記事
[ 総記事数:8件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2007年5月29日(火曜日)
[ 17:00 ] [ コロンビア ]
   
コロンビアは、日本からちょうど地球の反対側の赤道近くに位置しています。時差は14時間なので、日本で今日の夜10時は、コロンビアでは同じ日の朝8時になります。
 国名は新大陸を発見したコロンブスにちなんでいます。元はエクアドルも、ベネズエラも(大)コロンビアでした。また、米国がパナマ運河の利権のために独立させたパナマも以前はコロンビアでした。赤道直下ですが、海岸沿いの低地もあれば、首都ボコタのように標高2600mの都市もあり、人びとの暮らしは3000m超の地域にまで広がります。だから気候もさまざま。赤道近くの熱帯の海岸から、爽やかな高地、さらに国土の南東には神秘的な自然の残るアマゾン流域もあり、気候や自然条件はとてもバラエティに富んだ国です。国内に棲む鳥の種類の豊富さでは世界随一。花も世界で25万種ある自生種のうち、5分の1の5万種はコロンビア原産です。日本の生花輸入市場の46.4%をコロンビアが占めるのだそうです(2004年の数字)。身近にもコロンビア産の花に触れていたのかも知れません。
面積は日本の3倍ありますが、人口は3分の1の4000万人強です。移民の労働力を導入してきた歴史を持ち、日本からの移民も多く活躍してこられました。来年は、日本コロンビア修好友好通商航海条約締結から100周年を迎え色々なイベントが予定されています。国旗は、フランス同様の3色の模様。ただし、コロンビア国旗の3色は上から黄、青、赤となります。
コンロビアを旅するなら、やはりこのバラエティを楽しみたいところ。標高2600mの高地の首都ボゴタから数時間のドライブで低地に向かえば亜熱帯の気候を楽しめます。ボゴタ近郊の見所としては、8月の凧揚げ大会で有名なビジャ・デ・レイバ(Villa de Leyva)でしょう。その近くでは恐竜の化石も出土しています。
 常春の都市とも呼ばれるメデジン(Medellin)は、アルバロ・ウリベ大統領やパトリシア・カルデナス大使の出身地。8月に花のフェスティバルが開かれ、シジェテロス(Silleteros)と呼ばれる大きな花輪を背負った男たちがパレードします。さらに、北部の港町のバランキジャ(Barranquilla)等の沿岸都市では、2月にカーニバルが盛大に催されます。要塞の港であるカルタヘナ(Cartagena)もマリーンリゾートのメッカとして人気が有ります。欄の町と呼ばれるカリ(Cali)には、日本からの移住者も多く、トロピカルな魅力が一杯です。
 アマゾン、タイロナ公園、ネバダ山脈、アビアヒラ等でのエコツアーも人気です。ダイビングでは、ロサリオ諸島やサンタマルタというダイビングスポットがあります。
コロンビアのお酒といえば、サトウキビとアニス(肉桂)の蒸留酒であるアグアルディエンテ(炎の水の意味)が有名で、各地域に代表する銘柄があります。クリスタル(マニサレス産)、ネクター(ボゴタ産)、アンティオケニョ(メデジン産)、ブランコ(カリ産)。さらに世界のラムのコンクールで金賞に輝く カルダス産ラムの古酒 (Ron Viejo de Caldas)も一度お試し下さい。
最後に、日本で出会えるコロンビアについての情報をリストアップしておきましょう。

●レストラン
 ・La Braska
 東京都中野区新井1-2-11 2F TEL. 03-5380-4434
 ・El Dorado
 東京都目黒区中央町2-36-10 TEL: 03-5721-3300

●コロンビアの食材・フルーツピューレ・お酒等
 ・螢▲好
 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1-3-5 日本橋本町ビルディング
 電話:03-3231-7393 FAX:03-3231-7394
 http://www.tropicalmaria.com
 http://www.asc.co.jp
 ・ムンドラティーノショップ (Mundo Latino Shop) 
 〒141-0022 東京都品川区東五反田1-12-12 3F
 電話/FAX:03-6408-0748
 http://www.nambei.com/ (食品)
 http://www.musilatino.com/ (CD, DVD)

●コロンビア旅行
 ・Aviatur
 ボゴタ TEL: (57-1) 3821616 (24 時間受付)
 http://site.aviatur.com/portal.htm
 サイト右下に位置する「Escribale a Jean Claude Bessudo」の所をクリックするとAviaturの社長に直接メールで質問できます。英語かスペイン語でお願いします。
2007年5月21日(月曜日)
[ 12:00 ] [ コロンビア ]
   
