記事
[ 総記事数:1102件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2009年5月31日(日曜日)
[ 16:02 ] [ イベント ]
   
 

ご近所さん一同で、コストコへ行って来たわ!連れて行ってくださったご近所さん、いつもどうもありがとう。とても助かるわ。私の生活がアメリカンになるわよね。(体型もアメリカンに)

ベーグル、食洗機用洗剤、ピザ、サルサソースと、アメリカ人のようなお買いものをしたわ。藤田田さん、日本人が金髪になる日もそう遠い日じゃないわよ。

お買い物が済んだら、皆で買ったものを持ち寄って、コストコパーテーなんて開いてみちゃったわ。

  

お昼時だったから、結構お腹が空いちゃったわね。

 

980円でこの量の寿司。これが、なかなか美味しいのよ。アメリカの象徴みたいな店なのに、なかなかやるじゃない?中に入ってるマグロがとろけるねぃ!

 

長崎のジャガイモ。流石コストコ、芋もでかいわあ!

 

私が買ったロザリータ(Rosarita)の豆。

これにチーズをかけて、チンするだけで・・・。

 

 

お手軽チリビーンズ!いやーん、アメリカ大陸の味!

ああ、きらめく季節の中で、アメリカンフィーリング感じまくり。

 

コストコフランスパン、焼いてみたわ。うまーい。

  

 

みんなで色々持ち寄ってパーテー。

私が持ってきたワインは・・・。

 

よしやのフロラシオン(白)。

 

私の大好物、カスティージョ(赤)。

(最近、よしや仲宿店のたかなみ副店長のおすすめ文が消えてさみしい・・・)

2本とも490円なのは、ここだけのヒミツ。

 

こちらなんだけれど、1,080円で、驚くほどうまかったわ!

よしやの塚田さんのお薦めなんだけれど、これはまじうまだったわ。1080円でここまで「おぉう・・・!」と思わせるワインは、そうないわ。
 

飲んで食べて話して笑って昼寝して、やっぱり価値観や文化圏が同じ人達と一緒って気楽ね!
 

PS

コストコのピザは、こちらで焼いています。 

[ 10:36 ] [ THE北区 ]
   
営業さんに同行するんで、初台に行ったわ。オペラシティにあるナゾの巨神兵みたいな像、いつ見ても怖いわよね。

初台の駅中に某大手高級スーパーを発見したわ。板橋区にはないので、すぐさま飛び込んで、チーズを買ったの。

 

30%割引のがあったわ。あらんどうしましょう〜。

と思ったら、他のお客さんもチーズの棚にいらしてよ。あ、取られたら悔しい!とか思って、30%割引のエダムチーズを取られるもんか!ってカゴに入れたわ。

まだそこには、30%割引のエダムチーズ1個とそのまま正価のエダムチーズ3個があったわ。と、そのお客様は、正価のエダムチーズを買っていったの!私はびっくりよ!ライフストアでもよしやでも、同じ物が違う価格で売っていたら、安いほうを買うわよ!(板橋の常識)

そのお客さん、算数が出来ないのかしら?とか本気で思っちゃったわ。

 

というわけで、高級スーパーでパンとチーズを買ったわ。

もう一つ言わせてもらうけれど、レジでパンとチーズを入れてくれたこの灰色の袋、板橋ではドラッグストアで、歯磨き粉とか買った時にこういう袋に入れてくれるわ。(板橋には、この高級スーパーがないもんだからいちいちケチをつけまくる小さい私・・・)


その日の夜は「明日の板橋を考える女たちの会」と言う名の飲み会で、ダイチ板橋店の林さんと会ったの。林さんは、パンが好きだと言うから、その高級スーパーで買ったパンを差し上げたわ。ていうか、高級スーパーって高級なのに、スーパーっていうところが愛せるわよね。

林さんと「この高級スーパーさぁ、チーズとかパンとかプリンとか、すっごくいいラインナップなのに、なんでこの辺にはないのよ?」「板橋の人口を知らないんじゃないの?」と女二人で酒飲んでくっちゃべっていてよ。

 

ちなみにこの日は、私の希望でドラゴンタコスに来たわ。

あら、北区滝野川にはない味を持ってきたわね、これは。なかなかディープにTEXMEXでいいカンジ。店の雰囲気もいい感じだし、何より美味しいわ。本格的ね。価格もこんなの港区で食べたら倍以上は、かかるわね。この価格で、タコスとかナッチョスとかやっていけるのか、こちらが心配してしまうわ。結構タコスって手間もコストもかかるのよね。(チャージ料が、1人300円(他消費税、深夜料、サービス料込)って安すぎない? )

