記事
[ 総記事数:1093件 ] [ RSS2.0 ]
2011年10月30日(日曜日)
[ 12:14 ] [ 板橋区役所界隈 ]
   
 

新米の季節だと言うのに、夏に米を買いこみ過ぎて、まだあと7kgも2010年産の米を消費しなければいけないロザリーよ。(ま、あっと言う間だけれどね)

この夏は、新潟の台風被害だの、東北地方が大変だので、米が値上がりするんじゃないかと怖がって、つい買いこんでしまったわ。震災後は買いだめしなかったのに、米だけはどうしても買いだめしてしまって、自分の人間の小ささを感じつつ毎日もりもり米を食べてるわ。



でも我が家の米は、新米じゃなくても美味しいのよ!そう、板橋本町の新井米店のお米サイコー!我が家は5kg2080円の富山米か同じくらいの価格の福島米。お米はちょっとくらい高くてもいいのを買ったほうが、結果的には安くつくのよ。高いお金出して、外食でおいしくない米を食べる気にならないからよ。

 

ごましそ味噌入りおにぎり!

 

山椒とシソを混ぜた醤油おにぎり。


お米がピカピカしてるのがわかるかしら?粒が大きくてふっくらしてるのもわかるかしら?普通に研いで普通の炊飯器で普通に炊くだけで、これだけのお米が毎日食べられるのって、とても幸せな人生じゃないこと?毎日お弁当の時間が待ち遠しいもの。

早く残り7kgの2010年米を食べて、新米を食べたいわ!頑張って食べなくちゃ。あー、なんて幸せな私の人生!

B食店情報
・店名 : 新井米店(新井米店)
・ジャンル : テイクアウト・お取り寄せ
・住所 : 東京都板橋区板橋本町商店街100円SHOPの隣
・TEL : 03-3961-5700
・営業時間 : よくわからない
・定休日 : 日曜・祝日
・最寄り駅 : 板橋本町
・キーワード : うまい米
B食店ページへ

2011年10月16日(日曜日)
[ 14:15 ] [ その他板橋区 ]
   
 

以前おはらんが、志村坂上の共栄軒のチャーハンが美味しいと言っていたので、私もチャーハン求めて、共栄軒に行って来たわ。

 

ここかあ。正しい町のラーメン屋だわ。

 

うわぁ、このショーケースがたまらないわ。チャーハンも美味しそうだけれど、見ていると全部食べたくなるわ。ショーケース見てるだけで、全商品制覇したい野望にかられたわ。特に気になる玉子丼。懐かしいわ。

おはらんとこにもコメントしたんだけれど、私は、昔から親子丼が大好きだったのだけれど、昭和の時代は、肉の自由化なんてされてないから、肉が高くてなかなか食べられなかったわ。小学校で「将来の夢」について作文を書くにあたって、「親子丼を二杯食べたい」だの「レディボーデンを丸ごと食べたい」だの書いていた私を不憫に思ったおばーちゃんが「これなら卵さえあれば、いつでも作れる」と教えてくれたのが玉子丼。おかげで、毎日親の目を盗んじゃ玉子丼を作って食べていたわ。私の体の基礎は、玉子丼が作ったと言っても過言ではないわ。

平成になって、肉が自由化されて、肉の安い板橋に住んで、なか卯に行けばすぐに親子丼が食べられるようになって、それが当たり前の生活になった私は、玉子丼と言う言葉を忘れていたわ。このショーケース見て、昔の恋人と再会したような胸のときめきを感じたわ。私の体の基礎を作った思い出の玉子丼の存在を思い出させてくれた共栄軒に感謝だわ。





でも今日は、チャーハン食べに来たから、チャーハン頼むけどね。

 

なかなかの盛り ハート

  

味も昔のラーメン屋の味がするわ。懐かしいセイシュンの味。

 

チャーハンに付いて来るスープ。そうそう、これこれ、この味。ネギの輪切りのみがパラリの美味しいスープ。ちょっとしょっぱめなとこが、泣かせるわ。

ちなみに店の中は全部昭和なのに、カレンダーだけがオシャレなJALカレンダーが飾ってあって、それも心打たれたわ。現代日本人が忘れている一点豪華主義みたいなとこに胸キュンよ。
 

昼時はいつも混んでいて、相席が当たり前のこのお店。地元の方に愛されている本当に模範的な町のラーメン屋さんだわ。また来るわね。

 

 

<参考>

後日、再訪問したわ。

 

食べたのは、やっぱりチャーハン!

