記事
[ 総記事数:858件 ] [ RSS2.0 ]
2008年3月22日(土曜日)
   
  B星赤 B星赤 B星赤……….(ぜったいおすすめ)
赤坂にあるANAインターコンチネンタルホテル東京のレストラン「カスケイドカフェ」のランチバイキングです。先日伺った同ホテルの「マンハッタンラウンジ」の展望ビュッフェがとても良かったので、フロント階のレストランへも行ってみることにしました。平日のランチは「ライトミールブッフェ」と銘打たれていますが、なかなかどうして充実の品揃え、しかも実演付きと、こちらも大満足でした。
王冠蛇姫様の御言葉 「食後はヘビー級に転向ね!」

 

料金  平日2,310円+サービス料(今回はこちらのレポ)、休日2,940円+サービス料

      ※HPクーポンで10%割引。休日は料理がグレードアップ。


そりゃないよ日野原先生 

 それはバイキングへ行く日の朝のことでした。

朝刊をめくると、ある本の広告が目にとまりました・・・

日野原重明著「病気にならない15の食習慣」

日野原先生は90歳を超えた今も現役医師で、「生き方上手」などの著作でも有名な方です。その本のキャッチコピーには確かにこう書いてありました。

「バイキングで3000円払って4000円分食べようとする人は長生きできません」 

よりによって、いまからバイキングに出かけようというときです。


ROBA「蛇姫様たいへんです! 新聞にこんな広告が!!」 

蛇姫様「3000円のバイキングなら、いつも5000円分食べてるんだけど」 

ROBA「寿命がさらに縮まります」 

蛇姫様「1000円分しか食べなかったらストレスで早死にしそう」 

ROBA「いずれにせよ長生きできないってことですね」 

蛇姫様「じゃあ今日は10000円分食べる!」 

ということでしたので、ホテルのひと、ゴメンナサイ。

 


 ■アクセス 

最寄駅は地下鉄溜池山王、または六本木一丁目です。私たちは溜池山王とつながっている国会議事堂前から行ったのですが、行きは腹が減っていたので5分ほど、帰りはマンハッタンラウンジのときは10分ほどだったのに今回は満腹過ぎて15分ほどかかりました。

 

桜坂よりホテルを望む。

福山雅治の「桜坂」は田園調布のほうの桜坂。


♪東京にもあったんだ こんな平日のバイキングが 

うれしいな 君と食べたいな 君は有休とれるかな 

いま以上 腹八分目以上に  なりたかったんだよ 

急いで 急いで・・・ 食べるために覚えたこと 

食べ放題のルールに 少しだけ染まったよ 

(唄が違った・・・)

 


 ■ロケーション 

お店はホテルの2階です。溜池山王方面からですと地下鉄13番出口を出てホテル前のエスカレーターをあがればお店の入り口です。こちらは「裏口」にあたり、正式な入り口はホテルの中にあります(下の写真)。入って右手が長〜いビュッフェカウンター、左手がダイニングスペースというレイアウト。写真中央に見える円柱もビュッフェボードになっていて、パンや前菜が並びます。

このお店もマンハッタンラウンジと同じく、全日空ホテル時代に2度ほどお邪魔したことがあるのですが、そのときと比べるとだいぶ様変わりしました。よりビュッフェレストランらしく改装されています。

 ダークオーク色を基調としたスタイリッシュな店内。

 お店の一部は「アトリウム」という巨大吹き抜け空間に面していて広々としています。

 


  ■料理 

 「どこがライトミールなんですか」とツッコミを入れたくなる料理の数々。

まずは前菜。冷製ローストビーフ、トッピングがやたらと充実しているサラダ、

コールドミート&オリーブ、豪華具材のシーフードマリネなど。 

スープはベーコンと春野菜のコンソメスープ。 

休日は値段が高くなるかわりにローストビーフが出るらしいのですが、 

これなら平日でも満足できます。お次は各種温菜。フライは白身魚とアスパラガス。

ローストチキン、温野菜、マカロニグラタン、さらに・・・

実演ヽ焼きピッツァ 専用釜があり、焼き立てがいただけます。ローストチキンはお店一押しのようです。ふっくらと焼きあがっていて、とてもおいしいです。

写真のバーベキューソースもいいですが、シンプルに塩コショーでいただいてもいいですし、

別にナスのフライ・トマトソースという料理もありまして、そのソースでいただいてもなかなかでした。ローストチキン作製中・・・

お肉が回転するたびに肉汁がしたたり落ちます。実演▲ムライス  これは定番ですね。中はフワトロ、これもお約束。実演パスタ  野菜たっぷりのミートソース(写真)とカルボナーラがあります。

出来上がりの見本が置いてあるのがとても親切です。

しかしまあ、ライトミールブッフェといいながら実演が三つもあるんですから感服致しました。野菜カレーは意外とおいしかったです。なぜかイカそうめん。なぜかもずく酢。ここはパンがものすごく充実しています。

原材料の小麦粉の価格が高騰しているにもかかわらず、たいしたものです。

ということで、敬意を表していっぱい食べました。

くるみブレッド、レーズンパン(レーズンだらけ)、クロワッサン(サクサクです)。フレンチトースト。メープルの他にハチミツも置いてありました。他にもサンドウィッチやらバケットやらマフィンやらいろいろあったのですが、

なんといっても極めつけはこれ! アーモンドデニッシュ(手前)とチョコデニッシュ(奥)です。

特にアーモンドデニッシュは、握ったら粉々になってしまいそうなほど超サクサク!

デザート前だというのに思わずリピートしてしまいました。

 



デザート 

 ケーキはひとつひとつはライト級ですが、こうして盛り合わせにするとスーパーヘビー級。

やはりインターコンチになってからグレードアップしたようです。

でもよく見るといくつかのケーキはマンハッタンラウンジで食べたのとかぶってました。

まあ同じホテルですからね。

この盛り合わせ以外にもシュークリームやワッフルやゼリーなどがありました。 蛇姫様の最近のお気に入りはチョコファウンテン。 

フルーツ&フルーツカクテル。

オレンジとグレープフルーツはていねいに皮むきしてあります。

他にブルーベリーヨーグルトもありました。 

締めはソフトクリーム。これは北海道産ミルク使用でおいしいので必ず食べましょう。 

デザートコーナーの隅っこに目立たないようにプレートが出てますので、見落とさないように。 

パティシェさんに頼んで一人前ずつ作ってもらいます。 


それにしても、ほんとに10,000円くらい食べたんじゃないでしょうか(笑)。 



ドリンク  コーヒー、紅茶をフリーで。コーヒーメーカーでエスプレッソやカプチーノも飲めます。


訪問時期  2008年度・春
地図
B食店情報
・店名 : カスケイドカフェ(かすけいどかふぇ)
・ジャンル : その他
・住所 : 東京都港区赤坂1-12-33
・TEL : 03-3505-1111
・URL : http://www.anaintercontinental-tokyo.jp/
・営業時間 : ランチ 11:30〜14:00(L.O)
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 溜池山王、六本木一丁目
・キーワード : ランチバイキング、ローストビーフ
B食店ページへ