記事
[ 総記事数:2669件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2006年12月31日(日曜日)
   
今年一年を振り返って」で今年最後のエントリーだと思ったら大間違い。

世間一般で紅白を見ている時間にしっかりインド映画観てました。
10月下旬に東京で上映されていたJaan e MannのDVDです。

(適当なあらすじ)
スーパースターになろうとしている主人公スハン(サルマンカーン)はなんか知らんけど奥さんのピヤ(プリティジンタ)と離婚してしまう。
後に、ピアの大学時代の同級生のアガスティヤ(アクシャイクマール)がピヤを訪ねてスハンのもとに現れるが、

「残念やけど、もう離婚しておらんわ。」
「なんでやねん。ワシ、ピヤと同じ学校でな、めっちゃ惚れてたんや。」
「そうでっか。彼女ニューヨークにおまっせ。」
「んー。会いたいなー。でもなー、女は苦手なんや。」
「ほな、アプローチ手伝うたるさかい、NYに行こか。」

と、言うたか知らんけど、スハンとアガスティヤはNYに向かい、ピヤの住むアパートの向かいに住んで、スハンがあれこれ指示を出しながらアガスティアの手助けをして、二人は結婚までこぎつけますが…。

この映画、なかなか面白いです。
筋肉モリモリでお調子者キャラでおなじみのサルマンカーンですが、別れた女房の再婚に影から手を貸す男の役は見事でした。
また、アクシャイクマールはクールな男役が多いかなーと思ってますが、この作品ではいわゆる電車男キャラでした。
どちらも私にとっては意外な役柄でしたので、役者としての演技の深さを垣間見ることができました。
スハンがアガスティアに無線で指示を出すあたり、まるでジャッキーチェーンのタキシードの一番最後のシーンを思い出しました。(笑)
映画を観終わったらちょうど行く年来る年時間。
うまい具合年越しに蕎麦を食べることができました。

来年こそは日本でたくさんインド映画を観られますように。
[ 17:46 ] [ ノンジャンル ]
   
あと6時間ちょいで次の年。
ということで、今年一年を振り返ってみますか。

●今年の初遠征は2月下旬に夕張を蹴って新潟へ
にいがた国際映画祭に行って、私のお気に入りインド映画、DDLJ花嫁は僕の胸にを観に行きました。
もちろん、現地のインド料理屋探訪もわすれておりません。プージャーナタラジャに行ってまいりました。

●私の愛機W-ZERO3の液晶が割れて修理に出して、2万ぐらいかかってしまいました

●中古でプロジェクタを購入して、イベントをちらほらおっぱじめることに。
5月13日のイベントや、新得の映画祭など、ほかいろいろ活用しました。
●遠征その2は4月1日に安城へ。インド映画の撮影を見学しました。
なかなか貴重な体験でございました。
翌日、ちゃっかり知多半島の海の幸もいただいちゃいましたね。

●糖尿病は一歩ずつ回復しております
通勤間隔が今年の春から3カ月おきになってしまいましたが、ちょっと油断すると大変です。

桑園にチャンダマ開店
知らないうちに桑園にインドカレーのお店がオープンしてました。
実は知り合いのインド人のお店だったりするのですが、車じゃないとちょっと行きづらい場所なんだよなー。
でも、美味しかったです。はい。

●インド映画の名作Devdas(デーヴダース)の原作の日本語版が出版されました。
私自身、映像から先に入る人なので小説は読まないのですが、こればかりは読んでしまいましたね。

●初夏は鈴蘭水仙が咲くので、道端で見かけたら写真取りまくってました。
帰り道の鈴蘭水仙スポットは毎年ウォッチしたくなります。はい。
●自分にとって今年のナンバー1ニュースは、なんといってもチャンドラムキ国内ロードショーでしょう。
邦題が決まり、8月〜9月に渋谷で上映されて、10月〜11月に関西(京都、大阪、神戸)でも上映されて、何故か12月に静岡でも上映されて、ちょうど今頃は沖縄で上映されております。
私は9月に渋谷で観ましたし、10月は普通運賃で飛行機に乗って無理やり京都に行ってマサラシステムで楽しんでまいりました。
特に京都の方は、インド旅行を予定してたこともあり不要不急な遠征は控えていたのですが、インド旅行も延期したのと、同じ日に入っていた予定がキャンセルになったことの2つの理由で当日行くことを決めてしまいました。
おかげで通常の2倍の遠征費用がかかってしまいましたので、もうこんな無駄遣いはしないと思います。下手すりゃインドにいけますからね。
●B食倶楽部的には、今年はdedeさんロザリーさんに会えたことも挙げなくてはいけません。
dedeさんとは9月の旅行中、羽田から北海道に帰る直前に塚越らーめんで短い間でしたが楽しくお話できました
ロザリーさんとは、10月の東京国際映画祭に行ったときで、映画を観る前にケララバワンで食事をしました
私のインド映画仲間といっしょでしたが、楽しく美味しい時間でございました。