B食店情報
・店名 : 共栄軒(きょうえいけん)
・ジャンル : ラーメン
・住所 : 東京都板橋区小豆沢2-17-7
・TEL : 03-3966-0710
・営業時間 : 11:00〜16:00/18:00〜21:30
・定休日 : 水、第1・3木曜日
・最寄り駅 : 志村坂上
・キーワード : チャーハン 玉子丼 タンメン
・友人・同僚 / デート / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2011年10月9日(日曜日)
[ 11:14 ] [ 板橋区役所界隈 ]
   
 

家にいると大抵、食事は自分で何か作ってしまうのだけれど、色々あって忙しかったので、弁当を買って来ることにしたわ。

そうねえ、弁当何にしようかしら。すげー腹減っていたので、おはらんご推薦のつるやでから揚げ弁当かしら・・・。板橋区のヤングは、一度は食べるセイシュンの味らしいわ。それって郷土食よね。では、板橋区の郷土食を買いに行きましょ。

 

時代は、「ほかほかはうす」よねー。

 

そして買って来たから揚げ弁当400円!

から揚げが暴れん坊で、フタが閉まりきれていないとこが、乙女心をくすぐるわ。



 

それでは、OPEN the フタ!

 

 

 

 

アンドレ・ザ・ジャイアントが、風呂に入っているようだわ。

その雄姿に軽く目まいを感じる一人の乙女。

 

ご飯もみっちり有難う ハート ハート ハート

 

さて、家で食べるとこんなオプションもあってよ。

 

私はごま塩が大好き ハート

子供の頃、家の食卓に置いてあった丸美屋の三色ふりかけでは、真っ先にごま塩をふりかけてたので、ごま塩の減りが早かったわ。そんな渋いご幼少のみぎりの私。

 

では、いただき枡! 

さくっと揚げられた鶏ムネ肉!うむ、うまいうまい。コストを抑えつつ、美味しく仕上げてくれているわ。これを企業努力と言うのよね。

デザートは、つるやさんの隣にあった桜花堂のたい焼き120円。

 

これで、この日のランチは、1000kcalオーバー決定ね。

 

ちなみにつるやさんのホームページが、かなりやる気があって、面白過ぎてよ。つるやさんの家族の歴史まで載っていて楽しいわ。個人情報保護法とか、どうでもよくなるわね。ちなみにメニューは、日本語だけでなく、英語、中国語、韓国語に対応した大塚・板橋向けマルチランゲージ仕様。お客様のニーズとトレンドをちゃんと掴んでいて頼もしいわ。

B食店情報
・店名 : つるや(つるや)
・ジャンル : テイクアウト・お取り寄せ
・住所 : 東京都板橋区本町28−3
・TEL : 03−3963−6433
・URL : http://www.toshima.ne.jp/~tsuruya/hontyo/hontyo_top.html
・営業時間 : 9:00〜21:00
・定休日 : 日曜・祝日
・最寄り駅 : 板橋本町
・キーワード : どか盛り・から揚げ
B食店ページへ

2011年10月5日(水曜日)
[ 18:34 ] [ その他板橋区 ]
   
 

上板橋にダルバートをランチで出している店があると言う噂は、かねがね聞いていたわ。そのうちツイッターで、スルエシーさんとお互いフォローし合うようになり、おかげで「今日のランチ情報」が私の目に入るようになると「行かなくちゃ!」て言う気にもますますなるものよね。でも上板橋って、プラネタリウムとイトーヨーカドーに行く時くらいしか降りたことなくて、そのうちそのうちと思っていたわ。

そんなある日、QT板橋愛の戦士こうめたんらと、皆で訪れる機会があって、もう心ワクワクよ。やっと念願のお店に来れるのだもの!

 

<嬉しそうにスルエシーに入場する板橋区・飲兵衛の皆さん>


 

 

突き出しにグンドゥリュック(乾し野菜)の和えもの。うむ、これは・・・。ビールを一杯頂くわ。この乾し野菜は、なかなか日本では入手できない貴重品よ。

 

小さいサモサみたいの。これって手作りかしら?だとしたら、ものすごく手間がかかってるんじゃなくて?この心遣いにこちらも感謝しなくちゃいけないわ。

 

ムラコ(大根)のアチャール。胡麻胡麻っとしていてつまみに最高。私も家でたまに作るのだけれど、いまいちネパールの皆さんのように上手に出来ないわ。

 

なぜか生春巻き。丁寧に作られているし、野菜を摂取しなくちゃね。こういうこってりした連中と飲んでると、さっぱりした物が食べたくなる乙女心よ。

 

オクラのスパイス炒め。優しくて健康に良さそう。ご飯と一緒に食べてもきっと美味しいわ。ネパール人って、野菜扱わせると、ピカ一かもだわ。

 

アルコ(ジャガイモ)のアチャール。胡麻が素晴らしい量使われていて、健康になりそうな味。

 

ここでまさかのカブリナン。誰だよ!ここで甘いモン頼んでんのは?

