記事
[ 総記事数:2669件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2006年1月31日(火曜日)
[ 22:25 ] [ ノンジャンル ]
   
[関連したBlog]

麻生の5叉路に毎年ある冬季限定の神社が、いつの間にか同じ場所にできてました。
今年はドラえもんとアンパンマンが祀られています。
個人的には、ぜひともモナー神社にして欲しいところです。

ここ最近、寒さが緩んでいますので、溶けてしまわないかチョット心配です。
2006年1月30日(月曜日)
   
シベ超の人でおなじみ映画評論家の水野晴郎氏(以下、閣下)が自宅で倒れて入院しているという報道が先日ありましたが、シベ超のサイトによれば、命に別状はなく現在入院中とのこと。
ファンの一人として、閣下のご回復と次回作のシベ超ファイナルの完成を願ってやみません。
閣下が倒れて入院していると報道されて、シベ超サイトの掲示板では、閣下の無事を祈る書き込みが多数投稿されている中、私がBLOOD+のネタを書き込んだのですが、事務所の中野ダンキチ氏からメールをいただきました。

閣下は先日のBLLOD+の「シベリアン・エクスプレス」の回に興味を持ったらしく、製作会社に問い合わせてビデオを取り寄せた模様。
また、製作スタッフの中にシベ超ファンがいるみたいです。
話を本題に移して…。

先日の閣下の入院報道の直前に、「シベ超漫画化」の報道がありまして、サスペリアミステリーの3月号から連載されるので、仕事に帰りに本屋を数件回ってなんとかゲットしました。

ちゃんと表紙に閣下のりりしいイラストが載っています。
本を包んでいるビニールカバーの底にも、しっかりシベ超のことが書かれています。
ビニールカバーは捨ててしまうものなので、保存用にもう一冊買おうかしらん。(笑)
さっそく本を開いてシベ超を読み進めてみます。
内容は、最初のシベ超1のストーリーの冒頭部分が掲載されておりました。

まず、閣下の最初のセリフとして名高い「ボルシチ」のシーン。

すごいよ、これ。
本から閣下の棒読みが聞こえてくるよ

また、青山一等書記官がハンガリー人のカチュアを思い出すシーンでも、本から映画の同じシーンで流れる音楽が聞こえてきました

とにかく、漫画から音が聞こえてきたのは、サルでも描けるまんが教室以来ですよ。
2006年1月29日(日曜日)
   
例によって、porcoのオフ会に行ってきました。
最近は、オフ会しかお店に行ってない気がしますが気にしない。
今日のスペシャルスープカレーは「Cフードスープカレー」…のはずでしたが、急遽変更となり、

「エビ・タコ・ナンキンスープカレー」

でした。

思わず「ナンキンって何ですか?」と聞いてしまいました。
なんてことはない「南瓜」のことです。
てっきり「南京豆」かと思ってしまいました。

ここのカレーは基本的にアッサリ系スープに肉の具を使用したものばかりなので、実は異色メニューです。
アサリとかホタテが入ると、もっとうまみがでるんじゃないかと思うのですが、さすがにこのカレーは本日限定のようです。
ほぼ1ヶ月ぶりにお店に行ったのでチョット浦島状態。
レジ前にこんなかわいいグッズが売られていました。
B食店情報
・店名 : porco(ぽるこ)
・ジャンル : カレー
・住所 : 北海道札幌市東区北14条東1丁目2-2
・TEL : 011-741-0531
・営業時間 : 11:30?21:00
・定休日 : 水曜日
・キーワード : スープカレー
・友人・同僚
B食店ページへ

[ 17:29 ] [ ノンジャンル ]
   
例の[シュールな写真(?)]の正体です。

夕方4時ぐらいに町内の人が近所の児童公園に集まってイベントが開催されていました。
公園のど真ん中にそびえ立つアイスキャンドルの山です。
暗くなりかけの時が一番キレイです。
ハートをかたどった雪にアイスキャンドルを飾っているものです。
恋の矢が刺さっているあたり、なかなかいいセンスをしてます。(笑)
カウンターでは、豚汁、お汁粉、ホットココアが振舞われておりました。
暗くなってから花火を打ち上げていました。
自宅の庭から花火の光が見えました。

って、自宅の向かいの児童公園だというのがバレてしまうが、気にしない気にしない。

2006年1月28日(土曜日)
   
今日放送のアニメ「BLOOD+」の副題はなんと

「シベリアン・エクスプレス」

主人公ご一行が沖縄からロシアに渡り、シベリア鉄道でエカテリンブルグまで行く話で、さながら映画のシベリア超特急を彷彿させるシーンがあって、シベ超ファン的には面白いエピソードでした。

29日からネット配信してますので、全国のシベ超ファンは必見ですぞ。
配信サイト(要登録)
http://blood.aii.co.jp/index.html
   
今日の夜は、父親が何を血迷ったか、小麦粉から作る日本風カレーを作ってましたので、私はチャパティを焼いて食べました。

味は推して知るべし…なんですが、油の塊ともいうべき市販のカレールゥを使用していないので、ある意味ヘルシーかも知れません。
2006年1月27日(金曜日)
   
今日はマユールで晩飯にしました。
昨日はミールスパーティがあったそうなので、材料が残ってたらミールスにありつけるかと目論んでおりました。(でも、その日のミールスは翌日に持ち越せないので、目論みは外れました。)
そしたら、今日の昼にもミールスパーティがあったので、材料が残ってたみたいです。

目がキラーン!

給料日直後&糖尿病の薬が減った自分へのご褒美を兼ねて、ミールスを食べることにしました。

食べたのは、チキンカレー、サンバル、ラッサム、キャベツのポリヤル、にんじんのポリヤル、ワダ、サモサ、アチャール、パパダム、チャパティ、ごはん、ハルワ、バナナです。
来週の2月3日にオープンする2号店のチラシです。
北22条西4丁目にカレー屋さんとしてオープンします。
7種類のカレーを出すのだそうです。

ドーサやミールスなどの南インド料理は、今までどおり円山で出すそうです。

(2号店のB食店情報は、お店で食べたときに書きますね。)
B食店情報
・店名 : mayoor(マユール)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 北海道札幌市中央区南1条西22丁目2-15 シーズンビルB1(→北22条西4丁目に移転しました)
・営業時間 : 閉店しました
・最寄り駅 : 円山公園(地下鉄東西線)
・キーワード : 南インド料理/タンドール料理
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