記事
[ 総記事数:1087件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2008年9月21日(日曜日)
   
 

ちょっとお祝いしてみたい土曜日の晩。そんな時は、「フレンス料理で乾杯、チン!」ていう情景が思い浮かぶわ。フランスに憧れる女心っていうのは、悲しいかな、女のDNAに植え付けられていてよ。私ってば、おそ松君の「シェー!」と同じレベルね。ちなみにシェー!ていうのは、フランス語の「Chez(シエ)」から来ていると最近知ったわ。そういえば、富山弁で「いいえ」を「な〜ん。」って言うんだけれど、これはきっとフランス語の「Non(ノン)」から来ているんだと主張する富山県出身の友達がいるけれど、残念ながらそれは絶対に違うと思うわ

板橋駅前の焼き鳥屋、煮込み屋が並ぶ通称酔っ払い通り(正式名称メトロ通り←浸透していない)に、何を勘違いしたんだか、本格フランス料理レストランが開店してよ。時空のひずみというか、浮いてるというか、チャレンジャーというか、他にもっといい場所があったんじゃなくて?

早速予約の電話をして、店に向かったわ。土曜日のせいか、途中どの店も大変混雑していてよ。

 

ここね、確かに板橋には今までなかったカルチャーを運んできたわ。QTだったら、どこから入るんだかわからない、とか言い出すわね。大山に初めてタイ料理が出来た時は、すんなり受け入れられたけれど、大衆酒場の並ぶ通りにフレンチって・・・。とりあえず入店してよ。

 

各テーブルにお花が飾ってあるわ。この時、私の頭に諺が浮かんだわ。「馬の耳に念仏」「糠に釘」・・・。ちなみにお客は私達だけ。予約電話する必要なかったわね・・・。フランス料理屋さんって、おしぼり出さないお店も多いけれど、ここはそんなことなくちゃんと出してくださってよ。そして、黒板からメニューを選ぶの。メニューの書いてある黒板の数よりもお客の数のほうが少ないっていうのは、ちょっと色々アレだわね。板橋の人間にこの文化は難しいかもだわ。

   

いきなり白ワイン。シャルドネ100%よ。お通しに出てきたのは、血を固めたソーセージと豚レバーペーストwithフランスパン。白ワインに合うわー。

 

とりあえずオードブルよ。自家製ハムのスモークとギリシア風サラダ(みたいな名前)を白ワインに合わせてみたわ。心なしか野菜が多いわね。フランス料理ってこんなにボリュームあったかしら?まあ板橋だしね。ボリュームも板橋ということで。

 

フォアグラの卵とじフランス風(名前はいい加減)。フォアグラってすっごい濃厚な味ね。フランス人て痛風が多いんじゃないかしら?とにかくすっごく美味しくて、尿酸値と言う単語が頭から吹っ飛んで行ってしまってよ。 

ここにパンも登場!

もちっとパリっと、こういうとこのパンてほんと、美味しいわよね!

 

メインはほろほろ鶏でキマリ!板橋ではほろほろ鶏なんて、滅多に食べられないものね。ここでワインは、赤のメルロー80%。

 

添えてある野菜が多いのは、いいことね!

また量がボリューミー。味はいちいちどれも美味しい。ちなみにオーダーを通すたびに、厨房の中から野太いフランス語が「シャバシャババ。」と聞こえてきて、ビビってよ。その板橋離れした発音に思わず「シェフはフランス人ですか?」と尋ねてしまったわ。

美味しいフランス料理、ワイン、そしてフランス語。ここだけこの界隈から、時空がゆがんでいるわ。ここはもともと蕎麦屋さんでのれんがかかってたようなお店だったのに。文化は違っても、美味しいという事実だけは、本物なので、ずっとここで頑張っていただきたいわ。

これで、わざわざ神楽坂あたりのフランス料理に予約を一ヶ月前から取って出かけなくても気軽にリーズナボに食べられるって、ステキなことよ。板橋の文化水準が、一歩前進ね!

B食店情報
・店名 : パリ4区 板橋支店(ぱりよんく いたばししてん)
・ジャンル : 欧風料理-フレンチ
・住所 : 東京都板橋区板橋1-21-7
・TEL : 03-6661-8082
・営業時間 : 11:30 - 15:00/17:30 - 22:30
・定休日 : 水
・最寄り駅 : 板橋
・キーワード : パリ4区新宿 
・友人・同僚 / デート / 接待 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2008年9月20日(土曜日)
[ 14:33 ] [ THE北区 ]
   
 

  昼飯でも食べましょ。ということで、ふらふらしてたわ。

 

たばこ屋さんちの前の犬は、今日はつながれていたわ。あなたね、ちょっとくらい私の顔を見てくれるかしら?