 

こういったバー形式のお店の楽しみでもあるんだけれど、隣の席の人とか他の人達とも仲良くなれたりお話出来たりも楽しいわよね。隣に座った方が、やけに食材に詳しいと思ったら、その手のプロだったわ。

いやー、エダムチーズの周りの赤いとこは、食べられるんでしょうか?とか聞かなくて、本当に良かったわ。うっかり尋ねちゃうとこだったわ。

B食店情報
・店名 : ドラゴンタコス(どらごんたこす)
・ジャンル : バー
・住所 : 東京都北区滝野川7−2−16−1F
・TEL : 03−3940−1656
・URL : http://drug-on-tacos.com/infomation
・営業時間 : 19:00〜朝
・定休日 : 月
・最寄り駅 : 板橋
・キーワード : タコス/ナッチョス
・友人・同僚 / デート / 接待 / 一人
B食店ページへ

2009年5月30日(土曜日)
[ 12:10 ] [ アジア料理 ]
   
 

何だか大森のケララの風のパーテーに誘われたわ。誘われたら行くしかないわよね。本当は東京のはじからはじに移動するのは、あまり好きじゃないんだけれど、南北を分断する都営三田線の便利さに免じて(帰りは三田から座れるし)、参上するしかないわよね。

 

いきなり、ワダとサンバルとチャットニーがお迎えよ。

サンバルとチャットニーで食べるワダ、うめぇえええ!これ、ツマミでしょ、いきなりツマミでしょ。

 

ラッサムスープでしょ。美味しい♪

私も時々作るんだけれど、ラッサムって絶対日本人に合う気がするの。あ、そう言えばタマリンドがないわ。買ってこなくちゃ。最近、大山の遊座に新しくスパイス屋が出来たって聞いたから、買ってこなくちゃね。

 

インディアーパとトーレンみたいのとか、ココナッツがいっぱい入ったカレーみたいのとか、里芋使った何か(雑な性格なので、詳しい名前忘れた)。インディアーパは、白い麺みたいなやつなんだけれど、米粉から出来てるパンみたいな食感ね。スリランカ料理屋に行くと、よくあるわ。これがまたカレー類を吸い込んで、まいうーだわ。

 

ロティなんかも出て来ちゃったりして。うわー、パイみてえええー。うめえー。

これだけで十分美味しい。

 

ここでサラダ。トマトの色がいつ来ても超鮮やかでステキ。

トマトの切り方に迷いが見られないわ。包丁とか器具をちゃんと手入れしているのが、こんなとこからも推定出来てよ。

 

ビリヤニがあります。

 

ライタがあります。
 

さて、これらを足すとどうなるでしょう?

 

 

こうなっちゃうの♪

私は炊き込みご飯が大好きな訳なんだけれど、それは日本のものでも、別の国のものでも同じわけで、ばくばくと食べてしまってよ。それにしても後から腹の中で膨れる気がするのは、気のせいかしら?なんだか、産まれそう・・・。

ああ、ステキなパーテーに呼んでいただいてありがとん。私、今とっても幸せです・・・。


その後、京浜東北線に乗って帰途につき、田町で降りるのをすっかり忘れていた私は、そのまま東十条まで行ってしまってよ。東十条と言えば・・・。

 

 

やっぱり楊よね!

ああ、もう本格的に産まれそう。臨月になって、板橋まで歩いて帰ったわ。もう私一人の体じゃないわ、とかつぶやきながら、でかい腹を抱えて帝京病院の横を通りかかりながら、「何?!この基地みてえなでかい建物?」とか思わず叫んでしまった初夏の板橋。

B食店情報
・店名 : ケララの風?(けららのかぜ つー)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都大田区山王3-1-10
・TEL : 03-3771-1600
・URL : http://hwsa8.gyao.ne.jp/kerala-kaze/main.html
・営業時間 : 11:30-14:30
・定休日 : 火曜
・最寄り駅 : 大森駅南改札山王口から徒歩5分ほど
・キーワード : 南インド料理/ケララ/ランチミールス1000円/【注意:肉類はハラルではありません】/ランチのみ営業
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2009年5月24日(日曜日)
   
