記事
[ 総記事数:1087件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2004年11月30日(火曜日)
[ 01:28 ] [ 洋食 ]
   
米女の私もオサレにキメたい時はある。
時々むしょうに食べたくなるフレンチトースト。

ご飯だと「朝ごはん」てカンジだけれど、トーストだと「ブレックファースト」って呼びたくなるわね。
「今日、私、ブレックファーストにフレンチトースト食べちゃった。」なーんて自慢すると、心はすっかり女子大生。(それも東京の西側にあるような外国文学に強いお嬢様大学のね。)

今回はお皿のデザインもキメてみました。
作り方は簡単。
4枚切りパンを牛乳と卵をかきまぜたものにしばらく浸しておいて、フライパンか鉄板にバターを溶かして両面焼くだけ。
うちはマーガリンだけれど。
うちのは「肉のハナマサ」で買った1kgのプロ用。
これ、なかなか美味しい。かなりオススメです。何と言ってもオトクだし。
これで600円代だったと思うわ。

フレンチトーストに牛乳があればあっという間に1斤は軽くてよ。
パワフルな朝のためにオススメメニューです。

焼きあがったフレンチトーストにバター(もしくはマーガリン)とメープルシロップ(もしくは森永のケーキシロップ)をかけるのも忘れないでね。
2004年11月29日(月曜日)
[ 14:39 ] [ ]
   
今日はいよいよ待ちに待った給料日。
これで、美味しいものが買える。12月には半年も待ったボーナスがあるし、とびっきり美味しいものを買いましょう。
最近風邪が流行ってるみたいだし・・・。

そうだ、寒い季節は寒い地域の食べ物で対抗しましょう!
この季節なら北海道フェアがあるはずだわ!
私は北海道フェアに行くことにしたわ。
隣町の百貨店に行ったらやっていたの!北海道物産展!
早速、あれこれ見たのだけれど、これにしたわ。
松尾のジンギスカン!
お肉は隣町で購入。そして、野菜は私の街のほうがはるかに安いの。

一袋38円のえのき、一袋58円のナス、一袋18円のもやし、一束58円のアスパラ、一個50円のパプリカ。
222円分の野菜だけでこんなに豪華!
そこにそっと、お肉を添える。そして点火!

今日はお肉よ。しかもブランド品の肉。
デパートで買ったのよ、デパート。しかも正価よ、半額じゃない。

焼きあがった肉は、上品だけど濃い目の味付け。
これには何かが必要・・・。
何かが足りない、本能的にそう思ったの。
そうだわ、穀類よ、ご飯だわ!

そう思って慌ててご飯を炊いたの。
案の定、ご飯にとても合う。
超ナイスマッチング!
今年のうちのお米の最優秀パートナー賞をさしあげたくなるほどのマリアージュ。

今日もステキにご飯がススんだわ。
株式会社マツオさん、そして、今日のおいしい食事全ての関係者の皆様、美味しいご飯をどうも有難う。
2004年11月28日(日曜日)
[ 14:49 ] [ アジア料理 ]
   
激辛大会なるものが、隣町の池袋勤労福祉会館の調理室で行われ、寒い季節は、体を温めるべきだと思って早速行って来ましたわ。

とにかく辛いものが好きという人が集まり、じゃあその場で作って食べましょうという集まり。
会場では既に辛いモノ好きの兵達が、家の畑からその日の朝収穫して来たという唐辛子を使って各自調理中。タイ種、メキシコ種、国内種 etc.
それらをミキサーでペースト状にし、ゆず胡椒、タイグリーンカレーの素、レッドカレーの素…と、どんどん出来あがる。


今回はアジア料理に挑戦する人が多いご様子。

タイグリーンカレー、南インドラッサムスープ、豆腐の入らない麻婆豆腐、ソムタム、ヤムウンセン 等。やはり辛いモノというと、タイ料理を思い出す参加者が多いようでタイ料理が作られていましたわ。

私はバングラサラダと逃げ道としてタイのもち米を蒸します。(私は穀類女)アジアの辛いものとタイのもち米の相性は超バツグン!
ただ、調理中、目が痛かったですわ。
唐辛子を触った手で目なんて触ってしまおうなら、もう、涙が止まりませんわ。


そして、いよいよ試食タイム!

調味料として、辛みの足りない人向けにAfter deathというデスソースよりもはるかに辛い調味料と数々のチリソース&唐辛子ペースト。
穀類は、私作成のタイもち米とフランスパン。

そして、お味は・・・・。
逃げ場なしの辛さ。「誰だ!こんなイカれた会考え付いたのは!」と思ってしまうくらい。でもフレッシュな材料を使ってますので、辛い中にもおいしさが・・・。参加者皆、市販の辛いもので飽き足らないメンバーなため、私以外は、涙一粒流さず・・・。(私は涙が止まりませんでしたが。)

この日だけで、100本以上の青唐辛子を使用。ホットになりました。これだけ食べて飲んで会場日込みで一人800円。
しかも大量に余った唐辛子とチリソース類は、お土産にお持ち帰りなの。これで明日からの私の食生活も超ホット GOOD
この後は、会場そばの天然温泉湧く銭湯で、一風呂浴びて、老廃物を取り除いた夜はふけていきました。
不思議なもので次の日皆に「痩せた?」といわれたのが嬉しかったの・・・。

次回は12/5。
2004年11月27日(土曜日)
[ 16:23 ] [ 和食 ]
   
私は子供の頃から納豆が好き。
川合奈保子も納豆のおかげで乳がでかくなったらしいけれど、私も納豆のおかげで体が大きくなったようなもの。
私が子供の頃、毎週日曜日の朝だけ売りに来た納豆。それを十個単位で買いこんでいた貴族のような我が家。

それはさておき、週に最低1回は納豆ご飯を食べないとどうしても調子が悪いの。
自慢の精米したての茨城ヒノヒカリを炊き、その上に納豆を置く。今日のトッピングは、めかぶ。どちらも粘っていいカンジ。
写真をアップにして見てちょうだい。きっと今すぐ納豆ご飯が食べたくなるはずよ。納豆ばんざい。ビブ ラ 納豆!
[ 13:22 ] [ イタリアン ]
   
ドミノピザに続いて、イタリアン第二弾。

仕事に疲れた日は、パスタのみ。
野菜は摂らないといけないので、それなりにトマトなんか入れてみたりして食べる。塩味パスタがお気に入り。シンプルだけれど飽きないの。
オリーブオイルは近所の「よしや」で、賞味期限あと2日しかないって日に80%割り引きだったスペイン製。

大きめのパスタ皿がないから寿司桶に入れて、ラフにフォークを突き刺して出来あがり。わお、男の料理っていうのかしら。
この寿司桶は近所の寿司屋さんが夜逃げして、店の前に積んであったの。スーパーの寿司を半額で買って来て、ここに入れると自宅でお寿司屋さん気分が味わえて、おリッチな気分になれるの。いい拾い物したわ。

こんなにいっぱい食べたのに総コスト100円かからず。これがほんとのワンコインデナー。
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