記事
[ 総記事数:1613件 ] [ RSS2.0 ]
2007年3月31日(土曜日)
[ 11:41 ] [ 岐阜県 ]
   
再び、大垣の話に戻ります。

「楽天トラベル」で、一番安かった宿を検索して、そこにとまったのですが、楽天トラベル価格で、1泊4400円でした。

そして朝食が無料。

あまり、期待はしていなかったのですが、喫茶店のモーニングサービスが充実している当地では、ホテルのモーニングバイキングも例外ではありませんでした。

今日は、そのホテルの宿泊者には無料のモーニングバイキングをご紹介します。

・サラダ
・ハム
・フルーツポンチ
が、とり放題です。
朝の活力元。

パンとゆで卵。
飲み物も、充実しています。

これが、宿泊料4400円に込められているとは、侮りがたいです。

PS。
昨日、ネットサーフィンしていたら、もっと侮りがたいホテルを発見しました。
岡山、松江、米子にお泊りの方、必見です。
http://www.universal-group.co.jp/

1泊2食付で、この内容?と、びっくりしました。
2007年3月30日(金曜日)
[ 09:55 ] [ 岡山県 ]
   
[関連したBlog]

一味をつけて、しょうゆ味のかきおこをいただきます。

Hotですね〜。
辛いもの好きな方は、これがいいでしょう。

しょうゆ味のかきおこ、まだ残ってます。

牡蠣の断面が見えますね。

お次は、山椒で、いただきます。

個人的には、これが一番好きでした。

香りがとてもよいのです。

牡蠣がまだある・・・

(大)にして、よかったです。

ソースでも、いただきます。

牡蠣の香りが、ソースの香りに負けてしまって、牡蠣を味わうなら、醤油の方がいいとおもいました。

次回いくときは、醤油でいただきます。

・・・というわけで、かきおこシリーズはひとまず〆です。
2007年3月29日(木曜日)
[ 10:04 ] [ 岡山県 ]
   
[関連したBlog]

焼けてきたところで、店主の親父さんが言いました。

「ウチのお勧めは、かきおこを2つに分けて、片方を醤油で、片方をソースで食べることです。」

素直に、それに従い、そうしてもらうことにしました。

2つに分けています。
焼けて、出てきました。

しょうゆ味のほうの、「かきおこ」です。
「最初は、何もつけずに召し上がってみてください。」
と、親父さんから言われたので、そのとおりにしました。

これでもいい味わいです。

しかし、さらに味の変化がほしくなりました。
そうこうしているうちに、残り半分にソースが塗られてやってきました。
一味と山椒を出してもらったので、これから自分に合う味を研究してみます。

続きをお楽しみに。
2007年3月28日(水曜日)
[ 10:27 ] [ 岡山県 ]
   
ネタは沢山有るのですが・・・

牡蠣のシーズンがもうすぐ終わってしまいますので、先日食べました、岡山県備前市日生の「かきおこ」をご紹介します。

牡蠣のお好み焼きです。

注)このお店は、インターネットでの広告を遠慮されましたので、B食店情報は出しません、あしからず・・・。

それでは参ります。

牡蠣が多く入った、「かきおこ大 1000円」を注文しました。

まずは、牡蠣とタネを、別々に焼き始めます。
火を通した牡蠣を、タネに乗せます。
その上に豚肉を載せまして・・・
タネをかけて・・・
ひっくり返しました。

焼きあがるまで、もうしばらくお待ちください。
2007年3月27日(火曜日)
[ 21:26 ] [ B食倶楽部オフ会 ]
   
[関連するオーダーを見る]

角煮を仕込んでいた写真を撮っておりました。

角煮・・・とても好評で、おいしかったのですが、作られたひとむさんによると、作るのに5時間かかったそうです。おいしいわけです。
もちろん、材料もいいのもあるのですが・・・。
で、未公開の角煮の写真をさらに1枚。

