記事
[ 総記事数:120件 ] [ RSS2.0 ]
2007年6月15日(金曜日)
[ 15:15 ] [ 手作りスイーツ ]
   
先日のお菓子教室で、ブリゼ生地(パイ生地の1種)を仕込みました。教室当日には、前日に仕込んだブリゼ生地を使用したので(生地は一晩寝かせる必要があるので)、当日仕込んだブリゼは皆さん持ち帰ってもらいました。

私も持ち帰り、早速成形をしました。
1台はタルトリング、もう1台はタルト型に敷き混んで、タルト型は冷凍中です。これはまた後日何かのお菓子になります^^

タルトリングでやいたブリゼは、ちょっと目を離したすきに、若干焼きすぎてしまいました…。ショック!

でも、許容範囲だったので何をつくろうかな♪と考えて
カスタードとフルーツでフルーツのパイ、レモンクリームを流してタルトシトロン、カスタードとチェリーでチェリーパイ、しょっぱい系としてキッシュ…等々候補がでてきました。
いろいろ考えた結果、今回はタルトシトロンに決定!

レモンを買い込み、さっそくクレームシトロンの作成。
卵、グラニュー糖、レモン果汁を混ぜて、加熱すると、卵の凝固力でとろんとしたクリーム状になります。

それをぬるくなる程度に冷やして、バターを加えて溶かします。
これだけでとってもおいしいクリームになります^^
(いわゆるレモンカードですね。)

レモンがたっぷり入っているのでキュンとする甘酸っぱさです。



そして、空焼きしたブリゼ生地にクレームシトロンを流し入れて冷蔵庫で冷やします。
その後ホイップした生クリームを絞って完成!

食べてみると想像以上にレモンのパンチが効いていて、ビタミンCをたっぷりとれそう!
さくさくしたブリゼ生地と相性がよいのですが、このパンチあるクリームと食べるには、どちらかというとやや厚みのあるシュクレ生地の方が相性がいいかも。

次回は、シュクレ生地を空焼きして、ホワイトのパータグラッセを塗り、薄くスライスしたスポンジを敷き混んでからクレームシトロンを流して作ってみようかな。

………………………………….

今日も渋谷の東急フードショーいってきました。
明日もいってきます^^

明後日が最終日ですね。長かったような短かったようなこのイベント。とても充実して、目の前でデセールを仕上げている様子をみることができたり、久しぶりにスイーツ関係の知人にあったり、と楽しいこと尽くしでした。

近日中にサイトで紹介しますね^^