記事
[ 総記事数:1076件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2017年2月26日(日曜日)
[ 05:35 ] [ 板橋区役所界隈 ]
   
 

どーしても腹が減ってしまって、ガッツリランチが食べたくなったら

 

カフェ モカ! 

 

そもそも、周りのマッチョ系役所(警察署、消防署)の熱くたぎる男達相手に食事を出していたら、いつしか盛りが止まらなくなってしまって、気が付いたら、デフォルト普通盛りが、この量になってしまったって言うのが、ステキ過ぎる。

アルデンテとは、程遠いこの昭和なミートソース。マ・マーという言葉が脳裏をよぎってよ。

 

ここにサラダ

 

スープまで付いてしまうと言う大サービスっぷり。

普通の喫茶店の価格で、これはお得過ぎるわよね。

 

味は、クラシカルなミートソース。正統派な正しい昭和!


 

サンドイッチもなかなかの具の量。


喫茶店って、滅多に入れなかったし、憧れだったわー。刑事ドラマ観ながら、「大きくなったら、喫茶店に入って、あれ食べよう、これ食べよう」って想いを巡らせていたのに、大人になったら、喫茶店があまりなくなってしまって、哀しいわ。今なら、喫茶店に入れる財力あるのになあ。
 

バターとコーヒーとタバコの香漂う店内で、そんなことを考えるのもまた贅沢な時間ね。

B食店情報
・店名 : カフェモカ(かふぇもか)
・ジャンル : カフェ・喫茶
・住所 : 東京都板橋区板橋2-64-10
・TEL : 03-3964-9143
・URL : http://ameblo.jp/oharan/entry-10083525150.html
・営業時間 : 8:00〜
・定休日 : ?
・最寄り駅 : 板橋区役所前
・キーワード : モーニングあり/大盛り
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2017年2月25日(土曜日)
[ 11:46 ] [ 大山界隈 ]
   
 

食べログ1位のカレー屋さんに突撃しましょうと、近隣のカレー好きの方々と予約を取って、突撃して来たわ。

群馬県に越してしまったバブーさん(バングラディシュカレー、シナモンの元店主)の跡地のシマラン。シェフは元アールティーとか聞いたけど、ごめんなさいねえ、その界隈、私の活動エリアから、はずれているわ。(ちなみに、バブーさんは現在お子様二人と美人妻と栃木で働いているわ。板橋区に戻りたがっているわ。)

メニューを見たら、みまごうことなき、典型的な北インド。インドダーワー以来の正統派北インド。気持ちいいくらい北インド。熟女には、ちょっと厳しいかもだわ。

 

サラダには、インドのかけらはあまり見られず。

 

シーク・カバブ。スパイスの使い方が、ナシームさんに似てる。肉々しくて、肉汁が出てるわ。若い頃だったら狂喜乱舞な味。

(ナシームさん・・・以前スワガットで働いていたビハール料理なら、この人!と言う天才シェフ。現在は、群馬県で仕事をしている)


 

パコラ。パコラ自体は、普通だけど、このチャットニー。確かに実力あるわ、ここ。メニューのカレーを見ても北インドのこってりだけど、美味しそう感がびんびん、伝わるもの。

 

チーズナン。普通に美味しいわ。

 

本当は、カレーも欲しかったけど、せっかくなんでビリヤニ。

 

ライタもちょっと感じさせるものがあるわ。

 

ライタをかけていただきます。うん、バスマティ米の香がいい。炒めたタイプだけど、十分美味しいわ。

 

最後にデザート。思ったほど甘くなくてよかったわ。


 

金曜日の夜だと言うのに、ずっと私達3人だけで、ちょっと心配になったけど、病院も近いし、関係者が来るわよね。確かに実力はあるわ。今回は、あまり食べられなかったわ。悔しいけれど、このカレー激戦区で、食べログ評価1位になるだけのものは、あるなあと思ってしまったわ。

