記事
[ 総記事数:1084件 ] [ RSS2.0 ]
2015年9月23日(水曜日)
[ 09:34 ] [ 高島平 ]
   
 

今まで、何回か訪問している高島平のラ・クッタリーナ。いつもディナーだけれど、今回は初めてのランチ!お友達数人と伺わせていただいてよ!


 

メニューはどれを見ても美味しそう。

 

まずはサラダ。野菜が元気。

 

お友達が頼んだ白身魚ランチ。これは白ワインを飲めと言っているようなもの!クッタリーナは、ワインの品揃えも素晴らしいので、これはワインを頼むしかないわね。休日は、昼から酒飲んで、人間のクズ、ダストオブヒューマンをキメるわね。お友達曰く、「これはワインを誘発する危険な食べ物」
 

 

こちら、ミートボール。とても、ミートミートしているわ。

ボリュームが、ものすごいわ。こちらは赤ワイン?

パンも合いそうだけど、パスタの上にぶっかけてもりもりと食べてみたいわ。ルパンに出て来るミートボールパスタみたいにならないかしら?

 

穀類スキーな私が選んだのは、もちろん、パスタ。

シラスとセロリのペペロンチーノ!塩味がぎりぎりのところで、白ワインがススんでしまうイケナイお味。

 

色は地味だけど、結構量があるのがわかるかしら・・・?

この日は朝食もかなりヘビーだったのに、するすると完食できてよ。


<参考写真>

 

朝食に食べたピザ

 


 

デザートのピスタチオのアイスムース的なもの。上品な味!

やはり、この店ってば、レヴェル高いわねぇ。高島平の方々の宝物みたいなお店なんでしょうね。また、来ます。

2015年9月21日(月曜日)
   
 

最近は、パンブーム。グローバル化した名前の難しいパンがぞくぞく登場していてよ。

弊社にいるフランス人ゲランさん(仮名/ブルターニュ出身)に「東京では、どこのパンが好き?」と尋ねたら、「圧倒的にゴンドラン・シェリエ(名前はあいまい)ですね!」と言われたけど、よくわからなかったから「今度買って来て。そのゴンドラ」と言ったら、早速買って来てくれたので、食べてみたわ。

 

 

トレビアーン。美味しい気がするわ。やっぱりパリは、違うわね。(←実は、違いがよくわかっていない。とりあえず美味しい)ただ、皮が散らかるから、家で食べる時は、敷物敷いたほうが良いわね。フランス人は、こんな散らかる食べ物食べているのね・・・。


「次は、あなたが、パンを持ってくるのですね」とか言われたので、板橋区の名誉にかけて、それなりのパンを持っていこうと決意したわ。

ライフストアの小麦の郷はどうかしら?いやいや、やはり、フランス人には、セーヌよしやが本筋だろう、いやいやロックフィールドのライ麦パンも捨てがたいが、ライ麦パンはドイツ人だろう・・・。

 

あ、そうだ!

あそこがあった。

あのオヤジの店!

その名も、グリエ。 

 


オーラのない町のパン屋さん。

変わり者臭がする職人気質の頑固オヤジ。

よれよれのシャツで出て来るけど、パンは、本物。

田舎から出てきて初めてここのパンを食べた時、東京ってすごいって思ったわ。

 

 

ミートパイ。しっとりした本格派のバター香る生地。

コーヒーが合いそう。

 

 

 

クロワッサン。

何重にも重ねられてて、丁寧な見事な作り。

パン素人の私でもわかるこの素晴らしさ。いつだったか、「おっちゃん、すごいパンですねぇ。どっか有名なとこで働いてたんでしょ」って尋ねたら一言。

「帝国ホテル。」 

 そりゃ、すごいわ。天下の帝国ホテルでパン焼いていたのなら、この味も納得。


と言う訳で、会社にこのパンを持って行って、ゲランさん(仮名/ブルターニュ出身)に食べさせてみたわ。彼は頷きながら食べて「パリの味には劣るけど、いいセンは言っていると思う」とか言い出しやがって、フランス人の性格は、かわいげゼロ。

その後、彼の姪っ子がこのパン屋さんの近所のフランス人学校に通っているらしいのだけれど、そのファミリーに、ここのパンを買わせて売ってもらっているという話を聞いた時には「かわいいな、こいつ」とちょっとだけ思ったわ。


味もだけれど、価格も素晴らしい。帝国ホテルで買ったら、この5倍はするであろう価格が、滝野川価格で買えるわ。


グリエのオヤジ、長生きしてくれ。

2015年9月20日(日曜日)
   
 

以前行ったことのある樽本寿司が、板橋一丁目にあったので、突撃してみたわ。以前、10年くらい前に、数回来ていたんだけれど、その後人生が忙しくなってしまって(仕事で)、あまり滝野川方面に行くことがなかったわ。それと寿司屋さん自体、あまり行かないって言うのもあるのよね。自分の中の寿司偏差値を上げてしまったら、お金がいくらあっても足りないわ。

この日は、ちょうど金曜日。金曜日くらい華やかな物食べたいわね。と、言う訳で樽本寿司。

 

お通しと日本酒。

 

日本酒の器が、ワイングラスになっていて、シャレオツ〜。路線変わったのかしら?

 

お通しは、きゃらぶきととろろとイクラ。器が透明で、・・・夏!

 

とりあえず、卵焼きから。黄色がまぶしい黄金卵焼き。職人のお仕事って、見事だわ!

