記事
[ 総記事数:1084件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2006年5月24日(水曜日)
[ 23:41 ] [ 和食 ]
   
会社の会議で、お弁当が配られたわ。
なんと「今半」。今半といえば、すき焼きとか国産牛とかもう頭の中をぐるぐるしてしまって、なぜだかすき焼きのたれの香の幻覚がしたわ。

来た来た、お弁当 ハート
私は、今半初体験 ハート
流石今半だけあって、包装紙も違う(気がする)わ。

OPEN the フタ!

・・・あら?

肉がいないわ・・・・。

すき焼きじゃないわ・・・。
聞いたところによると、ベジタリアンの外国人スタッフがいるから、配慮して会席弁当にしたらしいわ。

・・・誰だ、ベジタリアン!
会議後、体育館裏に来い!

不服そうな私を見て、満場一致で残りの今半弁当を全部下さったわ。
気を使っていただいてどうもありがとう。
でも、5個もいらなくてよ。

どうしましょう、これ・・・。
ということで、そのまま食べても飽きるので食べ方を変えたわ。
おかずは夜の酒のつまみ。そして、ご飯は雑炊よ。

お友達にいただいた「のらぼう」を固ゆでして冷凍しておいたものを入れて、卵でとじて、塩あじであっさり目に作ったの。うん、なかなか美味しいわ。
雑炊って野菜を沢山入れたほうが美味しいわよね。

うん、満足満足。
B食店情報
・店名 : 今半 人形町店(いまはん にんぎょうちょうてん)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : 東京都中央区日本橋人形町2-9-12
・TEL : (03)3666ー7006
・URL : http://www.imahan.com/
・営業時間 : AM11:00?PM10:00
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 人形町
・キーワード : すき焼き/牛肉/弁当
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

2006年5月20日(土曜日)
[ 16:32 ] [ その他板橋区 ]
   
(吉 幾三風)
板の橋のすぐそばで 酒を呑んでる女が一人
初めはビール プレミアがいい
店には演歌がかかってる
他のお客は 太ってる
グラスについた水滴は 
きっと私の涙なの
(谷山浩子調)
チーズを一人突いたら サラミと合うこと気が付いた
チーズはサラミに遇うため ここにいる
きゅりもチーズに遇うため ここにいる
私は誰と遇うため ここにいる

ううん きっと私は誰にも遇わない
(森高千里風)
海鮮サラダだ ヘイヘイヘイ
わかめがたっぷり ヘイヘイヘイ
レタスもたっぷり ヘイヘイヘイ
でも何 この赤いの
インスタントで見たことあるわ
みずみずしいから許すけど
ドレッシングもちょうどいいから許すけど
ほんとの海草使ってよ
ついでにきゅうりも入れてよね

(鳥羽一郎風)
男はヨー 
大漁じゃないと意味がねぇ
今日も半島の男たちが行く

板さん待ってろ いいのが揚がるよ
帰ったら にぎってやってくんねぇか
酒がうまいヨ 今日もまた

半島が 半島が呼ぶ 朝の男たち


(千 昌夫風)
都会でにぎり飯食うたび
思い出す 故郷の景色
今ごろ 雪もとけたかな

おふくろの にぎり飯
くいてぇなぁ くいてぇなぁ
たまにゃ故郷に帰ってみるか



ロケ地
板橋区仲宿 かさご亭
B食店情報
・店名 : かさご亭(かさごてい)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : 東京都板橋区仲宿48
・TEL : 03-6785-7000
・営業時間 : 18:00?22:30くらい
・定休日 : 日・祝休
・最寄り駅 : 板橋区役所前
・キーワード : 和食/飲み屋
・友人・同僚
B食店ページへ

2006年5月13日(土曜日)
   
さて、愛がなくても喰ってゆけますシリーズ第6弾!
焼き鳥メインの安くてうまい居酒屋「鶏丸」に突撃よ!
漫画に忠実に注文して頼んでみたわ。だって、よしながふみ先生や漫画の登場人物と同じもの食べたいじゃない!はい、ミーハーです。
写真も漫画に忠実に撮ってみたわ。

