記事
[ 総記事数:1105件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2007年2月28日(水曜日)
[ 11:14 ] [ THE北区 ]
   
[関連したBlog]
私の名はメーテル・・・。
大衆酒場で飲むのが好きな女・・・。

今日は太陽系トチギ 第一惑星ウツノミーヤからの使者むらさきさんをお迎えしたわ。帰りはMaxE4系+E3系(東北エクスプレスMAXなすの)で帰らず、E231系10両671M、いわゆるオレンジ色した各駅停車で帰るらしいの。では少しでも時間の余裕が必要ということで、わが惑星イタバーシの近く大惑星アカバーネで飲むことにしたわ。ここは、いわゆるターミナルステーション、昔からオジサン星人が、居酒屋でとぐろを巻いていてよ。最近は観光地よろしく若い人らが大勢押しかけているようでこの日も賑わっていてよ・・・。
というわけで、大阪新世界 串かつ串まんに入ったわ。
まぁ!キャベツ食べ放題は、河内屋と同じスタイルね。惑星オーサカでは、これは当たり前のマナーなのかしら?串揚げと食べるのなら、さっぱりしたキャベツは止まらないわね。しかも繊維も取れて嬉しいわ・・・。ついついあっと言う間に食べてしまって、お代わりはもらえるのか、考え込んでしまったわ。美女二人だから何とかなったかもしれないわね・・・。
こちら、大阪名物 どて焼きよ。→
ご飯が欲しくなる一品だわ・・・。そして、牛スジがトロトロね・・・。
痛風になってしまいそうな一品だわ・・・。惑星オーサカ、恐ろしい町・・・!?
ちなみにメニューには、どて焼き丼というのがあって、タイムリミットさえなければ、食べたい一品だったわ・・・。

串揚げもはふはふーっとしながら、いただいたわ。揚げたてはおいしいわ。この緑のどでかいアスパラは、店員さんのオススメだそうよ。→
店員さんもとてもフレンドリーでステキだったわ。イケメンで北区民だと言っていたわ。北区って、老人と銭湯がやたら多い区と思っていてけれどそうでもなかったのね。
ちょっと離れたテーブルでは、サラリーマンと思しきグループが「だから、ラクーアは営業に成功してるんだよ!」と熱く議論している声が聞こえてよ・・・。別にラクーアが繁盛していることにそんなエキサイトなさらなくてもよろしいのに。ちなみにどう見ても、ラクーアの社員さんには見えなかったわ・・・。
明日も仕事ということで、お互い風邪を引かないようにとネギサラダを頼んだわ。緑がまぶしいサラダね・・・。ごま油がとても香ばしくてよ。

あら、そろそろ時間だわ。E231系10両671Mの出発の時間があと15分後に迫っていてよ。ステーションに向かわなければ。次の再会を約束して、列車の中で読むよう「食キング(仙台ピザ編)」を渡したわ・・・。この漫画は、お好み焼き屋にスーダラ節の特訓をさせたり、立ち食いうどん店にダンスダンスレボリューションの特訓をさせたり、マジだかギャグだかわからないスポ根グルメ漫画よ。

私の名はメーテル・・・。
密かに鉄道ファンでもある北区の旅人・・・。フフ・・・(淋しく微笑)

B食店情報
・店名 : 串まん 赤羽店(くしまん あかばねてん)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : 東京都北区赤羽1丁目17-8-1F
・URL : http://gourmet.yahoo.co.jp/0006672979/0010134312/
・営業時間 : 17:00?翌?2:00
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 赤羽駅
・キーワード : お安く美味しい
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

2007年2月25日(日曜日)
[ 17:50 ] [ 中華 ]
   
最近、明星のカップ麺「もちもちの木」にハマっていてよ。会社のデスクの一番下の本来ならマニュアルだの資料を入れておく大きい引き出しの中には、買いこんだもちもちの木が大量にストックしてあってよ。
このもちもちの木という店は、何もこれと言って梨以外名物のない埼玉県の白岡町(周りの町がどんどん市になっているというのにいつまでも町という東京から最も近い永遠の田舎。奥地は今も井戸水)に出来たラーメン屋よ。駅からとっても遠いのに(その比は、栄児家庭料理の比ではない)行列が出来る店なの。時々テレビで「魂の湯切り」とか言って紹介されているわ。その店のラーメンがカップ麺になってセブンイレブンから発売されているわ。

オープン・ザ・ふた!

・・・あら!麺が少ない!298円でこの量?
いえ、これはきっと容器が大き過ぎるんだわ、きっとそうよ!
目の錯覚ってやつよね!

