記事
[ 総記事数:858件 ] [ RSS2.0 ]
2009年12月25日(金曜日)
   
 

B星赤 B星赤 B星赤……….(ぜったいおすすめ)


みなとみらいにあるパンパシフィック横浜ベイホテル東急のレストラン「カフェ トスカ」のディナーバイキングです。約2ヶ月ぶりの休日ということで、横浜まで足を伸ばしてみることに。狙いを定めたのはキッチンスタジアムという実演コーナーが名物のレストランで実施の「ナイトキッチンスタジアム・ビストロスタイル」と銘打たれたフレンチフェア。食通の街リヨンの郷土料理を中心としたビストロ料理がたらふくいただけるということで、腹を空かせて行ってまいりました。

※協力:フランス大使館、フランス観光開発機構という企画でした(すでに終了)。


 


王冠蛇姫様の御言葉  「戸塚にはないわよ!」

 

料金  4,700円(土日祝5,600円)+サービス料


アクセス  最寄り駅はみなとみらい。桜木町からですと駅前の動く歩道を渡ってランドマークタワーに入り、1階のショッピングモールを奥へ進むとホテル入り口(メインエントランスではない)にたどり着けます。コーヒーショップの横でちょっと目立たないところにあるので、通り過ぎてしまわないようご注意を。

 

桜木町駅前遊歩道より、夕闇迫るみなとみらい地区を望む。

上部に青い光を放つ建物が目的の場所。

 



ロケーション 

 

ホテル1階〜2階の吹き抜けは幻想的な雰囲気。この色使い、ちょっと他にはない感じ。

らせん階段(orエスカレーター)をあがると2階にフロントがあり、お店はその反対側にあります。

 

スタイリッシュな感じの、私たちには場違いな感じの、お店入り口。

ここからだと平面的な空間に見えますが・・・

 

奥へ進むとそこは巨大吹き抜け空間になってます。

高さは3階ぶんくらいはありますでしょうか。

随所にパームツリーがそびえ立ち、まるでリゾート地のレストランに来ているかのよう。

店内中央に「キッチンスタジアム」と名付けられた実演コーナーがあり(写真)、

さまざまな出来立て料理をいただくことができます。

ビュッフェボードはスタジアムの裏手に円筒形のものがあり、

さらにその奥に前菜専用ボード(ランチのときはデザート用になったりするらしい)があります。

 

パームツリー。ピンボケですわ。 

 

高層階ではありませんが、眺めは抜群。

窓際の席を予約したのですが、正面にコスモクロックが見え、

刻々と変わるイルミネーションを楽しみながら食事をすることができます。

(コスモクロックの時計の時間で滞在時間がばれた)

 

「MUSIC STAGE」というコーナーがあり、食事中に生歌&生演奏も楽しめます。

女性ボーカル&ピアノでスタンダードナンバーが流れます。

永遠のスタンダードといえば「サザエさん」ですが、この日は歌われませんでした。


料理 

 

〜おいしいフレンチを楽しく、たらふくどうぞ〜 

ホームページには確かにそう書いてありました。

ということで、いつもは満腹までしか食べないことにしているのですが、

今回はたらふく食べることにしました(おんなじやん)

 

ネット予約、または電話予約の際に申告すると「早得プラン」の対象となり、

平日の17:30〜18:00までに来店するとオリジナル食前酒がサービスされます。

この日はパイナップル味のフルーティーな食前酒でした。

 

お料理の内容からしてワインなしでは無理、ということで頼みました。

ありそうでなかった赤白グラスワインセットという気の利いたものがあったので、そちらを。

 

ではおいしい料理の数々をご紹介してまいりましょう。

まずはバケットにつけていただく四品。

リエット、タラマ風デップ、タプナード、セルベル・ド・カミュ(チーズです)。

奥はリヨン風サラダで、ベーコン、豚の耳、ニシンなどが合わせてあります。

 

テリーヌ三点盛り&ピクルス・オリーブ・ドライトマト。

パテ・ド・カンパーニュ、白身魚のテリーヌ、彩とりどり野菜のテリーヌ。

 

