記事
[ 総記事数:858件 ] [ RSS2.0 ]
2010年4月28日(水曜日)
   
 

B星赤 B星赤 B星赤……….(ぜったいおすすめ)


竹芝にあるホテルインターコンチネンタル東京ベイのレストラン「ブルーベランダ」のディナーバイキングです。私達の大のお気に入りレストランで3月1日から5月14日まで開催されているのが、開業15周年記念ディナービュッフェ「オーストラリアフェア」。お目当てはもちろんオージーラム&ビーフ! おいしい仔羊料理の数々に舌鼓を打ってまいりました。
王冠蛇姫様の御言葉 「♪食う気100%」

 

料金  4,620円(平日)  5,660円(土日祝)


アクセス  最寄駅は竹芝、浜松町など。詳しくはホテルHPをご参照ください。

ロケーション  大きな変更はありません。
 

 

ホテル横からの夜景。お台場方面を望む。

 

ホテル入口の看板です。HPとほぼ同じ内容。 

いつもなのか、フェアのためなのかわかりませんが、お客様の七割くらいは外国の方でした。

 

お店の入口と、ビュッフェボード奥の壁には手作り風の地図が飾られています。 

 

普段は他のお客様の迷惑とならないよう、ビュッフェボード周りの写真撮影は遠慮しているのですが、 

この日は空いていたので撮らせていただきました。 

円形のメインボードは二段構えで「収容力」はかなりのもの。 

他にはオープンキッチンの実演カウンターとデザート専用ボードがあります。



■芸能人現る! 

私達が食事の最中、お隣の席にスーツの男性ふたりが通されました。その内のひとりはなんと、あの、俳優のTさんではありませんか(プライベートのようでしたのでイニシャルでご勘弁を)! 蛇姫様はすっかり舞い上がってしまい、Tさん「あ、そのお肉、よかったらお取りしましょうか」 蛇姫様「やだ、そんなん」Tさん「よかったら僕と共演しませんか」 蛇姫様「やだ、そんなん、饗宴だなんて」・・・というような妄想を勝手に膨らませていたのも束の間、Tさんはほどなく運ばれてきた海鮮丼を召しあがられたのでした。


佃シェフ現る! 

実演カウンター内で佃シェフを発見! 数年前に惜しまれつつ閉店した同ホテル内のエスニックレストラン「エイジアンテーブル」のシェフだった方で、テレビ(チューボーですよ)などにも出演されました。もともとはフレンチ出身とのことで、現在はブルーベランダで活躍されているようです。フレンチとエスニック両方を会得された方だけあって、今回のメニューにもそれらが融合されたものを垣間見ることができます。


料理 

※今回のフェアは豪州食肉家畜生産者事業団の協賛、オーストラリア大使館の後援、

オーストラリア政府観光局の賛同という強力なバックアップのもとで開催されました。

期待しないわけにはまいりませんがな。

 

ではさっそく。まずは生野菜サラダで助走をつけて・・・

 

スープは冷製がオージーガスパチョ(左)、温製がカリフラワーポタージュ(右)。

香菜の香るガスパチョがとっても美味でした。佃シェフ、やってくれます。

そうそう、オーストラリアン・ワインもありましたので、赤白グラスでいただきました。

 

パンは食事パンが5種ほど。甘いデニッシュ系はありませんでした。

ここのバナナデニッシュおいしかったんですけどね。

 

前菜は主に小皿盛りで供されます。

スタッフの方によると「今回は前菜に力を入れています」とのこと。

写真一番手前のカプレーゼ以外はアップでお届け。

 

左:炙りサーモンマリネ。 右:赤カブとカボチャのベイクドサラダ・オーストラリアンチーズ添え。

 

左:イカのカレー風味。  右:カジキマグロのナッツソース。

 

ホタテの生姜&コリアンダー風味。佃シェフらしいエスニック風の一品。

 

シーフード系お料理の皿(一部ビーフ)。全品フェアメニューです。

右手前のイイダコのグリルマリネとムール貝のトマトソース以外はアップでどうぞ。

 

