記事
[ 総記事数:1102件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2008年2月28日(木曜日)
[ 13:16 ] [ 板橋区役所界隈 ]
   
 

板橋区役所界隈の板橋区民の皆さん、地味だけれど、実力ある老舗の存在を忘れちゃいないこと?そうよ、 ビストロ・アルファよ! 

実力あるのに私が行くたびにガラガラなのは、どういうこと?おかげでここの主人、すっかりしょげちゃっているじゃない!実力あるお店が、青色吐息なのは、困るわ。普段行きもしない私が、つぶれた後に「あー、つぶれちゃったの、残念!」とか言ってもアレだわよね。 

そういうワケで突撃よ!でも、その前になぜ実力あるのに、ガラガラなのか考えてみたわ。私も食べ物のことばかりじゃなくてたまには別なことも考えてるというのを見せなくちゃ。 


1.隣にピアンタがあるから 

これは大きいわ。しかもピアンタ仲宿店さんたら、1周年記念で、温泉旅行だのディズニーランドのペアパスポートが当たるだのやっているわ。(なんだか、私ってば宣伝してるわ、を) 


2.近所に大盛りのBrasserieMORIだのDestinyがいるから 

そうね、これも大きい要因ね。どちらも確かに超実力派だわ。


3.大山にフレンチのキング、ビストロクレールがいるから 

なんだか、書いてて嬉しくなってきたわ。板橋すごいじゃない。これだけ名店が揃ってるなんて!・・・・・・・・・ってそういう話じゃないわよね。


分析が終わったら、とりあえず入店よ。まずは突き出し。モツ?

 

 そして、豆のペーストwithパンよ。派手なおいしさじゃなく、じっくりとかみ締めるようなおいしさだわ。彼女とデートした時にこれを頼めば「この人は、見た目の派手さに惑わされない『真』を見る目を持っている」と思われてよ。

 

 

  こちらも地味だけれど、しみじみ系のいわしのシソ巻き。嘉門達夫のジミー&ハデーを彷彿とさせる地味さね。 

 

じゃあ、次はちょっと派手なのにするわね。きのこスープのパイ包みよ!

 

 パリン!とパイを破くと、中にはクリーミィなスープが・・・。これは、赤ワインが止まらないわ!恋人達がクリスマスにいただくような一品よ!

 

そして、最後は、〆の穀類、出でよ!ボンゴレ! 

地味だけれど、貝の出汁がだしだし出ていておいしいわ!・・・ってもしかして、私の頼むものが地味なのかしら?

店の佇まいも自己主張がわかりにくくて、地味よね。いつ行っても空いているのが、また隠れ家ぽくてステキだわ(←致命的)。大手有名ホテルをスピンアウトして、この板橋という地で、料理を作り続けるシェフ、地味だけれど、実力はあるわ。ちなみにこの店の隠れた武器はこれ。本職、大手ホテルのパティシエが作るケーキよ!甘いもの苦手な私が唸った逸品。この店で、一番派手な品ね。

 

この日はストロベリータルトにしたわ。予約すればホールでも買えるらしくてよ。ケーキだけ持ち帰りで買って帰って、コーヒーでも飲みつつ食べるのも板橋離れしていて、セレブなひと時よね。

そうそう、派手な店って、味が濃い店が多いのよ。酒に合うから私はいいけれど、成人病になるから摂り過ぎに気をつけてね。

B食店情報
・店名 : ビストロアルファ(びすとろあるふぁ)
・ジャンル : 欧風料理-フレンチ
・住所 : 東京都板橋区板橋3-10-8
・TEL : 03-3579-3187
・URL : http://fudou-dori.com/html/shop/24bistroalfa.html
・営業時間 : ランチ 11:30?14:00/17:30?22:00
・定休日 : 月
・キーワード : オムライス/限定カレー
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

2008年2月23日(土曜日)
[ 12:30 ] [ イタリアン ]
   
 

最近パスタ食べてないわ。ナウでアーバンなこの私、たまにはパスタでも食べなくちゃね。という訳で、スパゲッティを購入して来たわ。

 

早速茹でましょ! 

