記事
[ 総記事数:120件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2007年6月29日(金曜日)
   
先日旦那さんが名古屋へ出張してきました。
そのお土産に恒例の(っていっても2回目ですが。)マリオットアソシアのスイーツとパンを買ってきてくれました。

遅い時間だったのでケーキの種類は少なかったようで、私はかなりオーソドックスなプリンやシュークリームをリクエストしていましたが売り切れだったそうです。

そこで買ってきてくれたのが、タルトタタンとノルマンディー。
タルトタタンは初です。
かなり香ばしくキャラメリゼされ、ほろ苦さとリンゴの甘酸っぱさがきいている濃厚なタルトタタンです。
しっかりした味わいなので、これ1つでもかなり満足^^





でももちろんノルマンディーも食べますよ。
こちらは、以前平岩さんの試食会でも頂きました。
ぱっとみ、ナッツかバナナのケーキ?って思いますがこちらはチーズケーキです。
ほどよくしっとりとした生地にレーズンが入っています。
かなり素朴なケーキで、目新しい!という感じはないのですが、とてもほっと安心できる味わいです。

その他、パンはカレーパンやオレンジのデニッシュ等を買って切れくれました。夜遅いとパンは半額みたい。お得ですね^^



2007年6月28日(木曜日)
   
さて、翌日。
本命のメリメロニュアーズに向かいました。

(本店は、東尋坊近くの三国町にあるそうですね。そちらも行ってみたいな。)

予想では、大きなお店だからすぐに分かるだろう。と思っていたのですが、お店の近くに来てもすぐには気付きませんでした!
かわいらしいカントリー系のお店を想像していたのですが、実際は、かなりシンプルな外観で、一見パティスリーとは分からなかったのです。

お店は、テイクアウトの売場とカフェとがつながっていますが、かなり広い!庭にも芝生が青々と茂っているし、オープンテラスもあるんですよ。

やっぱり東京とは違うなぁ。と妙に関心しながら、ワクワクとお店に入っていきました。
私が気になっていたのは、こちらのクレープリー。
ここのカフェではガレットとクレープを出しているんです。

先日の東急フードショーのイベントでも安食シェフ作のクレープ、ガレットを頂きましたがあのときの余韻に浸りつつ、こちらのクレープも楽しみ!

ちょうどランチの時間だったのでランチセットでガレットを頼みました。小さなサラダ、スープ、ガレット、ドリンク、クレープで1,200円。
んー。ボリュームたっぷりでお得ですね^^

ガレットには、たっぷりの生野菜と、半熟卵、ハーブ入りソーセージがのってました。

一緒にいった旦那様はガレットを食べたのが初めてだったので、
いたく感動していましたよ。

実は私も以前大森先生の本をみながらガレットに挑戦したのですが、んんーー、上手く作れなかったです。卵とハムをのせたオーソドックスなタイプを作ったのですが、卵に火が入るまで加熱していたら生地がぱりぱりになっちゃうんです…。

そば粉もいっぱい余っているので、また機会を見て再チャレンジです!
それから、クレープも!

数種類ありますが、今回は初夏らしくブルーベリーのクレープを選びました。
どんな感じで盛るのかなぁ?と楽しみにしていましたが、シンプルながらかわいらしく盛りつけてくれました^^

中には生クリームとブルーベリー、ソースが入ってます。
ブルーベリーの酸味でさっぱりと食べられるので、ぺろっと一皿いけちゃいます。(本当はお代わりしたいくらいだったです。他に無花果とキルシュ風味のカスタードのクレープが気になっていたの。)



そして、アイスコーヒーもおいしかったです。
しっかりとしたコクがあって、スイーツにすごく合う味でした。

カフェからは芝生を眺めることができて、ちょっと優雅な気分でした。こういうスペースがあるってほんと贅沢感を感じられますね。

こちらのお店では、カフェで使っているカラトリーや紅茶も販売していました。それからイル・プルーで扱っているフランスの蜂蜜も販売してましたよ!

帰りに焼き菓子をかって(そば粉を使ったダックワーズ)ほくほく気分で金沢へーー。

初めての福井で、半分は雨に降られてましたが、とても自然に囲まれていてたくさんの美しい緑を見ることができました。
次回行くときには、海側にも行ってみたいな!
   
先日、ちょいっと福井に行って来ました。
福井に行くのは初めてです。大学時代の友人が福井出身だったのでよく羽二重餅をお土産で持ってきてくれたことを思い出します。

せっかくなので、どこかパティスリーに…と思っていたのですが、到着初日はあいにくの大雨。ちょっと歩いただけでも靴もズボンもずぶぬれ状態でした。梅雨だからしょうがないかー。と宿泊ホテルのすぐ近くにある西武をフラフラしたくらいでした。

そうしたら、気になっていたパティスリーが地下に入っていたのでケーキをテイクアウト!

そのパティスリーは「メリメロ ニュアーズ」。
以前雑誌カフェスイーツで見かけて気になっていたお店です。

ショーケースを見てみると、季節柄無花果を使ったお菓子が多くてそそられます^^
親しみやすくてファミリーやカップル層に好まれそうな雰囲気のお菓子が並んでました。

とりあえず今日の夕食後に…と購入したのがマンゴープリンと無花果のミルクレープです。

もうちょっと買おうかなぁと思ったのですが、翌日パティスリーに行こうと思っていたので一応控えめにしました^^

マンゴープリンはかわいらしい形のカップにマンゴープリンとココナツ風味のクリームが。
夏らしい爽やかだけどこくのあるスイーツです。
マンゴー好きだとついつい選んでしまいますねぇ。

店名のニュアーズは雲という意味なので、マンゴーにささっているチップがふわふわした雲の形をしています。かわいいですね!


