記事
[ 総記事数:1104件 ] [ RSS2.0 ]
2011年8月27日(土曜日)
[ 14:41 ] [ イベント ]
   
 

小学生の頃の話なんだけれど、私はあの頃、アイスクリームが大好きで、「将来の夢」と言う課題で作文を書きなさいと言われて「レディボーデンを一個丸ごと食べたい」と書いて、先生に「書き直しましょう」と言われたわ。その後「親子丼を二杯食べたい」と書き直して「そういう夢ではありません」と言われたわ。甘酸っぱい小学生の頃の思い出。みんな誰だってあるわよね?あの頃はレディボーデンが880円もしたのよ。
 

あれからベルリンの壁が崩壊し、時代は昭和から平成へ。世界が急速に縮まり、日本はバブルを迎えそして弾け、急速な円高が進み牛肉を初めとする自由化が進みグローバル社会に参加するようになり、いつしかGNPは世界第一位になったり二位に落ちたりそれでも上位国で・・・。レディボーデンの価格も下がり、ライフストアでは398円を値付ける日もあってよ。

世紀を超えて、世界が変わって日本も変わったわ。いつしか政権も交代し、色々な物があれから変わったわ・・・。小学校で作文を書き直しさせられていた私もいつしか大人になり、そして、私も変わったわ・・・。

・・・。

・・・・・・・。


そう、小学校の作文にその想いを綴りたいほど大好きだったレディボーデン、大人になったら、飲兵衛になっていて、甘い物を受け付けない体になってしまったわ!人って変わるものよね・・・。 

ちなみに我が家に、砂糖はないわ。私の糖分は、ご飯と酒から摂取してるわ。煮物を作る時は、韓国調味料を作る時の水飴もしくは、ヨーグルトを買ったら付いて来るシュガ―を使用よ。
 

そんな私がスイーツの食べ比べをしたわ。板橋区の女性向けサイト「LoveIta(ラビータ)」の企画で、「板橋区内の夏の冷たいスイーツを持ち寄って味見」。一瞬「うーむ、私に出来るかしら?そもそもスイーツの味ってみんな砂糖の味よね(←雑な主観)」とも思ったのだけれど、これを逃したら一生こんなことにチャレンジするチャンスがないと思って、童心に戻って参加したわ!
 

参加にあたって私も何かデザートを2品、持ち込まないといけないのだけれど、カフェなんて行かないし、しかも夏で冷たくて、それなりに人様にお薦め出来る物って・・・。

 

って、あるじゃん、大谷口の家の豆乳ぷりん(一個100円)。あそこ、大豆もいいの使ってるし、真面目に作ってるから、きっとプリンも美味しいでしょ。と味見もしないで、推薦。
 

さて、もう一品・・・。 

板橋限定で冷たければいいのよね、と言うことで、時々食べているよしやのプリン。大きくて値段もお手頃。よしやさえあれば、板橋区内どこでも入手可能よ。昭和の味がするわ。まだ私がレディボーデンが好きだった頃に、大好きだった味よ。

 

ちなみによしやのプリンは、でか過ぎてきれいなコニーデ型に出すのは、とても難しくて、私はいつも「早産巨神兵」状態で食べているのだけれど、これはこれでとても美味しいので、満足していてよ。何でも火曜日と土曜日しか入荷しないとか。それもそれで、プレミアね。

 

さて。当日。

 

 

子供の時の私に見せてあげたい、そして参加させてあげたい素晴らしき光景。板橋区内の味自慢のスイーツ達が見事集結!オレンジが目立つのだけれど、最近はマンゴーがブームのせいか、マンゴー味がざっくざく。これも円高の影響かしらね。ふと、一緒に参加しているかのじょさん見たらこれまたかのじょさん、まじで顔色悪いし。(ヒント:かのじょさんも飲兵衛) 

そこへ「へい、お待ち!」とやって来た大谷口の家の一同様。

 

配達で届けていただいた大谷口の家のプリン。自分で買いに行くのが面倒なので、配達を頼んでしまったわ。ついでに参加者の方にも買って頂いてしまったわ。朝市でも売っているらしいのだけれど、私は朝苦手なの・・・。

 

 

