記事
[ 総記事数:858件 ] [ RSS2.0 ]
2008年9月18日(木曜日)
   
  B星赤 B星赤 B星赤……….(ぜったいおすすめ)
六本木にあるグランドハイアット東京のレストラン「フレンチキッチン」のランチバイキングです。私にとってアニバーサリーな日のランチは、いつもバイキングばっかり行ってるのでメイン料理がしっかり食べられる、晴れの日にふさわしいゴージャスなお店にしました。あ、前菜とデザートはバイキングでした・・・
蛇姫様の御言葉 「どこ行ったってアニバーサリーよ!」

 

料金  3,700円(平日)、5,800円(土日祝・シャンパン付き)  ※テーブルチェックです。


アクセス   最寄り駅は六本木。ホテルは六本木ヒルズ内に位置します。駅からですと、ウェストウォークに入ってすぐを右折して1Fへ下りるとホテル入り口があります。そこを入るといきなり駐車場なので一瞬ビックリしますが、右へ行けばホテルエントランスです。
ロケーション  お店はホテルの2階です。フロント前の階段を利用するとよいでしょう。店内は、中央にスロープのあるメインダイニング、バーカウンター、半個室風のシート、テラス席とテラスを望むソファー席、小規模な会合に適した個室、シェフを独り占めできるキッチン付きの個室「シェフズテーブル」と様々なシーンに対応できるようエリア分けされています。入ってすぐのところにあるワインタワーも印象的。この日、私達はバーカウンター前の半個室風のテーブルを予約しました。ここは喫煙席なのですが煙はさほど気にならず、他の席からちょっと隔離されていて、プライベート感も保てて、いっぱい食べててもあんまりバレずに済むのでお勧めです。
店内左奥がオープンキッチンになっていて、そこのカウンターがビュッフェボードとなっています。他にも前菜用、チーズ用、デザート用のボードもあります。ここのオープンキッチンは活気があって好きですね。若いシェフが一生懸命修行に励む様もあえて隠し立てすることなくさらけ出しています。かといって殺伐とした雰囲気というわけではなく、外国人シェフは目が合うとニッコリ微笑んでくれたりします。手を振ったら振り返してくれそうな感じ。
ここは外国人シェフがたくさんいます。料理長とおぼしきシェフも外国の方で、開店のときは受付にいて迎え入れてくださいました。このひと、私達の隣の席で外国人のお客様とずっと話し込んでいたんですが、 私達が帰るときはわざわざその席を外してくれて「サンキュー、サンキューベリーマッチ、プリーズカムバックアゲイン(要約)」と言ってお見送りしてくださいました。抱きしめたくなりました。
F・Mさんの思い出   六本木ヒルズ界隈ともなると、そう頻繁に訪れることもないというのに、テレビでおなじみの顔と遭遇しますね。ホテルの駐車場のベンチには健康番組でおなじみのA先生がちょこんと座っていたし、お店ではフランス人エッセイストのF・Mさん(外タレの走りといわれているんだそうです)とばったり遭遇しました。あ、プライベート利用と思われるのですべてイニシャルにさせていただいてます。で、そのF・Mさんですが、奇遇とでも申しましょうか、実は二十数年前に新宿のタイ料理店「バンタイ」でお会いしたことがあるです。お会いしたとか言ってますけど、むこうはこっちを知らないので、正確にはお見かけしただけですが。この「再会」は驚いたと同時に、感慨深いものがありました。ああ、お互い歳をとったのね、と(笑)。

 

作品「ママンの胎内でみる夢」

毛利公園
10chの朝の天気予報でテレビに映りたいひとは、前の晩から潜んでいるとよいでしょう。

料理  ※これ以降、なぜか文字が白抜きになってしまいます、あしからず。

 

この日のメインディッシュはこちら。何をチョイスしたかはあとでのお楽しみ。

 

前菜盛り合わせ第一弾(写真左)

前菜はメイン料理があることもあって、お野菜が中心ですが、テリーヌやシーフードも用意されます。

サラダアイテムはミックスビーンズ、いんげん、トマト、カリフラワー、アスパラガスなど。

オリーブのタプナードとバジルペーストが添えられます。

他には野菜のグリル(ナス、カボチャ、ズッキーニ、パプリカ)や、

小エビのカクテル3種のソース、いわしのマリネ、ビーフテリーヌなど。

右の写真はビーフテリーヌのアップ。いい仕事してます。

 