とろける脂身。

引き締めるマッシュポテト!
桜さんが持ってこられた「たちばな原酒」の解説です。

クリックして、拡大してご覧ください。
稲庭うどん入りトン汁です。

具が多くて、さすがのみやじ豚も押され気味ですが、いい味でした。
デザートのアイスクリームも残り少ないです。

・・・と言うわけで、3月のB’sキッチンのレポートでした。

また、時間とお金を作って、参りたいと思います。
そのときは、皆さんよろしくお願いします。

当日お料理をしてくださった、ひとむさん、奥様、708さん。
おいしい豚肉を下さった、みやじ社長。
この会をセッティングしてくださった、B食倶楽部編集部のyossyさんとくーさん。
おいしいお酒と楽しいお話をしてくださった、Kilazさんと桜さん。

皆さん、ありがとうございました。
2007年3月26日(月曜日)
[ 08:00 ] [ B食倶楽部オフ会 ]
   
[関連するオーダーを見る]

つづきまして、マッシュポテトとみやじ豚の角煮に参ります。
角度を変えて・・・

脂身を程よく含んでいるのがお分かりでしょうか?
分解してみました。

実際食べてみて、この角煮は脂身が旨いと思いました。

708さんにお伺いしますと、

「飲食店が出す計算方法で、値段をつけたら、1800円くらいはする」

とのことでした。

それくらいの価値はあるかも・・・と思ったものです。
日本酒、「竹鶴」をいただきます。
このように、美しい色がついています。

おいしかったです。
2007年3月25日(日曜日)
[ 10:57 ] [ B食倶楽部オフ会 ]
   
[関連するオーダーを見る]

昨日ご紹介した、B食倶楽部編集部の方ご持参の、ワインの裏です。
今日は、にんじんのマリネに注目です。

隠し味として、みりんと甘酢があったのです。
左が甘酢。

右がみりんです。
みりん、そのまま味わってみたのですが、とてもフルーティで、もっと呑みたかったです。

ハコの裏を撮りました。
みりんのメーカーは、こちらです。
2007年3月24日(土曜日)
[ 14:50 ] [ B食倶楽部オフ会 ]
   
[関連するオーダーを見る]

こちらは、B食倶楽部編集部のyossyさんとくーさんが買ってこられたワインです。

頂きマース。
ラベルは、これ!
そして食べるのは、ソーセージとにんじんマリネです。
普通のソーセージは、1kgの肉から1.3kgのソーセージができるそうです。
いかに、他のものを加えているか、わかります。

この、「ハム工房ジロー」のソーセージは、そんなことないそうですよ。
ソーセージには、ビールも欠かせません。

ビールも大量消費した夜でした。
2007年3月23日(金曜日)
[ 10:18 ] [ B食倶楽部オフ会 ]
   
[関連するオーダーを見る]

サルシッチャの断面をごらん頂きましょう。

本場イタリアでは、断面が真っ赤なのだそうです。(イタリアで修行された708さん談)
・パンチェタのスープ

に参ります。

これが、ベーコンの状態のパンチェッタ(豚のお腹の肉)ですね。
スープを煮込んでいます。
こちらが頂いたスープ。

野菜も旨いです。
特筆すべきは、この豚肉の脂身。

とても甘いのです。

いつまでも、噛んでいたくなりました。

さすがは、みやじ豚!
2007年3月22日(木曜日)
[ 09:54 ] [ B食倶楽部オフ会 ]
   
[関連するオーダーを見る]

再び時間を戻しまして・・・サルシッチャ(生ソーセージ)を詳しくごらんいただきましょう。

奥が、708さん作、手前がひとむさん作のサルシッチャです。

スパイスの加減と、肉の部位を変えて、2種類作られたそうです。

これはまだナマの状態です。

焼きます。

ソーセージ、ときたらビールは欠かせません。

見ている段階で、喉ごっくんです。

この上に、サルシッチャをのせたわけです。

中央にからし菜とわさび菜、脇を固めるのはトマトです。

全て、朝採れです。

頂いた、サルシッチャです。

縦においているのが、ひとむさん作。

横の2本が708さん作です。

いずれも味は微妙に違いましたが、おいしかったです。

旨みがぎゅっと詰まって、ほどよい脂が含まれ・・・

「これ、売ったら高いだろうな・・・」と思ってしまいました。

まだまだ続きます。
2007年3月21日(水曜日)
[ 09:46 ] [ B食倶楽部オフ会 ]
   
[関連するオーダーを見る]

お酒の続きです。

焼酎の原酒「たちばな」!