ちなみに大谷口の家は、去年買った雑誌に漫画が載っていて、武田先生も主人公の隼人君もこの日初めて実物を見たわ。漫画通りの男前で感動・・・。



さて、怒濤の試食タイム。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の頃だったら、一生の思い出として、夏休みの日記に書くくらい嬉しかったと思うわ。でも大人になってから、これだけ味見をするのは、なんていうか、「逃げ場がない!!」ていう感じかしら。でもお酒と一緒じゃないなら、私って結構甘い物の味もわかる気がしたわ。どの商品も一品一品大変個性的で、工夫が凝らされていて、最後まで美味しく食べられるようになっていてよ。スイーツの向こう側に職人を見たわ。

そして、LoveItaの皆さんと「あら、これ美味しい」「ねー、これって上流階級ぽくない?」「えー、ちょっとこれは私好みじゃない」なんて言いたいこと言いつつ、スイーツ食べ比べって面白いわ。


さて、肝心のお味だけれど、私はスイーツに対するボキャブラリーが超貧困なので、詳細は、LoveItaのページでじっくり読んでちょうだい。私も登場していてよ。

・アイス編

・マンゴー編 

・お口直し編

・プリン編 

 

 

2011年8月20日(土曜日)
[ 19:40 ] [ 大山界隈 ]
   
 

暑い昼時。

暑いから、赤い物が食べたいわ。ここ板橋は、グローバル都市なので、赤い物が食べたくなったらすぐ食べられるわ。そうねー、赤い物、レッドカレーか韓流かしら。ランチ時間帯もよりどりみどりで嬉しい町だわ。あー、板橋に転職したい。

韓流モードになって来たので、老舗の金家に行っちゃおうかしら!

 

突き出しに3品出て来る野菜おかず。何気に韓流って野菜をたっぷり摂るのよね。そりゃイイ男も多い訳だわ。(←若いアジアの男の子大好物 ハート

 

メインのチゲが来たわ。ぐつぐつしていて、猫舌の人は食べにくい仕様。良かったわ、全然猫舌じゃなくて。ご飯はお代わりできて780円。嬉しい価格ね♪

 

夏はこのビジュアルにクラクラだわ。あー、韓流 ハート

 

では、ご飯に乗せていただきます♪

ご飯は硬めで美味しく炊けてるわ。韓国行って思ったんだけれど、あまりあっちの方ってご飯の炊き方が日本人好みじゃないことが多いんだけれど、ここはそんなことなくて、程良く硬めが嬉しいわ。

 

もちろん、ご飯はお代わり!(2回ね) 

 

最後はデザートにアイスも付いちゃって、お得なランチセット♪

ううーん、韓流家庭料理って美味しい ハート 一力で韓国唐辛子買って来て、我が家でも作りたいわ。タテギの作り方から勉強中よ♪ 世界中の飯が食べられるこの環境に感謝だわ。

B食店情報
・店名 : 金家(きむや)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都板橋区大山東町18-3
・TEL : 03-3963-4311
・営業時間 : 11:30〜14:00/17:00〜24:00
・定休日 : 火
・最寄り駅 : 大山
・キーワード : ハラミ肉/焼き肉/韓国家庭料理
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2011年8月17日(水曜日)
[ 10:37 ] [ 板橋区役所界隈 ]
   
 

ポップウォッチャーの私としては、最近仲宿商店街のポップに目が釘付けよ。よしやのポップが、以前ほどのパワーがなくなって残念に思っていたのだけれど(よしやのポップ力、以前、仲宿店の店長さんと副店長さんが、キャラが立ってたからだと推測)周りの八百屋さんも負けてないので、嬉しく思ってよ。

 

茨城産のこだますいか、「ちっと」と茨城弁を使うあたり心憎いわ。

 

 

「多分安いと思います」 

謙虚なんだか、弱気なんだか、「大丈夫、安いから!」って肩を叩きたくなるような一文。うむ、このマーケティングストラテジー、お見事!

