記事
[ 総記事数:2669件 ] [ RSS2.0 ]
2015年2月14日(土曜日)
   
NHKの朝ドラでウィスキーの売れ行きが良くなってるといわれる今日この頃ですが、この記事この記事をみて、私もためしてみました。

Whiskey Elementsとは、ウィスキーを3年熟成させたかのような味わいに変えるものという触れ込みで、樽に使う木を焼いたものをウィスキーのビンに1日漬けて香り付けをするもののようです。
ついでに、2日酔いの成分も吸着する効果もあるとかないとか。

気になったので、買って試してみることにしました。
Whiskey Elementsを通販サイトで注文(Smoke2本/14米ドル)して、届くのを待つこと約2週間。

あらかじめ買っておいたブラックニッカクリアに、Whiskey Elementsを1本取り出し、ビンに入れて1日置いて、比較用に元のブラックニッカクリアの小さいビンを買って、ロックで飲み比べてみました。

なんと、口当たりが変わっています。
しかも、煙くさい香りもついています。
元のウイスキーは、元々香り付けがあまりないのが特徴だっただけに、違いが良くわかります。
今度はサントリーの角瓶で試そうかな。(笑)

普通にワンランク高い酒を飲む方がマシなのではと言う人もいますが、安い酒にひと手間かけて飲んでみるネタとしては面白いと思います。
(余談)
どうせなら、札幌から近い余市に飲みに行った方が良いかも知れないw