記事
[ 総記事数:858件 ] [ RSS2.0 ]
2009年9月8日(火曜日)
   
 

B星赤 B星赤 B星赤……….(ぜったいおすすめ)


虎ノ門にあるホテルオークラ東京のレストラン「オーキッドルーム」のランチバイキングです。みなさんは今年の夏休みにどこへ出かけましたか? 海ですか? 山ですか? 国内ですか? 海外ですか?  私たちは・・・バイキングへ出かけました!! 夫婦ともども仕事でどこへも出かけられなかった腹いせに、いつもより贅沢なバイキングへ行ってきた次第です(号泣)。日本御三家ホテルのクラシカルなお店でいただくクラシカルな洋食ビュッフェは、お値段それなり、料理もそれなりで、夏休みの、いや一生のいい思い出作りができました。
王冠蛇姫様の御言葉 「あたしは美容院へも出かけたわよ!」

 

料金  6,300円+サービス料(シニア・子供料金有り)  ※ビュッフェは土日祝限定


アクセス  最寄り駅は地下鉄虎ノ門、溜池山王、六本木一丁目、神谷町。四駅のちょうど中間地点に位置し、「小高い丘」に建つホテルですので、徒歩ですとどの駅からも上り坂になります。バイキングが開催される土日祝は虎ノ門と神谷町から無料シャトルバスが出ていますので利用するとよいでしょう、私たちみたいに「今日は贅沢するぞ、腹減らしだ!」と言って坂道をかけ上がっていく場合は別として。

※詳しくはホテルHPをご参照ください。


ロケーション  お店はホテル本館の1階、正面入り口から入って右奥にあります。ダイニングスペースの中央に五角形(?)のビュッフェボードが設置され、そのまわりにテーブルが並ぶというレイアウト。ボードの中にはシェフが数人いて、実演や料理の補充などを対応してくれます。それほど広いお店ではありませんが、天井が高く席数も少なめなので窮屈な感じはまったくありません。

「日本最高峰のホテルだけあってサービスが最高」といったネットでの評価があちこちで見受けられますが、至って標準的なものでした(まぁビュッフェですので)。サービスの良さ、格の違いといったものが実感できるのは、おそらくイレギュラーな事態になったときなのでしょうね、例えば料理をこぼしたとか、苦手な食材があったとか、バイキングで食べ過ぎて動けなくなったとか。

 

写真左:本館入り口。「Hotel Okura」の文字からしてクラシカルな雰囲気。

写真右:ホテルという洋風建築でありながら「和」を感じさせる外観。

 

お店の入り口の立て看板。ちなみにオーキッドは「蘭の花」という意味です。


料理 

 

ここは週替わりで「イタリアン」、「スパニッシュ」、「フレンチ」、「各国料理」が順番に供されるのですが、

私たちが狙って行ったのはもちろんフレンチの週。

HPに載っていたスペシャルメニューがお目当てですが、ご紹介はのちほどで、まずは前菜から。

エビのカクテル、キノコのマリネ、生野菜サラダ、ポークの冷製、チキンの冷製、ピクルス、

そして実演のカッティングサービスのスモークサーモンでまず一皿。

生野菜サラダはアイテム少なめですが、前菜は他にいっぱいありますのでちょうどいいのかも。

ドレッシングは4種ありますが、バルサミコ酢ベースのオリジナルをおススメします。

 

小柱マリネ、コールドミート、エスカベッシュ、冷製コンソメジュレ、

グリーンピースムース、カナッペ各種、ビーフの冷製で二皿。

 

グリーンピースムースはおいしいんですけど甘いです。ベジタブルスイーツって感じ。

 

カナッペは5〜6種類ほどありましたでしょうか。

すべてが見た目も華やかに仕上がっていて、思わず目移りしてしまいます。

迷っているとスタッフの方が丁寧に説明してくださいました。

ゼリー寄せ(写真左)とサーモンムース(写真右)をいただきました。パンの種類も違っています。

このクラスともなると、補充と盛り付けは完璧ですね。

インカムをつけたシェフの方が厨房へ随時指示を出していました。

ビーフの冷製では大皿にスライスオレンジが整然と美しく敷き詰められていて、

崩してしまうのが申し訳ないくらいでした。

 

ズワイガニはカニ酢でいただくのですが、一応これも洋食ということで。

 