 

「美味しいねとお客さんに言われました」 

そう、お客さんにそう言われたのね。だから今日はオレンジ記念日と言うことかしら。お客様の声を端的に紹介している秀逸なポップね。

「超でかい ハネジュウメロン」 

超と言う現代用語を使いこなす柔軟なコピー、素晴らしいわ。





でも私、この界隈の王者は、激安本舗だと思ってるわ。グレープフルーツを「GF」、フィリピンバナナを「FB」、メキシカンマンゴーを「メキマン」、略し方にセンスを感じてよ。

 

「静岡 新茶 0.11マイクロシーベルトだから大丈夫!」 

そう、大丈夫!なのね。ちなみに単位、ベクレルじゃねえの?なんてツッコミは野暮ってもんよね。


これからもこの界隈のポップに超期待しているわ。

2011年8月7日(日曜日)
[ 15:40 ] [ 大山界隈 ]
   
 

ある日曜日、ゴロゴロとシロクマさんごっこをしていたら、大山の焼き肉屋SANKYUの店長からメールが来たわ。

「昨日は、土曜だと言うのに3人しかお客さんが来ませんでした。こんなの初めてです。うちはセシウム牛とは、関係ないのに。どうしたらいいでしょう。」

折しもテレビでは、セシウム牛の報道が過熱ピーク。牛どんやハンバーグは食べられてるのに、焼き肉屋さんだけとばっちりって言うのもなんかかわいそうよね。
 

それにしても、このメールって、遠まわしに「食べに来て」と言ってるようなもんよね。次の日の月曜日は、朝早いわ。でもまあ、口あけで行けば大丈夫よね。すぐに帰ってくればいいんだし。一人じゃあまり食べられないから、高島平在住のステキなご夫妻と一緒に3人で行くことにしたわ。高級A5和牛を現在サービス価格880円(多分都内で一番:店長談)で出してるって言うから、期待ワクワク。

 

とりあえず、暑いので、フローズンマッコリにて乾杯。暑い体をクールダウン。

 

そして、肉!

 

肉!

 

肉!

 

焼くわ!


 

見た目わからないかもしれないけれど、結構大きくてハサミでちょきちょきしながら食べないといけないくらいの塊だったわ。

 

お任せに持って来ていただいたので、肉の部位は忘れちゃったのだけれど、ミスジ、肩三角、ザブトン、ヒレってそんな名前だったわ。(後日、店長に写真を見せて「これ、なに?」って尋ねたら、本人もわからないとのこと。自分で切ったのに。)

 

食べたことないけれど、肉が介護食のように柔らかいわ。いつも安い輸入肉しか食べてなかったけれど、和牛って美味しいのね。

 

こんな見事なサシの入った肉、初めて食べたかもだわ。セシウムってよくわからないけれど、私は本当に入ってるかどうかわからないセシウムを気にして、和牛肉を我慢する人生よりも、ギャンブルのつもりで、和牛肉を喰らう人生を選択するわ! 

よく飲兵衛や喫煙者が似たようなこと言ってるわよね。「毎日食べなければ問題ない量」らしいから、毎日まかない食で牛肉食べてる焼き肉店の店員さんに問題が出るかどうか、気長に見守ってみることにするわ。

 

最後は、から〜いユッケジャンクッパで〆て、元気もりもり。月曜日から元気にスタートするわ。私って健康!

 

*お客が来なさ過ぎて、血迷った店長から連絡。「来週の水曜日から肉食べ放題を行います。放射能に関係ない牛、鳥、豚をおきます」。肉欲激しい方、チャンスよ。私も行くわ。 

B食店情報
・店名 : SANKYU(さんきゅ)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都板橋区大山町8-10 大塚ビル1F
・TEL : 03−5926−6339
・URL : http://sankyu.boy.jp/
・営業時間 : 11:45〜14:00(ランチ) 17:00〜24:00(LO23:00)
・定休日 : 火
・最寄り駅 : 大山
・キーワード : チーズキムチロール最強伝説
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供
B食店ページへ

2011年8月1日(月曜日)
[ 12:15 ] [ 大山界隈 ]
   
 

今、ハマっているのが、ベトナム料理! 私の中のラ・マンな魂が、ベトナム料理を欲していてよ。しかも日が照りつける昼間のうちに食べたい!でもベトナム中華の華福は、夕方から開店。飲兵衛仕様の店は、そこが辛いわ。

じゃあ、もう一軒、ランチからやってる大山・本格ベトナム料理のヴァン・フックに行っちゃおうじゃないの。

 

フォーの好きな私は、とりあえずフォーのホリデーランチセット。(平日ランチセットは、600〜680円)

・・・なんだけれど、でかいフォー以外に生春巻きと揚げ春巻きとサラダが付いて来て、量が多すぎよ・・・。食べるけどね。

 

ビールが8月末まで330円と言うから、ビール飲みつつ、こちらの揚げ春巻きと生春巻きは、おつまみに。付いて来たピーナッツソースに生はる巻きを付けて食べると、気分はサイゴン。幸せだわ。

 

小鉢に付いて来た香菜とレモンと唐辛子は、フォーにトッピング。 

見れば見るほど、美味しそうで、大きいフォー。

 

では、いただき枡!! 

