記事
[ 総記事数:1613件 ] [ RSS2.0 ]
2005年12月31日(土曜日)
[ 22:24 ] [ ノンジャンル ]
   
ほんの数日前からですが、B食倶楽部でブログを書き始めました。

来年は、もっと美味しい感動を、そして美味しい記事を書けるよう、精進したいと思います。

皆様、よいお年をお迎えください。
   
[関連したBlog]

さあ、皆さん、ラーメンは味わえましたか?
どんぶりに残っていた最後の一滴まで、スープを飲み干す私・・・。
「ぷは〜」

ああ、満足。

それでは、私の独断と偏見で決めた、「さっぽろ純連」の「味噌ラーメン」について、採点をしたいと思います。

<基準>
5:めちゃくちゃ旨い。感動させられた。→めったに出さない評価です。
4:旨い。
3:普通。
2:ちょっとまずい。
1:めちゃくちゃまずい。→過去に、出したことはありません。

(部門1)スープ:評価5。
理由:濃厚な旨み、味の深さ、そして、予想を上回るほどの熱々さで、私を感動させてくれた。なかなか出さない「5」をあげます。

(部門2)チャーシュー(その他、肉類を含む。):評価4。
理由:独特の形に刻まれ、暖められたチャーシューは旨かった。
しかし、私はさらにその上を行くチャーシューを知っている。
その店は和歌山にあります。
残念ながらその店のチャーシューには負けるので、評価は「4」どまりです。
「5」はなかなかあげないものなのです。

(部門3)メンマ:評価4。
理由:味がしみてて、旨かった。
「普通」の「3」にしておくのは惜しいので、「4」をあげます。

(部門4)その他の具:評価3。
理由:その他では、ねぎしかなかった。ねぎは普通だったので、評価は「3」です。

(部門5)麺:評価4。
もう少し、かんすいのにおいがしていたら「3」に、においがひどければ「2」にするところですが、においはあまり気にならなかったし、スープとの相性もよく、旨かったので、「4」です。
小麦の香りに満ちている、など、感動できる材料がなかったので、「4」止まりです。

(部門6)トータルバランス:評価5。
スープが偉大です。全てをまとめ上げて、旨いラーメンに仕立てています。
トータルコーディネイトした力を評価し、「5」をさしあげます。

(部門7)お冷:評価4。
カルキくさい水を出せば、「1」か「2」にするところですが、ここのお冷はカルキくさくなかったし、程よい冷たさだったので、合格です。「4」をさしあげます。

(部門8)お店の雰囲気、営業努力姿勢:評価5
基本的な挨拶はもちろんできていたし、行列に並んだらすぐに注文を聞きに来てくれて、お客さんを不安にさせなかった。
ホームページも充実してる。
希望するお客さんには、お持ち帰り、通販も行っており、これらの努力も評価して、「5」を差し上げます。

(部門9)総合評価(部門1-8の合計を平均。):4.25

以上、私流のラーメン評価でした。
この評価は、随時進化させていきたいと思います。
さあ、お勘定をするとしますか・・・
・・・と、ここで、忘れ物をして、私の後に座ったお客さんに、忘れ物を指摘されてしまいました・・・。
B食店情報
・店名 : さっぽろ純連 札幌本店(さっぽろじゅんれん さっぽろほんてん)
・ジャンル : ラーメン
・住所 : 北海道札幌市豊平区平岸2条17丁目1ー41
・TEL : 011-842-2844
・URL : http://www.junren.co.jp/
・最寄り駅 : 地下鉄南北線澄川駅
・キーワード : 札幌 ラーメン
・友人・同僚
B食店ページへ

2005年12月30日(金曜日)
   
[関連したBlog]

「はい。お待ちどうさま。味噌ラーメンです!」


皆様、お待たせしました。(実際に、お店で待たされたのは、私ですが。)
これが、「さっぽろ純連」の味噌ラーメン(¥735-)です。

割り箸を取る前に・・・れんげを取る前に・・・まずは、写真をよーーくご覧ください。

スープの液面に注目!
特に、写真のどんぶりの「純連」と書かれた「連」の字のあたりに注目!

表面から、数ミリほどの深さで、透明な層があるのがお分かりでしょうか?

