記事
[ 総記事数:1087件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2005年2月27日(日曜日)
[ 16:52 ] [ その他板橋区 ]
   
今日はちょっといいトコロで飲んでみることにしたの。
ここは私にとっては、ベストオブ板橋な飲み屋さん。というより料亭ね。

越後料理を出す寒作里。
20代の頃は、来ても場違いな気がしていたのに、最近は落ちついてこういうところでも飲めるようになったわ。私も出世したもんね。
心なしか以前より安くなった気がするわ。

つきだしから見ても、私が普段行きつけてるお店とちょっと違うでしょ。
いい店っていうのは、つきだしから日本酒モードになるものなのね。
そしてとりあえず天ぷらよ。
ここの天ぷらは素晴らしい。私の中のベストオブ天ぷらなの。
こんな店が板橋にあるなんて・・・と感動せずにはいられないわ。
春になって旬の天ぷらとして、ふきのとうが出される日が楽しみね。
昔はわからなかったあの苦味、今なら美味しいと実感できるわ。
大人になるってこういうことね。

さくっとして、素材がイキイキしていて、本当に最高。

日本酒モードにもっていったところで刺身と行きましょうか。
ぼたん海老を頼んでみたわ。

あー、日本酒に合うねぃ。日本酒はもちろん越後の地酒のみ。
頭もらっていって、味噌汁に入れたいわぁ。
もちろん、味噌もずずっと吸ったわ。それを日本酒できゅっと流しこむと、んー、もー、幸せー!
そして白子と大根のたいたん。
薄味でおいしい。ご飯が欲しくなる私。
大根がいい具合に染みてて、苦味なし。
明日もまた働こうっていう気分にさせてくれるわ。

どうもありがとう。

B食店情報
・店名 : 寒作里(かんづくり)
・ジャンル : 和食-天ぷら
・住所 : 東京都板橋区板橋1-48
・TEL : なし
・営業時間 : 18:00-22:00
・定休日 : 日
・キーワード : 天ぷら/越後料理
・友人・同僚
B食店ページへ

2005年2月26日(土曜日)
[ 15:25 ] [ その他板橋区 ]
   
この日は休日だと言うのに、仕事で上野に来たの。

上野駅周辺は、まだまだ昭和のまま。全然変わってない。
田舎(主に北)から出てきた人にとって「東京」っていうのは、上野。
じゅらくがあって、丸井があって、西郷さんとパンダがいて、アメ横がある。
ある種のノスタルジーがうずまく場所だと思うの。
あの名曲「あゝ、上野駅」が出来た頃から上野の存在意義って変わってないのよね。
一仕事終えたらアメ横に行くのが上野通ってもんだわ。

大晦日、よく父とリュックを担いで電車に乗って、アメ横に買い出しに来たわ。私の弁当のメインディッシュをつとめる馬肉ハム、まだ生きてた祖母のためのチョコレート、来客用のまぐろ刺身、当時はまだ高級品だったチーズがここでは安く買えて、年末に纏め買いしたもんだったの。
そうそう、年始はチーズが食べられたのが、嬉しかった思い出があるわ。
今の私の体の1/5くらいはアメ横の買い出しの品で出来ているかも知れないわ。

きれいになったけれど、空気は昭和のまま。懐かしくなって、安くしてもらったまぐろ刺身と二木の菓子でパスタ5kg分を買って帰ることにしたわ。
帰ってきてからJR板橋駅前の大衆酒場に行ったわ。
もうここは、長いこと通ってる私の宝物みたいなお店。私の板橋生活は、このお店と共に、と言っても過言ではないくらい。もちろん安いわ。だから私のお給料でも毎日通っても大丈夫。(あまり女の常連はいないけれど)

まぐろの刺身を常連さん達で分けてもらって、談笑したわ。
そしたら魚屋の常連さんが「トーシロのお嬢さんがマグロを持って来て出してるってぇのに、プロのわしが頂くだけって訳にゃいけねぇ。」と負けずに、鯨のベーコンを出してくださったの。
初めて食べたけれど美味しかったわ。
上野に行ったという話をしたら、常連さんが色々と上野にまつわる話をしてくださるので、田舎モノの私もいっぱしの上野についての知恵が付くわ。
ネットや雑誌には載っていないような生のオヤジ達の情報よ。

そういえば、ここの常連さんのJRの運転手さんとカラオケに言って、よく「あゝ、上野駅」唄ってもらったなぁ。その運転手さんも中学を出て、ずーっと運転一筋のおっちゃんで、もう退職したんだろうなぁ、どうしてるかなぁ、とちょっと思ってしまったわ。

こうして、ホッピー片手にくじらのベーコンで板橋の夜はふけていったわ。
B食店情報
・店名 : 大衆酒場 明星(たいしゅうさかば あけぼし)
・ジャンル : バー
・住所 : 東京都板橋区板橋1丁目JR板橋駅前
・TEL : なし
・営業時間 : 気の向くまま
・定休日 : 基本的になし
・キーワード : 酒
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

2005年2月24日(木曜日)
[ 01:22 ] [ 洋食 ]
   
鉄郎がクリームシチューが食べたいというので、クリームシチューを作ったわ。
全く、子供なんだから。
でもあなどってはイケナイわ。鉄郎はクリームシチューを作ると、ブラックホールな胃袋と化すの。

この日はハウスのクリームシチュー8皿分、すなわち1箱分と牛乳1Lで作ったの。
そしてフランスパンニ本分。もちろん私の分もコミよ。
このガーリックフランス(ライフストアの小麦の郷で50円引き)が、シチューに超ベリーまいうーなマリアージュなの!