 

先日、おはらんと新しく出来た蕎麦屋「うさぎ庵」に行って、しこたま食って飲んだのだけれど、あの味がどうしても忘れられないわ。また行きたい・・・。出来ればあまり食わない人と行きたいわ。それでいて、酒量とかペースとかが同じで、この近所ですぐ呼び出せて、全く気を使わなくていい人がいいわね。


という訳で、我が家のリフォームをお願いしたダイチ板橋店のリフォーム四天王の一人、林さんを誘って(呼び出して)、うさぎ庵に突撃してよ。(待ち合わせは体育館裏) しいて言うなら「明日の板橋を考える女たちの会」(たった今、命名したわ)の会合とでもいうべきかしら?

 

突き出しの揚げ蕎麦。ぽりぽりしてて、スナッキー。

 

日本酒のお友達、ルイベ。

 

ここに来たら、やっぱり卵焼き。

って、前回と同じ物しか頼んでいないじゃない?ダメよ、女は冒険よ!アドベンチャーよ。

 

ビールなんてあっと言う間に飲んでしまって、ダイチ板橋店の林さんは焼酎。

 

私は日本酒よ。

もう女子高生のごとく、レディーストーク板橋版。こういう一時が、楽しいわよね。男性なんか入る隙もないような、女盛りのガールズトーク。心はセーラー服を着ている女子高生よ!私たち!みたいな。

 

頼んで食べているものは、オヤジのツマミだけれどね!

これは、鮭の切り込みとか言うらしいわ。日本酒とナイスなマリアージュだわ。


 

じゃあ、そろそろ穀類に行きましょうか、って言うことで、お蕎麦タイムよ。この日は、田舎蕎麦がないって言うので、粗挽き蕎麦で、梅おろし蕎麦よ。

 

 

これがまた、とてもドまいう〜! 

私は実は蕎麦よりはうどん派だったのだけれど、この蕎麦のおかげでちょっと蕎麦派になっちゃいそうだわ。林さんが「うめー!この蕎麦、うめー!」を連発して食べていてよ。しかもお値段も超リーズナボ!


一通り食べ終わったら、ご主人のお話を聞いてみてよ。ひとのお話を聞き出すの、林さんは、とても上手だわ。流石プロだわね。ぐぉーっとその人の中に入り込んで、あれこれ話させるのは、営業の鏡だわ。

 

こちらが石うす。こちらで挽いてるらしいわ。

 

ご主人が挽いているところよ。

蕎麦を挽くとこなんて初めて見たわ。これを見ながら興奮する妙齢の女性たち。でも心は女子高生、みたいな。

 

蕎麦の実を挽くと、ここから粉が出てくるの、みたいな。林さん、手を出して写真に写ろうとしないで下さい。

 

こちらが、粉を篩うふるいと捏ねるボウル。ダイチ板橋店の林さん、わかったから、ピースで存在をアピールしないで下さい。

 

そば粉もそばの実も、とてもきちんと管理されていてよ。

これで美味しくない訳ないわよね。ご主人のこだわりとか色々お話を聞いていたら、感動しまくってしまってよ。林さんは「会社が近所なので、ひんぱんに来たい!」と断言していたわ。ご主人、お忙しいところ、どうもありがとうございました。

−−−

後日、林さんからメールが来たわ。あらあら、うさぎ庵に行ったかしら?会社の方と。

『弊社は、つけ麺が好きな人が多いので、つけ麺屋に行っています。暑いです。』

・・・そうね、御社の方々には、量が足りないかもしれないわね。食べてるあなたは暑いかもしれないけれど、読んで想像しているこちらは、暑苦しいわ。また行きましょうね。


*食事の量は結構あります。ただ、林さんの会社の方が、普通の人の3倍くらい飲み食いするので。決して、うさぎ庵さんは量は少なくありません。

B食店情報
・店名 : うさぎ庵(うさぎあん)
・ジャンル : 和食-うどん・そば・麺類
・住所 : 東京都板橋区板橋1-35
・TEL : 調査中
・URL : http://allabout.co.jp/gourmet/soba/closeup/CU20090430A/index3.htm
・営業時間 : 11:30〜14:30/17:00〜21:00
・定休日 : 日
・最寄り駅 : 下板橋
・キーワード : 田舎そば
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供
B食店ページへ