来年はどんな人に会えるのかな…。と、気長に構えておりますか。
一番いいのは、B’sキッチンなどに行くことなんでしょうけど、なかなか東京に行く機会に恵まれないからなぁ…。(とほほ)
今年は旅行を控えめにしたつもり…が結局あちこち行ってるやんかー。な一年でございました。
来年こそはインドに行ってラジニ様の新作を観るぞ!と心に決めるとともに、不要不急な遠征は控えたいと思います。
そんでもって、地元で友達や知人も少しずつ増えた気がするので、もっと面白いことやってお友達を増やしたいところです。はい。

来年もまたよろしくお願いいたします。
   
今日は昼から夕方まで部屋の片付けしてましたが、まだ部屋一つ分もおわっていないから、年内に掃除が全部終わりそうないと悟る羽目に。
それでも、処分するごみは美術館に展示する(※)ほど出た気がします。

※だいぶ前にN市の美術館でゴミを展示て問題になった人がいるとかいないとか。今ではその人のファンだったりするのですが。

日も暮れて年とりを行うことに。
例年、寿司で年とりをおこなっておりまして、今年はタラバガニの脚と、握り寿司です。

大きなタラバです。
今日は脚をひとり一本くって終了。
残りは年明けに食べる手はずとなっております。
握り寿司です。とりあえず一家四人分。

奥から…
いくら、とびっこ、かずのこ、さば、たこ、とろ、まぐろ、ほたて、鯛、はまち、かに、えび

家では誕生日や年とりなど、家庭イベントがあれば寿司を握る率が高いのですが、握りをこれだけすし屋(回らない方)で食ったらいくらかかるんでしょうかねぇ。と、食べるたびに思うのでした。
ということで、うちのブログを読んでいる人には予想外の年越し飯だったと思います。
なんたって、ブログのネタでカレー食ってたからなぁ。(笑)

とりあえず一服したところで、もう少し部屋を片付けてインド映画観て年越しかなーと思います。
来年もまたよいお年をお迎えください。
(追記)
年末ジャンボの当選番号が発表されました。
いつもの通り、年末ジャンボ3百円でした。はい。
2006年12月30日(土曜日)
   
今日の午後に円山のヒマラヤ倶楽部に行ったら、なんと今日で今年の営業は終了だそうで。
時間が中途半端だったので軽くサモサを食べつつ、店の人とインド映画を観ながらマターリしておりました。
観たのは有名なDevdasです。
映画も観終わったし、「来年もよいお年をお迎えください」と言って帰ろうか…と思ったら、知り合いが店にきてしまいました。
内心、晩飯を食おうか帰ろうか迷ってたのですが、いっしょに半分ずつたべることになったので、晩飯をいっしょにすることに。

まずはおなじみチベットうどんのトゥッパ。
知り合いの方は、もともとトゥッパを食べるつもりだったそうです。
そんでもって、ベイガンバルタ(要するになすカレー)です。
最近、カレー率が低かったので、久々のヒマ倶楽のカレー。年内に食えてよかったです。
今日は先日の雨とは一転して冬らしい寒さに戻りました。
昨日の晩から雪が降っていたので、雪景色もごらんのとおり。
今日の昼2時ぐらいの定点観測地点です。
そんでもって、夜9時半ぐらいの定点観測地点。

(余談)
帰宅したら、親戚の小学生の女の子がお泊りに来ておりました。
インドバービーを2年越しにやっと渡すことができました。
よかったよかった。
またインドに行ったとき、別のバービー人形を買っておこうかな。(笑)
   
今日(12月30日)より沖縄の櫻坂劇場でチャンドラムキが上映されているそうです。
沖縄旅行を計画しておけばうまい具合観にいけたのですが、それを知ったのは1週間前。さすがに遠征は無理やで。(一応、タミル語のムディヤードゥ=できない とかけてます。)