前菜盛り合わせ第二弾(写真左)

前菜には実演がありまして、この日は\献魯爐離ッティング ▲轡礇鵐團縫ン・ソテーでした。

生ハムは食べ放題とは思えないほどの上物です。ああ、もっと食っとくんだった・・・ 

他にはチキンロール、エスカベッシュ、豚バラの冷製など。 

右の写真はチキンロールのアップ。いい仕事してます。 

 

なんですかい、ここで早くもデザートですかい、と思ったあなた!

そう思われても仕方ないんですけど(笑)、これはフォアグラのブリュレです。 

これは補充なしでしたので数量限定のサービス品と思われます。

すんごくおいしかったので、まちがいありません。

こんなの食べ放題にしたらたいへんです。

おかわりはしてません、ほんとです。

 

ホワイトアスパラのスープ(写真左)とプチ・バケット(写真右)はテーブルサーブしてくれます。

頼んでもいないのに持ってきてくれますが、おいしいので必ず飲みましょう、食べましょう。

おかわりもできますので、大食いのひとは遠慮なく飲みましょう、食べましょう。

ところでフレンチトーストの実演があると聞いていて楽しみにしていたのですが、

今日はお休みのようでした。残念・・・

 

さてお待ちかねのメインディッシュ♪

蛇姫様チョイスは「ほうぼうの炭火焼」

けっこうなボリュームで、赤ピーマンと松の実ペーストのソースも濃厚でGood。

 

 ROBAチョイスは「US牛ヒレ肉のステーキ・リヨネーズソース」

これまた結構なボリュームでした。シェアするにはもってこいの量(笑)。

リヨネーズソースは炒めタマネギのソースですね。

甘辛で日本人には食べやすい味かも。

 

写真左:分厚いです。 写真右:断面もやはり分厚いです。

 

本格的なナチュラルチーズが揃っているのもこの店のポイント。

チーズに合うパンが2種、ドライフルーツ、クルミ、レーズン、オリーブ、ハチミツなども。

 

左:ウォッシュはマンステール・・・だったっけ。シェーブルまであります。 

右:ブルーチーズもとろりと食べごろ。いちじくを添えて。

この日はさすがにワインをいただきました(グラスでしたけど)。


■デザート

 

ここのデザートは満足度が高いですね。閉店してしまった「ジュニパー」を思い出しました。

おそらく同じパティシェさんが作られているのでしょう。

ケーキが7〜8種くらいと、プリンやルバーブタルト、カヌレなどなど、

どれを食べてもおいしいです。ただ、かなり甘いのでたくさんはいただけません。

あ、訂正です。ものすごくたくさんはいただけません。

 

左:マンゴー&チョコケーキ。最高。 右:ブルーベリーチーズケーキとベリーショート。最高。

 

左:ルバーブタルトとカヌレのアップ。

右:結局ものすごくたくさん食ってるんだろという突っ込みは甘受するとして・・・

気付いたら再び皿に乗っていたベリーショート、シェフがサーブしてくれたマンゴーソルベ、

そしてチョコケーキ。ソルベ以外にバニラアイスもありました。

写真以外では他にフィナンシェ、マドレーヌ、シフォンケーキ、アプリコットタルトなども。


ドリンク  コーヒー、紅茶つき。コーヒーはおかわり可でした。

 

 


■訪問時期  2008年度・夏
地図
※ディナービュッフェもやっていて、ものすごい品数なんだそうです。
B食店情報
・店名 : フレンチ キッチン ブラッセリー アンド バー(ふれんち きっちん ぶらっせりー あんど ばー)
・ジャンル : 欧風料理-フレンチ
・住所 : 東京都港区六本木6-10-3 グランドハイアット東京2F
・TEL : 03-4333-8781
・URL : http://tokyo.grand.hyatt.jp/hyatt/hotels/index.jsp
・営業時間 : 7:00?22:00 (バー11:00 - 23:00)
・定休日 : 無
・最寄り駅 : 六本木
・キーワード : フランスの伝統的なブラッセリー料理をスタイリッシュにアレンジ
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