記事
[ 総記事数:120件 ] [ RSS2.0 ]
2007年6月11日(月曜日)
[ 22:55 ] [ イベント ]
   
先日から始まった、東急フードショー内でのスイーツイベント「デセール ドゥ ラ プライム 」は、今注目のパティシエ達が目の前でデセールを作りサーブしてくれます。

やっぱり、スイーツ界はものすごくもりあがってるんだなぁ…。としみじみ感じるのですが、初日には開店前から多くの人が行列を作っていました。
私は開店前の9:40くらいに現地に着いたのですが、開店は10時から、そしてイベントがスタートするのは11:00からでした。

友人と一緒だったのでお話しながら待ち時間を過ごしたので、そんなに退屈でも有りませんでしたが、結局3時間くらいは待ち続けました。ディズニーより手強いですね!

今回のイベントに向けて、カカオエット・パリのジェロームシェフがとてもキュートで素敵なピエスモンテを制作して下さり、会場の入り口に飾って有りました。

全体的にピンクでまとめてあり、たくさんのピンクマカロンのタワーの上には、ピンクのリスが2匹楽しそうにたわむれています。
カカオエット・パリのロゴにも使われているきょとんとした雰囲気のリスですが、白目っぽいところが大好きです^^
キッチンの様子はこんな感じです。


金子シェフ、ジェロームシェフ、そしてジェロームシェフの奥様貴子さんが分担してテキパキとデセールを作り上げていきます。

席に着いているお客さんは興味深げにその様子をのぞいたり、カメラ小僧になったり(私もその一人^^)かなり興味津々!
それだけ、スイーツやシェフに関心が高いのでしょうね。

いつもは厨房で黙々と仕事をしているシェフ達ですが、こういうイベントの際お客さんを目の前にしながら仕事をするというのはどういうお気持ちなんでしょうね?
ちょっと気になります。
そして、肝心のコラボデセールはこちらです。

うーーん。盛りだくさんでどれから食べようかもの凄く迷いましたが、まずは溶ける前にアイスを食べなくては!!とアイスから頂きました。
一口食べて、あ南国!と感じるアイスは、バナナとココナツとほのかにライムが効いたなめらかな食感のアイスでした。
もうすぐアイスクリームメーカーが届く私としては、こういうアイスもいいなぁ…うっとりしてました。
アイスの下にはクランブルが有るのですが、このクランブルを敷くことによって、アイスが溶けにくいのかも?

直接お皿にアイスをのせるには、皿を冷やさないとすぐに溶けちゃいますが、今回は色んなスイーツを盛っているので、お皿をキンキンに冷やすわけにもいかないですものね。

今回はクランブルの上にのせたことで、アイスがお皿に接していないので溶けにくかったような気がしました。

他のスイーツについては、色んな方のブログで詳細画商介されていますが、フードショーのサイトでも詳しく紹介されています。


プレート全体で南国を感じさせるデセールで、南国出身の私としては、懐かしい味わいのような気もしてとてもおいしく頂きました!

今回のイベントでは、たくさんの知り合いにも会えて、なんだかスイーツ同窓会!?のような気分になりました。
しばらくぶりにあえた方もいてとても嬉しかったです^^

そして、このイベント中活躍しているmasakoさんはいつも素敵な笑顔で頑張っています。
このイベントももうそろそろ折り返し時点です。
masakoさんお体に気をつけて頑張ってくださいね!また会いに行きます!