はい、今日のランチはミートソース♪ ご近所の仲間も呼んで、一人一桶ずつよ♪ 

お代わりもあるから、慌てないで食べましょ。 

2008年2月16日(土曜日)
[ 12:10 ] [ 板橋区役所界隈 ]
   
辛いものにハマっているラルを連れて、でぶ3人で栄児家庭料理に突撃してみてよ。辛いものは、ダイエット効果があると言うけれど、このメンバーでは、ささやか過ぎる期待よね。

うわ、棒棒鶏を頼んだらいきなり真っ赤よ!私達の体脂肪を燃やしてくれるために赤くなった鶏さん、大儀であるわ!辛くても肉は肉。肉を食べるわ。ラー油が見た目ほど辛くなくさわやかよ。 残った赤いソースがもったいないわねー、とわざとらしく大声で話していたら(女優ロザリー)、もやしがサービスで出てきてよ。言ってみるものだわ。(大阪のおばはんロザリー)

 

赤い海にこのもやしをフライングさせてミックスしてみたわ。

大正解! 

経験とセンスの勝利といえるわね。

 

 

次は唐辛子と一緒に揚げた鶏肉よ。私これ大好き!名前忘れたけれど、四川料理屋さんでは、よく出てきて、確か名前に「爆」って言う字が付いたわ。爆風スランプ揚げじゃなくて、ま、いっか。

 

次は各界の著名人が大好きという蒸しナスよ。蒸したナスが大好物だなんて、どんだけ貧乏な著名人かしら、と思ったけれど、これはなるほど超ド納得の一品ね。

 

あまりに素晴らしいので、アップでもういっちょ。

 

次は蒸し豆腐よ。これも地味にまいう〜だわ。「辛い」よりも先に「美味い。」と感じるこのソースは、やはり栄児の力量よねえ。

 

 さて、ツマミにも〆の穀類にもなる微妙な地位の汁なしタンタン麺に行くわね。この店の地位を不動にしたのは、このタンタン麺と言っても過言じゃなくてよ。 
なんだかんだ言っても美味しいわ。実力派だわ。栄児家庭料理。あまりに素晴らしいので、アップで載せてみるわね。遠方の方もこの汁なしタンタン麺の魅力をじっくり見て頂戴。

 

 

 

さて、残ってしまったソースが非常にもったいないわね。と言うわけで、ご飯を追加でいただいたわ。

 

汁かけご飯は、日本人の魂よね。ビバ!汁かけご飯! 

汁なしタンタン麺のソースも棒棒鶏のソースもみーんなご飯できれいに食べてしまってよ。中華料理は、少し残すのが礼儀と言われるけれど、でぶ達にそんなことは出来ないわ。(だから太る訳だけれど)

美味しいものは、全部平らげる、お国柄じゃなくて、本能よね。


注:本郷3丁目にも駅の近くに二号店があって、人気のママさんはそちらにいらっしゃるわ。そちらのほうが便のよろしい方は、そちらにいらしてちょうだい。板橋本店はいらっしゃらなくていいわよ!板橋本店は駅から遠いし、寒いし、来なくていいわよ!(混むと私が行けなくなるわ...)

参考URL

http://blogs.dion.ne.jp/mikao2006/archives/5628699.html?reload=2008-02-16T12:23:48 

B食店情報
・店名 : 栄児家庭料理(ろんあーるかていりょうり)
・ジャンル : 中華料理
・住所 : 東京都板橋3-34-12
・TEL : 03-3961-9188
・URL : http://www.asku.com/RV/010R/?_item_id=6058803&area_id=13&mode=all
・営業時間 : 11:30 ? 14:30 / 17:30 ? 21:00
・定休日 : 日曜
・最寄り駅 : 板橋駅、板橋区役所前駅
・キーワード : 麻婆豆腐、坦々麺
・友人・同僚 / 宴会 / 一人
B食店ページへ

2008年2月11日(月曜日)
[ 11:03 ] [ 板橋区役所界隈 ]
   
最近大山方面には、ラーメン屋が、雨後の筍状態らしいけれど、その中でもラヲタが並んでいてひときわ目立っているのが、こちら。麺屋零式本店。

 

朝から同じような体系したラヲタが大量に並んでいたら、行きたくなるわよね。時間をちょっとはずして行ってみたわ。店内には、ラーメン王の石神氏やら青木氏やらの色紙が貼ってあってよ。メニューはどれも安いわ。スペシャルの「零式つけそば」ていうのを頼んでいる人が多かったけれども、東京タワーみたいだったわ。とりあえず最初は、軽く基本のつけ麺(中細)で小手調べよ。

 

麺は400g。このそばの器みたいのは、大勝軒系のデフォルトなのかしら? 

