記事
[ 総記事数:2669件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2008年7月31日(木曜日)
[ 23:51 ] [ おいしい食べ物 ]
   
明日(8月1日)のコンサートのプログラムの印刷も出来上がり、折る作業も終わらせて、明日の準備はひと段落。
演奏者の方が来札したので、ラーメン屋さんでいろいろ語り合っておりました。

ということで、明日に備えて寝よう!
2008年7月30日(水曜日)
   
今日は、明後日のコンサートの打ち合わせがてら、みんたるでカレーを食べました。
カレーを作る人が変わると、味も変わってしまうのはインドカレー屋さんのお約束…っちゃぁお約束なんですが、ここのカレーも例に漏れず。
今まで(というか今年の春先まで)カレーを作ってたネパール人が国に帰ってしまい、今は別の人がカレーを作っていまして、ちょっとインドっぽいカレーに。
ということで、「インド風ネパールカレー?」。

今日食べたのはチキンのカレーでした。
B食店情報
・店名 : みんたる(みんたる)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 北海道札幌市北区北14条西3丁目1-1
・TEL : 011-756-3600
・URL : http://www.mintaru.com/
・営業時間 : 11:45〜22:00
・定休日 : 日曜・祝日・月曜
・最寄り駅 : 北12条(地下鉄南北線)
・キーワード : ネパールカレー/雑貨など
・友人・同僚
B食店ページへ

2008年7月29日(火曜日)
   
今日は仕事を早く上がって、印刷屋さんに足を運び、例のコンサートのプログラム印刷をすることに。
なんとか間に合うようなので頼んできました。

ということで、要らん心配だったわけで、チケットの売り上げ状況を聞きがてら、円山のヒマラヤ倶楽部へ足を運び、トゥッパをいただくことに。
お腹を壊しぎみだったので、辛くないトゥッパを頼みました。
だから、スープは赤ではなくて白いのです。

あっさりした鶏のスープで、美味しいです。
1000円以上かけてラーメン食うよりは、こっちのほうが良いのかも。って思ってしまいました。

ちなみに、チベットの人は、焼いたナンをスープにつけて食べるのだそうで。今度試してみようかと思います。
B食店情報
・店名 : ヒマラヤ倶楽部(ひまらやくらぶ)
・ジャンル : カレー
・住所 : 北海道札幌市中央区北1条西25丁目TSビル1階
・TEL : 011-644-5797
・営業時間 : 11:30?21:00(ランチタイムは11:00?13:30)
・定休日 : 月曜日
・最寄り駅 : 円山公園(地下鉄東西線)
・キーワード : インド料理/チベット料理
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2008年7月28日(月曜日)
   
今日の晩飯にゆでたとうきびが出た。
半分に折って、そのままムシャムシャかぶりついた。

この時期とれる旬のものだから、甘くてうまい。
話は変わって、来月1日のコンサートの当日プログラムは、今になってやっと完成。
明日の仕事帰りに、印刷屋に出そうと思うんだが、間に合うように刷ってくれるかしらん。と、チョッと心配。
最悪、ヨドバシで用紙買って自宅で印刷も辞さない切羽詰った状況も最初から想定済みで、それを回避するために早め早めの行動を心がけたつもりだったが、ホントにそんな切羽詰った状況になるとは…。(いやはや)

まぁ、なんとかしましょう。
2008年7月27日(日曜日)
[ 11:54 ] [ ノンジャンル ]
   
先週の金曜日、仕事の帰りで妙に浴衣のお姉さんが多いな…と思ったら、豊平川で花火大会があったんですね。

私は生まれてこの方、花火大会に行ったことないし、子供のころに親に一度も連れて行ってもらったこともないので、まったく縁がないのですが、一番変わった花火鑑賞は、なんといっても飛行機から見下ろすことではないでしょうか。

昨日、セントレアから札幌に帰る飛行機から、3箇所ほど確認できました。
花火を見つけるたびに、あちこちでやってるんだなぁ…と思いましたね。
2008年7月26日(土曜日)
   