豚肉料理に合うだろう、ということで、桜さんが持ってこられました。

ワイングラスに入っていますが、そこは目をつぶってください。

これを飲んで、芋焼酎に目覚めた、と言う友人を知っていますが、今まで私はこれを呑んだことがなかったのです。

今回初めて頂くことができまして、思いっきり友人の話に納得しました。

ご馳走様でした。
・パンチェタのスープ
です。

「パンチェッタ」とは、豚のおなかの肉のことだそうです。

脂身たっぷりの豚肉が見えるのがお分かりでしょうか。

しかし、この脂身、とても甘くておいしいのです。
・角煮&マッシュポテト
です。

この角煮も、脂身がたっぷりで、こんな旨い角煮はめったに食べたことがありません。

もちろん、パンチェッタも角煮も、「みやじ豚」です。
・豚汁うどん
です。

ただのうどんではありません。
稲庭うどんでした。

もちろん豚肉は、みやじ豚!

なんと贅沢な!
デザートの

・小豆アイス

です。

どれも程よい甘みで、もっと食べたかったです。

・・・以上が、B’sキッチンの内容です。

明日からは、さらに掘り下げて、これらの料理をお送りします。
2007年3月20日(火曜日)
[ 12:42 ] [ B食倶楽部オフ会 ]
   
[関連するオーダーを見る]

昨晩、東京から帰宅しました。
大津からだと、大体9時間かかりますね。普通列車と快速列車だけを使うと。

しかし、それだけの労力をかけて行った甲斐がありましたのが、先日16日のB’sキッチンでした。

豚肉があんなにおいしかったなんて!!
と感動できた夜でした。

メニューはこちら。
・サルシッチャ&朝とれ野菜
・パンチェタのスープ
・角煮&マッシュポテト
・ハム工房ジローのソーセージとにんじんのマリネ
・豚汁うどん
・小豆アイス


今日、明日くらいで、会の全体をご紹介し、その後個別の料理をレポートしたいと思います。

まずは、エビスで乾杯!
上に乗っかっているソーセージが、サルシッチャです。

トスカーナ風生ソーセージのことをサルシッチャというそうで、それを焼いたものが野菜の上に載っています。

野菜は、朝採れ野菜。

トマトとわさび菜、からし菜です。
今回、豚を頂いた、株式会社「みやじ豚」 代表取締役 みやじさんのお土産、「ハム工房ジローのみやじ豚ソーセージとにんじんマリネ」。

みやじ豚について、くわしくは、こちらのひとむさんのブログを。

http://www.b-shoku.jp/modules/wordpress/?author=418&p=82978
お酒も、料理にふさわしいお酒の数々が登場しました。

日本酒部門からは、Kilazさんが持ってこられた「小笹屋 竹鶴」。

一方、桜さんが持ってこられた焼酎「原酒 たちばな」もありますが、これは明日ご紹介します。

料理もまだまだ続きますよー。
2007年3月14日(水曜日)
[ 12:00 ] [ B食倶楽部オフ会 ]
   
いよいよ、B’sキッチンが近づいてきました。

明日15日に、白昼8時間かけて、東海道を普通列車で行き、東京を目指します。

16日夕方まで、観光と休息をとり・・・16日夕方から「B’sキッチン」参加です。

そのあと18日まで、東京在住の親戚と親交を深め・・・
19日に再び東海道を普通列車で長時間揺られて帰宅します。

ブログ再開は20日の予定です。

B’sキッチン参加者の皆さん、よろしくお願いします。
また、記事も相互TBしましょう。
[ 11:39 ] [ 岐阜県 ]
   
[関連したBlog]