つるつるつるっとした米麺の喉ごしが、ステキすぎるわ。稲庭うどんぽいルックスも食欲をそそってよ。喉って絶対、性感帯ね!ラヲタがラーメンにハマる気持ちが、今、わかった気がするわ!美味しいんだけれど、キモチがいい!美味しいだけじゃない官能的な心地よさがあるわ。店主の腕も素晴らしいけれど、ベトナム料理も素晴らしい。ビブ・ラ・ベトナム料理!




ハマった私は次の週も行ってみてよ。気に入ると、とことん通ってしまう主義よ。さて、今回は、ミニフォーと焼き豚飯。

 

ミニなフォー(でも都心の店の一人前ある)と生春巻きと揚げ春巻きよ。

 

そして、どこにどーーん!と、焼いた豚肉とご飯が付いてしまうの!

炭水化物大好きな板橋仕様。多分都内で一番コストパフォーマンスのよろしいベトナム料理のランチを出す店かもしれないわ。(情報ソース:飲み友達のベトナム料理通のオヤジ)

あの、これ、都心の店だと下手すると二人前だったりするのよ、下手したら1000円超えるわよ。これが900円で食べられる板橋万歳。そもそもパーティーコース、一人前1780円から承りますって、東京では、もっとベトナム料理って高級レストランなのよ!(ちなみに2000円出すと、えびづくしコースになってしまうわ)











次の週も来てみたわ。

 

ベトナム風カレーライス定食。カレーライスにスープ代わりのミニフォー付き。これもまた、お見事な穀類+穀類仕様!

 

このカレーが甘くて、南国ぽくて、甘い物好きじゃないのに、病みつきになる味だわ。テーブルに備え付けのチリソースをかけると、味が変わって、パッタイなみにふかーーい味になるわ。これは、ハマる。この店にって言うよりも、ベトナム料理にハマってしまうわ。

 

ミニフォーも相変わらず官能的な喉ごしで、グーね。

  

さて、ベトナムコーヒーも頼んでみましょうか。300円で本格的なベトナムコーヒーなんて、素晴らしいわ。

 

濃厚でまいうー! 

うむ、ベトナムと言う国は、素晴らしい国だ。今後経済成長もするだろうし、こんなに美味しい物を作れる国民なのだから、勤勉に違いない。大山の片隅でいきなり「アジアと今後の経済成長」について想いを馳せてみて、一人納得したわ。

 

お土産にバインミーを持ち帰ってしまったわ。

さっそく食べたのだけれど、挟んである具も美味しいけれど、そのパンの軽さと美味しさに絶句状態。あまりに美味しいパンだったから「これ、どこで買ったのですか?」と尋ねたら「うちで作ってます」ですって・・・。



 

 

と言う訳で、これからパン焼きに挑戦しようと思って、

 

米粉10kg、小麦粉20kg入手してしまったわ。思い立ったら即実行する即物的な女よ。(昔から「物事はもっと深く考えましょう」「よく考えてから行動しましょう」と通信簿に書かれていた子だったわ・・・。)

なんか、最近私もおはらんも方向性が、同じ方向に大きくズレつつあるような気もするけれど、まあ、美味しいからいいでしょ。

B食店情報
・店名 : ヴァンフック(ばんふっく)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都板橋区大山金井町54-15 サンライズ大山マンション101
・TEL : 03-3959-3277
・URL : http://r.gnavi.co.jp/ga9n600/
・営業時間 : 11:30〜14:30(L.O.14:00)/17:00〜23:00(L.O.22:30)
・定休日 : 不定休
・最寄り駅 : 大山
・キーワード : ベトナム料理/バインミー
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