記事
[ 総記事数:1093件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2014年10月30日(木曜日)
[ 10:10 ] [ 旅先にて ]
   
 

今月のテーマは「カレー屋さんとどこかへ行く」になっているわね。って言うか、私と仲の良かった人達は、なぜかカレー屋さんを開業するのよね。この現象をなんて呼ぼうかしら・・・。
 

今度は、大田区が誇る某有名インド料理店の店主ご夫妻と温泉旅行に行って来たわ。本当は台風の来る日に予約していたのだけれど、海辺の露天風呂で、裸のまま波にさらわれたら恥ずかしすぎるから、一週間遅らせてよ。

 

宿に着いたら、早速、露天風呂へ直行よ。

 

海の見える露天風呂で、海に向かって「漁師の皆さん、私の全てを見て!サンタフェ!宮沢りえ!」とキメるのが私の露天風呂の入り方。そして、海の見える露天風呂でマーメイドのように座って海を眺めて心は、人魚姫気分。
 

 

 露天風呂のあとは、夕飯。

 

鮑を付けてみました。ささやかに贅沢。

 

三浦だけあって、まぐろづくしの夕飯。鉄分補給感がすごくてよ。


 

 

夜明けの窓からの風景。釣り船かしら?灯が見えていてよ。

 

朝になったら、お楽しみは・・・・。

 

朝ご飯!朝から、まぐろ!
 


 

チェックアウトしたら、油壺ではお決まりの油壺マリンパーク!

 

東板橋公園の淡水魚水族館を思い出したわ。

 

ごんずいさんが団体行動するのが不可思議だったわ。

それにしても、水族館でカニやらエビやらを見ると、美味しそう、と思ってしまうわ・・・。
 

 

そして、アシカとイルカのショーを観に行ってよ。

 

ストーリー仕立てで、悪い宇宙人がイルカとアシカのショーを見て、改心するっていうのは、ちょっと強引過ぎやしないか・・・?

 

 

 

ストーリーなしでも十分、ショーだけで楽しめてよ。飼育員のお姉さん達がやたら凛々しくて格好良かったわ。

 

最後はペンギンさんを見て、帰って来たわ。


あー、リフレッシュしたわー。おぢさん、奥様、また行きましょうねえ!

2014年10月28日(火曜日)
[ 17:57 ] [ アジア料理 ]
   
仲良しのカレー屋さんご一家と一緒に、中野区沼袋が誇る和印カレーのたんどーるさんにお邪魔したわ。板橋から沼袋は、行きづらいので、バスで環七沿いを下るのが吉。ただし、時間が読めないと言うおまけ付きよ。

 

まずは、10品目サラダで野菜を摂取!パパドが良いアクセントだったわ。

 

地鶏モモとモツのピクルス。カレーとご飯で食べてもいいかも。

 

マライティッカ三種盛り。ゴマがまぶしてあるやつが、香ばしくて私好み。ちなみに肉質の良さが、びんびんわかるわ。介護食のように柔らかい鶏肉!

 

地鶏手羽先のタンドール焼き。やはり肉が柔らかい。どこで買ったお肉かしら・・・。

 

和ッサムスープ。これはアイデアよねえ。ごまの香りがナイスだわ。日本人にしか思いつかない、作れない味よねえ。

 

この日のカレーは、左奥から、「かぼちゃと5種類の豆のカレー」、「噂の!地鶏と大根の梅カレー」、「ひじきと干し椎茸のトマトカレー 焼き油揚げのせ」、「鶏ひき肉とナンコツとレンコンのキーマカレー」。うーむ、カレーもやはりアイデア満載。カレーってここまでヘルシーに作れるのね。これも今までの培った経験のなせる技かしら。

 

もちろん、ライスで。色々雑穀が入っていて優しいご飯。

 

店主の塚本さんの作るナンは、とても美味しいので、ライ麦と豆乳のナンとも合わせてみても美味しいわ。優しいお味。

 

デザートのレーズンとクリームチーズのナン。クリームチーズの存在感が、はっとさせてくれるわ。
 

 

 同じくデザートのチョコレート入りナン。「大人のチョコナン」と言う名前だったけれど、どの辺が「大人の」だったのかしら。
どうでもいいけれど、どんな単語にも「大人の」って付けるとアダルティーに聞こえるわよね。参考までに「男の」って付けると、汗臭く感じるし、「夜の」って付けるとえっちに聞こえるのは、私が汚れた大人だからかしら・・・。

 


現在は、金土日の夜のみの営業なので、予約が必ず必要な名店よ。店主の塚本さん、去年お会いした時より、ちょっぴりお元気になられたみたいで、笑顔でいらして、ホッとしたわ。

