記事
[ 総記事数:1093件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2017年6月11日(日曜日)
[ 10:02 ] [ 板橋本町 ]
   
 

休日のない6月だと言うのに、休日出勤が連なる6月。男運はないけど、仕事運には、恵まれたと前向きに考えたいけれど、もう仕事運いらないわ。
 

睡眠不足に悩まされて身体が痛い週末の金曜日、自分にご褒美あげなくちゃ。エイケイコーナーさんで知り合った美女に教えて頂いた美味しいお店情報。美味しいお店にいらっしゃる方は、美味しい食べ物が好きでいらっしゃるから、その情報は、間違いないことが多いわ。その美女がお勧めしてくれたのは、穂卓(ほだか)。釜飯が食べられると聞いて、もう訪問決意。

ちなみに穂卓には、このブログを読んで、板橋区に住んだというお客様がいらっしゃると伺ったわ。その選択肢は正しいし、その勇気もファブラスだけれど、人生はもうちょっと真面目に考えた方がいいんじゃないかとも思ってしまったわ。私もかなり人のこと言えないけれど。

 

突き出しは、チキンと野菜。丁寧で美味しいわ。のっけからやられたわ!

 

サラダ。色とりどりで色々な物が入ってるわ。そして、野菜がしゃきしゃきしてて美味しいの。ハーフなのに、この分量。ハーフで良かったわ。板橋本町の住宅街に「野菜の宝石箱」発見!

 

出し巻き卵。間にごぼうが入ってるわ。こんなのが、弁当に入っていたら、喜びの阿鼻叫喚よね。いちいち、センスあるわあ。

 

メインの串揚げ750円。

 

アスパラwith粒マスタード。串に刺さってないけど、串揚げと見なしましょう。

 

サーモン。上に乗ってるトマトのソースが巧い!

 

きびなご。上に乗ってる梅ソースが巧い!

 

グリルチキン。一度グリルしたチキンを揚げると言う手間のかかりよう。

 

レモンと抹茶塩とソース。串揚げと言えば、ソースを浸けたいけれど、全串揚げには、上品な手作りソースは乗っかってるし、それだけで食べられるし、レモン汁と抹茶塩だけで十分で、なんとも言えないジレンマ。

 

ここで、日本酒。入れ物が素敵ね。

 

おちょこは選べるんだけど、この職人さんがろくろを回して本気で作ったやつを選択。口に当たる部分が繊細で、口当たり良いわ。

 

日本酒3種ツマミセット580円。

 

手作りかつおのカラスミ。カラスミって作れるの・・・?

 

手作りイカの塩辛。塩分控えめで、漁師のお母さんが作るような味。食べたことないけど。漁師のお母さんの知り合い、どなたか紹介して下さい。

 

この不二家のノースキャロライナのような物体は、いぶりがっこのクリームソース巻き。もちろん、自家製。いぶりがっこをかつら剥きして、作ったらしいわ。

どれもこれもそれもあれも、日本酒に合いすぎて、釜飯まで行けずに、飲みまくってしまったわ。次回の課題は、釜飯!基本の五目釜飯まで、辿り着かなくちゃ!

私の中の海原雄山も大満足な素敵なお店でしたわ。イケメン店主のやる気とホスピタリティの高さが感じられる名店だわ!

B食店情報
・店名 : 穂卓(ほだか)
・ジャンル : 和食-焼き鳥・串焼き・鳥料理
・住所 : 東京都板橋区清水町56-7
・TEL : 03-6905-6155
・URL : http://www.hodaka-itabasi.com/
・営業時間 : 17:00〜24:00
・定休日 : 月曜日
・最寄り駅 : 板橋本町
・キーワード : 串揚げ/釜飯/手作り/丁寧/イケメン店主/信州十四豚専門店
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