夜も更けてまいりまして、一次会は散会となりました。

続いて、同じ「大八」で、2次会をやりました。
以前少しご紹介しました、大八ラーメンです。

今日は少し詳しくごらんいただきます。

野菜がたっぷりで、辛ウマのスープが絡みます。
麺はこんな感じですね。

酔ったからだには、目が覚めるような一杯です。
先日ご紹介しました「六代目百合」の原酒「風に吹かれて」を飲みました。

「濃いのがすき」とストレートで頂いたのですが、むせ返るほど強い芋焼酎でした。

でも、また飲みたいです。
「風に吹かれて」
のグラスです。

少しでもかなり効きます。

以上で、「大八」シリーズはひとまず終わらせていただきます。

明日から東京に行き、B食倶楽部のオフ会「B’sキッチン」に参加しますので
次回の更新は、20日になります。

まずは、「B’sキッチン」のおいしい料理の数々をご紹介した後、また通常シリーズへ戻ります。

「B’sキッチン」のレポート、お楽しみに。
B食店情報
・店名 : 酒蔵 大八(さけぐら だいはち)
・ジャンル : 居酒屋
・住所 : 岐阜県大垣市南高橋1ー36ー1
・TEL : 0584ー74ー3411
・URL : http://daihachi.info/foods.php
・営業時間 : 18:00-24:00
・定休日 : 日曜日
・最寄り駅 : JR東海道本線大垣駅
・キーワード : こだわりの焼酎が飲める 辛ウマラーメン しじみのスタミナ たこのスタミナ
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

2007年3月13日(火曜日)
[ 10:27 ] [ 岐阜県 ]
   
[関連したBlog]

昨日の写真に少し出てきたこの料理は、「しじみのスタミナ」です。
しじみに、味がしみこんでいます。

汁が味が濃いのですが、この汁に、うどんを入れるとまた旨いそうです。
手元に「しじみのスタミナ」を頂きまして・・・。
一方、こちらはサラダです。
宴会を楽しませてくれた芋焼酎「宝山 芋麹全量」です。

口当たりがよくて、どんどん進んでしまいました。
一方、こちらは昨日ご紹介した、「六代目百合」のボトルです。
少し回転してみました。

クリックして拡大すると、
蔵元がわかるのではないかと。
B食店情報
・店名 : 酒蔵 大八(さけぐら だいはち)
・ジャンル : 居酒屋
・住所 : 岐阜県大垣市南高橋1ー36ー1
・TEL : 0584ー74ー3411
・URL : http://daihachi.info/foods.php
・営業時間 : 18:00-24:00
・定休日 : 日曜日
・最寄り駅 : JR東海道本線大垣駅
・キーワード : こだわりの焼酎が飲める 辛ウマラーメン しじみのスタミナ たこのスタミナ
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

2007年3月12日(月曜日)
[ 11:03 ] [ 岐阜県 ]
   
[関連したBlog]

宴会は続きます。

枝豆です。
どて焼きです。

結構味が濃いです。
マーボ豆腐。

かなり人気でした。
手羽先です。

右に写っているのは・・・明日発表します。
この店では、こだわりの焼酎を飲ませてくれます。

「香りとコクが強い奴を。」
と頼んだら、この焼酎を紹介されました。

かなり濃いです。
B食店情報
・店名 : 酒蔵 大八(さけぐら だいはち)
・ジャンル : 居酒屋
・住所 : 岐阜県大垣市南高橋1ー36ー1
・TEL : 0584ー74ー3411
・URL : http://daihachi.info/foods.php
・営業時間 : 18:00-24:00
・定休日 : 日曜日
・最寄り駅 : JR東海道本線大垣駅
・キーワード : こだわりの焼酎が飲める 辛ウマラーメン しじみのスタミナ たこのスタミナ
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

2007年3月11日(日曜日)
[ 10:16 ] [ 岐阜県 ]
   
時は師走。

岐阜県大垣市で、忘年会をしました。

そのときの料理をご紹介。
まずは乾杯して・・・みんな初対面なのに酒が入ると舌が滑らかになりました。談笑開始。

宴もたけなわのころ、発見したリングです。
料理です。

まずは、豪快に出迎えてくれた、刺身です。

「今日は、いいのが入った。」
との店主談。

真ん中が、クエの刺身です。

まだまだ料理は続きます。

続きは明日。
B食店情報
・店名 : 酒蔵 大八(さけぐら だいはち)
・ジャンル : 居酒屋
・住所 : 岐阜県大垣市南高橋1ー36ー1
・TEL : 0584ー74ー3411
・URL : http://daihachi.info/foods.php
・営業時間 : 18:00-24:00
・定休日 : 日曜日
・最寄り駅 : JR東海道本線大垣駅
・キーワード : こだわりの焼酎が飲める 辛ウマラーメン しじみのスタミナ たこのスタミナ
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

2007年3月10日(土曜日)
[ 10:36 ] [ 愛知県名古屋市 ]
   