 

今日も何となくカレー気分。隣の池袋まで行ってもいいんだけれど、アリクイが逃げてて危険かも知れないので、「乙女危うきに近寄らず」ね。

 

今日は板橋駅滝野川口側にある「セワ」に来てみてよ。ここは以前、違うカレー屋さんだったんだけれど、いつしか変わったようなので、トライしてみてよ。前の店の呪いがあって、なかなかそばに寄れなかったのだけれど、あれからかなり経つから、そろそろ大丈夫よね。

 

この日本語と画用紙、激しくルチ臭がするわ。

どうにかして、何カレーか伝えたいという気持ちがびんびん伝わってはくるけれど、日本語と英語、両方使っているにも関わらず、何カレーなのかよくわからないわ。 

従業員の方やメニューを見る限り、ネパール人ぽいわね。ネワール族ならもっときちんとした商売をするだろうから、きっと違うとみてよ。店の中も色気皆無。ルチのマイケルさんと同じ香りがするわ。果てしなくヒンズー臭。

先日行ったネパール屋さん(早速名前覚えられていない)が、「レストラン」だったのに対して、こちらは「定食屋」。照明はもちろん蛍光灯、基本よね。じゃあ、この画用紙に書いてある「Today SPesal」の多分ピアザって書きたかったと思われるタまこパャザを頼んでみるわね。

 最初はサラダ。

 

ラッシーも付いて650円。量もあってよ。

 

 

うまい!前の店のトラウマが、吹き飛んだわ。やるじゃない。

しかも玉子が二個も入っていてよ!太もも!夜はカチュンバとか、野菜メニューが豊富なのも嬉しいわ。ユルユルの雰囲気も落ち着くわ。欲を言えばライスが炊きたてだったらもっとステキだったかも知れないけれど、十分おいしくカレーが包んでくれたわ。男臭い定食屋だけれど、味と量と値段でド満足!近所にあったら、通っていたわ。

やはりこういう店のほうが、私は落ち着くわ。(←貧乏性)

なんだか、沖縄料理も出来ます、とか、怪しげなことを口走っていたいい加減さも、この辺ぽくてステキね。

B食店情報
・店名 : アジアンエスニック料理 セワ(アジアネスニックリョウリセワ)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都北区滝野川6-60-6
・TEL : 03-3940-9778
・URL : http://gourmet.gyao.jp/ld_328888/
・営業時間 : 11:00 - 22:00
・定休日 : 考え中らしい
・最寄り駅 : 板橋
・キーワード : ネパールカレー・沖縄料理・インドネシア料理・何でも出来ます
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2008年9月13日(土曜日)
[ 16:17 ] [ その他板橋区 ]
   
私はでぶなので、時々レモンダイエットを行うの。これがダイエットだけじゃなくて、レモン汁パワーでお肌がつるっつるになって、いいカンジなのよ。詳細は、ご自分で調べてね。私には、よく効くわ。

だからレモンダイエットで使うシロップを買いに板橋駅のそばにある薬膳薬局へ向かったわ。

あら、今日はお祭りみたいね。

 

各商店が、頑張っているようね。フリマも出ているわ。

 

たばこ屋の前のこの犬、確か二年前もいらしたわ。覚えてるもの。

2年前も写真を撮ったけれど、決してこっちを振り向かないのも同じ。

 

あら、今年もやるのね、プロレス。去年はジャガー横田様がいらして、思わずリングサイドで高齢出産祈願をしたわ。

そんなことより薬膳薬局へ行って、シロップ買って来なくちゃ。さて、と。ここの角を曲がって・・・。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あら?

 

なんか薬膳薬局が、奇妙な入り口になってしまっていてよ。しかもメニューが出ているわ。これは・・・・?

薬膳薬局がいつの間にか、ネパール・インド料理屋になってたわ! 

じゃあ、しょうがないわね。食べていきましょう。 

ランチはランチメニュー5種類しかないようね。800円日替わりと880円のレギュラーランチメニューが3種。800円代ランチっていうのは、板橋にしては、KY価格ね。でも中に入ってみて納得よ!