今日は大須に出向き、今年で最後の公演となる「大須オペラ」の鑑賞をしてきました。
今年の演目は「パロマの前夜祭」という、スペインのサルスエラです。

今年でオペラが終わる理由を、芝居の後に座長の原さんに聞いてみたところ、演出の岩田さんが高齢のためとのことでした。
大須オペラは去年と一昨年行っていないので、実に3年ぶり。
夏の名古屋のクソ暑さも3年ぶり。
札幌でも気温が25度を超えて「夏だ!」と実感しているのですが、さらに10度ぐらい気温差があるわけで、これじゃインドの暑さとたいした変わんないぞ。

と、暑さに面食らっている場合じゃありません。
オペラをビール片手に楽しまねば。

ということで、内容はここでは割愛しますが、ラストは大盛り上がりでございました。
観客をハッピーな気分にさせてしまう演出はさすがであります。
今年で大須オペラの公演が最後だということもあったのでしょうか、大須オペラの総集編DVDが売られておりました。
当然ゲットしました。

1枚目は「大須オペラ誕生より今日まで」
第1回の「ミカド」から第16回の「カルメン」までを駆け足で収録。(要は2枚目に収録されていない作品全部です。)
去年の演目の「カルメン」は、さらに10年前にも公演されていたんですね。

2枚目は「サリバン・スッペ・オッフェンバックの世界」
その名のとおり、サリバン、スッペ、オッフェンバック作品を収録しております。

ずっと観たかった「大須版ミカド」が収録されているので、それだけでも非常に嬉しいです。

3,800円で売られておりますが、十分にお値打ちだと断言できます。
大須オペラを後世に伝える資料にもなり得ます。
名古屋の大須にこんな面白いオペラがあったんだと胸を張って自慢できる2枚であります。

公演終了後に一座から直接買う場合は、送料込みで4,400円と、オペラのパンフに書いてありました。
こちらは、一座の看板役者の一人、間瀬れいしょうさんのCDです。
1994年に製作されたCDですが、600円とお値打ち価格で売られております。
大須オペラのパンフに、こんなチラシがはさまっておりました。

「大須師走歌舞伎 絵看板展」
日時 平成20年9月30日〜10月5日 9時半〜7時(最終日は5時まで)
場所 中区役所8階 市民ギャラリー
入場 無料

大須師走歌舞伎の絵看板を捨てずにとってあった作品を一同に集め、展示することになったのだそうです。

ロック歌舞伎の絵看板は、演目の内容に即したものとなっており、芝居を観た後に見直せば「この絵は、あのシーンのあの人物じゃないか!」と理解が深まるスグレモノ。
その絵看板を描いていた絵師が高齢のために筆を取ることができなくなったため、もう新作を見ることができなくなっていたのです。
[ 12:30 ] [ おいしい食べ物 ]
   
時間通り大須に到着したので、昼飯を食べようと大須界隈を散策。
ビールばっかりあおってたので、あっさり食べられるものないかな…と探していたら、「うなぎ茶漬け」なるものを発見。

値段も手ごろだし、うなぎだし、あっさり系だし、さっそくお店に入ってみました。
「うなぎ茶漬けください」

と注文したら、

「うな茶1人前ぇ〜」

と厨房に伝える声が聞こえました。

「うな茶」っていい響きですね。
いわゆる「ひつまぶし」とか「うなぎまぶし」の食べ方を2番目から始めるようなものです。
そのままお茶をかけて、いきなり3番目から始めることもできます。
B食店情報
・店名 : 和食 とみだ(わしょく とみだ)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : 愛知県名古屋市中区大須三丁目35-7
・TEL : 052-241-5526
・営業時間 : 11:00?15:00 17:00?21:00
・定休日 : 木曜日
・最寄り駅 : 上前津(地下鉄鶴舞線、地下鉄名城線)
・キーワード : 名古屋名物 鰻まぶし みそかつを味わえるお店
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