記事
[ 総記事数:737件 ] [ RSS2.0 ]
2016年1月1日(金曜日)
[ 13:22 ] [ ノンジャンル ]
   
2012年12月31日
「おせちの発注をしすぎて余っております。半額なのでぜひご利用ください。」
とAの店頭で、店員が叫んでいた。
 その時点で、お節を用意していなかった私は、立ちどまり、財布の中身を確認。
 というのも、大みそかだというのに、あまり財布にお金を入れていなかったのである。
 一応、お節を買えるだけのお金はあったので、購入した。
2013年12月31日
 前年と同じように、半額のお節を狙ったがなかった。仕方ないので、来年はお節なしか〜と思ったのだが・・・
2014年1月1日
 お節がないから、食材が足りなくなると、買い物に行ったBで、3割引きのお節があったので、購入。
2014年12月31日
 AかBでおせちは割引で買えると思ったので、まずAに行ったら、半額があったので、購入。
2015年12月31日
 Aになかったので、明日(つまり今日)Bで買えばいいやと思ったら。
2016年1月1日
 Bでは、お節がまだ定価。一応Bの他の店舗にも行ったが、やはり定価。その付近の別のCも定価。
 あきらめて、家に帰る途中。Dに寄ってみたら、2〜3割引で売っていた。
 割引で購入しようとする私がせこいともいえるが、特にお節が好きと言うわけではないので、安く買えるところでしか、買う気がしないので、来年の分はDで買おうと思っている。(Dも元旦に定価になったらいやだな〜)