記事
[ 総記事数:858件 ] [ RSS2.0 ]
2011年1月23日(日曜日)
   
 

B星赤 B星赤 B星赤……….(ぜったいおすすめ)


横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズのオールデイ・ブッフェ「コンパス」のランチバイキングです。ホテルのカフェレストランとしてビュッフェもアラカルトもやっていたこのお店。昨年(2010年)7月にビュッフェ専門レストランにリニューアルしたとのことで、食べ納めに行ってまいりました。

※2010年最終訪問店レポです。次回から今年(2011年)訪問したお店のレポになります。毎度毎度のタイムラグ、御勘弁ください。


王冠蛇姫様の御言葉 「目指すはバイキングの羅針盤(コンパス)よ!」

 

料金 2,900円(シニア、お子様料金あり)


アクセス 最寄駅は各線横浜。ホテルは西口駅前にあり、地下街と直結していますので雨にも濡れずに行けて便利です。高島屋2階とつながっている歩道橋を使うと、ホテルに入ってすぐのところにお店があります。
ロケーション お店はホテルの2階です。入って正面、店内ほぼ中央にアイランド型のビュッフェボードがあり、ここはサラダ、前菜、デザートコーナーになっています。その右奥がオープンキッチンのビュッフェカウンターで、実演もここで行われています。店内右奥がドリンクコーナーとキッズコーナー、店内左手がメインのダイニングスペースというのが、おおまかなレイアウト。用途に応じて様々なタイプの席が用意されています。HPに見やすい見取り図がありますのでご参考にどうぞ。

 

お店の前の吹き抜けは巨大シャンデリアがあって豪華な雰囲気・・・

という感覚を維持したまんま食事にのぞむとよいでしょう。

 

入口横の立て看板。

料理 

 

まずは紅白ワインで乾杯♪ (一杯500円と格安)

2010年はいっぱいバイキングに行っていっぱいレポを書きました。

その慰労を兼ねて・・・やっぱりバイキングへ行きました。

 

お料理を運ぶトレイが用意されているのですが、これがなかなかの優れもの。

こういうのを使うと、なんだか安っぽい社員食堂っぽくなってしまうものですが、

落ち着いた色使いなので一部上場企業の社員食堂くらいには見えます(想像)。 

表面が滑り止め加工されているのも特筆に値します。

「100人乗っても大丈夫」という物置のCMがありましたが、

写真(右)のように欲張って大量のお料理を乗せても安全に運ぶことができました。

 

 ではさっそく料理の紹介を(やっとかい)。

ここのメニュー構成は和洋中ミックスですが、洋食の割合が多めです。

生野菜サラダはありきたりなアイテムのみということはなく、オクラが用意されたりと工夫されています。

松の実などのサラダ用トッピングやドライフルーツなどもあります。

 

前菜いろいろ。

チョリソー&チキン&エビのチュミチュリ、チーズ盛り合わせ、オリーブ、ポテトサラダ、魚介マリネなど。

チュミチュリはニンニク、パセリ、オリーブオイル、ビネガーなどで味付けしたものです。

チーズはオーソドックスな品揃え。

 

小鉢前菜もいくつかありました。

お刺身マリネ。

 

タコのマリネ。

 

鴨肉のテリーヌ、ポルトワインゼリー添えなど。

前菜はどれもひとつひとつ丁寧に作られていてよかったです。

 

貝柱とカブ入りのパンプキンポタージュ。ちょっぴりひねりを加えているところに好感が持てます。 

 

ピザは薄焼きクリスピータイプ。

 

パンもいろいろ用意されていますが、食事用パンではなくて菓子パン系をついつい食べてしまいました。

デニッシュはサクサクで特においしいです。あったらぜひどうぞ(おかわりしてるし)。

一番右のものはキッズコーナーにあった、妙にしっとりしているレーズンブレッドです。

ちなみにキッズコーナーにはフライドポテトなどお子様向けの品がいくつか用意されています。

 

