記事
[ 総記事数:737件 ] [ RSS2.0 ]
2006年7月25日(火曜日)
[ 08:25 ] [ 子供 ]
   
週休2日になってから、夏休みを短縮して、授業日数を確保している区が、いくつかあるようだが、みつまめの行っている小学校は「学習支援日」と称して、希望者(といっても、出席できない生徒は事前に連絡だから、基本は全員参加)が1〜2週間、学校で普通に授業を受けている。
 学年によって、日程はバラバラだから、夏休み期間といっても、月〜金は、大抵子供がいる。
夏休みの学校といったら、プール&ラジオ体操以外、閑散としているものだが、すくなくとも、みつまめの小学校は、普通に生徒が登校しているので、夏休み気分全くなしである。
2006年7月24日(月曜日)
[ 10:19 ] [ ノンジャンル ]
   
渡辺淳一のオフィシャルブログから
削除された記事
タイトル:堅すぎる車掌さん(現在はリンクが外れているだけで、アドレスが生きていますが、今後見られなくなる可能性もありますので、転載します。)
 先日、北九州市に講演に行った帰り。一旦、小倉から福岡に戻り、そこから飛行機で東京に帰るつもりで新幹線に乗ったのだけど。
 自由席の切符で乗っていたら、たまたま車掌さんが来て、「ここは指定席だから、自由席に移ってください」とのこと。
 「でも、わずか十数分のあいだだから、それくらい見逃してくれてもいいじゃないか」といったけど、「駄目だ」とのこと。
 「それじゃあ」と立上ったら、隣りはグリーン席。そちらのほうがはるかに楽、と思って乗っていたら、先程の車掌がまた来て、「ここはグリーン車」ですと。
 そんなことはわかっているけど、
いまさら自由席に行くのは面倒くさい。
それに広い車輌に乗っているのは二人だけで、あとはガラ空き。
 「もう直ぐ着くから、ここにいても、いいじゃないか」といっても、「駄目だ」の一点張り。
 そこで、「君きみ、これくらいは大目に見るものだよ、本当に融通がきかないね」と説教して立上り、デッキに出たら、途端に福岡に到着。
 この車掌さん、職務に忠実といったらそのとおりだが、過ぎたるはおよばざるがごとし。もう少し時と場所を考えて、自在にやって欲しいものですね。
JR西日本さん。

差し替えられた記事
タイトル:イフォメーション
この記事に関する意見のブログ

関連記事
その1 その2