記事
[ 総記事数:2669件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2004年12月31日(金曜日)
   
今月の掲示板のテーマは「私のカレー・オブ・ザ・イヤー」、
今年食べたカレーの中で、一番美味しかったもの、一番思い出に残ったものなど、自分にとって「一番●●だった」ものを募集します。
人それぞれ思い入れがあると思います。是非紹介してください。

単純にコメントに書き込んでいただくか、blogで記録している人はそのエントリーからトラックバックお願いいたします。
(下の「コメントを見る・書く」のリンクをクリックすると、コメントを書き込むことができます。

いっぱいありすぎて選べない…という人は、たとえば…、

●札幌の人なら「スープカレー部門
●インド料理が好きなら「インド料理部門
●レトルトカレーマニヤなら「レトルトカレー部門
●自分で作ったカレーにほれ込んでるなら「俺様のカレー部門
●カレーの大食い自慢なら「大食い部門
●激辛自慢なら「激辛部門
●甘口でもおいしいカレーなら「甘口部門

などなど

といった具合に勝手に部門を作って書き込みしてもOKですよ。
[ 23:17 ] [ おいしい食べ物 ]
   
大晦日といえば年越しそば。
家で紅白観ながらそばを食べました。

マツケンサンバも無事に拝めたし、家であずましく年を越せそうです。
来年も良いお年をお迎えください。
[ 17:32 ] [ おいしい食べ物 ]
   
年末年始はだいたいの食べ物屋が閉まっているので、駅周辺で豚丼を食える店はごく限られてしまいます。(駅前の有名店、ぱんちょうは営業していませんでした。)
そんな中、帯広駅内の「豆地蔵」で豚丼を食べることができました。

なんとか紅白のマツケンサンバに間にあうように帰りの途中で特急列車を利用しようと思いましたが、意外と金かかるので結局高速バス(ポテトライナー)で帰ることにしました。
   
帯広から上士幌までバスで移動して、あんだらやに行きました。
今年のカレー初めもここでした。カレー納めもここ。今年の一年は「あんだらやに始まり、あんだらやに終わる」一年ということになります。(笑)

肝心のカレーですが、「季節限定のカレー」と銘打っているキーマカレーにしました。

ここのお店にわざわざ通うようになったのは、お店の方がインド映画ファンで一度お会いしたい。と思ったから。
インド映画話ができて楽しくお話させていただいてます。(笑)

そして大の旅好きで、北海道旅行でこの地にハマり居付いてしまった感じです。
それゆえか、旅行客・夏場だとライダーの方が結構来るそうです。
また、お店にはアジア雑貨も売られています。
小物や布、女性向けの民族衣装(パンジャビ・アオザイなど)が売られています。
写真は黄色いパンジャビ。(おめでたい色だそうです♪)

お店の方からちょっと残念な話を聞きました。
私はいつも帯広からバスでお店に行ってますが、お店の前を通る拓殖バスの帯広足寄線のうち、上士幌〜足寄間を廃止する動きがあるという話です。(乗客が1日3人程度みたいです…。)
この路線が部分廃線となると、上士幌の市街地からお店まで3〜40分ほど歩かなくちゃいけませんね。(とほほ)
B食店情報
・店名 : Coffee & Curry あんだらや(あんだらや)
・ジャンル : カレー
・住所 : 北海道河東郡上士幌町居辺8-259
・TEL : 01564-2-4589
・URL : http://www10.plala.or.jp/andaraya/
・営業時間 : 11:00?18:00(平日)/11:00?19:00(土日祝・夏期)
・定休日 : 火曜日(他に臨時休業あり)
・キーワード : カレー・コーヒー・アジア雑貨・マサラムービーナイト・ライブ等のイベント開催
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

   
なぜ北見に泊まったか?の理由はこれです。
去年の大晦日、ゆく年くる年で映っていたので、「乗るなら冬」とずっと心に決めていたのでした。
今、朝日を浴びながら北見駅を出発しました。

終点の池田まで3時間ほど居眠りしながら乗車してましたが、どうしても気になることがありました。
それは、窓際に座っているとえらい寒くて。シバレるんです。

なんでか〜?と思ったのですが、池田からJRに乗り換えてすぐわかりました。
窓が二重窓になっていないんです。
(JRのキハ40ではどの窓も二重窓になっていて快適でした。)
気温が(氷点下)10度以下になってもおかしくない場所を走るローカル線の列車が二重窓になっていないとは意外でした。
こりゃ、いくら暖房を焚いても窓際はシバレるわけだな。
2004年12月30日(木曜日)
   
旭川からは列車で北見に移動する予定でしたが、ここは行き当たりばったりの旅。北見に帰省する友達の車で行きました。
北見には夜八時に到着。宿でチェックインを済ませてから晩飯にしました。

クリシュナに行く予定でしたが、遅い時間なので駅周辺の店を探してみたら、繁華街の中にカレー屋のバーを発見。
(東急イン入り口の前の信号を渡り、そのまま道路をまっすぐすすみます。東宝ビルとなりです。)
早速トライしてみました。

カレーはルータイプで甘口な口当たり。しかし唐辛子やカルダモンなどのスパイスが利いた美味しいカレーでした。

お店はバーそのもの。それゆえ、他のメニューをみていると、ビールやカクテルなどドリンクメニューが充実しています。
また、スープカレーも「チキンスープカレー」と「タイ風スープカレー」がメニューにありました。
カレー好きの方で北見に出張した際は、夜にいかがですか?

ブラックライト照明のきいたお店の雰囲気からして、ダンス系の音楽が似合いそう。(そのせいで、携帯電話でのカレーの撮影はキツいかも…)
ここは、インドのバングラでダンスパーティ(バングラナイトとか)があってもおかしくないと思う。
(店の張り紙を見たら、大晦日はダンスパーティをするみたいです。)
B食店情報
・店名 : KANDATA(かんだた)
・ジャンル : バー
・住所 : 北海道北見市北4条西2丁目地下1階(東宝ビル隣)
・TEL : 0157-26-3533
・営業時間 : 18:00?閉店まで
・キーワード : カレー/スープカレー/バー
B食店ページへ

[ 14:56 ] [ おいしい食べ物 ]
   
行き当たりばったりで青春18きっぷを利用して旭川に行ってしまいました。
旭川に着いたところで、いきなり友達に電話したらラーメン屋で一緒に食事しに行くことに。

東光6条のラーメン屋(セイコーマートの向かい)で、トンコツベースの醤油ラーメンを食べました。
ネギたっぷり。チャーシューの油がとろけてなかなかうまかったです。
トンコツベースゆえの味の調和がとれていました。

旭川の友達曰く、「最近の旭川ラーメンは2つの系統に分かれつつある。一つは従来の醤油ベースのラーメン、最近増えているのがトンコツベースのラーメン。細い麺なのは共通している。」そうな。
B食店情報
・店名 : らーめん 玄(らーめん げん)
・ジャンル : ラーメン
・住所 : 北海道旭川市東光6条3丁目
・TEL : 0166-32-6633
・営業時間 : 11:00?10:00
・定休日 : 不定休
・キーワード : 旭川ラーメン/とんこつスープ
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