記事
[ 総記事数:1103件 ] [ RSS2.0 ]
2012年9月19日(水曜日)
[ 15:02 ] [ その他 ]
   
 

残暑が厳しいざんしょ!とか言ってるうちに9月よ。デブで暑がりな私は、寝る時に足の裏が子供のころから火照って、暑くて眠れない症候群だったわ。

その話を先日、香取薫先生にしたところ、「それは体にこもった熱がうまく外に行かないの。熱を溜めてしまってるの。コリアンダー水がいいわね」と勧められたわ。アーユルベーダでは、コリアンダーシードを水に入れて、冷蔵庫に放置して、麦茶より、薄い茶色になったら、水変わりに飲むといいとおっしゃっていたわ。

結構前から聞いていたんだけれど、今いちアーユルベーダとかあまり信じてない私は、試したことがないんだけれど、無責任にもツイッターで呟いてしまって、それを読んだベリ・デリごはん まるうまさんが試したところ、2日目で「火照りが沈んで、トイレの回数が多くなってむくみが消えた!効いた!」って言うから、私もやってみることにしたわ。

 

台湾の茶器を使用して作ってみたわ。味はハーブティーの味。(雑な感想)

アーユルベーダの第一人者の佐藤真紀子先生から、正しい作り方の説明があったわ。

−−−

コリアンダー水の正しい作り方は、100〜200ccのコップの水に、コリアンダーを小匙1くらいいれて、蓋をして一晩おきまして、翌朝これを漉して飲みます。火をかけると効果がおちるので、水で抽出してくださいね。あと、氷砂糖もグー。

−−−

注意事項としては、必ず水からやること。熱を入れちゃダメなんですって。

 

第一日目。麦茶代わりにぐびぐびと飲んで寝たわ。一日目だから、感動的に即効性はないんだけれど、確かに寝汗かかなかったし、何より体の中で、体温とコリアンダー水が戦ってるような気がしたわ。二日目は、火照りがなくて、足の裏がそれほど熱くなくて、「あら?もしかして効いてる?」みたいな。

ご近所の方も何人か試したらしいわ。更年期障害で顔だけ暑かった方も、病気で火照る方も、そしてデブで暑がりな私も効いてるわ。個人差はあるだろうけれど、コリアンダーシードなんて高いもんじゃないから、気軽に始められたわ。

ダメだったら、コリアンダーシードは、炒めものやカレーやチャイや肉料理に使ってもいいのだから。練馬区の隣で高くなってる体温下げましょ。