[関連したBlog]

さて、運ばれてきた台湾ラーメンですが・・・
具の消費に努めた結果、辛ウマのスープと、もやしと、少しの麺を残すのみとなりました。

最初、口にしたときは、
「こんなに辛いと食べきれないかも」
と不安になりましたが、杞憂だったようです。

辛ウマで、どんどん進みます。
ご覧の通り、辛いスープも残さず、完食いたしました。

小ぶりの器で、満足できるのか?と最初は思いましたが、これで適正な量だな、と思いました。
お店を見渡してみます。

アサヒビール、お店とのタイアップで、がんばっていますね。
キリンビールも負けじとがんばっていました。

◆お店の地図は、こちら。
http://service.seesaa.net/article/35477705.html


明日からは、岐阜県大垣市に行きます。
B食店情報
・店名 : 味仙 矢場店(みせん やばてん)
・ジャンル : 中華料理
・住所 : 愛知県名古屋市中区大須3-6-3
・TEL : 052-238-7357
・営業時間 : 11:30〜14:00(土日祝は15:00まで)、17:00〜翌1:00(金土は翌2:00まで)
・最寄り駅 : 名古屋市営地下鉄 名城線 矢場町駅4番出口
・キーワード : 矢場町 台湾ラーメン 昼間でもやってる
・友人・同僚 / デート / 一人
B食店ページへ

2007年3月9日(金曜日)
[ 10:19 ] [ 愛知県名古屋市 ]
   
[関連したBlog]

いよいよ、味仙の「台湾ラーメン」を食べます。

まずはスープから。

辛さを暗示するかのような、透明のような、そうでないような液体。

一口すすってみます。

「辛いと聞いていたが、たいしたことないやん・・・」
(3秒後)
辛さがやってきました。かなり辛いです。
すぐにからだが暖まりました。

真冬なのに、汗が出てきました。

具です。

・ひきにく
・にら
・唐辛子の破片

でしょうか。

これらも辛いです。

しかし、食べるのをやめようとは思いません。旨いのです。

辛ウマですね。

麺です。

今回も、ラーメンシリーズ恒例の採点をしようかと思いましたが、辛さで味覚がKOされており、麺の小麦の香りが分かりませんでした。

よって、採点は無し、ということで。

麺も、コシはありましたね。

スープの辛さによく合う、麺です。

辛ウマのスープを、夢中になってすすった結果、具と麺が干上がってきました。

負けずにこれらも頂きます。

どんどんからだは暖まり・・・しばらく上着は必要なかったです。
B食店情報
・店名 : 味仙 矢場店(みせん やばてん)
・ジャンル : 中華料理
・住所 : 愛知県名古屋市中区大須3-6-3
・TEL : 052-238-7357
・営業時間 : 11:30〜14:00(土日祝は15:00まで)、17:00〜翌1:00(金土は翌2:00まで)
・最寄り駅 : 名古屋市営地下鉄 名城線 矢場町駅4番出口
・キーワード : 矢場町 台湾ラーメン 昼間でもやってる
・友人・同僚 / デート / 一人
B食店ページへ

2007年3月8日(木曜日)
[ 10:45 ] [ 愛知県名古屋市 ]
   
今日から新シリーズ。

名古屋にやってきました。

目的は、名古屋名物「台湾ラーメン」を食べるためです。

「台湾ラーメンを食べるには、やはり本家といわれるところで食べたい・・・」
とインターネットで調べたところ、
「台湾ラーメンは味仙という店が発祥らしい」
と分かりました。

本店に行こうと思ったのですが、本店は夜しか営業していないようです。
私は事情があって昼間しか名古屋に行けず。

よって、昼間から営業している「味仙 矢場店」に行きました。
目指す台湾ラーメンは、メニューのトップに有りました。
ココは本格的な中華料理店です。

メニューの一部ですが、写真をクリックして拡大してご覧ください。

店内ですが、中国語らしい言葉が飛び交い、まるで亜細亜のレストランに迷い込んだようです。

名古屋にいながら、異国情緒を楽しめます。
この水も独特ですね。

このビンが沢山冷やされていて、1グループに一つ、コップと一緒に配られます。
こちらが、やってまいりました「台湾ラーメン」。

お箸の大きさと比べてください。
やや、小さめであることにお気づきでしょうか?