前菜にいただいたのはヤシの新芽、色が白くて、ホワイトアスパラガスそっくりで、味もホワイトアスパラガスそのものです。きっと日本人好みの食感でこれからブレイクしそうです。
ロロというジュースもいただきました。これまたとってもおいしい。パッションフルーツジュースに似たテイストです。
席の前に素敵なランチョンマットが敷いてありました。赤、黄色、緑の三色で民族色がよく表現されています。大使の説明によれば国旗を表したデザインだそうです。アヒアコを入れる鳥の形をした器と同じ黒陶のシンプルな皿がこの原色のランチョンマットの上にセットされていました。この民族色豊かな組み合わせがとってもモダンでしゃれていて、大使の心遣いとセンスの良さがこのテーブルセティングからも伝わってきます。
ちなみに大使の今日の装いは白いT-シャツの上にグレーのシンプルなスーツ、この控えめなスタイルからも大使としての任務を遂行されているという心構えが伺えます。
さあ、みんな用意された席に着きました。コロンビアでは食事の前に「ブェン プロベーチョ」といってから食事をはじめます。日本でのいただきますという言葉にあたります。
ふつうは、アヒアコは鳥の形をした器から各人がよそって食べるのだそうですが、今日は取り分けられたものがキッチンから運ばれてきました。
アヒアコは一般にはスープという風に紹介されますが、日本で言えば鍋料理ですね。具がいっぱい入っています。そのルーツはスペインの植民地時代にはじまるそうです。内陸部のボゴタの名物料理です。アヒアコはこれだけで十分な栄養が取れる完全料理で、これだけがでてきます。このあたりも鍋料理と一緒ですね。
週末に家族が集まってきて、そこで供されるのがアヒアコです。みんなで、その週にあった出来事を和気あいあい夜遅くまで語り合うのがコロンビアスタイルだそうです。メニューがアヒアコだけというのも女性たちが食事の用意にあたふたせず、コミュニティーの輪に加われる配慮でしょうか。
またそのための週末をすごす家、アシエンダがあるそうです。いかに家族の絆を大切にされているかが伺えます。週末を楽しむ家というのはちょっとうらやましいですね。
そういえば、日本では、家族団らんの食卓風景がなくなって久しい気がします。お父さんは残業、子供は塾、母親はすでに料理への情熱を失っていてスーパーの出来合いのお惣菜を並べるだけで家族のコミュニケーションもままならない。これが経済大国の実情だとすれば、経済大国の価値とは何なんでしょうか。食事の楽しさを語られる大使の言葉を聴きながら、経済発展のために失ったものの大きさにあらためて考えさせられてしました。
運ばれてきたアヒアコはボリュームたっぷり。トウモロコシがドンと上にのっています。ジャガイモは形がないくらいに煮込まれていて、ちょうど良いとろみがついています。コリアンダーを心配しながら(僕は以前にも書きましたが、コリアンダーが大の苦手なんです)いただきました。
う〜ん、これはおいしい! コクがあって、しかもマイルド。コリアンダーの癖のある香りは感じないけど、ハーブのグアスカスが、グアスカスそのものを食べたとき以上に豊かなフレーバーを感じさせてくれます。熱帯系のヘビーな感じではなく、ジャガイモベースのせいか、とってもあっさりしていて、日本人好みなんです。鳥ジャガハーブ風味といったところでしょうか。これなら毎日食べてもいい、そんな料理です。ランチはアヒアコで、なんてことも今後ありえそうです。
デザートは大使公邸で咲いた椿の花をあしらったモラのアイスクリーム、モラというのはアンデスベリーとも呼ばれる果実で、これも初めて味わったものです。甘酸っぱくてとてもおいしい。お代わりと言いたかってけれど、はしたないのでやめました。
最後はサロンにいってコーヒーをいただきながら大使のお話を伺いました。大使は「永遠の春の街」とばれるメデジンのご出身。メデジンにはチャロン(豚のから揚げ)、黒豆、バナナ、米からつくるバンデパイサという名物料理があるそうです。今度はパンデパイサも是非味わってみたいものです。
コロンビア・コーヒーは、ご存知の方が多いでしょう。珈琲はコロンビアの重要な輸出品です。いただいたコーヒーも特に香り高く、深みのある味わいでした。
コロンビア・コーヒーの入っている入れ物にはかならず「ホアンバルデスおじさん」の絵が描かれています。このホアンバルデスおじさんは、アメリカではロゴとしてはアディダスのロゴと同じぐらい有名なのだそうです。ホアンバルデスおじさんは実在していてて、現在は2代目です。コロンビアのコーヒーは有機栽培コーヒーとして高い品質を誇っていて世界中に輸出されています。もちろん日本でもホアンバルデスおじさんマークのコーヒーは手に入ります。
コロンビアでは花のカーニバル、シジテロが華やかなお祭りだそうです。また、凧揚げが8月開催され、子供たちからおじいちゃんまでみんなで参加します。おじいちゃんが孫に凧揚げを指南する姿はとってもほほえましいです、と、大使。日本ではこんな風景、もう見ることができなくなりましたね。おじいちゃんが孫にものを教えることもなくなって、世代間のコミュニケーションすらできない国になっています。開発途上国といわれる国々にはわれわれが失ってしまった、そしてもう一度取り戻さなければならない生活のゆとりや家族の絆の大切とぬくもりがあります。自然を壊して都市を開発することと経済の発展だけに目を奪われてきた日本の姿を反省するときが来ている。そしてもう一度「豊かさとは何か」を考えて見たいと思います。この「大使夫人の普段着の食卓」は皆さんにその小さなきっかけとなることを願っています。
コロンビアの素晴らしい自然を満喫するエコツアーも盛んです。カイロナ高原、アグアヒラ、ネバダ山脈、アマゾンなど多様な自然生態系を体験できます。ロサリオ、サンタマルカでは熱帯の海のダイビングスポットとして多くのダイバーが訪れます。
お礼に花を生けました。コロンビアはカトレアの原産国なのでカトレアの花をもっていきました。ちょうど、コロンビアの古代の陶器が飾られていたのでそれを利用して、カトレアの咲く原生林に埋もれている古代遺跡という感じでデザインしました。
2007年5月14日(月曜日)
[ 21:00 ] [ コロンビア ]
   