それから、ミルクレープ。
今までミルクレープってほとんど食べたことが無かったのですが、
以前お菓子教室でクレープを作ってから、気になる存在になりました。
自分でもミルクレープを作ってみたのですが、フライパンがあればできるお菓子なので、結構いいかも!と感動。オーブンを持っていない方や、お菓子づくり初心者の方でも楽しくおいしく作れるお菓子だなァと、見直しました。

このミルクレープは、キウイやオレンジ、無花果等…色んなフルーツを薄くスライスしてサンドして、上には無花果が飾られています。
何層にも重なった構造ですが、クレープとクリーム、フルーツが一体感を感じるものでした。

この日は、福井名物ソースカツ丼(おいしいですね!)を夕食に、この2つのスイーツをホテルで食べて、翌日へ臨みました^^


2007年6月15日(金曜日)
[ 15:38 ] [ 手作りスイーツ ]
   
お菓子教室では、ブリゼ生地を台にしたクラフティーを作りました。そして同じくブリゼ生地で作れる地方菓子を…と考えてミルリトンを作りました。

こちらも、ブリゼ生地を半分程度空焼きしてからアパレイユ、そしてソテーしたリンゴを入れて焼きます。
最後に多めに粉糖をふることで焼きあがりには、表面がぱりっとした食感になります。

アパレイユはバターやアーモンドプードル、生クリームが入ったリッチな味わいなので、甘さ控えめのブリゼ生地にはよく合ってました。

通常ミルリトンには飾り付けがないのですが、今回はフードショーで金子シェフがアイスをスプーンで盛りつける様子を拝見していて、久しぶりに私もスプーンを使いたくなり^^生クリームを飾りました。


そこに、低温で焼いたリンゴのスライスとシナモンを振りかけました。

こういうフルーツのチップを作ったのは初めてでした。どうやって作るのかネットで調べてみると結構出てきます。

リンゴを薄くスライスし、粉糖をかけて低温でじっくり焼けばできます。(意外にワンコやうさぎのおやつとして粉糖なしで、リンゴチップを作っている人の記事が多いのにびっくりしました!)

自宅のオーブンは最低温度が110度なんですが、本当はもう少し低い温度で焼いたらもっとフルーツの色が綺麗なまま焼けたかもしれません。

今回はりんごに焼き色がついて若干茶色くなりました。
でもサクッとして、リンゴの甘酸っぱさはよく出ていたので良かったかな。

地方菓子に飾りをつけるのはちょっと邪道かもしれませんが、生菓子仕上げの様な感覚でこういう食べ方もありかもしれません。

いろんなミルリトンがありますが、次回作るときにはオレンジの花の水を使ったタイプを作ってみたいです。


[ 15:15 ] [ 手作りスイーツ ]
   
先日のお菓子教室で、ブリゼ生地(パイ生地の1種)を仕込みました。教室当日には、前日に仕込んだブリゼ生地を使用したので(生地は一晩寝かせる必要があるので)、当日仕込んだブリゼは皆さん持ち帰ってもらいました。

私も持ち帰り、早速成形をしました。
1台はタルトリング、もう1台はタルト型に敷き混んで、タルト型は冷凍中です。これはまた後日何かのお菓子になります^^

タルトリングでやいたブリゼは、ちょっと目を離したすきに、若干焼きすぎてしまいました…。ショック!

でも、許容範囲だったので何をつくろうかな♪と考えて
カスタードとフルーツでフルーツのパイ、レモンクリームを流してタルトシトロン、カスタードとチェリーでチェリーパイ、しょっぱい系としてキッシュ…等々候補がでてきました。
いろいろ考えた結果、今回はタルトシトロンに決定!

レモンを買い込み、さっそくクレームシトロンの作成。
卵、グラニュー糖、レモン果汁を混ぜて、加熱すると、卵の凝固力でとろんとしたクリーム状になります。

それをぬるくなる程度に冷やして、バターを加えて溶かします。
これだけでとってもおいしいクリームになります^^
(いわゆるレモンカードですね。)

レモンがたっぷり入っているのでキュンとする甘酸っぱさです。



そして、空焼きしたブリゼ生地にクレームシトロンを流し入れて冷蔵庫で冷やします。
その後ホイップした生クリームを絞って完成!

食べてみると想像以上にレモンのパンチが効いていて、ビタミンCをたっぷりとれそう!
さくさくしたブリゼ生地と相性がよいのですが、このパンチあるクリームと食べるには、どちらかというとやや厚みのあるシュクレ生地の方が相性がいいかも。

次回は、シュクレ生地を空焼きして、ホワイトのパータグラッセを塗り、薄くスライスしたスポンジを敷き混んでからクレームシトロンを流して作ってみようかな。

………………………………….

今日も渋谷の東急フードショーいってきました。
明日もいってきます^^

明後日が最終日ですね。長かったような短かったようなこのイベント。とても充実して、目の前でデセールを仕上げている様子をみることができたり、久しぶりにスイーツ関係の知人にあったり、と楽しいこと尽くしでした。

近日中にサイトで紹介しますね^^


前のページ | B食LOGトップ | 次のページ