 

内装がすごーーーーーーーーい。ライトが表参道の店みたい(行ったことないけれど)。ユニフォームが統一されてる。従業員さんが多い。厨房がきれい。雰囲気がいい。日本人がいる。メニューがきれい。メニューに間違い日本語がない。花が置いてある。板橋区役所前辺りにある某ルチとは、正反対。

 

テーブルに光沢が!反射してるわ。調味料入れにも私の顔が映っていてよ。

きれいすぎて、おちつかねー。

じゃあ、とりあえずナンとライスで二種類のカレーでも食べてみるわね。注文を取りにくる人が日本人、一文字の間違いのないメニュー。板橋では、なかったわね。この当たり前の安心感。なんていうか、ずっとノースウエスト航空機に乗っていたのに、ある日いきなり全日空機に乗った安心感に似ているわ。もっとひどい例を上げるならば、いつも男と外食する時は、全額自分持ちだったのに、割り勘で付き合ってくれる男と外食してホっとしてるのに似ているわ。

 

ムラコ(大根)アチャールが、付くわ。

   

マトン大根カレーとナンとチキンカレーとライス。

 

マトン大根カレーには、なぜかシラタキが・・・。謎・・・。

 

おまけのデザートはかなり本格的ね。

マトン大根カレーは、ご飯とナイスマッチング。マトンカレーに入っていた大根が、とーっても美味しかったわ。ご飯は日本米ぽいけれど、サラサラでカレーといい感じで混ざるわ。チキンは、ナンと合うわ。ちょっと甘い感じかしら。

思っていた通り洗練された味だけれど、思った以上の水準だったのにちょっとびっくり。宮廷料理というほど、脂っぽくなくて胃にももたれないわ。

夜のメニューを見せていただいたのだけれど、タンドール系が多いわ。イスラム教の方が作っているのかしら?それとも宮廷料理?それともオーナーが肉好きでデブなのかしら?とか色々想像してしまってよ。

そして、ネパールといえば野菜の使い方が上手で美味しいのに、サラダがなくて、野菜料理がナスのパコラ(天ぷら)しかないのは残念ね。ついでにランチの日替わりメニューにモモ定食っていうのがあって、かなり気になったけれど、まさかの餃子定食かしら?非常に気になってよ。ついでにナンがこれだけ大きいのならご飯ももうちょっと多くてよろしいのではないかしら?せっかく美味しいライスなのだし。豆料理ももっと多いほうが嬉しいわ。

大山・板橋区役所系カレー店は、一部のマニアに激しく支持され、当たり外れが大きくて、万人ウケしないという特徴があるけれど、ここは万人にウケそうなカレーね。お子様連れもそれなりの歳の方も安心して連れてきて家族で楽しくお食事できるカンジ。はずれもなさそう。

ちなみに看板に日本語が書いてないので、正式名称が浸透せず「角のカレー屋」よくて「ネパール屋」で、定着すると思うわ。

 

帰り道、そろそろリングが出来ていてよ。今年は、ジャガー様が出場されないようなので、観に行かないわ。

B食店情報
・店名 : マナカマナ(まなかまな)
・ジャンル : カレー
・住所 : 東京都板橋区1−49−8ファイン板一ビル
・TEL : 03-6794-5489(サイディープ時代の物なので要確認)
・営業時間 : 11:30〜14:00/18:00〜22:00
・定休日 : ?
・最寄り駅 : 板橋 新板橋
・キーワード : サイディープの跡地に出来た店
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

[ 10:36 ] [ アジア料理 ]
   
 

アジア料理を楽しむ会、次は暑苦しいから、タイ料理にしよう!と決まってよ。幹事は私。じゃあ、オーナー夫妻が知り合いなので(一緒に徹夜カラオケ行ってお互い恥ずかしい姿を見せ合った仲)神田のムーデーンキーマオにしちゃおうじゃない!神田って何気に便も良いから集まりやすいし。ついでにイサーン地方のシェフがいるっていうから、イサーン料理のコースを出してもらおうじゃない。ちなみにオーナーさん曰く、イサーン地方は香菜使わないらしいわ?

