記事
[ 総記事数:736件 ] [ RSS2.0 ]
2016年9月28日(水曜日)
[ 18:10 ] [ ノンジャンル ]
   
千代田区健康づくり協力店「空気もおいしいお店
全面禁煙店(全52件) だそうです。登録していない禁煙店もあるとは思いますが、こういった取り組みが全国で行われるといいなと思いました。
(もちろん千代田区以外の地域でもやっているところはあります)
2016年9月18日(日曜日)
[ 14:57 ] [ ノンジャンル ]
   
 これは、ことしの冬に旅行先で食べに行ったお店でのことなのですが、その日、私はおなかを壊しており、食事を食べられる状態ではなかったのですが、一緒にいた子供は、当然食事抜きと言うわけにはいきません。
 子供は、スマホで検索して
「ここに食べに行きたい。」
地元産の食材を多く使った食べ放題!
あたりまえですが、食べ放題の時間なら、入店する=食べなくたって、料金発生。
 仕方ないので、子供に
「お母さんはおなか壊して、今日は夕食食べたくないの。お店の外で待っているから、一人で食べてきて。」
しかし、子供は
「子供一人で食べに行くのはやだ〜。」とごねるので仕方なく、電話で恐る恐る
「実は今日の夜、子供を連れて、夕食を取りたいのですが、私自身は、お腹を壊して、食事ができる状態ではありません。でもやはり料金は二人分と言うことになりますよね。」
しかし、返答は
「一応入店の方すべての料金をいただくことになっておりますが、お子さんの分だけでいいですよ。」
私も「絶対食べてない。」とわかるように、店の中ではマスクつけっぱなしとしていました。
帰り際にも、もう一度お礼をいって退店。
でも、こういうイレギュラーをやったということを、店名記載で乗せるわけにはいかないと思ったら、今月また、別の店でも!

 ランチのコースを予約していたのですが、連れ(友人)が苦手な食材が入っていることが判明。お店の人がそこで
「××が苦手ということですので、メインを別のものに変えますね。」(メインを選ぶというコースではないし、連れもメインの変更を特に頼んではいない。そのままたべるつもりでいた)
ものすごく嬉しかったけれど、変にこれもネットに掲載すると、こういうサービスがあって当然と、わがままを言う人が出るかもしれないし、やはり店名記載は無理と判断。
美味しい店ではあったけれど、今回は掲載見送りとしました。
次回行ったときに、掲載しようとは思います。
2016年9月4日(日曜日)
   
東京大学内で、気軽にイタリアンが楽しめる 「Capo PELLICANO」
私自身は、本郷店にしか行ったことがありませんでしたが、気が付いたら、駒場店が無くなっていました。

HPには
カポぺリカーノ駒場店は、ape(アーペ)と店名を変え、
オーガニックレストランとしてリニューアルオープン致しました。
詳しくはこちらをご覧ください。
とありますが、そちらを見ると、
「ape cucina naturaleは7月23日をもちまして西麻布のお店を終了し、駒場東大前へ移転する運び」とあり、同じ場所に、別のイタリアンがはいったようですし、メニューを見ても、今までのように気軽なお値段ではないです。
閉店する前に行っておけばよかった。
B食店情報
・店名 : Capo PELLICANO Hongo(かぽ・ぺりかーの ほんごう)
・ジャンル : 欧風料理-イタリアン
・住所 : 東京都東京都文京区本郷7-3-1東京大学医学部研究棟13階
・TEL : 03-5841-1527
・URL : http://www.capo-p.com/index.html
・営業時間 : 11:00〜15:00 18:00〜22:00LO21:00
・定休日 : 日曜日、祝・祭日
・最寄り駅 : 根津駅 本郷三丁目駅 東大前駅
・キーワード : 本郷店の姉妹店駒場店は閉店して別のイタリア料理が入っています。
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