記事
[ 総記事数:120件 ] [ RSS2.0 ]
2006年6月3日(土曜日)
[ 22:12 ] [ サバラン ]
   
最近、サバランについて研究しようと思っています。
研究ってほど大げさでは無いのですが(笑)。
ただ単に個人的に気になるスイーツの1つです。

最近作っているお店が少なく貴重な存在になってきましたよね。
それなので、パティスリーでサバランを見つけると
「!」(あ、サバランだ!と心の中でつぶやいてます。)
となります。

今日は、武蔵野菓子工房のサバラン(380円)を購入。
武蔵野菓子工房は和風テイストの洋菓子店です。
西東京市にあるのですが、目黒のアトレにも入っています。

こちらのサバランは、とてもシンプルな構成。
ラムとキルシュ(さくらんぼのお酒)のシロップをしみこませて、
生クリームをしぼったもの。

食べてみると、とてもシロップを含んでいてジューシーなブリオッシュでした。ブリオッシュ自体は色が白っぽくさっぱりしたタイプ。アルコール加減は、お酒の香りはしっかりと聞いていますが、アルコール分としてはあまり感じないです。

けっこうアルコールをとばしているみたいです。

生クリームは滑らかで甘さ、脂肪分ともに控えめでさっぱりしていました。

全体的には、香りがよくさっぱりしたサバランという印象。

そしてサバランの旅は続く…。

※おいしいサバラン情報おまちしています☆