記事
[ 総記事数:1067件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2016年12月4日(日曜日)
[ 11:27 ] [ 板橋区役所界隈 ]
   
 

ネット仲間達が結構前から話題にしていた、仲宿に新しく出来た洋菓子店「ルポンデザミ」、ついに行って来てしまったわ。

まず、ケーキより先に気になったのは、ジャム。

 

ラベルが全部1バイト文字。フォントもオシャレ。

 

おお。今どきは、ジャムと言わずにコンフィチュールと言うのね。MADE in 仲宿だし、原材料は美味しそうだし、プレゼントにちょうど良さげね。フランボワーズと言うのは、ラズベリーのことらしいわ。なんか、自分の中のオシャレHPがぐんぐん上がっているわ。

 

と言う訳で、休日の朝、ブレックファストはグリエのクロワッサンとフランボワーズ入りのコンフィチュール。ミルクが入っているグラスは、ワンカップ酒だったことは、ここだけの秘密よ。

 

次の日のブレックファストは、ロックフィールドのライ麦パンとフランボワーズ入りのコンフィチュール。
うん、なんか私のオシャレ偏差値が、めちゃくちゃ上がったわ。やっべ、私、この調子でガンガンオシャレ偏差値上げたら、オックスフォード大学のオシャレ学科とか、入れちゃうんじゃないかしら?

 

ケーキも買ってきたわ。もっと高いのかと思ったら、きちんと仲宿価格なのが嬉しいわ。

 

なんかよくわからない名前のケーキと

 

チーズケーキ。いや、スフレって言うんだったわ。いけねぇいけねぇ。



 

ケーキについて、私が味に言及するのは、止めたほうがいいと思うので、味はあの繁盛っぷりで、想像してみることをお勧めするわ。

私は、スイーツに関しては、かなり雑な感想しか述べられないほど、スイーツ偏差値の低い女・・・。大酒飲みって、損よね。

 

それでも雑に味の感想を述べるとすれば、甘すぎず上品な味で、飲兵衛の私でも美味しいと思ったわ。それ以上の感想は、申し訳ないけれど、私のボキャブラリーでは、伝え切れないわ。

B食店情報
・店名 : ルポンデザミ(るぽんでざみ)
・ジャンル : スイーツ-洋菓子
・住所 : 東京都板橋区仲宿49
・TEL : 03-6905-7613
・定休日 : 不定休
・最寄り駅 : 板橋区役所前
・友人・同僚 / デート / 接待 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2016年12月2日(金曜日)
   
 

久々に盟友キャシーと飲むことになって、あと板橋のご近所さんのたっきー紹介すっからと言われて、JR板橋駅界隈で飲むことになったわ。

店はあれこれ迷ったんだけれど、私らはデヴなんで、ゆったりとした空間&この季節は魚よね、と言うことで、いずへいさんの同期の桜が料理長を務めるありっ武しかないわよね。いずへいさんの仲間の腕の良さの信頼度は、トリプルA。(スタンダード&プアース)


予約を取りにお昼にお店に行ったのだけれど、ランチタイムになると、この界隈のオヤジ達が、どんどんありっ武に吸い込まれていくわ。JR板橋駅界隈のオヤジ達のブラックホール発見。

 


夜の19時に3人で集合。 

 

鮭とトマトのどこか欧風な美味しい突き出し。


 

やはりお魚は、はずせない。

 

おおお、豪華だ。ディズニーシーだ!

 

エビは、正義だ、ジャスティスだ!!

