記事
[ 総記事数:120件 ] [ RSS2.0 ]
2007年3月9日(金曜日)
   
焼き菓子がおいしいお店として、有名な「メゾン・ド・プティ・フール」。私も食べてみたいホールの焼き菓子がいっぱいあります!

今回西野シェフが担当して下さったのは、マカロン2種類です。
日本で販売されているマカロンはほとんどがマカロンパリジャンというタイプですよね。
メレンゲとアーモンドプードルを使った生地で、バタークリームやコンフィチュールをサンドしたマカロンです。

その他にも、モンモリオンのマカロン、サンテミリオンのマカロン、アミアンのマカロン…といった風に地域によって様々なマカロンがあります。

西野シェフは、パリのマカロンとアミアンのマカロンの実演をして下さいました。

パリのマカロンは、メレンゲを立てて、アーモンドプードルを加えて丸く絞りだすお馴染みの仕込み方です。

シェフがシルパットの上にすごいスピードで絞っていきます。同じ大きさで等間隔に次々と絞りアッという間に鉄板1枚分が終わります。

こういう仕事は常日頃やっていないとできない事ですよね。職人さんがやっていると簡単そうに見えるのですが、実際は難しいことです。
こういう風に「私にもできるんじゃない?」と錯覚しようなくらい簡単そうにぱぱっとできることが、技術の高さですよね。
皆さんアッという間の手さばきに見入っていました。
そして、次はあまり馴染みのないアミアンのマカロン。
よくマカロンダミアンといわれるので、ダミアンのマカロンと言われがちですが、大森先生が「ダミアンじゃなくてアミアンなのよ。」と強調していました。

※アミアンは、フランスの北部にある都市の名前です。

こちらは、粉糖、アーモンドプードル、卵黄、卵白、オレンジ果皮、アプリコットジャム、ハチミツで構成されます。
アプリコットジャムを使うのが特徴だとのことです。

材料を混ぜて1日寝かしたのちに、ガレットのように薄くのばして丸い型でぬき、ドレして焼きます。

フランスではこの3倍の大きさで作るらしいです。今回は直径2センチくらいだったと思いますが、日本人にはこのくらいがちょうどいいですね。
完成したのが、こちらの2種類のマカロンです。

マカロンパリジャンは、シェフ曰く「明日食べた方がおいしいよ。」とのこと。
確かに焼いてすぐはもどりがわるく、ちょっと固くてねっちりとした食感が強いです。多分翌日にはほどよく柔らかくしっとりした食感になり、全然違う印象のお菓子になると思います。

マカロンダミアンは、見た目はクッキーのようですが、甘くてねちっとした食感が特徴。オレンジ果皮やアプリコットジャムが入っているのでほのかな酸味がきいていておいしい!

初めてマカロンダミアンを食べました。
こうやって今まで食べたことのない、いろんな地方菓子に出会えた貴重な貴重な講習会でした。