 

さぁ、みんなで堂々の入場よ。今回は15人ほどの団体さん。

 

部屋の中はこんなカンジ。地下だったのだけれど、ちょっとムーディじゃなくて?このメンバーで酒くらうのが、もったいないわ。ちなみに今回は、5000円で飲み放題込みのイサーン料理のコースを前もって予約よ。

  

さぁ、ビールとえび煎餅でカンパーイ!ぶ厚いコシの入ったえび煎餅ね。

 

おお、ソムタムよ。飾りの大根で作った花がグッジョブな一品。タイの高級ホテル感がでてるわ。大根だけれどね。味もなかなかDEEPで辛いわ。夏はこれね。

   

やはり香り米とクウシンサイ炒めははずせないわね。日本人の食生活に近いものを感じる属性ね。ああ、日本の昭和の食卓はこうだったわ。そうよ、これがいいのよ、同じお米の国の料理ってわかちあえるわ。またこの原点に立ち返れば、私のでぶも解消できるかしら。・・・ご飯を大量に食べるから、きっと無理ね。

 

そして、イサーン名物のもつ煮鍋(トムセープ・クルアンナイムー)よ。もつがいいカンジね。味が出ててよ。このダシ、何かしら。野菜やハーブが入っているので、臭みはないわ。なんだか心なしか、体によさげ。

 

それにしてもタイの鶏ってなんでこうも美味しいのかしら。香ばしく焼けた皮がぱりぱりっで超おいし〜!ビールが進んで、尿酸値がアップよ!

 

次は魚!魚も、ぱりっぱり。ちなみに香菜は、私が個人的に付けてもらったの。香菜欲しいっていう人、多いんだもの、この団体は。

 

こちら牛肉の辛いサラダ、ヤムヌア。

出た!背徳感の塊なお味。甘くて辛くて酸っぱくて美味しくて、課長と不倫 ハートしているようなイケナイ快感。色々なお味が楽しめてお得ね。 

そして、パッタイ。つまみにもデザートにもなるオールマイティーな穀類ね。

 

戸籍上女性だけデザートが付いてここで、料理は終わりよ。

 

コース以外で頼んだカオソーイ。こちらもまた、イケナイ背徳感のあるお味 ハート

 

お誕生日2日経過後だった参加者に、お店からサービスで、ステキな花束とメッセージカードが付いていてよ。

この後、一時間(飲み放題付き)×2、延長して合計4時間、居座ったわ。アホな団体だったわね。でもとってもステキな夜だったの。お店の皆さん、参加者の皆さん、オーナー夫妻様、皆さん本当にありがとう ハート またやりたいわ。

B食店情報
・店名 : ムーデーンキーマオ神田店(むーでーんきーまおかんだてん)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都千代田区神田鍛冶町3-7花瀧ビル1F
・TEL : 03-5298-5241
・URL : http://www.singhabeer.jp/shop/219/
・営業時間 : 11:30〜14:30/17:00〜23:00(L.O.22:30) ※土はディナーのみ営業
・定休日 : 日
・最寄り駅 : 神田
・キーワード : 携帯電話可 飲み放題付き 12:00〜13:00は禁煙タイム
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2008年9月12日(金曜日)
[ 07:09 ] [ その他板橋区 ]
   
コリアンフードモードに陥った夏の夜。もうどこでもいいから、冷房のかかっていそうな店に入ってビールを流し入れて、赤いものを食らってみたくなるわ。

「友」と書いて「チング」と読む店が涼しそうだったから、ふらふら入ってしまってよ。変換してみたら「チン具」と出て来て、乙女あらびっくり!メニュー開いてあらまたびっくり。ちょっと!リーズナボな価格設定よ。

さあ、とりあえず暴走しないで、まずつまむもの!
 
きゅうりのキムチとネギサラダ。

周りのでぶ仲間に流されずに野菜を摂る私は、まだまだ乙女としての理性があるわ。

 

でもちょっとだけ、ユッケなんかもつまんでみたくなる複雑な乙女心 ハート

きゅうりの細切りやりんごと合わせるこの技が心肉いわね。

 

 さて、このお店特製の壷漬けカルビ。にょーん!とお肉が出てきてよ。レッドスネークカモン!な光景にうっとりね。

   

焼いてから、ちょっきんちょっきんして、また焼くのよ。   

 

 

やはり最後は、肉を焼いてしまう乙女心ね。ちなみにググると「友 -チング-」って北区のしか出てこないのだけれど、これは大山のチング。ググっても情報が出て来ないので、行ってみたい方は、ヒントを頼りに自分で行ってみて。

ヒント1.子宝寿司のある通り

ヒント2.大山

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