記事
[ 総記事数:858件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2011年5月31日(火曜日)
   
 

B星赤 B星赤 B星赤……….(ぜったいおすすめ)


スイーツパラダイス池袋店のデザートバイキングだ。今まで色々なバイキングへ行ってきた俺だが、「デザートバイキング専門店」だけは未体験だった。その代表格ともいえるのが、全国展開中のスイーツパラダイス(略してスイパラ)だ。正直言って、ガキの行くところだと軽蔑していたのだが、ある日ふと、某出版社の「おじいちゃんにもセックスを」というふざけたコピーを思い出した。そう、話は単純だ。「オッサンにもスイーツを」ってわけだ。ひとり覚悟を決めて行ってみたから、まぁ最後まで読んでくれ。

※蛇姫はカロリーが気になるらしく行かなかった。悲しい女だ。


王冠蛇姫様の御言葉 「すきやきパラダイスなら『スキッパラ』だ」

 

写真を撮れる入口らしい入口がなかった。外の看板で勘弁してくれ。


料金 1,480円(制限時間80分) ※セルフ下げ膳だ。客をこき使いやがる。安いから許してやるがな。
アクセス 最寄駅は各線池袋だ。35番出口を出てすぐの、高村ビルという建物だ。

ロケーション お店はビルの5階だ。エレベーターはふたつあるが、駅に近い方に乗れ。ビルの中のはお帰り専用、つまり行きのエレベーターに乗っちまったら、あとへは引き返せないってわけだ。エレベーターを降りて正面突き当りに受付カウンターがある。その横の券売機で利用券を購入するシステムだ。店内は広い。数あるスイパラの中でも一番広いそうだ。テーブル席の様子は下の写真を見てほしい。そして笑ってやってくれ。店の一番奥がビュッフェスペースで、めまいがしそうなくらいケーキが並ぶ。そのとなりは軽食類、反対側にはドリンクコーナーがある。客層に関しては、あえて説明を省こう。ガキのころ、初めて遊園地へ連れて行ってもらったときの感覚を、まだ微かに覚えている。

 

券売機だ。

お札を入れる手が震える。俺もまだまだケツが青いってことだ。 

 

店内はまるでテーマパークだ。

パラダイスはきらいじゃない。ただ、俺にはちょっとまぶしすぎる。

 

 椅子の背もたれはハート型だ。

フルーツに囲まれて御満悦ですかってことか? 笑わせやがる。

 

俺からもひとつお願いしたい。

このラブリーな感じ、どうにかしてくれないか。



デザート 

始めに種明かしをしてしまうが、ここのケーキは工場で作られたものだ。

モンブランのように完成品が工場から送られてくるものもあれば、

ショートケーキのようにお店で簡単にデコレーションするものもある。

ようするに、ファミレスに腕のいいシェフがいなくてもそこそこの料理が出せるように、

たとえパティシエがいなくてもそこそこのケーキが出せるってわけだ。

でなけりゃ、この値段でこれから紹介する数々のケーキを出せるはずもない。

 

さっそく、お手並み拝見といこう。

ふわふわイチゴショート、ラズベリーシフォン、ベリーのケーキ。

フォークナイフ  ケーキ フォークナイフ ケーキ フォークナイフ ケーキ フォークナイフ

ついさっき、「そこそこのケーキ」と書いたが訂正しよう。

おいすぃ〜っ!

 

(おまえは既製品で満足してしまう程度の舌の持ち主なのか!?)

チョコバナナミルフィーユ、チェリータルト、ブラウニー、プリンロール、リンゴのムース。

やっぱ、おいすぃ〜っ! 

 

パイはサクサクだ。 

 

チェリータルト、ちゃんと季節ものを取り入れていやがる。ブラウニーは濃厚だ。

プリンロールはそんなにプリンは入ってないが、いける。

もちろん以前食ったホテルメイドのものと比べるのは酷な話だが、

「お値段以上スイパラ♪」と思わず口ずさんでいたさ。

ふと、昔行ったデザートバイキングを思い出した。専門店じゃなかったが、いい場所だった。

 

感傷に浸っている場合じゃない。

口直しのポップコーンはさしずめ救世主ってところだ。

 

まだ食うのかって? 当然だ。

パンナコッタ、ジャンボエクレア、バナナグラタン、スイパラプリン、ティラミス。

スイパラプリンはクレームブリュレ風に表面をパリパリに仕上げてあって、なかなかの出来だ。 

 

隣のかわいこちゃんたちよ、ビュッフェボードでケーキを物色するオッサンがそんなに珍しいのかい?