ただ、知り合いがランチに行った時は、あまり美味しくないとがっかりしていたことがあって、多分このお店は、ランチよりもディナーでその実力を発揮するタイプのお店じゃないかしら。美味しいお店って、ディナーでその手腕を発揮することが多いから。

久々に本格的で実力派の北インドを食べたわ。あまり量は食べられないけど、かなり満足。

 

北インドを堪能した後は、南インドを食べたくなるのが、人情と言うもの。大山に南インド料理で有名な店から独立したお店が去年オープンしたので、近日中に突入して来なくちゃ。寒いと、あまり外食したくなくなるのよねえ。年度末で忙しいのもあるけど。

B食店情報
・店名 : シマラン(しまらん)
・ジャンル : カレー
・住所 : 東京都板橋区大谷口上町29-1
・TEL : 03-3554-4399
・URL : https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132203/13169541/
・営業時間 : 11:00〜15:00 17:00〜22:30
・定休日 : 日曜日
・最寄り駅 : 大山
・キーワード : ランチ営業
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2017年2月24日(金曜日)
[ 23:45 ] [ 大山界隈 ]
   
 

ミャンマーシャン族パーテーの後は、キネマと言うネパールの納豆を食べるアナザー納豆民族ネパール料理を食べに近所のマナカマナへ行って、高野秀行さんと写真撮って、ミャンマーの納豆の作り方の興奮を持ち込んで、店主の斉藤さんにその感動を伝えたわ。

店主の斉藤さんは、高野さんの出版記念パーテーに参加して、名刺交換している仲。納豆民族の繋がりってすごいわね。

 

パーテーでお腹は満たされていたけれども、何だか今度はネパールの素朴な味が食べたくて、小魚のアチャール。節分豆の食感がいい感じ。アツアツのご飯と食べても美味しいわね、これ。

 

グンドゥリュックのアチャール。

最近、デイリーポータルZで紹介されたグンドゥリュックですが、しっかりマナカマナの店主、斉藤さんも出てます。出てますと言うか、主役です。ちなみにライターの馬場さんは、ときわ台で暑苦しい飲み屋さんやってます


 

アジアの納豆にハマったので、斉藤さんに教えてもらったアジアンな納豆をつくってみたわ。私でも作れちゃう簡単な納豆。

 

紫納豆にパクチーとレモン汁と塩を入れて混ぜる。

うん、それっぽい。アジアンな納豆だわ。納豆の可能性って広いわね!

B食店情報
・店名 : マナカマナ(まなかまな)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都板橋区大山東町59-20-2F
・営業時間 : 11:00?15:00/17:00?22:30(LO)
・定休日 : 無休(年末年始以外)
・最寄り駅 : 大山
・キーワード : ネパール・インド料理
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2017年2月15日(水曜日)
[ 10:41 ] [ 大山界隈 ]
   
 

なぜか、大山のグリーンホールで、ミャンマーのシャン族の70周年記念式典が行われると言うわ。なんで板橋?なんでグリーンホール?なんでプロレス会場?

と言う数々の疑問の中、なんと、謎のアジア納豆: そして帰ってきた〈日本納豆〉」の著者、高野秀行さんが、講演すると言うわ。先日もテレビでお見かけしたばかり。なんで板橋に?なんて、タイムリー。

 

私の周りのアジア料理仲間達の間でも、熱い本!

私は、個人的には、ネパールの納豆のキネマに非常に興味を持ったのだけれど、ミャンマーの納豆料理も出るらしいと聞き、同じ納豆民族として、出かけなければいけないわね。前売りチケット1500円。予約して突撃よ。

 

70周年を迎えるお祭りと言うことで、正装で写真を撮っているシャン族の皆さん。どことなく嬉しそうなオーラが漂ってくるわ。
 

 

 

すごい量のミャンマー・シャン族料理がずらり。

シャン族料理と言うと虫とかも出されるのかしら?と子供の頃、イナゴ獲って、茹でて、羽ちぎって、乾して食べてた私は、密かに楽しみだったのだけど、虫類は、なし。

 