コロンビア大使館は目黒駅の近く、閑静な住宅街の中にあります。
出迎えていただいたのはパトリシア・カルデナス大使。すらっとした長身のすこぶる美人、うむ、こんな美人を駐日大使の選ぶとはコロンビアもなかなかやるなあ。
ここでちょっと大使のプロフィールを紹介しましょう。英国オックスフォード大学の大学院で経済開発学を専攻されています。銀行協会、コロンビア金融機関の会長、ボゴタの市議会議員、近代美術館、工芸品委員会の大統領代理などを歴任されています。まさに才色兼備を絵に描いたような方です。それに一男二女の母親でもあられます。
こんな素晴らしい大使に今日は料理のご指南をしていただきます。
最初にダイニングルームに入ったとき、目に着いたのは鳥の形をした黒陶の器でした。なかなか造形的で美しいものだったので、何をするものですか、と尋ねたら、これが今日のメニュー「アヒアコ」をいれる器なのだそうです。陶器の器というとやはり日本や中国が第一と思っていましたが、そういう思い込みはやはり禁物。この器ひとつからもコロンビアの芸術性や、ライフスタイルの豊かさが伺えます。
この黒陶はラチャンバ焼きといって、人口300人ぐらいの小さな村で作られているものだそうです。
さてキッチンに入ると、調理台の上に料理の材料が並べられていました。ついついみんな酒のほうに目がいってしまいます。Ron Viejo de Caldesというラム酒、アグアルディエント=炎の水というアニス酒、それにコーヒーリキュール。料理の前に酔っ払ってしまってはいけないので、比較的マイルドなコーヒールキュールを「少し」いただきました。
このリキュールが結構いけるんです。甘いけれどコーヒーのフレーバー香り高くついつい進んでしまいます。
さていよいよ、アヒアコを作ります。
アヒアコには何種類ものジャガイモを使います。
特にアンデスポテトとも呼ばれるパパクリオーサという直径3センチメートルぐらいの小さく黄色いジャガイモが、アヒアコの味にはなくてはならないものです。その他にパストゥサとサバネラという品種のジャガイモも。この3種類が揃わないと、アヒアコの味が出ないのだそうです。
欠かすことができないのが、グアスカスというハーブ、これは日本では生は手に入らなので乾燥したものを使います。このグアスカスというハーブを、日本のどこかで売っていませんか? と大使も尋ねておられました。皆さんご存知ないですか?
この乾燥したグアスカスをつまんで味わってみましたが、どこか記憶の中に眠っている味のような感じはするのですが、見当がつきませんでした。
それに加えて、ネギ、コリアンダー(えっ、またコリアンダー!? 以前にも書きましたが僕はまったくコリアンダーがダメなのです)、鶏のささ身、そしてトウモロコシです。ほかに長ネギ、ケーパ、アボガド、ローリエ、生クリーム、塩、コショウ。以上がアヒアコの材料です。
これらの材料を時間をかけてゆっくり煮込めば、はいできあがり。
結構、簡単なんです。とはいえ、ご家庭でも作れるようにもう少し詳しく作り方を説明しますと、
なべに水を注ぎ、その中に、鶏のささ身、長ネギ、ローリエ、コリアンダー、塩、コショウを入れ30分ぐらい煮てスープをとります。
その後、ささみを取り出します。
スープは濾し、余分な油を取り除き、グアスカスを一束いれ、もう一度火にかけます。
15分後、パストゥサ種のジャガイモを入れ、クリオーサ種のジャガイモとトウモロコシを入れ中火で20分煮ます。
残りのグアスカスを入れ、さらに10分、または好みのとろみになるまで煮続けます。最後にグアスカスを取り除きます。
ケーパ、生クリーム、アボガドは別々にだします。
うん、これなら僕にでも出来そうだ。
2007年5月7日(月曜日)
[ 15:00 ] [ コロンビア ]
   