チョコファウンテン、チーズケーキ、洋梨のシャルロット、イチゴスフレ、イチゴムースなど。

ここは補充が良心的だ。そんなに混んではいなかったんだが、

(たまたま混んでない時間帯だったんだ。ほんとうだ)

欠品はまったくといっていいほどなかった。

 

オレンジゼリー2種(ひとつは季節限定品の甘夏ゼリー)、コーヒーゼリー、リンゴ、杏仁豆腐など。

無理矢理一皿にまとめさせてもらったよ。


未食の品を列記しよう。その数でここの「恐ろしさ」がわかるだろう。

モンブラン、渋皮モンブラン、イチゴモンブラン、抹茶ケーキ、チョコケーキ、洋酒入りチョコケーキ、

チョコスフレ、ベイクドチョコ、桜スフレ、抹茶シフォン、紅茶シフォン、ズコット、レアチーズ、

黒ゴマババロア、バナナロール、パンプキンプリン、ソフトクリーム、杏仁豆腐、和菓子などだ。

覚えているものだけでこの数だし、他にも入れ替わり品があるから、実際はもっとあるってわけだ。


 

ドリンク 

 

 

ドリンクもアイス、ホットとも種類は豊富だ。

コーヒー、紅茶、ハーブティー、コーラ、ジュース、、麦茶、烏龍茶、シロップ入り炭酸水など。

ソフトドリンクマシーン、コーヒーマシーンがあって、いろいろ飲める。うれしいよ、まったく。


料理 

 

軽食類もそこそこある、炭水化物系が中心だがな。

今回は遅めの昼飯ということで先に食ったが、

このての店はあくまでデザートメイン、軽食類は口直し程度と思っていたほうがいい。

パスタは10種類の中から2種類がローテーションで出てくる。

他にはサラダ、サンドウィッチなど。

スタッフの娘は気が効いていて、パスタのリクエストをわざわざ尋ねてくれたが、

冗談もほどほどにしてほしいね。

「たらこパスタがいいにゃん」とは、口が裂けたって言えるわけがない。

 

中華風わかめスープ。ベーコンスープもあった。 

 

スイパラカレーとキノコの炊き込み御飯。

軽食は多少入れ替わっていたようで、フライドポテトやお好み焼きも出ていた。

食べ過ぎにはくれぐれも注意してほしい。オッサンからの忠告だ。

 


身の毛もよだつ後日談を話そう 

俺が訪問して数日後、日テレの「なるほど!ハイスクール」という番組で、「激安スイーツ食べ放題もうけの秘密」というタイトルでスイパラ池袋店が紹介されていた。AKB48のメンバーふたりがアルバイト体験しながら人気の秘密をさぐるという、笑える企画だ。それを観て知ったのだが、この店の利用者の約8割が女子中高生なのだそうだ。番組を先に観ていたらこのレポートは存在しなかったかもしれない。どこまでいっても笑える話だ。
だが番組はけっこうおもしろかった。池袋店は学生の利用が多いので、近所の学校のテストやイベントの日を把握しておき、それに合わせて作る量を加減しているんだそうだ。これには恐れ入った。他にも、一番コストが高いのはベリーのケーキだとか、生クリームはたくさん食べてもらえるように軽く仕上げているとか(いっぱい食えたのは食い意地のせいじゃなかったということだ)、店内写真でも紹介した中央の柱の派手なアルファベットの文字は回転しているとか(自分が目を回していたのかと思っていたよ)、ラブリーすぎる内装は若者が多い池袋や新宿のお店だけで、主婦層の多い吉祥寺や柏は落ち着いたインテリアになっているとか・・・まぁ、いろいろ勉強になったよ。

訪問時期 2011年度・ときめきの春とでも書いておこう


地図 



第一回スイパラ総選挙の結果だ
1位 ベリーのケーキ

2位 ふわふわショート 

3位 スイパラプリン 

4位 チョコバナナミルフィーユ 

5位 チェリータルト



最後に蛇姫の戯言だ 




そう遠くない将来、「AKB48歳」としてデビューするつもりらしい。

たしはれいでっぴんな」の略だそうだ。ふざけた女だ。

 

 
B食店情報
・店名 : スイーツパラダイス池袋店(すいーつぱらだいすいけぶくろてん)
・ジャンル : スイーツ-その他
・住所 : 東京都豊島区東池袋1-1-2 高村ビル5F
・TEL : 03-6914-3902
・URL : http://www.sweets-paradise.jp/
・営業時間 : 11:00〜22:00
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 池袋
・キーワード : デザートバイキング
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