気はしますが、これは好みの問題ですし、

快適な時間が過ごせること請け合いです。ごちそうさまでした。


デザート  

 

とかいってデザートの紹介がまだでした。 

ここは激甘系ホールケーキが中心です。

以前に他の方のブログを拝見したらグラスデザートなども多く出ていたようですが、今回は少なめ。

そのかわりこれでもかと濃厚ケーキで攻めてきますので、全種制覇できるか不安になります。

でも私達は食べるしかないのです(蛇姫様の御言葉参照)。

写真はデザート一皿目。

 

左:チーズケーキ(オレオの下敷き)。右:レモンタルト(メレンゲ飾り)。

 

左:ラズベリー風味のドーナツ。右:チェリータルト。

 

デザート二皿目。 

 

左:アップルパイ。右:???のタルト。

 

左:スコーン。右:ダックワーズ、チョコクッキー。

 

デザート三皿目。 

 

左:ブラウニー。右:チョコムースケーキ。

 

左:ホワイトチョココーティングされた一口ケーキ。右:ピスタチオムースケーキ。 

 

バニラアイスとマンゴーシャーベット。

注)写真はすべて二人前、蛇姫様とシェアしたものです。ほんとです。

それぞれにコメントはしません、みんなおいしいので。

ただしメイン料理はボリュームあるし、前菜やパンを食べ過ぎたりすると激甘系はきついかも。

未食は入れ替わりで出てきたクレームブリュレ、グラスゼリー、マンゴームースケーキの三品。

これらは帰りの際に発見、エレベーターの中でふたりで泣きました。心情的にはほんとです。


ドリンク 

 

コーヒー、または紅茶付き(おかわり可)。


訪問時期 2011年度・夏

地図 
 

B食店情報
・店名 : ニューヨークグリル(にゅーよーくぐりる)
・ジャンル : 欧風料理-その他
・住所 : 東京都新宿区西新宿3-7-1-2
・TEL : 03-5323-3458
・URL : http://www.parkhyatttokyo.com/
・営業時間 : 11:30-14:30/17:30-22:30
・最寄り駅 : 新宿駅
・キーワード : 夜景がきれい/A店なので何かの記念日に☆
・友人・同僚
B食店ページへ