タスマニアサーモンのウイスキーとメープル風味ソテー。

複雑な味わいでおいしいです。

 

マトウ鯛のライムバター風味。これもなかなか。

 

オージービーフのたたき風サラダ。お肉はまだまだこれからです。

 

左:カニクリームコロッケ、野菜グラタン、生ハムとドライトマトのペンネ。

右:入れ替わりで出てきた春野菜のパスタ。

 

さて、お目当ての仔羊料理へ行くその前に・・・

ちょっと場違いな感じもいたしますが、ここのディナーにはなぜか握り寿司があります。

左の写真のように実演カウンターの一角がお寿司屋さん状態になってまして、

コックコートのシェフ(しかも佃シェフ)がお寿司を握ってくれるという珍しい光景が見られます。

「へいらっしゃい!」とかは言いません。

ネタはマグロ、タイ、タスマニアサーモン、イカ、ボタンエビ、オージービーフ、タマゴなど。

 

お待ちかね、怒涛のミート系フェアメニューの数々。

オージーミートパイ、ラムミンチのレモングラス風味のバーベキュー、

オージービーフシチュー、ラムのローズマリー風味煮。

 

ミートパイ断面。ちょっとクセのあるお味ですが、個人的には◎。

 

ラムミンチはシシカバブ風といいますか佃風。

グリル野菜とともに、シェフが実演で仕上げてくれます。

  

さて、いよいよフェアメニューの目玉の登場です!

ローストラム(左)&ローストビーフ(右)。

ラムとビーフの揃い踏みはあのオークラのオーキッドルームでたった一度経験したきり。

でもここはある意味それよりすごいかも。

 

骨付き仔羊の香草焼き・ターメリックライス添え。

なんと仔羊が二品も! しかも佃スペシャル!!

お味・肉質とも最高で、さすが関連団体・機関のお墨付きだけのことはあります。

俳優のTさん、すみません。サインもらいにいく暇がありませんでした。

  

至福のオージーミート三点盛り。

どれもカッティングサービスです。

骨付きは最後に鉄板で仕上げてくれます。

 

ローストラムはグレービーソースで。 

 

ローストビーフは和風ソース(おろし添え)で。

  

骨付き肉はスパイシーヨーグルトソースで。これは相性抜群でした。

 

あんまりおいしいんで、二枚いっぺんにおかわり。

 

ご覧ください、この厚み!

このフェア、ぜひまた行きたいです。

次行ったらこればっかり食べたい、そんな感じです。

 


デザート 

 

かつての勢いはありませんが、まずまずの内容といえます。

 

ケーキ盛り合わせ。やっぱり昔と比べるとちょっとさみしいです。店売りケーキも無し。

 

マカダミアナッツ入りのブラウニー。おいしいです。

 

ナッツタルトは濃厚な味。

 

ミックスベリーのムースケーキ。ちょっと地味ですか。

その他にはチーズスフレ、いちじくパウンド、マンゴームースケーキなど。

何気にいちじくパウンドが一番よかったりして。

 

グラスデザート三種。

マンゴーゼリー、ブルーベリームース、パンナコッタ。

 

フルーツ(写真以外にメロン、ランブータンあり)をいただいて終了。

佃シェフ、皆々様、ごちそうさまでした!

食後にくじ引きがありまして、ホテルのディナー券が当たるということで

張り切って引いたのですが、結果はふたりともハズレ。

でもいいんです、仔羊料理が大当たりでしたので。


 

 

 ■ ■ ■ ■ドリンク  コーヒー・紅茶をテーブルサーブで(おかわり可)。
訪問時期  2010年度・春
地図
B食店情報
・店名 : ブルーベランダ(ぶるーべらんだ)
・ジャンル : その他
・住所 : 東京都港区海岸1-16-2
・TEL : 03-5404-7894(直通)
・URL : http://www.interconti-tokyo.com/second.html
・営業時間 : 11:30〜14:30(ランチ)
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 浜松町
・キーワード : ランチバイキング
B食店ページへ