記事
[ 総記事数:1105件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2006年6月23日(金曜日)
   
これが何の本だかおわかりかしら。→

天体戦士 サンレッド」というマンガなんだけれど、今この漫画にハマっているの、私!
板橋と共通する貧乏臭さがすごくステキなのね。


ここに悪の将軍「ヴァンプ将軍」の「さっと一品」というお料理コーナーがあって、これがまた役に立つのね。私の生活レベルって、川崎の悪の軍団と同じみたい。

今回は、二巻目から「その2」のトマトトーストを作ってみたの!

パンをトースターできつね色でカリカリになるまで焼いて、焼けたパンにマヨネーズを塗って、トマトを置いて出来上がり。
これだけなんだけれど、マヨネーズの酸味とトマトの味がなんとも言えないハーモニーをかもし出しているの。
バターだと固まってて、トーストの上でごろんごろんと転がってしまうけれど、マヨネーズってバターより融点が低いのね。すぐ塗れるのね。
ヴァンプ将軍も「トマトのリコピンはガン予防!」とおっしゃってるし、ヴァンプ将軍のアジトでも朝忙しい時には、よく作るらしいの。

ちなみにryosukeさんが作った違う品はこちらよ!

2006年6月21日(水曜日)
[ 12:11 ] [ THE豊島区 ]
   
朝飯はロマンよ。

今日はボーナスも出たので、ゴージャスな朝飯。
めしや丼の目玉焼朝食420円(普段は納豆朝食350円)。冷奴が付いているのが、嬉しい。しかもご飯食べ放題なのが、かなり嬉しい。
まず、ウィンナーに塩をかけるの。昭和の我が家は、これがスタンダードよ。これでご飯が4口くらい、進むわ。そして、目玉焼きには、塩と醤油が基本ね。これでまた、ご飯が4口プラス。そして、冷奴にしょうゆ、味付け海苔にもキャベツにも醤油。普段ストイックに醤油を付けずに減塩生活だから、ここで、バリューも味も贅沢よ。

さて、一息ついたら定食を眺めつつ、どうやっつけるか、イメージするわ。
1膳目は、冷奴とキャベツでやっつけるの。1膳目は、お店の方がよそってくださるからご飯の量が少ないので、おかずはそんなもんで十分ね。
そして、2膳目はいよいよメインの目玉焼き。これで2膳目のご飯の8割を制したら、残りは味付け海苔1〜2枚で残りをかっこむわ。
3膳目は、ウィンナーと残りの味付け海苔。そして、ラストの4杯目は味噌汁をかけて、おしまい。
イメージが固まったらそれにあわせてあとは食べるだけ。矢張りイイ女っていうのは、朝からこういったトレーニングをかかさないの。
イメージ通りに食べられると二度幸せよ。

ん〜、朝からまいう〜でお腹いっぱい ハート
B食店情報
・店名 : めしや丼 南池袋店(めしやどんぶり みなみいけぶくろてん)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : 東京都豊島区南池袋2丁目24ー2STビル1F
・TEL : 03-5956-6385
・URL : http://www.plenus.co.jp/meshiyadon/
・営業時間 : 24時間
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 池袋
・キーワード : 定食/ご飯食べ放題
・友人・同僚
B食店ページへ

2006年6月11日(日曜日)
[ 23:35 ] [ 板橋区役所界隈 ]
   
ネットに取り上げられる店も美味しいけれど、ここ板橋区には、ネットに取り上げられないけれど、常連さん達だけが大切にしている安くて美味しいお店がいっぱい。ここもそんな一軒よ。

「おだの」

とりあえず今日はご近所さんと4人で来たから、焼酎とウーロン茶をボトルで頼んだわ。まずこの氷の量を見てちょうだい!
気前がいいというのはこの量をもって言うのよね。

お通しの温泉卵がぴっちぴち!散らしてある万能ねぎが、微妙に嬉しい。お通しが栄養あるものだと、なぜか得した気になるわ。
薄味なのんで、「つるん」と行くわね。あー、卵って美味しいわぁ。

ここのご主人は、北海道の出身で魚は得意らしいの。
店内に貼ってあるメニュー、ぱっと見た感じ、それほど安いとは思わなくても量を見ると納得するわ。
刺身を頼むと「え?これまじ?」っていう量出てくるわ。
ちなみにこれはほうぼう。うん、酒に合う合う。

こちらがみる貝。でろりーんとしたみる貝をその場で切ってるわ。
これで880円だか900円だか。4人じゃ多すぎてよ!

4人くらいで食べるのがちょうどいい量ね。
ここはQTさんにお奨めするわ。

そして、てんぷら。白身魚が多いわ。これもまた量が多いわ。
頼んでから揚げるので、皆で「はふはふー。」って言いつつ、食べるの。
さくっという衣の音を聞くと、私も偉くなったもんだわと感じるわ。外でてんぷらを食べられる身分だなんて。

ちなみにこれ以外に冷奴(350円)、蜆汁(100円)、焼酎ボトルにウーロン茶2Lボトルを頼んで4人で6、600円。
一人1、650円くらい?安いわ。学生時代を思い出す安さだわ!