さぁ、期待に胸が高鳴るわ。
突き出しの「チャーシューともやし合え」と「モツとごぼうの煮込み」よ。うむ、突き出しから、焼酎もしくは日本酒モード。これはいい居酒屋の必須条件だわ。ごぼうが柔らかーい!辛すぎず薄すぎずちょうどいい味わい。チャーシューともやし合えは、ビールが進みそう。コストは低そうだけれど、これだけ満足させてくれるのね。

肉みそジャージャー豆腐サラダ。かき混ぜて食べるの。ん〜、めちゃくちゃおいしい!焼酎モードだわ。きっとここ、オーナーだか料理人が焼酎好きなんじゃないかしら。このてっぺんに見える糸とうがらしも彩りになっていて、ビジュアルでも美味しいわ。野菜もしゃきしゃきしていて、いい仕事です。
そして、生地鶏よ。このピンキーな肢体を見て!
シソの葉のてんぷらもかりっとしていてとっても美味しかったわ。
これは日本酒モードだわ。ああ、もうどうしたらいいかしらっていうくらい美味しいわ。
なぜ人は美味しいものを食べると「どうしよう。」と思うのかしら・・・。
そして最後の〆は、鶏ねぎめし。最後はじゅわっと鶏スープを注ぐのよ。
もうこれがめっちゃくちゃ美味しくて、おかわりしてそこにご飯の追加を頼んだくらいよ!

さすが「愛がなくても喰ってゆけます」に載っているお店は、どこもここもレベルが高いわねぇ。次はどこに行こうかしら、残ってる店は高そうなお店が多いのよね・・・。でも行くわ!
B食店情報
・店名 : 炭火台所 鶏丸(すみびだいどころ とりまる)
・ジャンル : 和食-焼き鳥・串焼き・鳥料理
・住所 : 東京都杉並区阿佐ヶ谷南1-9-6 第7志村ビル1F
・TEL : 03-5306-0505
・営業時間 : 17:00?1:00
・定休日 : 木
・最寄り駅 : 南阿佐ヶ谷
・キーワード : 焼き鳥/日本酒
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

[ 14:06 ] [ アジア料理 ]
   
[関連したBlog]
このBlogが縁で知り合ったご近所さん、今はB食でも活躍中の耳さんが、「トムカーガイを作ります。」とメールしていらしたわ。「だったらうちで作ってよ!」とメールを返したら、本当に旦那様にでかい荷物を持たせてやっていらしたわ。ついでに近所に住むやはりこのBLOGのおかげで知り合った女性陣をお招きし(人のふんどしで相撲ってやつ?)楽しい宴よ。耳さんは一見おしとやかな良妻風。でもかばんの中からどん!どん!と、すごい量の材料や料理を出してきたわ。
まずはバクテー。かなり本格的な香。これで暑かったらシンガポールの屋台で食べているみたい。体は板橋だけれど、魂はマーライオンにしがみついて「ひゃっほー!」とか言ってるわ。
そして、こちらはトムカーガイ。いきなりメインをカセットコンロで、くつくつと煮ていただきます。コブミカンの葉、カー、生レモングラス、耳さん、なぜそんなものを普通に当たり前のように持っているの?

味は、栗田ゆう子風に言うと
「酸味と辛味と甘みが渾然一体となって、体の中を駆け抜けていくわ・・・。
タイの気候にぴったりな味わい・・・。
あ、象が見えるわ。ふで箱を置いてみようかしら。」
という感じね。

そして穀類のちまき。甘くて中にバナナが入っていたわ。
耳さん、気合入りすぎ。とても香高くておいしいの。
このちまきとバクテーを一緒に食べたら、思わずマーライオンに変身するくらいのマリアージュ!体の中を熱帯の風が通り過ぎていくわ。