・・・やはり、あいつか、ジョニーラル。甘党男子が混ざっていたよ・・・。

でもここのカブリナン、甘い物が嫌いな私が、うまいと認めざるを得ない素晴らしい味のカブリナンだったわ。しかも私たち7人で入ったんだけれど、さりげなくナンが7つに均等割りされててよ。さりげなく気を遣われてしまったわ。敗北。なんか悔しい。 

白ワインを注文したら、氷バケツに入ってやって来て、この高級レストラン並みの心遣いに軽く強打されたわ。

 

シェクワ。とてもスパイシーで香ばしいわ。ツマミにgoodすぎね。

 

ワインのツマミにチーズナン。チーズが、糸ひいてるわ。これも7等分されて、さりげなく気を遣っていらして、こんな些細なことも心に沁みてよ。

 

太陽の光を浴びている湖面のように美しきラムカレー辛口も、とても味が乗ってて美味しいわ!!!こりゃあマイケルさんの再来だわ。ご飯と食べたいなあと心の奥底で思ったわ。

 

骨付きチキンのスープカレー。これが、トマト味が濃くて、ラッサムを思い起こさせるような濃厚な味で、でもさっぱりしてて、これもまたご飯にかけてシャバシャバと食べたいわ。

 

ナンもふっくら香ばしくて、素晴らしいわ。美味しい、まじ美味しい。


とてもナイスホスピタリティなお店。常連でもないのに、これほど気を利かせてくれるお店って、見たことないかもだわ。ホールの萩原流行に似たネパールの方がこれまたイケメンでね、ちょっとハマりそうよ。流行、いい味出しててよ。(実は私の憧れの人が萩原流行似なので、勝手に親近感!)

 

帰り際、店の前で萩原流行と並んで写真を撮っていたQTと東京ホルモンズ副隊長。QTがめちゃくちゃ嬉しそうな表情で写っていて、流行がかなりキメ顔だったのもいい味出しててよ。これはいい写真だわ。

 

とにかく美味しかったから、また行かせてね。

 

B食店情報
・店名 : スルエシ―(するえしー)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都板橋区上板橋3−2−1
・TEL : 03-3931-2200
・営業時間 : 11時半〜15時 17時半〜23時30分
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 上板橋
・キーワード : ダルバート/ネパール料理
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2011年10月2日(日曜日)
[ 23:15 ] [ 板橋区役所界隈 ]
   
 

ものすごい雨降りの中、仲宿商店街の八百屋さんで、外に出るに出られず立ち往生をしていたら、その八百屋さんの前にある昭和33年から創業している家具屋さんが、傘を貸して下さったわ。人情が身にしみる板橋。
 

 

後日、傘を返しに行くついでに、我が家の自慢のガスオーブンで焼いたチキン醤油漬けも持って行ったわ。

そしたらお返しにと、

  

 

大吟醸酒を頂いちゃって、超感激!!大吟醸なんて滅多に飲まない(飲めない)もの。海老で鯛どころか、桜エビ一匹でマグロを釣った感じね。なんとこの忠臣蔵全国新酒鑑評会金賞酒! 

斗瓶取り斗瓶囲い・無濾過生原酒と書いてあって、化粧箱に入っていて、とにかく恐縮しきりで頂いてしまってよ。そもそも傘借りておいて、なんで私のほうが高級酒頂いてるのよ!
 

大吟醸酒に合わせる食べ物、何がいいかしら・・・。お酒が良過ぎて、周りが追いつかないわ。
 

そうだ!エコポイントで交換した必殺のカニしゃぶセットがあったわ!

 

 

爪の部分って美味しそう ハート

 

鍋に出汁用昆布を入れて沸騰させて。

 

投入!

 

 

しゃぶしゃぶっとして、

 

カニ酢に付けて、いただきます!

 

 

爪も忘れずにしゃぶしゃぶっとね!

 

途中で、忠臣蔵の大吟醸を流し込むのも忘れずに!

酒の甘みとカニの甘みとフルーティさが、ナイスマリアージュだわ。

流石、大吟醸酒!このままツマミがなくても美味しい!カニとだと、なお美味しい!いやーん、また太っちゃう♪水がいいのがわかるお酒。兵庫県万歳。

 

おっと、太い脚も食べなくちゃね ハート

 

そして最後は、雑炊で〆なくちゃ。

 

三つ葉と卵とカニの出汁と昆布の出汁が、素晴らしいマリーアジュね!

 

私の人生って、とっても幸せだと思うわ。

星野家具店さん、傘と美味しい大吟醸酒、どうも有難うございました。
 

 

もったいないので、かにしゃぶで全部飲まないで、その後日の晩御飯に登場させて全部飲ませていただきました。