おお、これかあ。納豆料理。高菜は、醗酵させないタイプでした。

 


それ以外にも

 

 

 

 

 

 

 

なんかどことなく日本料理と親和性が高そうな。。。

大豆民族なのかしら。豆腐もあるのね。

高菜がふんだんに使われていて、なんて言うか、長野県みたい。虫も食べるし。(うちは長野じゃないけど、イナゴは食べてました)

いつも思うんだけど、アジアの山岳地帯って、医療が発達してれば、絶対長寿な場所になりそう。

ちなみに、シャン族の詳しい説明は、こちら。日本人に似ているわ。言葉は、タイ語ぽいわ。

 

最新IT技術を駆使した国旗掲揚。

そして、国家斉唱。国家、みじかい!


 

そして、ノンフィクションライター、高野秀行さんの講演。

 

シャン族の村で、納豆を作っている動画鑑賞。なんと、藁じゃなく、シダから作るのね。観ながら、色々な葉っぱで納豆作り試してみたい、と思ったのは、ここだけの話。子供の頃から、人がやっててうまくいくと、自分もやりたくなるタイプの子でした。 

 

なお、この日一番個人的に気に入ったのは、このシャン族のうどん。米麺に薄いスープに色々なトッピング。

 

非常にアツい一日だったわ。


ちなみに、この日の料理は、曙橋:ゴールデンパガンと高田馬場:ノングインレイ作だったようよ。今度行ってみて、ゆっくり食べて来ようっと。
 

式典楽しかったので、また来ます。衣装もきれいでした。ご馳走様でした。

2017年1月30日(月曜日)
   
 

 

板橋界隈の(物理的に)大きな仲間達が忘年会を開くから、来ないかって、お誘いを受けたわ。キャシーQTたっきー、と嗜好が同じような連中が集まるわ。

場所は、焼き鳥の名店、駒八の跡地の「やきとんやんぐ」! 

 

酒に合う味付けの煮込みを食べつつ、歳を重ねても変わらない我らの味覚に万歳!

 

ポテサラをつつきながら、「前の駒八のほうが、ポテサラは好みだった」とか、言いながら、ソースをかけて…

 

デヴ大好きチーズラザーニア!

 

今流行りのパクチー使用のザーサイ。デヴ達は、味が濃ければ濃いほど酒が進むので、減塩とか健康志向とかとは、180度逆の方向へ飛び出すわ。

 

私がリクエストしました、ハムカツチーズ。この手の料理がデヴ達は大好き ハート揚げたハムカツの間にチーズがとろ〜り、なんて、イケナイ食べ物よね。

 

これも私がリクエストしたにんにくオイル漬け。だって、年末だって言うのに3連休も出勤だったんだもの。おばさんも、エナジーを供給させてよ。


 

 

食べてたらそこに 

nonchさんあまおっさんさみーさん  

ラーメン野郎ども、乱入だぜ! 

 

カツ煮を突きながら、大塚だの十条のB級グルメの名店の話に花を咲かせてたら、常連さんと思しき方がこちらを見て、うんうんと、頷いていらしたわ。

 

味の好みが似ていると、話題も似てくるものね。

 

ここで、焼き物。焼いても美味しいわ、このお店。

 

焼いた肉+串+チーズと言う、これ以上ないデヴ大好きメニュー!
 

帰りがけ、やんぐの店員さんが、このメンバーのブログをチェックしていたのがわかって、大興奮だったわ。

こってりとした面々による、こってりとした忘年会は、2016年と共に終わったわ。また会いましょうねー。(できれば板橋区で)

B食店情報
・店名 : やきとんやんぐ(やきとんやんぐ)
・ジャンル : 居酒屋
・住所 : 東京都板橋区板橋1-20-1 大橋ビル 101
・TEL : 03-5944-2990
・URL : https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132201/13193380/
・営業時間 : 17:00〜24:00
・定休日 : 木
・最寄り駅 : 板橋/新板橋
・友人・同僚 / デート / 一人
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