「すみれ」の味噌ラーメンもそうだったのですが、これは、スープがあまりに熱々なので、スープの油が溶けて、透明になって表面に浮いているのです。

初めて食べたヒトは、まずこの、スープの熱さにびっくりします。
間違いなく、出されてすぐは、スープが熱々です。舌や口の中をやけどしますので、注意してください。一気に食べ始めないでください。
(それでも私はやけどしてしまった・・・。しかし、この旨さには替えられない。)

それでは、熱々スープから行きましょう。
れんげを取って、すこーしだけ、すくって、味わってみましょう。

少しだけすくっても、「ふーふー」してから、口に運んでください。スープはそれくらい熱いです。

お口の中へ、スープを運び入れる・・・。

ん〜。
深い味です。
濃厚です。

私は関西人なので、どちらかと言うと薄味が好きなのですが、この濃厚な味もOKです。受け入れます。さすが札幌の味。
濃い味です。
しかし、スープは飲み干すことができました。
それくらい、うまみがありました。
さすがに熱かったので、飲み干せたのは終盤に入ってからでしたが。


次はチャーシューです。
ここのチャーシューは、独特の細切れに、刻んで入れてありました。
噛み切る手間が省けて、いいものです。

ラーメンを出されたら、チャーシューを、あらかじめ熱々スープの中へ埋めてしまいましょう。

さあ、これでチャーシューも温まったとおもいます。取り出しましょう。

おお。脂身が透明です。いい感じです。
お口の中へ。
ん〜〜。甘いです。
豚肉の、香ばしい香り。ナイスです。


お次はメンマ。
これもいいです。
カリコリカリコリ。
味がしみこんでいて、スープの濃厚さに負けていません。
風味もしっかりです。


最後に、麺です。
関西は細麺でストレートが主流なのですが、東の方、特に北日本では、太麺で縮れているラーメンが、圧倒的に多いです。
この店の麺も、太い麺で、縮れてました。
濃厚なスープに対抗するためには、このような太い麺がちょうどいいかもしれません。
両者のバランスが取れていると思います。

それでは、熱々のスープに気をつけながら、
「ずず、ずーーーっ」
とすすってください。


ああ、幸せ。どんぶりには、まだ麺がたくさん残ってる。


・・・と、役者の紹介は終わりました。
あとは、彼らの奏でるハーモニーを想像しながら、たっぷりと空想の世界で味をイメージしてください。

今日はここまで。
皆さん、たっぷりと召し上がれ。
B食店情報
・店名 : さっぽろ純連 札幌本店(さっぽろじゅんれん さっぽろほんてん)
・ジャンル : ラーメン
・住所 : 北海道札幌市豊平区平岸2条17丁目1ー41
・TEL : 011-842-2844
・URL : http://www.junren.co.jp/
・最寄り駅 : 地下鉄南北線澄川駅
・キーワード : 札幌 ラーメン
・友人・同僚
B食店ページへ

2005年12月29日(木曜日)
   
[関連したBlog]

さて、皆様、ようやく「さっぽろ純連」につきましたね。

さあ、店の中に入るとしましょう。
あ、扉の前に営業時間の案内が・・・
店の中に入って、覚悟はしてましたが、やはりびっくり。
訪れたのは13時前で、お昼のピークをはずしたつもりだったのですが。
やはり行列。
カウンターの後ろに、待つ人たちが座れるソファーがあるのですが
ソファーに6人くらいすわって、順番を待ってました。
(店内の様子は、ここ(↓)
http://www.junren.co.jp/mainomise.htmを見てください。)

ま、数年前に同じく札幌の「すみれ」を食べたときは、私は1時間行列に並びましたから、覚悟はしてました。普段は行列は嫌いなのですが、せっかくの札幌です。行列ソファに座ることにしました。

・・・と言う私は、実は幸運だったことが、数十分後にわかりました。
なんと、13時を過ぎたと言うのに、私の後ろにさらに30人くらいのヒトが並んでしまい・・・一部の方はお店に入ることすらできなかったのです。
なんという人気。これが普通らしいです。
あの時並んでいた方々!
おつかれさまでした。

さて、お店の中を観察します。
元気のいい
「いらっしゃいませ!」
「ありがとうございました!」
は、頻繁に聞かれました。ま、客商売としては当然のサービスなのですが。

それから、いいと思ったサービスは、
私が行列ソファに座ってすぐ、お店のヒトがオーダーを聞いてくれたことです。
待つ時間も、無駄にはなってない、と安心しました。

私は、味噌ラーメンをオーダーしました。
やっぱり、札幌ラーメンの定番は、「味噌」だと思ってますので。

行列ソファから見上げると、メニューが。

そして待つこと20分、ようやくカウンター席へ案内されました。
まだ、ラーメンは出てきません。

お冷をいただきました。
カルキのにおいがしなくて、よかったです。

店内に漂う、旨そうなラーメンのにおい・・・
そしてその10分後・・・
ついに出てきました。
「おまちどうさまでした!」
と。私の味噌ラーメンが。

すいません、長くなりましたので、この続きは明日にさせてください。
味のレポートを期待されていらっしゃる皆様方、明日までお待ちください。
申し訳ありませぬ。
それでは、放送時間がなくなってしまいました。
明日、またお会いしましょう。
B食店情報
・店名 : さっぽろ純連 札幌本店(さっぽろじゅんれん さっぽろほんてん)
・ジャンル : ラーメン
・住所 : 北海道札幌市豊平区平岸2条17丁目1ー41
・TEL : 011-842-2844
・URL : http://www.junren.co.jp/
・最寄り駅 : 地下鉄南北線澄川駅
・キーワード : 札幌 ラーメン
・友人・同僚
B食店ページへ