2009年5月23日(土曜日)
[ 17:49 ] [ イベント ]
   
 

ある春先、ゴージャスカレー姉妹(コテコテなネーミング)と「カレーですよ」のはぴぃさん(かわいいネーミングだけれど、40代のおっさん)と、カレーサミットを行ってよ。どちらも有名なカレー系ブロガーさんなのに、なぜ私がいるのかはナゾなのだけれど、板橋区代表ということで(よくわからん?)。もともとは、ハマルカレーつながりなのよねえ。ハマルカレーがなければ、このサミットはなかったといいうことで、ハマルカレーさんには、感謝していてよ。

場所はたんどーるよ。ここは、マンガ「華麗なる食卓」のキーマカレーのモデルになっている店ともっぱらの評判よ。私も読んでるわ。それは行かなくちゃだわね。板橋に篭っている場合じゃないわ。

 

まずは、パパドとチキンピクルスから。ビールのアテにまいうー。

 

梅のマサラ。

タマリンドに似た酸味が、カレーと一緒だときっと美味しいと思うわ。それにしても皿がいちいちセンスいいわね。

 

チキンマライティッカ。チーズ味とノーマル。

見て見て、この焼き色。芸術よね、アートよね。お肉もまいうー。でぶはお肉が大好き ハート おいしいお肉はもっと大好き ハート でぶは伊達に太ってないわよ。

 

タンドリーチキン ハート

タンドールで焼いた肉ってほんと、香ばしいわよねえ。この色を見ればいかに美味しいか、わかるわよね。

 

和ッサムスープ。ねえねえ、これはアリでしょ、アリでしょ。

南インドと和のコラボレーションよ。これは素晴らしいわ。バランスが良くて、シソとゴマの味が、超マリアージュよ。アイデアの勝利+実力ね。ご飯にぶっかけて食べたいわ。今すぐ!

 

鶏肉梅カレー。

「中野の逸品グランプリ2008」最優秀逸品賞中野発明大賞作品らしいわ。それにしても、中野区にもいっぴんがあるのね。カレーって酸味が合うのよねぇ。素晴らしいわよねえ。伊達に「華麗なる食卓」のモデルになっていないわよねえ。 

 

ナンと一緒のイメージ図よ。

それにしてもこの店は照明がキレイだわあ。私みたいな超ド素人が写真撮っても、スポットライトを浴びてるがごとく、美しく撮れるわあ。もしかして私、写真、うまい?みたいな勘違いを起こしそうになっちゃうわ。

 

最後は、魚カレーよ。

実は私、ルチのマイケルさんが、亡くなってから、カレーそのものが食べられなくて、ましてや魚カレーなんて、食べたら泣き出すと思っていたのよね。でもこのお店のが、美味しいだけじゃなくて、お二人のおもしろすぎるお話や和気あいあいとした雰囲気で、気がついたらあっと言う間になくなっていたわ。

楽しいカレートークや、ちょっとした思い出話や、趣味とかね。食事って楽しく食べるものね、と教えてくれたわ。

 

最後は、ゴージャスカレー姉妹が、特別に手配してくださった焼きりんご。

 

カットして生クリームとからめて食べたわ。
 

おおぅ・・・・。これは・・・。女がいる・・・。なんという甘美な・・・。(神の雫風)

酸味と甘味が渾然一体となって、口の中で溶けるわ。(栗田ゆう子風)

うー・まー・いー・ぞぉぉぉぉっつ!!(味っ子風) 雷 雷 雷
 

デザートに興味を持たない私が、焼きりんごフェチになってしまいそうな作品だわ。勢い付いてしまった私は思わず

 

チョコレートナンも一緒に食べてしまってよ。

 

食後は、タンドールの見学よ。常連さんと来ると色々素敵なことが起こるわね。ゴージャスカレー姉妹さん、はぴいさん、楽しいステキな一時を本当にどうもありがとうございました。板橋にもぜひいらしてね。(太らせて返すから。)
 

<おまけ>

  

次の日の朝ごはんは、はぴぃさんから頂いたパン2つよ。あんなに食べたのに、次の日の朝はきちんと腹が減るこの丈夫な内臓が恨めしいわ。

B食店情報
・店名 : たんどーる(たんどーる)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都中野区沼袋1-8-22
・TEL : 03-3387-2172
・URL : http://www014.upp.so-net.ne.jp/tandoor/
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