記事
[ 総記事数:2669件 ] [ RSS2.0 ]
2005年1月2日(日曜日)
   
先日、真駒内の東急ストアでやっと見つけました。
札幌スープカレーが全国で知られるようになって、神戸のメーカーが開発したものみたいです。

はたして、札幌市民の舌に馴染むかな?
らっきょのレトルト同様、スープと具材に分かれています。大きな箱に入っており、見た感じかなり本格的かな?と思わせる印象です。

早速食べてみましたが、なんととうきびの輪切りがゴロンと入っているではないか!
札幌の店でとうきびの輪切りは見たことないなぁ。
北海道=とうきび という見え透いたイメージ戦略を感じずにはいられないのは、道民ゆえの斜に構えた見方なのでしょう。(笑)
北海道の特産物をてんこ盛りにしたじゃがバターコーンみそラーメンを札幌のラーメンだと思い込んでいる観光客みたいなものです。

さて、肝心のスープですが、味のバランスはとれていて地味に美味しい。
でも、カレールーをスープで薄めた味ですね。実際、具材のレトルトには野菜スープが入ってましたし、カレーのレトルトには普通のチキンカレーのルーが入っていました。
そう割り切って食べれば意外と悪くない味ですが、残念ながら札幌スープカレーの味じゃないですね。

札幌スープカレーってどんなイメージか知りたいけど、札幌までいってられないとか、内地に進出しているカレー店の支店までいってられない人向けじゃないかな。