お待たせしました、大使夫人の普段着の食卓、第二弾はコロンビアです。今週から4回にわたってお送りします。

コロンビアってすごく親しい感じがしますよね。かつてコロンビアローズって言う歌手がいましたね(名前しか覚えていませんが)。僕の大好きだったブルーノ ワルター指揮のシューベルトの未完成交響曲がコロンビアというレーベルで出ていた気がします。昭和3050年代にはコロンビアが日本では大流行していたんですね。なぜコロンビアだったのでしょうか。
コロンビア共和国、この名前はあのコロンブスにちなんで命名されました。
かつては、ベネズエラも、エクアドルもパナマもコロンビアだったようです。
国土は日本の3倍、人口は3分の1、の4000万人です。 日本からの移民もずいぶん活躍していますよ。来年は日本コロンビア修好友好通商航条約100周年を迎えます。
首都はボゴタです。
ちょっと歴史を見てみましょう。
コロンビアで人類の痕跡が現れるのは、今から1万4000年前のことです。その先住民の文化はタイロナ、ムイスカ、トゥマコと呼ばれ、非常に高度なレベルに達していました。特に、金銀細工には目を見張るものがあり、先住民の王が全身金で身をまとい、アンデスの湖に入水したという黄金伝説の起源となっています。大使館にも古代の壷が幾つか飾ってありました。
16世紀にスペイン人がやって植民地化すると混血が進み、文化も急速に融合していきました。現在は人口の75%が混血で先住民は1%です。スペインからの独立は1810年、その9年後の1819年にはグランコロンビア共和国が成立し、1903年から現代の体制になりました。
コロンビアの主要産業は農業と鉱業です。
鉱業では特に金やエメラルドを産出します。
エメラルドはアンデスの深い森の緑の光の露が結晶化したような宝石で、コロンビアでとれることがロマンチックな感じがしますね。ちなみに、エメラルドという語源は古代ペルシャ語のsmaragdos、緑の貴石という言葉に由来するそうで、コロンビアではムゾー、チボール鉱山で最高の品質のエメラルドが採れます。
農業はバナナ、ジャガイモ、サトウキビ、日本にはカーネーションなど花も輸出しています。

コロンビアの自然は、西は大西洋、北はカリブ海に面し、南はアマゾンに続く低地が広がり、そして国土の三分の一をアンデス山地が占めていてダイナミックな変化に富んだ様相を示しています。コロンビア最高峰のクリストバルコロン山は5775メートルもあります。気候は北のカリブ海沿岸を除くと内陸性熱帯気候ですが、首都のボゴタ、メデリンなどの多くの都市は高地に位置しています。熱帯雨林は900メートルまでで、それより上は雲霧林、そしてブナ林、4500メートル以上になると熱帯にもかかわらず一年中雪があります。
このような変化のある自然ですから、様々な植物や動物が生息しています。
観光はこの雄大な自然を訪ねるエコツアーや古代遺跡が興味深いところです。カルタヘナの植民地時代の建築も見ものですよ。

今回の写真は、在東京コロンビア大使館からご提供いただきました(©Ministerio de Comercio, Industria y Turismo)
2007年2月14日(水曜日)
[ 18:00 ] [ チュニジア ]
   
チュニジアの首都、チュニスまでは、飛行機でパリから2時間、ローマから1時間で行けます。チュニジアはアフリカ大陸にあり、随分遠いという感覚があったんですがヨーロッパ内を旅行する感覚で行けるんです。ローマにいった時にちょっと立ち寄ってみる、といったチュニジアの旅をしてみたいですね。
人々の生活も地中海の豊かな自然が反映しています。普段の生活にフラワーウォターやビターオレンジ等のハーブの香りがふんだんにあり、香りの文化がチュニジアの伝統でもあります。ワイン製法だけでなく、アロマセラピーやタラソセラピーの起源の地ともいわれています。