2005年12月28日(水曜日)
   
[関連したBlog]

今年11月に有名な「さっぽろ純連」に行ってきましたので、そのレポートをさせてください。
以下の記事は、私のブログ「サービスの眼」に書いたものですが、こちらのブログでも記事を書けるよう、私の練習のつもりで同じ文章を載せています。

それでは、参ります・・・

http://www.junren.co.jp/index.htm

いろいろ書こうかと思ってましたが、あまりに詳しいホームページなので、詳細はこのホームページを見てください。
場所、味、メニューなど、ラーメンの作り方まで(「いいの?」と思った)詳しく紹介されてます。


それでは、出発しましょう。
JR札幌駅から、地下鉄南北線に乗って、真駒内方面へ。
(札幌の土地勘のない方へ。南の方に行きます。)
15分くらいで、「澄川(すみかわ)」と言う駅に着きます。ここで下車。
西側の出口を出ると、少し先に、車が走る道があります。
この道を北へ5分くらい歩いたところに、「純連」はあります。

食べに行った11/19土曜の札幌は、積雪5cm。
歩道はシャーベット状の雪と水で覆われていました。
私の靴はぼろ靴で、2分と歩かないうちに、靴の中に冷たい水がしみこんできました。
空を見上げると、曇天。
雪も降ってます。

気持ちが沈んできました。
自然とうつむいて歩くようになります。

数分間歩いて、
「それらしい店はなさそうだし・・・」
と、思い始めた、そのときです。
うまそうなラーメンのスープのにおいが漂ってきました。
顔を上げると、道の左側に、ありました。ありました。
「さっぽろ純連」


それでは、中に入っていきましょう。

続きは、また明日です。
B食店情報
・店名 : さっぽろ純連 札幌本店(さっぽろじゅんれん さっぽろほんてん)
・ジャンル : ラーメン
・住所 : 北海道札幌市豊平区平岸2条17丁目1ー41
・TEL : 011-842-2844
・URL : http://www.junren.co.jp/
・最寄り駅 : 地下鉄南北線澄川駅
・キーワード : 札幌 ラーメン
・友人・同僚
B食店ページへ

[ 23:41 ] [ ノンジャンル ]
   
今日は、「サービスの眼」
http://service.seesaa.net/
にて、函館から札幌までの特急列車の旅を書いています。
くわしくはこちらへ↓
http://service.seesaa.net/article/11127224.html
[ 00:38 ] [ ノンジャンル ]
   
今日は、「サービスの眼」
http://service.seesaa.net/
にて、羽越線脱線事故のことを書いています。
http://service.seesaa.net/article/11097146.html
2005年12月26日(月曜日)
   
はじめまして。
http://service.seesaa.net/
にて、「サービスの眼」という、世の中のサービスについて考えるブログを書いておりますleavesでございます。
滋賀県大津市出身、在住です。
過去には、大阪市淀川区に7年、宮城県岩沼市に1年在住しました。

それでは、過去に、「サービスの眼」でご紹介した記事を、順にご紹介していきます。

トップバッターは、札幌の、「純連」と言うラーメン屋さんです。
有名な店なので、ご存知の方も多いと思います。
http://service.seesaa.net/article/9702837.html
まずはこちら(↑)をお尋ねください。

いずれ、こちらでも記事を書いていきます。
皆様のお越しをお待ちしております。

B食店情報
・店名 : さっぽろ純連 札幌本店(さっぽろじゅんれん さっぽろほんてん)
・ジャンル : ラーメン
・住所 : 北海道札幌市豊平区平岸2条17丁目1ー41
・TEL : 011-842-2844
・URL : http://www.junren.co.jp/
・最寄り駅 : 地下鉄南北線澄川駅
・キーワード : 札幌 ラーメン
・友人・同僚
B食店ページへ

[ 20:17 ] [ ノンジャンル ]
   
はじめまして。今日登録した leaves です。
みなさまよろしくお願いいたします。
(この記事はシステムによって書き込まれました。)