エビ入りスクランブルエッグタルト、チーズ(3種ほど、バケット乗せ)。

前菜は他にもポテトサラダ、マカロニサラダ、ごぼうサラダなどの定番品がありました。

ちなみにマカロニサラダといっても大きなエビが入ってます。

 

おもしろい形をしたパン。とてもおいしいです。

カナッペが充実し、さらにサンドウィッチ(写真無し)もあるためか、食事パンの種類は少なめです。

 

さて、お待ちかねのメイン系。

鮮魚のパイ包み焼き、ビーフシチュー、白身魚のポワレ、仔牛のソテー、魚介のグラタン。

 

HPスペシャル(その1)がこのパイ包み焼き、お魚はスズキでした。

ふっくらムース状のスズキをパイで包んで焼き上げたものを、ブールブランソースでいただきます。

シェフがカッティングサービスしてくれるのですが、これはこの日一番のおいしさで思わずリピート!

 

リピートしたついでに取ってきた付け合わせのポテトもまたおいしかったりして。

 

写真左:ビーフシチューはココット入り。食べやすくて、ちょうどいい量です。

写真右:仔牛はキノコソースが絶品。

 

カッティングサービスのお肉セット。

ローストビーフ(手前)と仔羊のロースト・ハーブマスタード風味(奥)。

 

ローストビーフは定番のメイン料理とのことです。お値段のわりには意外と普通な感じ。

 

HPスペシャル(その2)が仔羊です。

これは今まで食べたビュッフェの仔羊の中で最高の肉質でした。

ふっくらジューシーに焼き上がっていて、これも思わずリピート!・・・はしませんでした。

なぜっておいしそうなんで最初からリピート分までガッツリ持ってきてしまったから(笑)。

 

さて、たとえ日本最高峰のホテルのビュッフェといえども、締めはやっぱりカレーですね。

あ、この日はフランス料理の日だったんでビーフストロガノフでした。

これもよかったんですけど、もう限界です、別腹を除いては。

主食系では平打ちパスタのクリームソースもありました。

 


デザートは別腹へ 

そういえば宇宙へ(「そらへ」と読むんだそうな)というNASAの記録映画が評判みたいですね。

ゴスペラーズの主題歌も感動的・・・らしい。


♪腹へ

ごちそうさまを告げる代わりに

食べ足りないと伝えて

自分が決めた食欲の形を

貫いて生きてゆく

 

デザートは派手さはありませんが、どれもしっかりと作られていておいしいです。

ただコスパ的には豪勢なホールケーキが何種類も並ぶといった光景にお目にかかりたかったです。

定番のショートケーキはスクェアカットで、イチゴの量もちょっとさみしげ。

 

パイは洋梨と黄桃の2種。これはサクサクで絶品でした。

 

安いバイキングにも行ってる私たちは、3センチ角くらいのケーキが出てると

「うわ、業務用冷凍ケーキじゃ」とすぐ思ってしまうのですが、

ここのチョコケーキは違います。断面図でその違いをご確認ください。

 

チーズケーキはふわふわスフレタイプと濃厚ベイクドタイプの2種。

ミニシューも手抜きなしの一品。

ケーキ系は他にミニタルトが数種類ありました。

 

プリン、ブラウニー(ミニパフェ風)、オレンジゼリー(ワインゼリーもあり)。

クレームブリュレがなかったのが残念です。

 

ブラマンジェ。

 

コーヒーゼリー(店内ほの暗くピンボケ写真が多くてスミマセン)。

 

アイスはスタッフの方がビュッフェボードでサーブしてくれます。

オレンジソルベ(写真)とチョコアイスの2種がありました。

 

完熟フルーツで終了。

お肉をたくさんいただいたので、パイナップルを多めに摂りました(いつも食ってるだろ)。

 


ドリンク  コーヒー、紅茶付き(コーヒーおかわり可、紅茶はポットでサーブ)
訪問時期  2009年度・夏
地図
 
B食店情報
・店名 : ホテルオークラ東京・オーキッドルーム(ほてるおーくらとうきょう・おーきっどるーむ)
・ジャンル : 欧風料理-フレンチ
・住所 : 東京都港区虎ノ門
・TEL : 03-3505-6069
・URL : http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/
・最寄り駅 : 虎ノ門、神谷町
・キーワード : サービスが良い
・友人・同僚
B食店ページへ