記事
[ 総記事数:736件 ] [ RSS2.0 ]
2010年3月15日(月曜日)
[ 15:27 ] [ ノンジャンル ]
   
東京都の青少年健全育成条例改正案、こちらが冗談抜きで、通りそうだという話があったので、東京都による青少年健全育成条例改正案と『非実在青少年』規制を考える。【記者会見とイベント】に行ってきました。

時間がとにかくないということで、土日だけで連絡取れるだけの漫画家や出版社に条例改正案のこと確認して回っているとか。

もし、この条例が通れば、「どのようにでも解釈可能な文」なので、東京都が「気に食わない」と思いさえすれば、差し押さえ(や発禁)OKとなり、マンガ、アニメ等の創作物は衰退するでしょうね。

このイベントでは、特に取り上げられていませんでしたが、図書館側がどう思っているのかが、気になります。単純所持の他に、未成年だけでなく、大人も読んだり、見たりしてダメなのなら、現在図書館にある蔵書で「東京都が気に食わない」と思われたものは、すべて「廃棄」ですか?本というものは、その1冊だけが、独立してあるものではなく、関連書籍など、今までの蓄積もあって、成り立つもの。もし、ある一部分だけばっさり削ってしまい、空白を作っては、文化の継承・保存という図書館の存在意義が無くなると思うんです。
正直、書籍に関しては、「ちびくろサンボ」以外にも、「みにくいあひるのこ」「ピノキオ」が差別を助長するとして槍玉にあげられ、図書館は対応に苦慮させられたことがありますから、今回の条例、図書館も決して無関係ではないはずです。最近の図書館は、マンガ、ビデオ、DVDも扱ってますしね。
2010年3月13日(土曜日)
[ 13:10 ] [ ノンジャンル ]
   
伊藤園では495mlサイズのホット専用商品を販売するようになってもう6年くらいになるのだけれど、私は495mlサイズを店頭や自動販売機で見たことが、1度もない。
正直に言うと、私は275mlや350mlの小さいサイズでは足りないので、495mlがあれば、そちらを購入したい。
通常は飲み物は、持ち歩いてますが、足りないこともあるので、そのときには、さめにくい大きいサイズが欲しいのです。
これ本当に普通に売っているのでしょうか?
とても気になります。
2010年3月8日(月曜日)
[ 10:12 ] [ 子供 ]
   
[ 関連したBlog ]
子供に分けてあげたら、その後、「ゴディバ!ゴディバ!」とうるさい。
「少し安く売っていたら買ってあげるね。」と約束していたら、多慶屋のホワイトデーの売り出しで、若干安くなるらしい。
しかし、元が高いから、いくら安くなっても、そんなにびっくりするほど安くはないだろうな〜。