記事
[ 総記事数:1100件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2005年5月30日(月曜日)
[ 18:02 ] [ その他板橋区 ]
   
東京都板橋区仲宿商店街の入り口に、店頭で焼鳥を焼いてるちょっと大きめの鶏屋さんがあるの。

ここの店頭で、子供達が焼鳥を買って食べてたり、おっさんが、前のベンチでビールを飲みながら焼鳥を食べているわ。
夕方、町のチャイム「夕焼けこやけ」がポロンポロンとなる頃、主婦が「ちょっとその唐揚1パックちょうだい。」とか言って買ってるわ。

見た目はどこにでもあるような平和で平凡な街角の風景・・・。


この焼鳥屋さん、町のちょっと大きい鶏肉屋さんと思ったら大間違い、ユーアーウロングよ!
この店は、板橋だけでなく、日本でその名を轟かせている鶏肉専門店、

「鳥 新」(とりしん)

何がすごいって、あの「料理の鉄人」に鶏肉を卸しているだけじゃなく、都内の有名ホテルは、ここの鶏肉を使っているらしいわ!
「料理の鉄人」であの鉄人達が使い、あの審査員達が食べた鶏肉!それが近所で入手可能、素晴らしいことじゃなくて?
時々、赤坂や日比谷に行った時に「鳥新(板橋)」とでかでかと書かれた2トントラックが走っているのを見かけると、こちらまで誇らしくなるわ。
その天下の鳥新がね、夕方6時半くらいになると焼鳥をカップに10本入れて、500円で売っているの!500円で10本よ!
これって超オトクじゃないこと?これをレンジでチンして、枝豆と冷奴を用意してビールでプハーっとやるのが、私の楽しみ ハート

都内の有名ホテルの鶏、クリスマスも正月もここの鶏肉でキメてる私って、やはり真の勝ち組ね!負け犬なんて言わせない。

鶏よ、鶏よ、鶏たちよ
鶏よ、鶏よ、

鶏の詩(うた)。
B食店情報
・店名 : 鳥新(とりしん)
・ジャンル : 和食-焼き鳥・串焼き・鳥料理
・住所 : 東京都板橋区仲宿39番3号
・TEL : 03(3962)2371
・URL : http://www.torishin.co.jp/torishin/index.htm
・営業時間 : 9:00くらい?19:00
・定休日 : 日祝
・キーワード : 鶏肉/鴨/ワインもあり/レバー絶品
・友人・同僚
B食店ページへ

[ 08:10 ] [ 出張先で ]
   
静岡でのお食事シリーズ第2段。

前日、「ようこ」でいい酒を飲んで、すっかり気分良く眠った私は、あまりに気分が良すぎてチェックアウトぎりぎりの時間まで寝ていたの。てへ、ロザリーのお寝坊さん ハート

あら、せっかくホテルに付いている朝食バイキング、間に合わなかったわ。
と言う訳で、どこか朝ご飯を食べられるような所はないかと思って、ぶらぶらしていたら、みつけたの!
何だかおいしそうなオーラを発したお店。しかもおにぎりは私の超Favorite!考えるよりも先に店に入ってしまったわ。

まあ流石静岡ね。おでんも併設。
おでんさんが朝から「食べて食べてー。」と誘惑してるわ。
いやーん、朝からうまそー!
欲望にまかせて、鶏飯、赤飯、いなり寿司、鮭おにぎりを頼んじゃったわ。
おでんも牛スジ、卵、いわし黒はんぺん。だし粉をかけていただきまーす。

んー、もー、朝からパワフルな朝食でロザリー大満足。
朝食バイキング食べ損ねて良かったわ。
これだけ食べてなんと510円。おすすめです!
B食店情報
・店名 : おにぎりのまるしま(おにぎりのまるしま)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : 静岡県静岡市南町7-15
・TEL : 054-281-4900
・URL : http://www.at-s.com/html/gourmet/oden/vol07.html
・営業時間 : 6:30?18:00(土曜6:30?17:00)
・定休日 : 日曜・祝日
・キーワード : おにぎり/おでん/釜
・友人・同僚
B食店ページへ