しかし、これで十分であることを、思い知るのでした。

味のレポートは、明日に続く。
B食店情報
・店名 : 味仙 矢場店(みせん やばてん)
・ジャンル : 中華料理
・住所 : 愛知県名古屋市中区大須3-6-3
・TEL : 052-238-7357
・営業時間 : 11:30〜14:00(土日祝は15:00まで)、17:00〜翌1:00(金土は翌2:00まで)
・最寄り駅 : 名古屋市営地下鉄 名城線 矢場町駅4番出口
・キーワード : 矢場町 台湾ラーメン 昼間でもやってる
・友人・同僚 / デート / 一人
B食店ページへ

2007年3月7日(水曜日)
[ 07:38 ] [ おうちゴハン ]
   
うどんつながりで、今日もうどんの話を。

福岡出身の方から、「博多うどん」のツユの素を送っていただきました。

大事にとっておきましたが、ついに開封です。

裏の能書きを見ますと・・・

「本品はいりこ、かつお、長崎県産あごの材料でだしをとった風味豊かな博多うどんスープです。かけそばにもご使用いただけます。」
とのこと。

早速、薄めて使います。

ぐらぐら沸かすうちに、だしのいい香りが台所に漂い始めました。

味わってみます・・・。ダシが利いていて、本格的です。

なんだか、これさえあれば私でもうどんやさんがすぐに開業できそうな気がしてきました。・・・大いなる錯覚ですが・・・。

それくらい、香りがよくて、味がよかったのです。

これ、博多駅で売ったら、売れるでしょうね。


おいしかったです。

ありがとうございました。
B食店情報
・店名 : 宮島醤油株式会社(みやじましょうゆかぶしきかいしゃ)
・ジャンル : 和食-うどん・そば・麺類
・住所 : 佐賀県唐津市船宮町2318番地
・TEL : 0955-72-3821(お客様相談室 月曜縲恚燉jの09:00?17:00)
・URL : http://www.miyajima-soy.co.jp/
・キーワード : 博多うどん うどんツユ
B食店ページへ

[ 07:29 ] [ B食倶楽部オフ会 ]
   
[関連したBlog]

前から気になっていた、B食倶楽部のオフ会、「B’sキッチン」に、初参加させていただこうと思います。

期日は3月16日(金)。
このオフ会は、みんなで料理をしながら、おいしいものを食べる会です。

懸案だった旅費も、青春18きっぷがあるので、あまり気になりません。

16日の前後の期間は、東京に行ってこようかと思います。
2007年3月6日(火曜日)
[ 09:52 ] [ 岡山駅の中 ]
   
岡山駅で、乗り換えの新幹線までに時間があったので、新しくできたうどん屋さんに行きました。
かもがたうどん、とのこと、気になりますね。
かき揚げうどんを頂きました。
めんは、弱いながらもしっかりとコシがあり、おいしかったです。

ツユは、博多の「かろのうろん」ほどダシの味と香りは強くなかったですが、しっかりとあり、薄味で仕上げていました。
お値段と味に満足しまして、ツユまで飲んでしまいました。
2007年3月5日(月曜日)
   
さて、高知からの帰路、岡山駅に立ち寄りました。

岡山出身の方から、
「岡山は、大手まんぢゅうがおいしい」
と聞いていましたので、買ってみました。
外箱がこちら。
この内箱に、1つ1つ入っております。


開封したところ。
それでは頂きます。

あんこがたっぷりです。

沢山のあんこで固めてあります。

あんこは、甘すぎず、といったところです。

大きさを比較するものを写していなかったのですが、指2つか3つに乗るくらいの大きさで、一番小さい箱を買っても、どっしりと重いです。

あんこの好きな方にはいいでしょうね。
B食店情報
・店名 : 株式会社 大手饅頭伊部屋(かぶしきかいしゃおおてまんぢゅういべや)
・ジャンル : スイーツ-和菓子
・住所 : 岡山県岡山市京橘町8-2
・TEL : 086-225-3836
・URL : http://www.ohtemanjyu.co.jp/ohsyo/ohsyo.html
・最寄り駅 : JR岡山駅の売店 他HP参照。
・キーワード : 岡山 あんこ おおてまんじゅう
B食店ページへ