ここは日曜日、15時からやっているの。
個人商店が多くて日曜日は休みの板橋界隈では、かなり重宝する飲み屋さんね。また行くわ ハート


*ご主人の体調悪化により、閉店いたしました。
B食店情報
・店名 : おだの(おだの)
・ジャンル : 和食-その他
・住所 : 東京都板橋区氷川町27-15
・TEL : 03-3963-3665
・営業時間 : 15:00-23:00
・定休日 : 月
・最寄り駅 : 板橋区役所前
・キーワード : 酒/刺身/てんぷら
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

2006年6月10日(土曜日)
[ 14:07 ] [ 板橋区役所界隈 ]
   
煮込みにハマってしまった私は、早速牛スジを買ってきたわ。
吉松 肉の上原で100g50円!
ここは、この界隈じゃ一番の高級牛肉専門店だから他の肉は買えないけれど、牛スジなら何とかなるわ。
800gで400円。結構大量よ、800gって。

数時間しょうがやねぎと煮込んで、半額焼き豆腐とゆで卵を投入して、出来たわ!板橋名物の煮込み!ゆず胡椒を添えるのがポイントよ。それにしてもかぐわしい。我が家は居酒屋のかほり。



アップはこんな感じ。

ちなみに800g食べきるのに一週間毎日煮込みよ。
もう当分いらないっていうくらい堪能したわ。

次回はもう少し少ない量買うわ。
ロザリー学習しました。
B食店情報
・店名 : 近江牛専門店 吉松 肉の上原(このえぎゅうせんもんてん よしまつ にくのうえはら)
・ジャンル : テイクアウト・お取り寄せ
・住所 : 東京都板橋区板橋 3ー8ー13
・TEL : 03ー3961ー0434
・URL : http://www.ntv.co.jp/burari/000415/info5.html
・営業時間 : 9:30?19:30
・定休日 : 日
・最寄り駅 : 板橋区役所前
・キーワード : 牛肉/すき焼き/弁当
B食店ページへ

[ 12:15 ] [ 大山界隈 ]
   
[関連したBlog]
アド街っく天国にも出ていた板橋で大人気の煮込み屋さん。
このお店は開店時になると、ブラックホールのごとく、次から次へと人々がこの店の中に吸い込まれていくの。あまりに不思議で店の前まで行って覗いてみたら、あーら不思議、そのかぐわしい香に思わず私もふらふらと引き込まれてしまったわ。
へんねぇ、別のところに行こうとしてても気が付くとすごい重力で引き寄せられてしまうわ。この界隈はちょっと磁場が乱れているわね。
そんな特殊な空間を作り出す店がここ。「鏑屋」。

元カリスマホストで俳優の城崎仁氏もよくここに来ていたとTVで語っていたけれど、10年来の常連さんに言わせると「一回も見たことねぇ。」らしいわ。ちなみに、あの回のアド街のテレビ欄のサブタイトルの「ホストの茶飯」っていうタイトルは、非常にセンスがないと思ったわ(作ったお店にも城崎氏に対しても失礼)。


ここでの人気はまずこの天下一品の煮込み。板橋区の有形文化財として登録すべきね。そろそろ板橋のいっぴんにしてもいいと思うのだけれど。それにしても板橋豊島北各区は、煮込み王国よね。ここは、その激戦区の中でも特に光っていると思うわ。
そしてこのオブジェのような美しい梅きゅう。煮込み以外も手を抜かない姿勢がステキだわ。

そして、今の季節はこれ!桜えびの刺身よ!
これがまだ刺身よ。普段ドライ桜えびしか食べたことがない私は、大興奮!お酒が進むこと!
静岡まで行かなくても生の桜えびが食べられるだなんて、ステキなことじゃなくて?


そして、これだけは食っとけ!といわれたコーンのかき揚げ。これがまたハマるうまさ。栗田ゆう子風にいうなら「ケチャップの味と、揚げたての衣、そしてコーンの甘さが渾然一体となって体の中を駆け抜けていくわ。なんて美味しいのかしら・・・。」
これは私的には、煮込みの次の名物ね。
ああ、それにしても重力が強くてなかなか外にいけない店だわ。もういっぱいおかわりしちゃいましょ。
B食店情報
・店名 : 鏑屋(かぶらや)
・ジャンル : スイーツ-パン
・住所 : 東京都板橋区大山14-6 下田ビル1F
・TEL : 03-5995-9941
・URL : http://www.syu-wa.co.jp/osusume006kaburaya.htm
・営業時間 : 17:00?0:00
・定休日 : 月
・キーワード : 煮込み/ホッピー/おばちゃん
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