 

牛のタタキにウニなんて乗っけちゃって、バチが当たりそうなくらいの贅沢な逸品。

 

チーズの量がハンパねえええええーーー。デヴ製造機。

 

優しいふわふわ卵を食べて箸休め。

 

秋の牡蠣フライは、美味しい。間違いない。トリプルA!(ムーディーズ)

 

最後に出て来たアラ汁は、お酒の〆にぴったりすぎる。

 

料理長の芦田さん、ご馳走様でしたーーーー。

B食店情報
・店名 : ありっ武 灯処(ありったけ ともしびどころ)
・ジャンル : 和食-日本料理
・住所 : 東京都板橋区板橋1-50-2 花村ビル2F
・TEL : 050-5796-4318
・URL : http://r.gnavi.co.jp/gcrb100/
・営業時間 : 11:30〜02:00 土 15:00〜02:00
・定休日 : 日
・最寄り駅 : 板橋
・キーワード : 魚/しめ鯖
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2016年11月19日(土曜日)
[ 10:22 ] [ 高島平 ]
   
 

最近、蓮根にハマっているんだけど、蓮根でランチを食べたことって、そう言えばないわねえ。豆カフェにお世話になった人の奥様がいらっしゃるので、ランチを食べに行ってみたいのだけれど、残念ながら土日は休みと言うハードル高き店。かなりやる気のあるオーラを放っていて、気にはなってるけど、平日休みなんてそうそう、取れませんもの。
 

と言う訳で・・・。

 

 

「ぱっくん」 

 

 

実は、密かに有名な納豆ピザ。 

 

ピザに納豆、うん、チーズも納豆も醗酵食品だから、合うかもしれないわね。

生地が昭和風。生地とチーズの間にきざんだ玉ねぎが、入っているのも昭和風。

 

 

ナポリタン。

喫茶店にありがちなナポリタン。粉チーズをかけていただく典型的な正しいナポリタン。でも私は、粉チーズは、嫌いなので、かけないわ。

 

〆の穀類、オムライス。

平べったくて、独特のフォルムをしていてよ。

 

最後は、アイスティーで、ご馳走様でした♪
 

コーヒーとバターとケチャップの香のする喫茶店って、その場にいるだけでも、わくわくしてしまうわよね。

B食店情報
・店名 : ぱっくん(ぱっくん)
・ジャンル : カフェ・喫茶
・住所 : 東京都板橋区蓮根2-19-17
・TEL : 03-3965-6442
・URL : https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132205/13111404/
・営業時間 : 10:30〜22:00
・定休日 : なし
・最寄り駅 : 蓮根
・キーワード : チーズピザ
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2016年11月13日(日曜日)
[ 12:43 ] [ その他板橋区 ]
   
 

甘い物はそれほど得意じゃないけれど、飲んだ後にプリンを食べると次の日の二日酔いが楽であることを発見したので、最近、少しはデザートを食するようになったわ。

そしたら、板橋女子仲間から、板橋区内の難しい名前の洋菓子店に行くから、一緒に行こうと誘われたわ。女子に生まれたからには、高級洋菓子店の一軒くらい行っておかなくちゃだわ。

 

お、おう、いきなり1バイト文字でお出迎えね。

 

幻のチーズケーキって、自分で作っておいて「幻」って・・・。

 

黒板アートだわ、上手すぎる。

 

なんだか、港区赤坂の風が吹いてない?おかしい、確かに小竹向原のはずなのに。なぜかどこかで時空が曲がって、赤坂に来てしまったようで、焦るわ。

 

よく商店街で、おばーちゃんが引っ張ってるかばんが入り口に止めてあるのを見かけて、ちょっとホッとしたわ。ああ、やっぱりここは、板橋区ね。
 

 

店内もキラキラしていて落ち着かないわ。

 

結局、プリンを二個お買い上げ。

 

いたるところから、シェフの顔が出てきて、どんだけ自分大好きなのよ。

 

なんか偉そうなプリンの割に、フタは紙のみ。それもまた高級感。

 

いただいてみると、確かに食感が高そう。うーん、マイルドで、優しく甘く確かに美味しい。あちこちに自分の顔をちりばめたくなるのもわかる美味しさ。


 

ホームページにある総合店長の岡田さん。ご一緒に写っていらっしゃると言うことは、ご夫婦なのかしら。いいなぁ。

私も米屋さんか酒屋さんかカレー屋さんかイタリアン料理店の料理する人と結婚したいわー。

B食店情報
・店名 : エコール・クリオロ(えこーる・くりおろ)
・ジャンル : スイーツ-洋菓子
・住所 : 東京都板橋区向原3-9-2 サントスビル 1F
・TEL : 03-3958-7058
・URL : http://www.ecolecriollo.co.jp/
・営業時間 : 10:00〜20:00
・定休日 : 火
・デート
B食店ページへ

2016年11月5日(土曜日)
   
 

今年も行って来たわ。マナカマナ研修旅行2016!