[ 01:13 ] [ 出張先で ]
   
ごめんなさい、静岡の人。
私は静岡県の人が大嫌い。なぜなら10年前、私の彼を取ったのが、静岡の女だから。

だから静岡県にいつか殴りこみをかけようと思っていたのよ。
その夢がついにかなったわ・・・。
と言う訳で、仕事で静岡に行ったわ!
静岡と言ったら青葉横丁よね。早速向かったわ。赤ちょうちんがまぶしいぜ!
知り合いから青葉横丁は、全てはずれなしだが、女性の名前の店は特にいいぞ、と言われていたの。そう、それは好敵手。相手にとって不足はなしよ。

おでんや「ようこ」、ここに決めたわ。
いざ、静岡の女(の名前の店)に殴りこみ!
じっくり煮込まれたおでんさん達が「食べて食べてー。」と、こちらに手を振っているように見えるわ。
そこまで言うなら食らってやるわ!
静岡のおでんを!

あらやだ、美味しい。
だし粉かけていただいちゃうわ!いくらでも!
そして次に釜揚げシラス!
海なし県生まれ(群馬)、海なし県育ち(埼玉県北部)の私が、初めて食べる新鮮なシラス。上にはわさびの花が乗ってるの。噂によるとわさびの花の辛味を出しつつ料理するのは難しいんですってね。

うーん、まいう〜。
♪日本酒が日本酒が ススムくん、あよいしょ。
γ-gpまた新記録更新かも。ま、いいわね。私のγ-gtpが上がったところで、日本経済にはなんら影響ないわ。下がってもまたしかりだけれど。

これはここでしか食べられないかも、と思うと、うまさが一段と引き立つぜ!静岡万歳(←出来あがってきた)。
そして最後は、メインイベント!
牛スジを焼いたものにコチュジャンを付けて食べるのよ!

これがまたとても合うの。ママのイチオシよ!
ママも前日、これを食べつつ、「なんてうちの牛スジは美味しいのかしら!」と叫んだ一品なの。私もそう思うわ。コチュジャンと牛スジのコクの絶妙なマリアージュがステキすぎるの!
日本酒が日本酒がススム君くん!なお店だわ!

殴り込みをかけたつもりが返り討ちに合ったような感じかしら。
こんな嬉しい返り討ちなら大歓迎よ。
彼を静岡出身の女に取られて以来、静岡が大嫌いだったのだけれど、新婚旅行は静岡にしようと思うくらい、静岡が好きになった夜だわ。
B食店情報
・店名 : ようこ(ようこ)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : 静岡県静岡市葵区常磐町1ー8ー7青葉横丁
・TEL : 054ー253ー3836
・営業時間 : 17:00?23:00くらい?
・キーワード : おでん/牛スジ/わさび
・友人・同僚
B食店ページへ

2005年5月25日(水曜日)
[ 10:01 ] [ 和食 ]
   
[関連したBlog]
沖縄出張のお土産で、ゴーヤを数本買って来たの。公設市場の八百屋さんで買ったの。
ゴーヤって沖縄で買うとつい「まぁ、ご立派」と言ってしまいそうなゴーヤが多いわ。味も逞しいし。

ご近所オフ会で各メンバーに配ったゴーヤ、各家庭ではそれぞれ素晴らしいゴーヤチャンプルーに変身したようね。
二人の息子さんを抱えるママ、HANAさんちのゴーヤチャンプルー。(写真1枚目)↑
もやしとニラの絡まり具合が見事だわ。
塩水漬けにして、蒸したというこの手間、お母さんは偉大ね。
温かい家庭料理。こんなのを食べて育った息子さんは、とてもいい子に育つと思うの。保証するわ。

そして、exciteブログのyassさんちのゴーヤチャンプルー。(写真2枚目)↑
これもまた見事。いつでも料理人として包丁一本で食べていけそうな出来ばえよね。差し上げたフーチバ、これも難しい使い方を見事にこなしてて見事。
さて、うちの作品ね・・・。
とても出したくないのだけれど、、一応オチをつけないとまとまらないわね・・・。