かやくは2種類。あとのせかやくと最初から入れてお湯でふやかすかやく。そして、液体スープ。わくわくしながら、お湯を入れるわ。

さて、5分してふたをオープンすると!
まぁ〜、いい具合に麺が増えていて、かつおだしの香りがぷ〜ん。
ぞくぞくしちゃうわ。

なかなか美味しい!魚系スープがよく再現できてるし、もちもち具合も出ているわ。このスープ、ご飯にかけて食べたいわ。ラーメンライスにちょうどいいかもだわ。

素晴らしい、ブラボーよ。明星食品さん、株買うから配当に「もちもちの木」ラーメンちょうだい!
[ 16:46 ] [ その他板橋区 ]
   
[関連したBlog]
最近、写メールを覚えて、色々撮っては、知り合いに社メールしている写メール猿ロザリーよ!この日の夕方も仲良しのQTにランチで食べた吉野家の牛丼の写真を送ったら返事で「板橋にいる。」って返って来たわ。じゃあ一緒に飯でも食うべぇと言うことになって、BrasseirieMORI(ブラッセリーモリ)で落ち合うことになったの。だって、異様にパスタモードだったの。色々な種類食べるべぇということで、鉄郎や最近誕生日を迎えたご近所さんもついでに呼んでパーっとやっちゃったわ。とりあえず前菜は馬刺しから!最初からがっつり行くのが私とQT流よ。

そして、MORIオリジナルサラダよ。

この宝船のようなおめでたいオリジナルサラダ、量もがっつりよ!どうでもいいけど、QT、サラダなんだから、野菜を食べて野菜を。上に乗ってる肉ばっかり食べるから口内炎になるのよ!野菜をMORIMORI食べてちょうだい。

でもやっぱり肉を頼んでしまうのは、でぶ達の性よね。野菜を食べなくちゃ、でも肉はやっぱり食べたいという葛藤が見え隠れするメニュー構成よね。
どうでもいいけれど、このドレッシング、とても美味しいわ。この価格でこの料理、板橋万歳よ!


そして、このドリア!比較するものがないからわからないけれど、かなり大きいわ。なのに3桁代の価格なの。味も最高!
ドリアマニアのご近所さんが、すごい勢いでさらっていたのを見逃さなかったわ!私も負けずにさらったわ!

そして最後は、パスタ3種類頼んだわ!(全部大盛り!)一皿一皿すごい量よ!このペペロンチーノは、ニンニクが効いていて、ガッツリ食べたい男のパスタっていう感じで、オススメよ。

板橋郵便局の人は、毎日ここで昼が食べられるのね。贅沢ねぇ。
ブラスリーモリさん、ステキよ。また来るわね。
B食店情報
・店名 : Brasserie MORI(ぶらっせりー もり)
・ジャンル : 欧風料理-その他
・住所 : 東京都板橋区板橋2-41-5
・TEL : 03-3964-7286
・営業時間 : 11:00-17:00/18:00-22:00
・定休日 : 月
・最寄り駅 : 板橋
・キーワード : 牛スジ煮込み/ワイン/昼はランチメニューのみ/パスタ
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

2007年2月22日(木曜日)
[ 20:39 ] [ その他板橋区 ]
   
板橋の不動通り商店街という祭りの神輿以外は、地味な商店街があるのだけれど、ここに飲兵衛の足を止めてしまう新井屋酒店というすごい地酒屋さんがあってよ。佇まいからして、気合ばっちり!HPのリンクページなんて地酒の魂がびんびん伝わってくるほどのアツい店よ。どんな暑苦しい人が店をやっているのかと思ったら、味のあるダンディなオジサマよ。何かジャルディーノのマスターに近いオーラを感じるわ。私は地酒は大抵ここで買うの。このマスターの情報は非常に信頼できるし、何より酒の好みが同じっぽい。多分好きなツマミも似ていそう。きっとこの店主、飲兵衛ね。間違いないわ。
ちなみに私の大好きなたく味もここからお酒を入れているようだし、私が「あそこうまいんだよなー。」っていう店にばかり入れてるわ。おかげで新井屋酒店さんが入れている店を巡っている今日この頃よ。最近では、この店でお酒を買う時は、ツマミをお見せして何がいいか決めていただいてるわ。決して見せびらかしてるわけじゃないのよ。(ちょっとはそれもあるけれど)いつだったか、「今日のツマミはこぶ締めなんですけれど・・・。」と言った時の店主の顔の緩み具合がまだ記憶に新しいわ。絶対のんべね。そんなある日普通にお買い物していたら、「最近たく味さんは行ってますか?」「え?ええ・・・。(なんで知っているんだ?)」「あそこはおいしいからねー。あ、blog観てますよ。」「え?ええー!?なんでわかったんです?」「写っていたお酒で特定しました。」流石酒のプロだわ!
そして、その日は、大好きな天狗舞を買って帰ろうとしたら、お土産に酒粕をいただいたわ。そういう訳で早速粕床を作ったわ。水と酒とみりんで溶いて、半額の魚を買いあさって、はさんでおいたの。