洋食は一休みして、続いては和食です。

目玉はやはり実演で揚げてもらえる天ぷらでしょう。

海老、きす、ししとうの3種です。揚げたてはやはりいいですね。

ただし宿命とでも申しましょうか、天ぷらの前は渋滞の名所となっています。

なるべく作り置きしないという姿勢と、好意的に解釈してますが。

 

干し柿みぞれ酢あえ。

 

和食三点セット。

 

鰤の鍬焼き。 

 

カニとイクラの散らし寿司、お刺身。

見てください、この二枚の写真、パノラマ写真のようです。

あ、たまたまそうなっただけでした(撮った本人が一番驚いている)。

和食は他に、おでん、卯の花、金時豆などもありました。

 

洋食に戻ります。

ジェノベーゼパスタ、 シーフードグラタン、温野菜のガドガド仕立て、

赤魚のソテー、ローストチキン。

 

和牛ローストビーフは実演カッティングサービスで。

一皿目は端っこのほうでスジが若干多めでしたので(左)、新品が出たところでおかわりしました(右)。

 

ランチの目玉は 子羊ロースト、バジル&レモングラス風味。

こちらもカッティングサービスですが、いくつかはあらかじめ皿盛りされていました。

ここであえて苦言を呈します。

「和洋中シェフによるパフォーマンスキッチン」と銘打たれているわりに、

実演と呼べるのは天ぷらとお肉のカッティング、後述のサンマー麺のみです。

シェフの方には失礼な物言いになりますが、お肉はカットするだけ、

麺は湯がいて具をかけるだけですので、パフォーマンスと呼べるのは実際のところ天ぷらのみ

と言ってよいのですが、この程度ならホテルビュッフェにおいては最早当たり前の世界です。

差別化のための「パフォーマンス」なら内容を見直すべきでしょう。

この内容のままなら表現を改めるべきでしょう。

※ローストビーフをあざやかな包丁さばきでカットしてくださったシェフ、ごちそうさまでした。

※サンマー麺を熱々で作ってくださったシェフ、ごちそうさまでした。

 

最後に中華を。中華三点セット。

サンマー麺(前述)、中華風スペアリブ、ピータン豆腐など。

ピリ辛中華風スープ、各種点心などもありました。

 

締めはコンパス特製ココナッツ風味カレー。


デザート 

 

ケーキ類もいろいろあります。

プラスチック製の丸くて小さいトレイに、スクエア型にカットされたケーキが乗っかっていて、

一瞬「うわ、業務用シートケーキかい!?」と思ってしまうところですが、

よく見ると、そして味わってみると、パティシエさんにより丁寧に作られたものであることがわかります。

いただいたのはショートケーキ、ムースケーキ、パンナコッタ、チーズケーキなど。

他にもチョコケーキ、チョコロール、パンプティングなど、全部数えると相当数になります。

多少入れ替わるので、これはと思ったものは早めのキープが正解かも。 

 

左:カボチャプリン(濃厚美味♪)  右:白玉ぜんざい+寒天

小学校の給食以来の「先割れスプーン」に思わず涙。

 

いろいろカットフルーツとチョコファウンテン。

写真のファウンテンはドライタイプのスライスオレンジですが、アイテムは他にもたくさんあります。


ドリンク 

 

コーヒー、紅茶、その他ソフトドリンクをフリーで。

 

コーヒーマシンもふたつありまして、泡立てタイプが出ないのと出るのがあります(写真)。 


 

■訪問時期 2010年度。冬


地図 

B食店情報
・店名 : コンパス(こんぱす)
・ジャンル : その他
・住所 : 神奈川県横浜市西区北幸1-3-23
・TEL : 045-411-1143
・URL : http://www.yokohamabay-sheraton.co.jp/restaurant_bar/compass/
・営業時間 : 6:00〜22:00
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 横浜
・キーワード : ランチバイキング、パフォーマンスキッチン、オールデイブッフェ
B食店ページへ