つけ汁はしょうがが効いていて、なかなかの味ね。

 

とりあえずいただくわね。

 

あら、美味しい。麺の感じがなかなかイケてよ。中細麺で正解?!やべ、ラヲタになっちゃうかもだわ(←女として失敗)。400gって思ったよりもあっと言う間ね(←人として失敗)。

最後に茹でた湯を入れてもらったら止まらないくらい危険な味がして、危うく全部飲み干すところだったわ(←もっと失敗)。

感心したのは、子供がいたら禁煙であることと、実際お子様連れの方もいらっしゃったこと。それから、席と席の間の空間がゆったりしていて、詰めてなくて、そこが激しく好感を持ったわ。また行っちゃうわ!(←女として限りなく失敗)

B食店情報
・店名 : 麺屋零式本店(めんやぜろしきほんてん)
・ジャンル : ラーメン
・住所 : 東京都板橋区板橋3-44-6 成喜ビル1F
・TEL : 03-6423-8760
・URL : http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/322661.html
・営業時間 : 11:40 - 14:30/夜の営業は調査中
・定休日 : 不定休
・最寄り駅 : 板橋区役所前
・友人・同僚 / 一人
B食店ページへ

2008年2月10日(日曜日)
[ 12:24 ] [ アジア料理 ]
   
 板橋区役所界隈では、本格タイ料理が食べられないわ!いえ、Markさんが作ってくれることはあっても、お店で食べようと思ったら、池袋まで出るしかないわ。無敵の板橋区だけれど、ここだけが弁慶の泣き所ね。ちょっと前までは、板橋本町にタイラーメン青山という無敵の店があったり、入管の周りにちょぼちょぼとあったのだけれど、いつしか消えてしまっていてよ。

それなら、たまにはちょっと遠くに食べに行ってみようじゃない!阿佐ヶ谷に詳しいお友達に連れられて、阿佐ヶ谷のピッキーヌに殴りこみよ!実は板橋本町から高円寺までは、バスが出ているので、そちらで行ってみたわ。

まずはにんじんのソムタムから行ってみるわね!辛くてにんじんの味もしっかりしていて、体にいいんだか悪いんだかわからないところがステキね、ビールがススんでよ。

 

それからガパオの類のもの。うーん、ビールもいいけれど、ご飯が欲しいわ。これ、弁当の上に鳥そぼろみたいに乗せてあったら、買っちゃうわあ。 

そして、ちょっとイケナイ味のするタイのさつまあげ(トードマンプラー)。はにかみつつ、しっかり課長に手を出して不倫している「かわいいふりしてあの子わりとやるもんだね」って言いたくなるような禁断のOLの味がするわ。

 

「女は牡蠣!」だから牡蠣オムレツよ。牡蠣がゴロゴロ入っていて、ヘモグロビン平均値達成も夢じゃないわね。

 

辛くて甘くてよくわからないけれど、トリコになってしまうレッドカレー。タイ料理ってSMに通ずる何かがある気がするわ。詳しくはわからないけれど。

 

最後はカオソーイで〆てみたわ。酸っぱくて甘くてちょっと辛くて固くて・・・。なんていうのかしら、カオソーイって「師匠と弟子」「宗方コーチと岡ひろみ」「平尾昌晃と畑中葉子」の関係みたいだわ。

このレベルのタイ料理が普通に食べられる阿佐ヶ谷って羨ましいわ。一年くらい阿佐ヶ谷に住んでみたくなったけれど、絶対に太る自信があってよ!私の大好きな「愛がなくても喰っていけます」も阿佐ヶ谷のお店が多いし、マジメに一年くらい住んでみてもいいかしら・・・。自分の町を愛していると、他の町の良さも認められるわね。これって大切な基準のような気がするわ。

B食店情報
・店名 : ピッキーヌ(ぴっきーぬ)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都並区阿佐ヶ谷北2-9-5
・TEL : 03-3336-6414
・営業時間 : AM11:00?PM3:00(ラストオーダー:PM2:30)/PM5:00?PM11:00(ラストオーダー:PM10:00)
・定休日 : 火曜日
・最寄り駅 : 阿佐ヶ谷
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