大人3人でワインを3本あけて、上機嫌で帰って来たわ。

B食店情報
・店名 : たんどーる(たんどーる)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都中野区沼袋1-8-22
・TEL : 03-3387-2172
・URL : http://www014.upp.so-net.ne.jp/tandoor/
B食店ページへ

2014年10月17日(金曜日)
[ 19:01 ] [ イベント ]
   
 

大山が誇る板橋三大カレーの一店、ネパール料理マナカマナの社員研修に便乗してご一緒させていただくことになったわ。従業員の皆さんもとても楽しみにしていたようで、従業員さん+その各配偶者にオーナーさんに私と言う総勢10名で行って来たわ。滅多に休まない365日ほぼ開けているマナカマナさん、かなり前から日程調整していたわ。
 

 

集合場所は、大都会新宿。前日は台風だったけれど、当日はこの通り晴れて、青い空。案の定、悠久のアジア時間発動で遅刻して来たスタッフもいたようだけれど、無事にしゅっぱーつ!

 

山が見えるとガン見しているネパール人の皆さん。

皆さん、この日を配偶者の方ともども楽しみにしていたらしく、中には嬉しくて眠っていなかった方もいらしたらしいわ。あんたら、小学生か。

 

途中のサービスエリアでは、山に向かってこきりこ節のような山の歌を歌っていらっしゃる従業員さんもいらしたわ。オーナーさん曰く、「彼らは上機嫌だと歌う」らしいわ。

 

おやつは300円と日本の常識で決まっているのに、300円以上の大量のみかんを持って来た皆さん。私にもおすそ分けありがとう。この日3個目のみかん。あのー、今日は、果物食べ放題があるってご存知でしたよね・・・?

 

白樺湖を見て、「ポカラだポカラだ」と騒ぐ従業員の皆さん。ネパールの方は、とりあえず山と湖が見えると「ポカラ」なのらしい。

 

<参考画像>本物のポカラ National Geographicの写真より転載。 

 

こっちの方がすげーじゃん。良かったね白樺湖、ネパール人がポカラ認定したわ・・・。 

 

 

ペアのリフトに乗って、ちょっと小高い丘の上へ行くわ。途中、写真撮影の人がいて、リフトに乗った私達を撮影してくれるの。山頂で1枚1、100円で販売しているんだけれど、今時、こんなの買う人なんて・・・。

 

いたよ。 

マナカマナ従業員御一行様、全員写真お買い上げ。しかもバスの中でじっと見ていたのも印象的。

 

 

皆さんで山頂で順番に記念撮影。

 

今時、こういう望遠鏡が設置してある場所も珍しい。

 

山道のハイキング。皆さん、歩くの早いし。途中、雑草としか思えない草を見ながら「あれはアチャールに入れると美味しい」とか言っていたわ。ネパールの方は、どりあえず草を見たら、アチャールにしないといけないと思っている気がしてよ。

 

お待たせ、ランチは池の平ホテルにて、バイキング。

 

目玉は「本場ネパール人シェフによるカレーとナン作りの実演」 

 

マナカマナ従業員ご一同様、「本場ネパール人シェフによるカレーとナン作り実演」周りを取り囲んでガン見。本場ネパール人シェフが、すごくやりづらそうだったのが印象的だったわ。

 

ランチバイキングが嬉しいらしく、取りに行って、なかなか戻って来ない従業員の皆さん。

 

・・・って、普段自分達だって、ランチバイキング毎日やってるじゃん。やはり提供する方とお客の立場では、違うのねえ・・・。

 

帰って来たと思ったらすごい量!

個人的には、松茸ご飯にカレーをかけていた方がいらしたのが、印象的だったわ。

 

 

そして、ぶどう食べ放題。すげー、美味しかったわ!

 

チーズ工房では、皆さんお買い物三昧。なぜか、「お金持ちになれる石」なる物があって、笑顔で「ねぇ、この石を買うと本当にお金持ちになれるの?」とキラキラした瞳でオーナーさんに尋ねていたのが印象的でした。皆さんで買っていました。はい、つられて私も買いました。300円。

 

ハーブ園。ハーブ園のお兄さんがハーブの説明をして、ハーブに詳しいプロ対プロの戦いになると思いきや、

 

 

皆さん、記念撮影に忙しいようです。


 

そして、足湯体験。

 

 

 

皆さん超リラックス。私もリラックス。

大変、面白くて楽しくて貴重な社員研修体験でした。

私も皆さんと景色に癒されまくって、とってもとっても満足なツアーでした。また行きましょうねえ。
 

そんなマナカマナの皆さんは、今日も板橋区大山で、懸命に美味しいネパール料理を作っています。とても素敵で素朴な方々が、ナイスなチームプレーで作る美味しいネパール料理、是非行って見てくださいねー。 