2007年3月4日(日曜日)
[ 12:04 ] [ ノンジャンル ]
   
高知ネタは、昨日で終わりと書きましたが、一つ小ネタが残っていたので、今日はそれを。

ホテルNo.1高知から、歩いていける距離に美容室(理容室?)があって、写真はそのお店のマークなのですが、思わず一人でこの人物に向かって、突っ込んでしまいました。

「あなた、誰かに似てるって言われたことないですか?」
2007年3月3日(土曜日)
   
[関連したBlog]

今日もホテルNo.1高知 朝食バイキングのレポートの続きです。

昨日ご紹介した写真が全てではありませんでした。

さらに右によると・・・飯の友がずらり。

たくあん、つけもののほか、煮干が食べたい人は炭火であぶることもできます。
もちろん、ご飯も有ります。
・・・で、この日の私の朝食はこちらです。

昔は、バイキングとなるとイヤというほど取って食べたのですが、今はカロリーを気にして、また昼食のことも考え、これくらいにしてあります。

しかし・・・ビーフシチューはお替りしました。
そうそう、朝はパンと珈琲が欠かせない、という人も見逃せません。

しっかりとパンも珈琲もあります。

珈琲は写っていませんが、この写真の右側にあったと思います。

右の白いハコの中で、珈琲カップが暖められていて、アツアツのカップを手にすることができます。
朝からビールを飲むわけでは有りませんが・・・

ココは夕食も食べられるのですが、サントリーの旨いビールが飲めるようです。


以上で、長く続きました高知シリーズはいったん〆となります。

また、高知には行きますので、次回の取材をご期待ください。

明日は、高知を出まして、岡山駅からのレポートとなります。
B食店情報
・店名 : ホテルNo.1高知 レストランいわい(店名変更)(ほてるなんばーわんこうち れすとらんいわい)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : 高知県高知市廿代町16-8
・TEL : 088-873-3333(ホテル代表)
・URL : http://www.hotelno1.jp/kochi/institution.html
・営業時間 : (朝)07:00-09:00 (昼)11:00-14:00 (夜)17:00-22:30
・定休日 : なし
・最寄り駅 : JR高知駅から徒歩20分
・キーワード : ホテルNo.1高知2階 700円でモーニングバイキング 2011年現在、「さなえ」という店に変わっていて、朝食メニューも変更されている。
・友人・同僚
B食店ページへ

2007年3月2日(金曜日)
   
ホテルNo.1高知の朝食はバイキングです。
まずはトレイにお皿がありまして・・・これに好きなように盛っていきます。
手前がおかゆ、奥がサラダです。
ビーフシチュー、煮物などです。

これだけでも1日30品目はクリアできそう。
焼きそばにマーボ豆腐、味噌汁です。

・・・まだまだあります。明日に続く。
B食店情報
・店名 : ホテルNo.1高知 レストランいわい(店名変更)(ほてるなんばーわんこうち れすとらんいわい)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : 高知県高知市廿代町16-8
・TEL : 088-873-3333(ホテル代表)
・URL : http://www.hotelno1.jp/kochi/institution.html
・営業時間 : (朝)07:00-09:00 (昼)11:00-14:00 (夜)17:00-22:30
・定休日 : なし
・最寄り駅 : JR高知駅から徒歩20分
・キーワード : ホテルNo.1高知2階 700円でモーニングバイキング 2011年現在、「さなえ」という店に変わっていて、朝食メニューも変更されている。
・友人・同僚
B食店ページへ

2007年3月1日(木曜日)
[ 17:42 ] [ ]
   
話はさかのぼりますが、「晩餐亭」に行くときは、たいていホテルNo.1高知に泊まります。

屋上のお風呂でひとっぷろ浴びまして・・・晩餐亭に出撃です。

前回は、明るい時間の高知城しかお届けできませんでしたが、今回は夜の露天風呂に誰もいなかったので、夜の高知城を撮ることができました。
写真をクリックして、拡大してご覧ください。
朝になりまして・・・玄関にあるライオンさんも、今回は撮ることができました。
ライオンさんの由来についても、書いてありました。

同じく拡大してご覧ください。
このホテルにはレストランもありまして・・・。
朝食はそこで頂きました。

明日からは、朝食のレポートです。