上映情報
12月30(土)〜1月5日(金) 12:00 15:30
※12/31(日)は休映となります
※1/1(日)は15:30の回のみとなります

先日、モハンさんとこで飯を食べてたときに、たまたま居合わせた知り合いのインド人(タミル人)が沖縄旅行の帰りでして、「あと1週間ずれていたら現地でチャンドラムキ観られたのに…。」と話したところ驚いておりました。(笑)
(追記)
今後のチャンドラムキ国内上映情報。
1月27日より岡山のシネマクレールで上映。(ラジニ★jpより
滋賀県大津でも上映予定あり。(ラジニ★jpより
(もっと追記)
バンダイビジュアルより4月25日にチャンドラムキ踊るアメリカ帰りのゴーストバスターのDVDが発売されるそうです。
Amazonでも買えますので早速予約しときました。ぜひどうぞ!
来春は花見マサラができそうです。(北海道はゴールデンウィークが花見の季節なのです。)
(さらに追記)
チャンドラムキのDVDの単品だけじゃありませんでした。
ヴィーラのDVDの単品発売もありますし、DVD-BOXの発売もあります。
BOXの方は、チャンドラムキ、ヴィーラ、ダルマドゥライの3作品+チャンドラムキのメイキングの豪華4枚組。
私みたいに即座に単品DVDをAmazonで予約した人は、予約をキャンセルして、DVD-BOXを予約しなおしてもいいんじゃないでしょうか。

ヴィーラ 踊るONE MORE NIGHT!
踊る!スーパースター ラジニカーント DVD-BOX (初回限定生産)
2006年12月29日(金曜日)
   
今日はナンディ今年最後の営業日。ということで、お店の人にお願いして、プロジェクタを持ち込んで夜の営業時間にインド映画を観てました。
DHOOMを観てたのですが、夕方の5時半過ぎから閉店時間まで切れ目なくお客さんがいたため、2時間ちょい…つまり7時40分過ぎにで映画が終わってしまったのです。
残り時間は、最後のお客様が帰るまで自分で編集したインド映画予告編特集を延々流してました。
要するに、なんちゃってVJをやってたわけです。

来月の22日(月曜日)夜にまたナンディで何かやろうと考えています。
最終日なので、久々にランチを食べようとプロジェクタ一式をかついで昼ナンディしたのですが、なんとランチは売り切れ。
野菜のカレーとしてサブナムカレーを食べました。
夜はなんちゃってVJをやりつつ、シーフードスープカレー食ってましたが、昼もカレー食ったうえに量も多いので食いきれませんでした。(あーもったいない。)
重たい荷物を抱えてなんとか帰宅しましたが、日付が変わるころから雪が降ってまいりました。
30日午前0時30分過ぎの定点観測地点です。
   
今月は風邪を引くわ、腹痛を起こすわ、胃カメラ飲むわ。とにかく病院に世話になりっぱなしなので、大事をとって年末年始は道外にでるのはよそうと思います。

ちょうど良い具合にインド映画DVDが先日届いたので、あれこれ観ようかなと思います。
正月休みにインド映画DVDを観まくる人もいるんじゃないでしょうか。

まずは、新旧比較のために買ったDON。
新も旧も先日の名古屋旅行の時に、飛行機の中でそれぞれ半分ぐらいまではみておりましたが、中味はほぼ同じ
ここまで同じでいいのかというぐらいほぼ同じ話の展開で面白いかも。

正月休みに入ったので、とりあえず新版(シャールクカーン)の方をひととおり観ました。

(適当なあらすじ)
麻薬組織の首領(ドン)のDONは警察に狙われているのだが、ある時に警察の追跡でDONは怪我を負って警察に捕まって病院送りにされてしまう。警察は怪我を負ったDONにそっくりのヴィジャイを利用してDONの替え玉として送り込むのだが…。

ラストのオチがとても面白かったです。見てのお楽しみですね。
シベ超ファンなら納得するかも。(と書いた時点でどんでん返しだと言ってるようなものだな。)
旧版(アミターブバッチャン)の方はどうなっているのか、観るのが楽しみになってきました。
(追記)
新旧両方とも一通り観ました。
結論から言いまして、基本的にストーリーはほぼ同じ
でも、ラストが違っています。
旧作(アミターブバッチャンのDON)は順当なハッピーエンド。
新作(シャールクカーンのDON)はシベ超もびっくりなどんでん返しということで、単なるリメイクじゃないところが心憎いところです。

個人的に旧作DONでツボにはまったのがこの看護婦。
病院にいるDONを連れ戻すシーンに出てくるニセ看護婦です。
白衣+めがね+ちょっと間抜けそうな顔つきがどことなく萌えのツボにハマってしまいました。(なんだかなー。)
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