B食店情報
・店名 : マナカマナ(まなかまな)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都板橋区大山東町59-20-2F
・営業時間 : 11:00?15:00/17:00?22:30(LO)
・定休日 : 無休(年末年始以外)
・最寄り駅 : 大山
・キーワード : ネパール・インド料理
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2014年10月14日(火曜日)
[ 17:15 ] [ 板橋区役所界隈 ]
   
 

このブログの扉絵を描いて下さったイラストレーター櫻井輪子さんが、久々に我が家に遊びに来て下さったので、ピアンタ仲宿店に行ってみたわ。

 

とりあえず、私のオススメのゴルゴンゾーラピザ+ハチミツに赤ワインを合わせると、吠えてしまうほど美味しいわ。ガーリックソースが、食欲に火をつけてくださるわ。

 

野菜のバーニャカウダ。これもなかなか、濃厚なお味。初めてバーニャカウダと言う名前を聞いた時、何かの怪獣かと思ったことは、ここだけの話よ。

 

きのことトリッパの煮込み。これもまた、濃厚でワインに合う合う。きのこがたっぷり入っていて、嬉しいわ。

 

そして、チリカルボナーラ。うーむ、濃厚。ワインがワインがすすむくん♪
 

一度ここピアンタで、パスタ食べ放題のパーテーやってみたいのよねー。ピアンタとのお付き合いは、滝野川時代から、かなり長いのだけれど、まだやったことないのよねー。来年の私のバースデーパーテーは、ピアンタのパスタ食べ放題を入れたコースでやりたいと心に決めたわ。

B食店情報
・店名 : カジュアルイタリアン ピアンタ 仲宿店(かじゅあるいたりあん ぴあんた なかじゅくてん)
・ジャンル : 欧風料理-イタリアン
・住所 : 東京都板橋区板橋3-10-5
・TEL : 03-5943-6555
・URL : http://www.jstar-t.co.jp/pianta/
・営業時間 : 11時?23時
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 板橋区役所前
・キーワード : イタリアン/ゴルゴンゾーラパスタ
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

2014年10月12日(日曜日)
[ 10:55 ] [ 大山界隈 ]
   
 

大山が誇る和食の実力派、木林森さんが5周年を迎えたと言うから、行って来たわ。この飲食店同士のバトルロイヤル盛んな大山と言う戦場で、安定のクオリティを保ちつつ5周年。すごいわよねえ。

 

突き出し、素晴らしい出汁が出てるわ。菊のほうれん草巻きのほうれん草の味が濃いわ。添えてあるしいたけですら、超美味しい。主役の魚卵さんは、日本酒を欲しくさせてよ。出汁って素晴らしい日本の文化だわ。

 

味の濃いリアル枝豆。もう豆一つ一つ、噛み締めて食べたわよ。

 

みずの実のおひたし。関東では、なかなか見ないわよね。

 

そして刺身の盛り合わせ。背後に隠れてしまったけれど、ぼたんエビさんが、トロけて甘かったことをここにお知らせします。マグロさんも介護食のように柔らかくてトロけたし、キンメさんも日本酒とナイスマリアージュだったことも加えてお伝えしたいと思います。


 

 

そして、お土産にリアル魚沼産コシヒカリをいただいてしまったわ。これはホンモノ。背後に新潟のJAのシールが貼ってあって、贈答品にもなる本物の魚沼産だわ、私が全部食べるけど。これはもったいないわねえ。冷蔵庫に入れて保管して、ちびちび食べようかしら。乾燥させたらもったいないし、ちびちびしないで、ぐわぁっと食べちゃおうかしら、と嬉しい悩みを抱えているわ。

「魚沼産よりも岩船産のほうが」「宮城のササニシキのほうが」とか色々なご意見もあるでしょうが、魚沼産はやはり魚沼産。一度は本物食べてみたかったの(←実は本物の魚沼産コシヒカリは買ったことがない)。だから超嬉しい!

 

木林森さん、素晴らしい夢いっぱいのお土産をどうも有難うございました。

B食店情報
・店名 : 木林森(きりもり)
・ジャンル : 和食-日本料理
・住所 : 東京都板橋区大山東町38-5
・TEL : 03-5375-0397
・URL : http://r.gnavi.co.jp/e777300/
・営業時間 : 11:30〜14:30(ランチ) 17:00〜22:30(LO)
・定休日 : 現在、不定休
・最寄り駅 : 板橋区役所前 もしくは大山
・キーワード : 魚がうまい/日本酒
・友人・同僚 / デート / 接待 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