記事
[ 総記事数:858件 ] [ RSS2.0 ]
2009年6月22日(月曜日)
   
 

B星赤 B星赤……….(かなりおすすめ)


紀尾井町にあるホテルニューオータニの展望レストラン「トップ オブ ザ タワー」のランチバイキングです。十数年前に一度行ったことのあるこのお店。洋食好きの私たちにピッタリの「クラシック・ビュッフェ」というフェアが開催されているとのことで、さっそく行ってまいりました。こんな時代ですのでコスパに少々難がありますが、ホテル洋食の王道メニューとすばらしい眺望を堪能できます。
王冠蛇姫様の御言葉 「高いのに安いのってな〜んだ?」

 

料金  5,040円 ※45周年謝恩優待価格で4,000円(1日20組限定)


アクセス  最寄り駅は赤坂見附、永田町。最寄りの出口を出たら弁慶橋を渡って左手の建物です。ニューオータニはメイン、ガーデンタワー、ガーデンコートの3つの建物から構成されていまして、お店はガーデンタワーにあります。

 

手前がガーデンコート、奥の曲線の建物がガーデンタワー。

間違ってガーデンコートに行っちゃったりなんかしたら大変です。


ロケーション  ・・・と、お店の紹介の前に、ニューオータニといえば「日本庭園」です。400年の歴史があり、東京名園のひとつにも数えられているとのことで、都会の喧騒を忘れさせてくれる貴重な空間です。食前の空腹までは忘れさせてはくれませんが、せっかくですので早めに行って散策してまいりましたので、しばしお付き合いください。

 

左:枯山水。 右:お花も咲いてて、いい気分♪ 中央に見えるのは太鼓橋。食後の私たちは太鼓腹。

 

左:清泉池の錦鯉。 右:人馴れした地域猫(耳たぶがカットされていました)。

 

左:庭園から見上げたガーデンタワー。深い意味はありません。

右:大滝。高さは6メートル! 初めて見たときはびっくらこいた。

お店紹介に戻りまして・・・お店はガーデンタワーの40階、つまり最上階です。店内は両方の窓側にテーブルが配置され、ビュッフェボードは入って右奥のスペースにあります。店内中央にもテーブル席があり、混んでいるとき以外は使用されないであろうと思われますが、そこからでも充分窓外の景色は楽しめます。ビュッフェボードは「コ」の字型で、その一辺は窓際にあるので、絶景を楽しみながら料理を取るという稀有な体験ができます。

 

左:席からの眺め \萃の日本庭園は上から見るとこんな感じで、鳥になった気分。

右:席からの眺め◆.瓮ぅ鹽錣任后1澤舛良分もビュッフェレストランです。

 

左:席からの眺め 迎賓館側の席から。都庁方面まで見渡せて、座るならこちらがおススメ。

右:席からの眺めぁ\嶌簑Δ寮覆ら。東京タワーが見えますが、ビルばっかりという感じ。

料理

 

今回は純洋食メニューの「クラシックビュッフェ」ということで、ワインも頼みました。

私はあまり飲めないので、値段も超手頃なライトボディのハーフボトルを。

  

ま、このほうが盛り上がるやろ。

 

王道系前菜。

ラタトゥユ、カプレーゼ(生バジル無しはさみしい)、コールドミート、エスカベッシュ、

エスカリバータ(スペイン風焼き野菜)、スモークサーモンなどなど。

 

パンはミニバケットがおいしかったです。写真右のセサミブレッドもなかなか。

でもバターは「Butter」って書いてありますがバターではありません(涙)。

ちゃんとしたバターを出したほうがベターなんですけど。


さて、問題はサラダ(正確に言うと実演)です。左の写真のシーザーサラダは

「サラダステーション」という実演コーナーでシェフに作っていただいたものなのですが、

実のところ、大きなサラダボウルで一人前の具材をドレッシングであえて、

パルメザンチーズとクルトンをトッピングするだけ(サラダなので当然これ以上のことはできません)。

まあ、これはこれでおいしいとして、このときのフェアの実演(ランチ)は、

このサラダ以外は後述するローストビーフのカッティングのみなのです。

シェフの方には少々失礼な言い方になりますが、5,000円もするランチビュッフェの実演が

「あえるだけ・切るだけ」ではいささか物足りない気がします。

しかも、サラダは通常のサラダコーナーがあったりして、実演のサラダがかすんでしまっています。

さらに言えば、このあと料理を紹介していきますが、いかんせん種類が少なすぎます。

少数精鋭でおいしいものだけを出して欲しいと常々思っていますが、それは低価格帯の場合の話。

このクラスともなれば質・量とも楽しませてほしいものです、こちらもそのつもりで来てますので。

辛口のコメントでしたが、料理は全て丁寧に作られていて、お味はよかったことは申し添えておきます。

 

ポタージュの王道としか言いようのないポタージュ。

 

ポークのブレゼ・フルーツソース、白身魚のポレンタ焼き、サーモンのハーブソース、

野菜のキッシュ、ミートローフ。特にキッシュはパイ生地がサクサクで秀逸でした(右のアップ写真)。

 

シェフがカットしてくれるローストビーフ。

分厚くてボリューム満点、とかいって2枚ももらってる奴。あ、さらにもう一枚食べたんでした。

 

ガーリックライス(ビーフがゴロゴロ)とマカロニグラタン。

繰り返すようですが、ここはカレーやパスタといったバイキングの定番(洋食の定番ともいえる)が

まったくありません。いつもカレーで締めることの多い蛇姫様は少々不満顔でした。

 


デザート 

 

王道5点盛り。

クレームブリュレ、ティラミス、パンナコッタ、イチゴショート、抹茶ロール。

 

ブリュレはさすがの味。個人的には表面のパリパリはもっとあってよかったです。

抹茶ロールは絶品! 抹茶ものはあまり好みではないのですが、ここのはひと味もふた味も違います。

バイキングのケーキはクリームがいまひとつということがよくありますけど、

この抹茶クリームは上品で苦味がきいていて、とてもおいしかったです。

 

左:バナナシフォンと豆カン、完熟フルーツ。シフォンもよかったです。

 右:ラズベリーソルベ。アイスもありました。ソルベはちょっと「薄味」でしたが、

蛇姫様が食べた抹茶アイスはおいしかったです。ここは抹茶ものがいいのかも。


ドリンク 

 

コーヒー、紅茶はテーブルサーブでおかわりもOK。

ビュッフェボードにはハーブティーのティーバッグも用意されています。


訪問時期  2009年度・春
地図
B食店情報
・店名 : トップ オブ ザ タワー(とっぷおぶざたわー)
・ジャンル : 洋食
・住所 : 東京都千代田区紀尾井町4-1
・TEL : 03-3238−0023
・URL : http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/top/index.html
・営業時間 : 7:00〜21:00
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 赤坂見附、永田町
・キーワード : ランチバイキング、洋食、ローストビーフ
B食店ページへ