これよ!→

ライフで買って来ておいた半額の絹ごし豆腐を使ってしまったの。一丁も。普通こんなに入れないわよね。しかも絹ごしだったから、細かくなってしまったわ。ゴーヤは湯通ししたわ。本当はビタミンCが飛ぶとか「ためしてガッテン」で言ってたけれど、苦すぎるかと思って。
それから大量に鰹節を加えたわ。これは成功ね。苦味が抑えられたわ。
だから見た目は、「ゴーヤと豆腐の煎り煮」だけれど、味はなかなか美味しかったわ!(←負けず嫌い)
そしてこれが、フーチバ入り卵焼き
料理本見たら、「フーチバ入りオムレツ」ってあったのだけれど、卵焼き機で焼いたら、卵焼きになってしまったの。
卵焼きとしては成功したのだけれど、フーチバを入れ過ぎてちょっと薬膳な卵焼きになってしまったわ。

全部食べるのは厳しかったから、鉄郎に差し上げたら、喜んでお弁当に入れていったわ。お弁当で食べた感想はどうだったかしら・・・。


ライフストアで買って来た泡盛にシクワーサーを入れて、沖縄で買って来たグラスに入れて飲んでみたわ。
ん〜、気分は沖縄・・・。



各家庭で1つの食材で作ってBLOGに上げるのも、各家庭の違いが出ていて面白いわね。

・・・次は負けない。
2005年5月24日(火曜日)
[ 11:13 ] [ その他板橋区 ]
   
[関連したBlog]
「暖かくなったから、ご近所同士でオフ会でもしましょう。」と、いうことで近所のブログ仲間とオフ会をすることになったの。
座敷があって、近所がいい、ということで梵蔵に予約を入れたわ。19時スタートね ハート

というのに当日は、沖縄出張中。那覇から板橋区本町31番地近辺目指して、一直線。最初の写真は、夏朋さん風だけれど、今回の主役は板橋区よ!
それにしても沖縄って思ってたより遠いわね。国内はどこへも飛行機なら一時間で着くかと思ってたわ。それとも今回はJALだったけれど、ANAだったらもっと速いのかしら。(争って整備不良になるとイヤだから速くなくていいけど)
飛行機まで使って急いだっていうのに、梵蔵に着いたのは19時20分。ばっちり遅刻!スーツケースを持って「ガラガラガラー。」と店に入った時のお客様達の「なんかヘンなおばさんが来たぜ。」みたいな目は忘れられないわ。

とりあえずご挨拶。ご近所さんだっていうのに会うのは初めて。ネット上では、1年も食べ物について語り合ってたというのに。

とりあえず野菜から。
ポパイサラダ。自家製カレー味のドレッシングもいいんだけれど、この一缶分は使ったと思われるツナが贅沢。
そしていきなりこの店のメインエベント、ブロディ・ハンセン組対馬場・鶴田のような鶏は、これ!

「ザンギ」!!

北海道の方なら普通に家庭で作る、あれよ、あれ。
ここのは、丸ごと楽しめるわ。じっくりと揚げた香ばしいザンギ。手羽の部分でも腿の部分でもボンボチでも好きな部位が楽しめる一品。これは絶品!丁寧に揚げてあり、しかも600円代というお値打ち価格!
ぱりぱりの鶏の皮にジューシーな肉。もう虜 ハート
先週だったかしら、4人のグループがあまりの美味しさに3個くらい頼んでいたのを発見したわ。
ちなみにオフ会メンバーの間で最も評判が良かったと思われるのは、これ。

鶏鉄板 ハート

大根おろしとにんにくが泣かせる一品よ。580円ででっかい鶏が6個。
思わず頭の中をあのフレーズが流れるわ。

鶏よ、鶏よ、鶏たちよ
鶏よ、鶏よ
鶏のうた



ああ、今日も私は勝ち組!
B食店情報
・店名 : 梵蔵(ぼんくら)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : 東京都板橋区本町31くらい
・TEL : 03-3962-7474
・営業時間 : 18:00くらい?23:00
・定休日 : 日 祝
・キーワード : 鶏肉/ザンギ/焼き鳥
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