そして、数日後・・・・。

出来たわ!上品な粕漬け!焼いてみて、日本酒でちびちびやると、心はお代官様!スーパーの粕よりはるかにうまい!やはり餅は餅屋、豆腐は豆腐屋、酒粕は酒屋よね!
いやーん、半額で買った鮭もこの通り!つまみにいいし、ご飯のおかずにいいし、弁当に入れても美味しいわ。私の半額弁当がいきなり京弁当になってしまったわ!何よりそのままよりも長持ちするし、もう止まらない。肉もいいけれど、やはり日本人は、魚よね。この魚を突きつつ、新井屋酒店さんの酒で晩酌していると、幸せ。もう結婚なんて出来なくてもいいって思えるから不思議だわ。(←それは困る)
ちなみに発見!ぶりの粕漬けは美味しい!もうスーパーの半額魚が華麗に大変身よ!(カレイに化ける訳じゃないわよ)
淡白な魚は浅く漬けて、脂の多い強い魚は、3日くらい漬けるとまぁ、美味しい ハート(ということは、私の仲間達は全員しっかり漬けたほうがいいわね、魚だったら)漬けると脂が甘くなるのね。
刺身もいいけれど、こうして、自分で加工を施した魚も美味しい。あら、あんまり書くと、肉の上原さんの牛スジ肉みたいに自分で買えなくなってしまうからこの辺で止めておくわ。
B食店情報
・店名 : 新井屋酒店(あらいやさかてん)
・ジャンル : テイクアウト・お取り寄せ
・住所 : 東京都板橋区板橋3-13-1
・TEL : 03-3961-1228
・URL : http://members.jcom.home.ne.jp/araiya-sake/
・営業時間 : 9:30?20:00
・定休日 : 火
・最寄り駅 : 板橋区役所前
・キーワード : 地酒
B食店ページへ

2007年2月19日(月曜日)
[ 02:10 ] [ アジア料理 ]
   
大阪・ハマルカレーさんから送られてきたカレー3種。何でもこの私にモニターをさせてくださるですって・・・?板橋カレー激戦区のド真ん中に住んでいるこの私に対して、すごい自信ね!喜んで受けて立つわよ!でぶも歩けばカレー屋に当たる板橋区民をナメないで。

まずこの気合たっぷりの闘魂箱を見て頂戴!この絵、ちょっと無臭でチョレたかもだわ!しかも手作り感たっぷりにもこの紙、ノリで貼ってあるわ。箱からして、カレー魂にヤラれてしまいそうよ。情念というか、念を感じるわ。近所の寺に持ち込んでちょっと祓ってもらおうかと思ったくらいよ。
中身を出したわ。透明な飾り気のないパッケージ。美味しい処って、こういうのが多いのよね。「ロザリーの美味しい通販の条件」第二段階もクリアだわ。しかもカッチカチに凍って届いて、美味しく食べさせようという気合バッチリ。海原雄山の言うところの「相手をもてなす気持ち」というカレーの本質を突いて来たわね。仕事上、通販会社さんとお付き合いが多いと、こういうところにも目を光らせてしまうわ。そして、直筆の手紙が入っていてよ。
「お口に合えばと念じております。」
これね、さっきから私に伝わってきている「念」の正体は!
では、その念に応えようじゃないの!食べるからには、それ相応の米を使うわ。今回は、富山県高岡市から送っていただいたお客様用富山コシヒカリ(純粋)。富山産コシヒカリは、粒が大きいから、気合の入ったカレーにはぴったりね。

モツ、マトンキーマ、ビーフと3種類あったけれど、まずはモツから行ってみるわね。カレーの匂いを嗅いで、いつの間にか隣にいた鉄郎が「メーテルー、もつかれー。(←多分、「お疲れ」とかけている)」とくだらないこと言ってスプーンと水を用意して座っていたわ。何やる気になっているの、鉄郎?
ご飯との絡まり具合も申し分なしね。いい香・・・。このまま、口に運んだら・・・。

香高いスパイス、そして、酸味のバランスがとてもいいわ。コラーゲンなハチノスも美味しいわ。そして、じわーんと花椒が効いて、その香の余韻が残る感じね。これは、かなりハマりそうな感覚だわ。激辛と書いてあるけれど、カレーを食べなれている人には、そうでもないと思うわ。辛いけれど、美味しいし。写真をアップで見て頂戴。ニンジンが入っているのがわかって?野菜のベースもきちんとしているわね。私のお知り合いには、かなりカレーに詳しい人がいっぱいいるけれど、堂々と紹介できるわ。
このカレー、近いうちにビッグウェイブが来るかも知れないわね。男前豆腐のようにBlogから火が付く可能性を充分に秘めているわ。
ご主人のHPを読むと、もともとは和食の職人さん。基礎は出来ているのね。そして、世界中を旅しているようね。
こういうきちんとしたベースを持っている方が、色々な国を旅して、ものを食べると素人にはわからないことまで吸収して帰って来るんだわと、納得したわ。525円のカレー、決して高くないわね。はっ、もしかして、モニターとか言いつつ、私、ミイラ取りがミイラ?

・・・それでもいいわ!
B食店情報
・店名 : ハマルカレー(はまるかれー)
・ジャンル : テイクアウト・お取り寄せ
・住所 : 大阪府大阪市平野区背戸口2ー9ー25
・TEL : (06)6705-7460
・URL : http://www.hamaru-curry.com/index.html
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