カルタゴ以来3000年の歴史を持ち、イタリアやスペインのアンダルシア、オスマン・トルコ、そしてフランスの影響を受けながら独特な衣食住の文化を醸し出してきた魅力的な国なのに、日本ではあまり馴染みのないのは少し残念です。
でも、日韓ワールドカップの時に、チュニジアと日本が同じブロックになって、チュニジアの情報に関心を持つ方が少し増えたのではないでしょうか。この「大使夫人の普段着の食卓」でチュニジアにちょっとは興味を持ってもらえたでしょうか?
イスラム圏ですが、婦人参政権はフランスより早く実現し、安全で魅力的な観光と文化の国として、1000万人の国民に対し毎年700万人(!)の観光客が訪れています。(知らなかったでしょう?)欧州では、今、リゾートとして注目を集めているチュニジアですが、日本からはたった1万人弱の人しか訪問していません。
海外旅行に出かけたとき、どこでも日本人に逢ってうんざりするんですが(向こうも同じようにうんざりしているようですが)、チュニジアはその点すごい穴場なんです。
面白いことに、チュニジアには意外と日本人に近い生活文化があります。各家庭には、何と丸いチャブ台がゴザの上に置かれ、そこで胡坐をかくか、小さい木の椅子に座り食事をするそうです。さらにお風呂(ハマム)に通う人が使うソラ(へその結び目)と呼ばれる風呂敷の文化があります。
カルタゴの歴史が残した8つの世界遺産、温泉、タラソセラピー、ダイビング、ゴルフ、砂漠のラリーそして豊かな食文化に是非触れてみたいと思いませんか。
昨年はチュニジアと日本が1956年に国交を開いて50周年を迎えました。
ご紹介したワインや、香辛料のハリサ、プリックやクスクスからチュニジアを味わう第一歩としてはどうでしょうか。
極秘情報として、チュニジアに旅行するのは春がいいようです。ただ、灼熱の砂漠を歩きたい方には夏をお勧めします(超マニアックな体験ができると思います)。これもまた、チュニジアの魅力なんです。
B星赤 チュニジアの食材,調味料,ワイン,雑貨の輸入販売先
エム・アンド・ピー株式会社
〒140-0002東京都品川区東品川3-24-7 ハブネット内
TEL:03-5462-7661
FAX:03-3471-8800
E-mail:mandp@hub-net.co.jp
Web:http://www.chichukai.jp

B星赤 チュニジア料理のレストラン
フォークナイフ カルタゴ
〒東京都中野区中野3-34-3
TEL:03-3384-9324
E-mail:carthago@nifty.com
Web:http://homepage2.nifty.com/carthago/

フォークナイフ ハンニバル
〒東京都渋谷区千駄ヶ谷3-53-3
TEL:03-3479-3710
FAX:03-3479-3711
E-mail:hannibal@hannibal.cc
Web:http://www.hannibal.cc/

フォークナイフ ラジュール
〒東京都新宿区百人町1-24-8 新宿タウンプラザ2F-A1
TEL:03-3366-4004
E-mail:azure2006@yahoo.co.jp
Web:http://www.kornavi.com/azure/index.html

フォークナイフ カルタゴ・キッチン
〒530-0001大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビルB1
TEL:06-6341-0048
FAX:06-6341-0401
E-mail:carthago@carthago-kitchen.com 
Web:http://www.carthago-kitchen.com/
B星黄 観光(日本企業が出資した初めての現地旅行代理店)
ASI Discovery Travel Agency
■チュニジア
Res. Tebrourk Bloc D-Appt 4 Rue Granada
El Manar 1 tunis 2092 Tunisia
TEL:216-71-871-557
FAX:216-23-426-777
E-mail:kadoyama@airsystem.jp
 (担当 門山氏、個人旅行にも対応)
■東京
〒105-0001東京都港区虎ノ門1-19-9 虎ノ門TBLビル8F (エア・システム内)
TEL:03-3593-6728
FAX:03-3593-6534
E-mail:asiopetyo@airsystem.jp
Web:http://www.airsystem.jp/

B星黄 チュニジア共和国大使館 観光・文化部
〒102-0074東京都千代田区九段南3-6-6
TEL:03-3511-6622
FAX:03-3511-6699
E-mail:tourism@tunisia.or.jp 又は、culture@tunisia.or.jp
Web:http://www.tunisia.or.jp
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