鉄郎はルーが溶けない内からすごい勢いで食べたわ。
それを見て私も負けるものかと、半生のブロッコリーをつつき出したの。

気が付いたら、全てカラになっていたわ。
そう、鍋は「無」に戻ったの・・・・。
恐ろしい食欲だわ・・・。
でもシチューをたらふく食べて感動した鉄郎は、私の分の明日の弁当も作ってくれたの。有難う、鉄郎・・・。

でも私の弁当箱の大きさが鉄郎の2倍の大きさなのはなぜ・・・?
2005年2月20日(日曜日)
[ 00:38 ] [ その他板橋区 ]
   
この日は、世界の平和のためにバングラディシュに住んでいるちゃぱなんさんという方が帰国して、なーんと、我らが板橋区のルチにいらっしゃると言うの。
これは「バングラディシュと姉妹都市を結ぼう会会長」の私としては、行かなくてはいけないわ。

ちゃぱなんさんは、気さくで楽しい方。ベンガル語もペラペラで、この店のマイケルさんとベンガル語でお話してるのを見て「す、すげー。」と思ってしまったわ。
板橋区にも大東文化大とか、近所に大正大があるからベンガル語の授業があったら、受講しに行きたくなったくらい。勉強大嫌いなのに。
さて、出て来たもの。
1番はジャール・ムリ。日本にもあるひなあられを煎ったカンジ。そこにトマトや香菜が混ぜ込んであって、おいしいわ。
冬は新鮮な唐辛子が手に入らないとマイケルさんが嘆いていたから、この日は、上野のわしたショップで買った島唐辛子を持って行ったの。マイケルさん喜んで使ってくれたけれど、これがまたからーい!でもそれがうまーい!

2番目の写真は、バングラサラダ。
このままでもおいしけれど、他の料理と合わせて食べても美味しいの ハート
カレーが出るころになると、話も弾んで来て、私は「板橋区がバングラディシュと姉妹都市を結ぶにはどうしたらいいか」を尋ねたの。
だって、縁もゆかりもないモンゴルと姉妹都市結んでるくらいですもの、バングラディシュ人コミュニティのある板橋とダッカあたりで、姉妹都市を結んだらどうかしら。

ちゃぱなんさんは丁寧にどうすればいいか教えてくれたわ。
まずは私がバングラディシュへ行かなくちゃいけないのね。
行きたいわ。バングラディシュ。

そして食べたいわ、バングラディシュの料理を。
作り方も教わって来たいわ。バングラディシュの料理って、魚が多いせいか、日本人の口になじむと思うわ。
この日の料理も、カレーとは言っても辛みのない優しいスパイスの煮こみのようで、ご飯が止まらない。

そうか、スパイスを使って炒めたり、煮こんだりした料理全般を日本人はとりあえずカレーと読んでるわけなのね。
奥深いわ、ベンガル料理。スパイスの香の立たせ方1つ取っても、私は真似できないわ。
ちゃぱなんさんも色々と優しく私にもわかるようにお話してくださって、とても嬉しかったの。
そしてこの日もマイケルさんは、とても嬉しそうに料理してたわ。

マイケルさん、いつも有難う。
板橋の誇りだわ。
2005年2月17日(木曜日)
[ 10:08 ] [ イベント ]
   
今日は大切なお友達の結婚式なの!
さわやかな太陽、降り注ぐ太陽、とてもステキなビューティフルサンデーだったの。
朝とりあえず現場に顔出して、その後タクシーで式場に到着。
タクシーの中でお化粧してたら「お客さん、化粧品、シートにつけないでね」とか言われたわ。

感動的に式も終わり、いよいよお食事タイム。
確かフォークとナイフは外側から使うって、家庭科の教科書に書いてあったわね。
見事なオードブルです。お皿も金の縁取りが・・・。ああ、おめでたいのね。

ちなみに量は私の二口です。上品な味ですので、二口でなんて食べませんたら、もちろん。
談笑しつつ、スープを待ちます。
スープです。何やら練り物が浮いてますが、メニューがフランス語だったので、よく何だかわかりませんでした。
いえ、フランス語も昔は得意だったのだけれど、忘れてしまったのよ、ほらもう日本長いし。普段日本語しか使ってないから・・・ 汗

それにしてもエレガントですわ、フレンチのコースって。
朝ご飯食べてこなかった私は、
「パンのおかわりいただけるかしら?」と素知らぬ顔で、パンを7回も頂いてたわ。また、こういうところのマーガリンて美味しいのよ。
そして、メインはビーフよ。とても柔らかくて、美味しゅうございました。
赤ワインを飲みつつ談笑。
披露宴で食べ物の写真を撮るなんて・・・と思われますが、この日は食べ物仲間の結婚式だったので、新郎自ら写真に収めていたから、やりやすかったわ・・・。

しかも数人カレー仲間も混じっていて、披露宴の間ずーっと都内のカレー屋について、えんえん語ってた方もおりましてよ。
最後はフルーツとバニラアイスで〆ましたの。とても美味しかったの。
とても楽しい宴でしたわ。

そして、家に帰ってきたわ。

なんだか沢山食べた気はするんだけれど、お腹の座りがよくなくて、最後に穀類を入れて、この日は終わりましたの。
たまに違った料理を食べると、お腹が落ちつかないみたいだわ。
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