去年の様子は、こちら。一昨年の様子は、こちら

もう、毎年恒例になりつつある行事、マナカマナ社員研修!今回の目的は、

「海と寿司!」 


 

朝、集合場所の池袋ファミリーマートで会った瞬間から楽しそうな従業員の皆さん。

添乗員さんが、おそるおそる、「すみませーん、日本語話せる方いらっしゃいますかー」と言ったら全員が「みんな大丈夫です」と口々に言ったのが印象的。

 

前日まで台風だの雨だの言っていたのに、この日は晴れ!さぁ、出発!

 

途中の休憩の友部SA。

とりあえず、何にでも納豆入れておけばいいという発想が、茨城ぽい。

 

嬉しそう・・・・。

 




さて・・・・

 

ひたちなか海浜公園に到着。
 

 

コスモス、まだ、まばら・・・

 

例年なら、真っ赤なはずなコキアも、今年は、暑くてなかなか赤くならず。

 

 

それはそれで、晴れて青い空のもと、写真撮影に勤しむ従業員の皆さん。

 

皆さんご自慢のカメラの使用方法を細かく指導する同行したカメラマンさん。

 

公園内の日本の古民家を見ても嬉しそう。

 

ネパールでは、似たようなおうちが現役であるそうよ。
 

 

そこに巨大かぼちゃが、大量にごろごろしていたわ!

 

 

 

 

 

 

かぼちゃを見た瞬間に、全員が一斉にテンション高くかぼちゃと戯れだしたわ。かぼちゃでこれだけ盛り上がる民族を初めて見たわ。豊作だと胸が高鳴る遺伝子は、確かに我々日本人も受け継いでいるけれど、この変貌したような喜び方は、すごかったわ。多くの現代日本人が忘れかけていた豊作への喜びを思い出させて下さってありがとう。農耕民族の原点よね。
 

 

そして、寿司!

 

回転寿司食べ放題!

 

実は、ネパールの皆さんは、海なし国なのに、お刺身大好き。

 

普段、カレーばかり食べていらっしゃる皆さんもこの日は、寿司食べ放題。



お寿司が食べ終わったら、お土産物色タイム!

 

 

伊勢で獲れた訳じゃないのに茨城の伊勢海老さん。

どれもこれも美味しそうなのだけれど、海なし県出身の私は、捌けない・・・。

 

海なし県出身の私が買った唯一の茨城のお土産。水戸納豆。

これなら、私でも調理できてよ。

 



大洗明太子パーク!

 

 

氷川きよしって、意外と仕事選んでないよね。

 

 

ここでも写真撮りまくり。

 

顔ハメ看板には、必ず顔を突っ込むマナカマナきっての料理人グルン先輩。
 

<参考>去年のグルン先輩

 

ちょっと背が届いていないとこがかわいい。






最後は、梨狩り!

 

梨食べ放題って言っても、そんなに食べられるものではないわ。

 

当然だけれど、皆さん、手捌き素晴らしい。梨は、私も皮むき得意よ。


 


池袋に帰って来たわ。

 

皆さんで、池袋のサグ−ンで、お食事。回転寿司食べ放題で、梨食べ放題で、まだ食べるのかよ!って皆さんペロリと平らげてしまって(含む私)、カレーは別腹♪ マナカマナの皆さんが美味しいと認める池袋のサグーン、確かに美味しいわ。

 

なんだかんだ言って、とても楽しかったわ。はとバスツアー池袋発のひたちなか海浜公園と回転寿司食べ放題の旅、大変お勧めよ。水戸納豆しか買って来なかったけど。

 

<おまけ>

 

ひたちなか海浜公園で、ハラペーニョを買って嬉しそうなグルン先輩の奥様。

 


 

 

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