耳さんを板橋の赤道小町として認定するわ。ちょうど板橋は去年あたりからマレーシアとも姉妹都市協定を結んだことだし。
ちなみにこちらが私の作ったタイ風サラダだけれど、耳さんの大量の亜熱帯攻撃の前には、存在がかすれていたわ。

耳さんはすんごい量作るのがお好きみたいで、お肉屋さんで「あばら肉6本ください。」と、しとやかに言って「はぁ?!」と怪訝そうな声で肉屋さんに聞き返されることが多いらしいわ。そりゃそうよね、こんなしとやかな女性が、肉を担いで家に帰るだなんて・・・。
耳さんはしっとりとした透き通るような美人で、おとなしーい方なのに、出すものや買うものや食べるものは、かなりぶっ飛んでいて、「うる星やつら」に出てきそうなキャラだわ。

こんなステキなご近所さんと知り合えて大変嬉しいわ。B食にまたまた感謝。ちなみに耳さんのだんな様は痩せていて、久々に見る普通の体型の男性に、女性陣が興奮しまくりだったわ!
2006年5月6日(土曜日)
[ 13:44 ] [ THE練馬区 ]
   
たまには東武東上線にも乗ってみなくちゃね。我が母なる大地、板橋を走っている電車ですもの。

という訳で、最近仲良しの「QT鈴木とその仲間たち」の東武練馬・棟梁での飲み会に参上よ!でぶとかラヲタが揃っていそうだわ、という予想とはうらはらに、サワヤカなヤング達で、おばさんちょっと大喜び ハート
突き出しからホワイティなのは、なかなか度肝を抜かれたわ。和食の店なだけに。棟梁、出鼻をくじいて一揆に「胴」を決めるつもりね。
そしていきなりメイン。この刺身を見て。
QTさんはこれを見て「棟梁にディズニーランドを発見!」と言ったわ。そう、正にその通りだわ!これは東武練馬のディズニーランドよ。私には見えるわ、シンデレラ城が!ミッキーが刺身の合間を縫って、手を振っていてよ。見える、見えるわ。不法入国した正男氏が、It’s a small worldの前で「♪世界はひ〜とつ。」と歌っているのが私には見えるわよ。
ちなみにこれで3人前よ。一人は貝が嫌いだから、分け前が増えたわ。
そして、次はディズニーランドのある国を逆撫でする鯨のステーキよ!
ステーキという名にふさわしく、バターとガーリックの味が効いているわ。そう、これは鯨じゃないわ。牛よ、牛だわ。ビーフステーキと同じ味付け。
これなら欧米人が食べてもわかりゃしないから、日本人はこれから「鯨」を「牛」と名づければいいのだわ。そう、世界はひとつ。みんな仲良く。そんな棟梁の壮大なメッセージを感じたわ。
おいしい。ビールがススむ味つけ。ご飯も食べられそう。これはでぶの好きな味だわ。
そして次は鴨。鴨がなべの中に沢山いるわ。まるで、井の頭公園のよう。
それ以外にも舞茸やら菜っ葉が太っ腹に入っていて(これも3人前)、QTさんがいらっしゃらなかったら、食べきれないような量だったわ。
鴨は小麦粉がまぶしてあって、歯ざわりがくにょっとして、官能的。棟梁、鍋パワーも恐るべしね。
そして、最後はやっぱり雑炊 ハート
鍋って言うのは、このための布石なのかしら。鍋の後は雑炊がしたくなるという呪いも存在するようね・・・。

あー、ド満足。場所は微妙に練馬区。でも東武練馬なんて、東武東上線でも板橋に囲まれたような、レソトか町田市の飛び地みたいな場所だから、板橋みたいなものよね。
また行くわ。待っててね、棟梁!
B食店情報
・店名 : 棟梁(とうりょう)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : 東京都練馬区北町2-19-9
・TEL : 03-3934-3566
・営業時間 : 17:00 - 23:30
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 東武練馬
・キーワード : 刺身/日本酒/鯨
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