店内薄暗くまたもやピンボケ、どうかご容赦くださいませ。

鮮魚のマスタードマリネ、イカの白ワインマリネ、タコのマリネ香草風味、キッシュロレーヌ・・・

写真奥の二品はアップでご紹介を。

 

ブータンノワール風ソーセージ・レンズ豆のサラダ添え。

豚の血入りのソーセージで見た目はかなりのインパクトですが、意外と食べやすかったです。

「ブータン」と「豚」がかぶっているのは偶然なのでしょうか。

そして「牛タン ノワール」は存在するのでしょうか。

 

ジャガイモ・チーズ・ベーコンのテリーヌ。

 

スープもいろいろ。

まずはグリーンピースの冷製スープ。豆の甘さが引き立ちます。

 

写真左:カリフラワーのポタージュ・クミン風味。エスニックテイストな一品。

写真右:スープ・ド・ポワソン。魚介のスープですね。

 

実演のスープもありまして、オニオングラタンスープはテーブルサーブしてくれます。

さて、このあとは引き続き、怒涛の実演ラッシュ!

 

ポトフは色々なお野菜がずらりと並べられ、お好みの盛り付けで。

 

ジャガイモのラクレット風。

これは「元々はスイス料理をトスカ風にアレンジ」って書いてありましたけど、よくわかんない。

削りたてのパルミジャーノがトロリと溶けて、おいしいからまあいいですか。

 

リヨン名物といえばクネルですね。

アメリケーヌソースは秀逸で、思わず「つゆだくで!」と叫んでしまいそうになりました。

※漢字で書くと「食う寝る」 

 

ローストポーク・リンゴのコンポートソース。

カッティングしたものをさらに鉄板で熱々に仕上げてくれます。

肉質も良く、ソースとの相性もばっちりで、とてもおいしかったです。

お高いバイキングでも時々出てくるローストポークですが、今まで食べた中で文句なしのナンバーワン。

 

実演の最後はビーフステーキ・トリュフ風味ソース。グラタン・ドフィノワーズ添え。

こちらもソースがおいしくてリピートしたかったのですが断念。

なぜなら実演以外のお肉もまだまだあるから。

 

手前左から時計まわりに。

子羊肩肉の煮込み、鶏レバーのラグー、鴨のコンフィー、タブリエ・ド・サプール、牛ホホ肉のブレゼ。

タブリエ〜はトリッパのパン粉焼き。凝ったものから定番品まで揃い、大満足です。

 

締めはパルミジャーノ・リゾット。

ここは「イタリアンの枠にとらわれない地中海料理店」ということですので。

さて、たらふくの旅はさらに続く・・・


デザート 

 

デザートも超充実♪

ホールで供されるケーキは一見地味ですが、どれも大人な感じのおいしいものばかり。

マロンタルト、チョコムースケーキ、オレンジ風味のムースケーキ、

ブルーベリー・レアチーズケーキ、ナッツ入りキャラメル・パリブレストなど。

 

オレンジムースケーキの断面。けっこう凝ったつくりです。

 

グラスデザート三連発。まずはモンブラン。

 

マシュマロの生クリーム掛け。

 

クレームカラメル。

 

デザートにも実演がありまして、ジェラートをいただけます。

洋梨、カシス、バニラ、チョコの4種からチョイス。トッピングもいろいろ揃ってます。

さっぱりと洋梨とカシスを盛り付けていただきました。

(ふたつも食ってなにがさっぱりだ) 

 

旅の終わりはいろいろカッティングフルーツで。


ドリンク 

 

コーヒー、紅茶をテーブルサーブで。

たらふく・・・漢字で書くと多良腹。ごちそうさまでした。

(ほんとは当て字で「鱈腹」です) 



 ■訪問時期  2009年度・冬


地図
B食店情報
・店名 : カフェ トスカ(かふぇ とすか)
・ジャンル : 欧風料理-その他
・住所 : 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-7
・TEL : 045-682-2218
・URL : http://pphy.co.jp/index.htm
・営業時間 : 7:00〜11:00/11:30〜15:00(土日祝16:30)/17:30〜22:00
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : みなとみらい、桜木町
・キーワード : ランチバイキング、ディナーバイキング、地中海料理
B食店ページへ