 

実は私は、なまこ好き。とても歯ざわりの良いなまこ。なんていうか、かんだ瞬間、くにしゃ!っ感じ?!日本酒とのマリアージュもばっちぐー。

 

最後は、牡蠣がとっても、お値打ち価格だった、殻付き牡蠣!とってもおいしくて、しかも海ぶどう付き♪海ぶどうもぴちぴちしてて、美味しかったわ。
 

そして、牡蠣には、

 

ひれ酒を合わせてしまいたくなる乙女心。

まいうー。生きてて良かった。働いてて良かった。板橋に住んでいて良かった。金曜日で良かった。色々な偶然に良かったって、思える夏だわ。

ここはとりあえず、物がいいから、次回は、魚類をチャレンジすべきね、と決心した夜。

2015年9月12日(土曜日)
[ 10:42 ] [ 大山界隈 ]
   
大山が誇るネパール料理のマナカマナ(マナとカナじゃありません←ちなみに私は真っ先に間違えていました。2年位)で、香取薫先生(タミールな地方の料理の第一人者)率いるキッチンペイズリー(別名:チーム香取)の懇親会の場として、貸切パーテーが開かれると言うわ。まさか、板橋区でそんな社交パーテーが開かれると思わなかったし、それが私の大好きなマナカマナで開かれるなんて、板橋区にアーユルヴェーダの風吹く秋♪
 

その日は23人の貸切で忙しい、と言うことは、その日そこでバイトしたらいいんじゃね?学生時代のジョナサンウェイトレス歴2年の経歴を片手にオーナーさんに相談したら、二つ返事でOK。これで、パーテー仕様の特別食が賄いで食べられるわ。(←第一目的)


当日は、地元の私が道案内として、当パーテーの案内サイトに、写真付きで道案内。

 

マナカマナへは、「メガ熟女大山上陸!!」の看板を左にお曲り下さい。 


それにしても何なの?メガ熟女。年齢がメガなのか、身体がメガなのか、私、次はここでもバイトできるかしら。。。


さて、エプロン付けて入店。ちなみに大山は、エプロン付けて歩いていても違和感なくてステキね。
 

 

スタッフのみなさん、準備中。
 

 

サラダ作成中。

 

普段見たことないような、マントラなサラダ!何かの祈りをサラダを通じて捧げているに違いないわ。

 

こちら、モモチームは、皮を伸ばしている際中。マナカマナでモモを頼むと、皮を作るところから始めるので、時間が掛かりまーす。

 

 

すごい勢いで、素晴らしい手つきで、みるみる作られるモモ。人間FA!こんな人型モモ作成機があったら、テーブルの向こう側に置いて、作ってもらいたいわ。独身OLのあなたも、ネパールのモモ職人と結婚した気になれて売れるかもだわ。(欲しい・・・)

 

皮が破けてしまったモモを味見。中の肉も素晴らしいけど、皮が!皮が!ムチムチプリプリでメガな味!デブな小学生みたい。


この間、他にも色々パコラだのサラダだの出ていたのだけれど、私は、ウェイトレスさんやっていて、写真は撮れず。。。

 

 

そして、マトンチョエラ。櫛に豪快に肉塊を突き刺して

 

直火で焼いていたわ。


 

チョエラの味付けのデモンストレーション。

 


それを優しく見守るスタッフ達。チームワークの良さが香るわ。




で、メインディッシュのダルバートなのだけれど、お皿片づけたり、皿拭いていて、写真を撮っていないわ。でも素晴らしい本格的ダルバートだったわ。知りたい方は、今月の特別メニューが、ダルバートなので、9月のうちに行ってみて、注文してみてくださいね!(夜限定)

 

その後、デザートとチャイでお開きになったのだけれど、やはり片づけで忙しくて写真はなし。マナカマナのデザートは、どれも美味しいので、これもぜひ食べてみて下さいね!

 

さて、片付けが終わってからの賄い食。

 

スタッフの方々が賄い食を食べていたのだけれど、すごい量だったのが印象的。でもあれだけ働いたら、おなかすくわよね。次の日もランチタイムのバイキングのカレーの仕込み。お疲れ様でした。

 

私も賄い食。ダールがシャバシャバで美味しいわ。
 

いつも食べる方の視点ばかりでなく、スタッフ側の視点になると、これまた発見がいっぱい。貴重な体験をさせていただいて、ありがとうございました。

B食店情報
・店名 : マナカマナ(まなかまな)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都板橋区大山東町59-20-2F
・営業時間 : 11:00?15:00/17:00?22:30(LO)
・定休日 : 無休(年末年始以外)
・最寄り駅 : 大山
・キーワード : ネパール・インド料理
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2015年9月6日(日曜日)
   
 

ここんとこ、なぜか蕎麦屋さんで大人ぶって(十分アラフォーの中年です、はい)、飲むことを覚えてしまってよ。私の中で何かの化学変化?大人の階段を中年になってから上った中2病?


 

板わさでちくちくすることを覚えてしまって、ちくちくうにうにしながら、

 

 

 

 

ナイス表面張力な日本酒をいただきつつ

ウ巻き卵焼きが美味しすぎるわ。

 

上品なお味・・・。

 

鮎の塩焼きも堪能しつつ

 

蕎麦!

 

エビさんも付いて来てしまって、まあ太っ腹な価格。

 

そして季節のシソ切り。

 

 

素晴らしい職人の料理をいただきましてよ。

蕎麦屋さんでお酒飲むって、もう大人の階段上り切っったっていうことでいいかしら(悩む中年)。

B食店情報
・店名 : さわだ屋(さわだや)
・ジャンル : 和食-うどん・そば・麺類
・住所 : 東京都板橋区板橋1-41-12 ビュール板橋 1F
・TEL : 03-6671-3812
・URL : http://tabelog.com/tokyo/A1322/A132201/13133077/
・営業時間 : 11:30〜15:00/17:00〜22:00
・定休日 : 水曜日
・最寄り駅 : 板橋
・キーワード : 手打ち蕎麦
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