記事
[ 総記事数:858件 ] [ RSS2.0 ]
2007年9月4日(火曜日)
   
B星赤 B星赤 B星赤……….(ぜったいおすすめ)

グランドプリンスホテル赤坂のレストラン「ブルーガーデニア」のランチバイキングです。久しぶりに妹と会ってふたりで会食することになったのですが、彼女は我々と違って少食なので、いろいろな料理を少しずつ楽しめるバイキングにしました! 8月に実施された「サマープレミアム・スカイビュッフェ」。プレミアムブームの昨今ですが、料理も眺めもまさにプレミアムな大満足のお店です。 

王冠妹の御言葉
「冷しゃぶ、おいしい!」

料金 3,150円(平日)、3,500円(土日祝)
※月曜メンズデー→男性2,500円、水曜レディースデー→女性2,500円
アクセス
最寄り駅は地下鉄赤坂見附、または永田町。
弁慶橋を渡ってすぐ右手のギザギザの建物(ホテル新館)です。

ロケーション
お店はホテル最上階の40階です。エレベーターを降りて窓際へ行くと、奥のほうになんだか地味な感じの入り口があります(写真1)。でも一歩中へ踏み入れると印象は一変。お店のまわりはぐるりと窓に囲まれ、建物の形状をうまく利用してどこからでも眺望が楽しめるように席が配置されています。もちろん窓際席を予約したのですが、窓際ではない席を予約する方がむずかしいのではと思ったほど。フロア中央に四角いバイキングスペースがあり、中にシェフがふたりほどいて実演もしてくれます。ドリンクコーナーが2ヶ所あるのは親切ですね。晴れた日には富士山も見えるという40階からの眺めはさすがの一言で、私たちの席からは、すぐお隣のニューオータニが見えました(写真2)。ここも回転式展望ビュッフェレストラン(写真中央の建物に乗っかっている円盤みたいなところ)がリニューアルオープンしたので、そのうち行ってみようと思います。

朝刊開いてびっくらこいた
とある日の新聞の朝刊でふと目にとまった記事。
「安倍首相の一日 午前8時24分、東京・紀尾井町のグランドプリンスホテル赤坂内のレストラン
『ブルーガーデニア』で御手洗冨士夫日本経団連会長らと朝食勉強会・・・」
なんだかすごいとこで食事した気分。しかしこの勉強会ってビュッフェだったのでしょうか。
御手洗「総理! このままでは日本経済は―」
安倍「その前に、このままでは料理がなくなっちゃうんで取ってきまーす」
なんてことになると勉強会どころではないので、ビュッフェはないですか。
料理
高いのは値段と場所だけではありません。いままで行ったプリンスホテルのなかでは一番レベルが高かったです。

前菜盛り合わせ→
ポーク・リエット、ポテトサラダ、エスカベッシュ、季節魚介のマリネハーブ風味、スモークサーモン、テリーヌ各種、オリーブとピクルスなど。テリーヌがおいしくて思わずリピート!
温菜各種→
若鶏のガランティン・茸ソース、エビとパーナ貝の香草パン粉焼き、エビフライ・タルタルソース、鮮魚のオリーブオイル風味焼き・カポナータ添え。
ガランティンはフォアグラ入りです。
香草パン粉焼きで入れ替わりで出てきたのは・・・
ロブスター!→
これはおそらく平日のサービス品かと。
付け合せもシメジからレンズ豆に変わってました。
ロブスターはすぐなくなってしまったので、妹とシェア。
ああ美しい兄妹愛。

そんなことはどうでもいいという皆様の声にお応えして、
引き続き料理の紹介を→Part2